Kurumatabiskyの 野に咲く花に魅せられて Part1

  



     野に咲く花のように風に吹かれて~♪

      晴れた日はフィールドにいます。

地質年代「チバニアン(千葉時代)」誕生へ

2017年11月16日 | 日々是好日
地球の歴史を区切る地質年代は、中生代や白亜紀といった大きな区分の名称が既に決まっていますが小さな区分は未定のものがあります。



地球が誕生して46億年といわれていますが、その歴史の地質年代を示す特徴のある地層を国際標準模式地(GSSP)といい現在までに60数か所が指定されています。
千葉県市原市田淵で見つかった新生代第四紀更新世の約77万~12万6千年前の地質年代の地層が国際標準模式地(GSSP)「チバニアン」(千葉時代)と命名される見通しになったことが分かりました。

国立極地研究所や茨城大などのチームが今年6月にこの地層を基準地として国際地質科学連合に申請し、ラテン語で千葉時代を意味するチバニアンの年代名を提唱しました。
また、イタリアは南部2ヶ所の地層を基準地として「イオニアン」の年代名を目指して申請していました。

各国の専門家で構成する作業部会が審査し、今月10日を期限に投票を行った結果日本が全体の6割以上の支持を得て候補地に選ばれたということです。

この年代はネアンデルタール人が生きていた「第四紀更新世」の中期にあたり命名の行方が国際的にも注目されていました。

この地層は、地球の磁場が反転していた年代に海底に堆積してできたもので、現在の方位磁針はN極はほぼ北極をS極はほぼ南極を指しますが反転していた時代の方位磁針はN極は南極をS極は北極を指していたということです。
※ 地球の磁場は方位磁針と磁極が真逆で北極にS極が南極にN極があり、地球の発する磁場によりS極の磁場を持つ北極に方位磁針のN極の針が引き寄せられます。

この結果を受け、快晴の今日(2017.11.16)はたくさんの見学者が訪れていました。


下の案内板からわかるように、緑の杭は現在と同じ磁場の地層、黄色の杭は磁場がふらふらしていた時代の地層、赤の杭は磁場が反転していた時代の地層です。





晴れた日でも現場はぬかるんでいますので長靴に履き替えて見学することをお勧めします。
また、付近一帯はイノシシやニホンジカの生息地でヤマビルがいますので春から秋に見学するときはその対策もしっかりとしてください。
【ヤマビル対策】
 ヤマビルは僅かな隙間でも入り込みますので、長靴・長袖・長ズボンを着用して首にタオルを巻く。
 露出した部分や袖口などにヤマビル忌避スプレーをひと吹きする。
 長靴を這い上がっていないか時々確認する。
 
コメント (15)

イソギク-房総丘陵

2017年11月16日 | みんなの花図鑑
イソギク(磯菊)
キク科キク属

千葉県・神奈川県・静岡県の海岸の磯や崖に自生する多年草です。
千葉県レッドリスト カテゴリ D 一般保護生物
2017.11.16撮影













コメント

コウヤボウキ-房総丘陵

2017年11月12日 | みんなの花図鑑
コウヤボウキ (高野箒)
キク科コウヤボウキ属

関東以西の本州・四国・九州の山野や林道脇の土手などに自生する小低木です。
2017.11.12撮影




コメント (4)

ノハラアザミ-房総丘陵

2017年11月12日 | みんなの花図鑑
ノハラアザミ(野原薊)
キク科アザミ属
2017.11.12撮影










コメント

ダイモンジソウ-房総丘陵

2017年11月12日 | みんなの花図鑑
ダイモンジソウ(大文字草)
ユキノシタ科ユキノシタ属

北海道から九州にかけての平地から亜高山帯の湿った岩場に自生する多年草です。
2017.11.12撮影












コメント

ウメバチソウ-房総丘陵

2017年11月12日 | みんなの花図鑑
ウメバチソウ (梅鉢草)
ユキノシタ科ウメバチソウ属

北海道から九州にかけての湿った山野や亜高山に自生する多年草です。
千葉県レッドリスト カテゴリ B 重要保護生物
2017.11.12撮影






コメント

リンドウ-房総丘陵

2017年11月12日 | みんなの花図鑑
リンドウ (竜胆)
リンドウ科リンドウ属

本州から九州にかけての山野や亜高山に自生する多年草です。
2017.11.12撮影
















コメント

ジンジソウ-寸又峡

2017年11月07日 | みんなの花図鑑
ジンジソウ(人字草)
ユキノシタ科ユキノシタ属

関東から九州にかけての日陰の岩上に自生する多年草です。
寸又峡の林道の崩落防止ネットの間から顔を出してました。
2017.11.4撮影







コメント (4)

車旅 -滋賀~三重~愛知~静岡~神奈川~東京~自宅へ-

2017年11月06日 | 車中泊の旅
10日目(11月3日)
今日も晴れています。
敦賀市に出てコインランドリーで洗濯後、滋賀~三重~愛知を経由して静岡へ向かいました。
今日は観光なく移動のみです。
ファミレスでのプランチのみで缶珈琲を飲みながらひたすら走って宿泊予定の道の駅「川根温泉」へ到着、途中のコンビニで買った弁当とカツで夕食を摂り温泉に浸かりました。
混んでますがよいお風呂でした。
翌朝は早立ちで寸又峡に向かうため缶ビールを飲んでリンゴとカキを食べて早めに就寝しました。

11日目(11月4日)
晴れています。
コンビニで購入したサンドイッチ・飲むヨーグルト・紅茶で朝食を摂り、土曜日の混雑が予想される寸又峡に渋滞を避けて6時に向かいました。
曲がりくねり行き違いが困難な山道を注意しながら走らせます。
途中でニホンザルが道を横切ります。(笑)

なんとか寸又峡に近い土産物店の駐車場を確保して夢の吊り橋へ、観光を終えて帰ってくる方もおりますが待ち時間なく渡ることができました。






ジンジソウ


イワシャジン?


アキノキリンソウ


リュウノウギク




帰路は所々で渋滞し交互通行に時間を要します。
早めに向かったため吊り橋の待ち時間もありませんでしたがこれから向かう方は山道と吊り橋の渋滞で時間の浪費が心配です。
今夜宿泊予定の道の駅伊東マリンタウンに到着したのは午後2時過ぎ、3連休中日の土曜日とあって大混雑です。
車内でリンゴとカキを剥いておやつ。(笑)

ヨットハーバーの防波堤から初島がよく見えます。



レストランで生ビールを飲みながら夕食を済ませ就寝。

12日目(11月5日)
今日は3連休最後の日曜日、早朝5時から営業している展望温泉でのんびりと朝風呂に入り夜明けの太平洋を眺めました。
混まないうちにと都内経由で帰路に就き途中のファミレスのモーニングのブランチがてら休憩しましたが午後2時過ぎに自宅に帰着しました。
11泊12日で2250㎞を走行しました。
コメント (6)

車旅 -石川~福井へ-

2017年11月06日 | 車中泊の旅
8日目(11月1日)
今日も晴れています。
輪島の朝市へ向かいます。
高規格国道は走りやすくて助かります。

輪島の朝市


世界農業遺産 白米の千枚田








能登半島先端をひと回りして今夜宿泊予定の道の駅「ころ柿の里しか」へ
温泉に浸りコンビニ弁当と缶ビールで夕食、食後のデザートにリンゴと柿を食して就寝。

9日目(11月2日)
今日も晴れました。
兼六園に向かう途中の千里浜なぎさドライブウェイをひと走り、海岸をドライブできる数少ない砂浜です。
皆さん結構走ってますよ。(笑)
兼六園は昨日1日から雪つりがはじまっていました。
実習でしょうか、金沢商業高等学校総合情報ビジネス科の女子生徒さんがたくさんの資料を抱え5~6人の小学生グループを引率してあちこちで観光案内をしています。

唐崎松の雪吊り






徽軫灯籠


根上松




明治紀念之標


金沢城


日本随一の奇勝 東尋坊










曹洞宗大本山 永平寺








伽藍を見学させていただき山門をくぐるころには黄昏が迫っていました。

日が暮れた道を宿泊予定の道の駅「越前」へ向かいその途中で海鮮丼の夕食を摂りました。
付属の温泉に浸かりイカ釣りの漁火?を眺めていると時がたつのを忘れてしまいます。
コメント