Kurumatabiskyの 野に咲く花に魅せられて Part1

  



     野に咲く花のように風に吹かれて~♪

      晴れた日はフィールドにいます。

第64回 茂原七夕まつり

2018年07月30日 | お祭り撮り歩き
台風12号の影響で28日(土)のイベントはすべて中止され大規模な七夕飾りも撤去されました。
29日(日)は台風一過とはいえ蒸し暑い1日になりました。
残された七夕飾りは前日の強風に吹き千切られて竹竿だけが残る無残な姿をさらし例年と比べ寂しさが漂いますが人出は相変わらず多く茂原七夕祭りが地域に定着していることがわかります。
そんなわけで今回はちばYOSAKOI 2018夏の陣のみ撮り歩いてきました。














チーム葵 YOSAKOI2018 夏の陣
地元茂原市のよさこい鳴子踊りチームで団地の盆踊りでも演舞してくれますしメンバーも増えているようです。










第64回 茂原七夕まつり
コメント (2)

アカバナ-房総丘陵

2018年07月26日 | みんなの花図鑑
アカバナ(赤花)
アカバナ科アカバナ属
北海道から九州にかけての山野の湿地や湿原に自生する多年草でこん棒状な柱頭が特徴です。
2018.7.26撮影 房総丘陵にて








コメント (2)

マルバハッカ-外房海岸

2018年07月23日 | みんなの花図鑑
標準和名:マルバハッカ(丸葉薄荷)
別名:アップルミント
シソ科ハッカ属
地中海原産の多年草の帰化植物で、人家近くの道端・農道・河川の土手などに定着しています。
2018.7.23撮影 大暑の外房海岸にて








コメント

イワトユリ-外房海岸

2018年07月23日 | みんなの花図鑑
標準和名:スカシユリ(透かし百合)
別名:イワトユリ・ハマユリ
ユリ科ユリ属
原種スカシユリのうち、青森から紀伊半島にかけての太平洋側の海岸の砂地や岩上に自生する百合です。
2018.7.23撮影 大暑の外房海岸にて


コメント

ママコノシリヌグイ-外房海岸

2018年07月23日 | みんなの花図鑑
ママコノシリヌグイ(継子尻拭)
タデ科タデ属
全国の野原や農道の路傍、河川敷など日当たりの良いところに自生する1年草です。
花の名前の由来ですが、葉の裏側にトゲがあります。
紙が高かったころ、庶民は植物の葉でお尻を拭いてたんだそうですが、自分の子のお尻は蕗など軟らかい葉で、憎い継子のお尻はトゲのあるこの葉で拭くといった継子イジメの連想から名付けられたようです。
2018.7.23撮影 大暑の外房海岸にて




コメント

クサアジサイ-房総丘陵

2018年07月21日 | みんなの花図鑑
クサアジサイ(草紫陽花)
ユキノシタ科クサアジサイ属
東北南部以西の本州、四国、九州の湿った林下や渓流沿いに自生する多年草です。
2018.7.21 猛暑の房総丘陵にて












コメント

ヤマユリ-房総丘陵

2018年07月21日 | みんなの花図鑑
ヤマユリ(山百合)
ユリ科ユリ属
北海道、近畿以北の本州、四国剣山の山地や林道脇斜面などに自生する多年草です。
盛期に撮りたかったのですが腰椎圧迫骨折により断念しました。
咲き残ってくれてありがとう。
2018.7.21 猛暑の房総丘陵にて
コメント

ダイコンソウ-房総丘陵

2018年07月21日 | みんなの花図鑑
ダイコンソウ(大根草)
バラ科ダイコンソウ属
北海道から九州にかけての湿った半日陰の林下や渓谷沿いの土手、農道脇などに自生する多年草です。
2018.7.21撮影 猛暑の房総丘陵にて












コメント

ヒキヨモギ-房総丘陵

2018年07月21日 | みんなの花図鑑
ヒキヨモギ(引蓬)
ゴマノハグサ科ヒキヨモギ属
北海道から九州にかけての明るい草地に自生する1年草です。
2018.7.21撮影 猛暑の房総丘陵にて










コメント

タマアジサイ-房総丘陵

2018年07月21日 | みんなの花図鑑
タマアジサイ(玉紫陽花)
ユキノシタ科アジサイ属
東北中部以西の本州、四国、九州の渓流沿いに自生する小低木です。
2018.7.21撮影 猛暑の房総丘陵にて








コメント