Kurumatabiskyの 野に咲く花に魅せられて Part1

  



     野に咲く花のように風に吹かれて~♪

      晴れた日はフィールドにいます。

ダンドボロギク-房総丘陵

2018年09月28日 | みんなの花図鑑
ダンドボロギク (段戸襤褸菊)
キク科タケダグサ属
日当たりの良い山野、荒地、道端などに生育する北アメリカ原産の1年草の帰化植物です。
2018.9.28撮影 房総丘陵にて




コメント

ヤブマメ-房総丘陵

2018年09月28日 | みんなの花図鑑
ヤブマメ (藪豆) 
マメ科ヤブマメ属
全国各地の野原や河川敷などに自生するつる性の一年草です。
2018.9.28撮影 房総丘陵にて




コメント

キバナアキギリ-房総丘陵

2018年09月28日 | みんなの花図鑑
キバナアキギリ (黄花秋桐)
シソ科アキギリ属
本州から九州にかけての山地の木陰や農道脇に自生する多年草です。
2018.9.28撮影 房総丘陵にて












コメント

アキカラマツ

2018年09月28日 | みんなの花図鑑
アキカラマツ (秋唐松)
キンポウゲ科カラマツソウ属
北海道から九州にかけての河原や山野に自生する多年草で、雄しべと雌しべだけで花弁を持ちません。
2018.9.28撮影 房総丘陵にて




コメント

ヤブミョウガ-房総丘陵

2018年09月28日 | みんなの花図鑑
ヤブミョウガ(藪茗荷)
ツユクサ科ヤブミョウガ属
本州から九州にかけての林下に自生する多年草で、葉が茗荷に似ていることに由来します。
2018.9.28撮影 房総丘陵にて










コメント

ベニバナマメアサガオ-房総丘陵

2018年09月27日 | みんなの花図鑑
ベニバナマメアサガオ(紅花豆朝顔)
ヒルガオ科サツマイモ属
北米原産の一年草の帰化植物で道端や河川敷などで野生化しているマメアサガオの淡赤紫花品種です。
2018.9.27撮影 房総丘陵にて
コメント

ウスイロツユクサ-房総丘陵

2018年09月27日 | みんなの花図鑑
ウスイロツユクサ(薄色露草)
ツユクサ科ツユクサ属
ツユクサやシロバナツユクサが混生している中に淡い青紫のツユクサが咲いています。
2018.9.27撮影 房総丘陵にて




コメント

シロバナツユクサ-房総丘陵

2018年09月27日 | みんなの花図鑑
シロバナツユクサ (白花露草)
ツユクサ科ツユクサ属
全国の畑、林縁、道端などに自生する一年草です。
「ツユクサ」は鮮やかな紺色ですが、花弁が純白の「シロバナツユクサ」も時々見られます。
2018.9.27撮影 房総丘陵にて




コメント

マルバツユクサ-房総丘陵

2018年09月27日 | みんなの花図鑑
マルバツユクサ(丸葉露草)
ツユクサ科ツユクサ属
関東南部以西の本州・四国・九州の山野に自生する一年草です。
葉は卵形から広卵形で平行の葉脈が目立ち縁は波打ちます。
葉がツユクサより丸味を帯びて大きこと、花はツユクサより小さいこと、色はやや薄めのものが多いこと、しべの花糸がブルーなことなどがツユクサとの相違点です。
2018.9.27撮影 房総丘陵にて














コメント (2)

オニノゲシ-房総丘陵

2018年09月27日 | みんなの花図鑑
オニノゲシ (鬼野罌粟)
キク科ノゲシ属
全国の野原・道端・道路脇・川岸などに生育するヨーロッパ原産の二年草の帰化植物、明治時代に入ってきたが繁殖力が強くいたる所で見られます。
鋭い切れ込みのある葉の縁に鋭い棘があり触ると痛いのが同定のポイント、ノゲシは光沢がなく、切り込みが浅く、棘が少なく触れても痛くありません。
2018.9.27撮影 房総丘陵にて




コメント