Kurumatabiskyの 野に咲く花に魅せられて Part1

  



     野に咲く花のように風に吹かれて~♪

      晴れた日はフィールドにいます。

ミツバ

2019年07月09日 | 房総の野の花山の花
標準和名:ミツバ(三葉)
別名:ミツバゼリ(三葉芹)
学名: Cryptotaenia japonica Hassk.
セリ科ミツバ属
北海道から九州にかけての林床や林縁に生える多年草です。
水耕栽培によって野菜として流通しています。


















コメント

セイヨウニンジンボク

2019年07月08日 | 房総の野の花山の花
セイヨウニンジンボク
学名 Vitex agnus castus
シソ科ハマゴウ属
ヨーロッパ南部原産の耐寒性落葉低木です。








コメント

トウネズミモチ

2019年07月02日 | 房総の野の花山の花
トウネズミモチ(唐鼠黐)
学名 Ligustrum lucidum
モクセイ科イボタノキ属
明治時代に確認された中国中南部原産の落葉高木の帰化植物です。
繁殖力が強く全国に拡大していることから外来生物法では重点対策外来種に指定されています。
在来種のネズミモチは葉裏をかざすと主脈が確認されますがトウネズミモチは主脈も側脈も確認できます。






















コメント

ヤブガラシ

2019年06月12日 | 房総の野の花山の花
標準和名:ヤブガラシ(藪枯らし)
別名:ビンボウカズラ(貧乏葛)
学名:Cayratia japonica
ブドウ科ヤブガラシ属
全国の道端・林縁・フェンスなどに見られるつる性の多年草です。




コメント

ノハカタカラクサ

2019年05月22日 | 房総の野の花山の花
標準和名:ノハカタカラクサ(野博多唐草)
別名:トキワツユクサ(常盤露草)
学名:Tradescantia fluminensis Vell.
ツユクサ科ムラサキツユクサ属
南アメリカ原産の常緑の多年草です。
よく似たミドリハカタカラクサの茎や花柄は緑色ですがノハカタカラクサの茎や花柄は紫褐色です。
また、花径はミドリハカタカラクサの2分の1~3分の2ほどです。
外来生物法では重点対策外来種に指定されています。






















コメント

ベニバナシャリンバイ

2019年05月10日 | 房総の野の花山の花
ベニバナシャリンバイ (紅花車輪梅)
別名 モモイロシャリンバイ(桃色車輪梅)
学名 Rhaphiolepis indica var. umbellata
バラ科 シャリンバイ属
シャリンバイは東北南部の本州から沖縄にかけての海岸や海岸近くの岩場に自生する常緑の小低木ですがそれから作出されたピンク色の花を付けるベニバナシャリンバイは公園などの他庭木としても人気があります。
房総での花期は4月下旬から5月下旬です。








コメント

ヒメカンゾウ

2019年05月10日 | 房総の野の花山の花
ヒメカンゾウ(姫萱草)
学名 Hemerocallis.dumortierii var.dumortierii
ユリ科ワスレグサ属
原産地は中国東北部という説があるものの詳細は不明です。
花被片の色は濃くゼンテイカに似ているが草丈は50~60cmで花は小さい。


コメント

セイヨウバイカウツギ'ベル・エトワール'

2019年05月09日 | 房総の野の花山の花
セイヨウバイカウツギ'ベル・エトワール'(西洋梅花空木'ベル・エトワール')
スイカズラ科ウツギ属
ヨーロッパ原産の園芸品種で白い花弁の中心にワインレッドの目が入る人気種です。










コメント

ニオイニンドウ

2019年05月08日 | 房総の野の花山の花
ニオイニンドウ(匂い忍冬)
英名 ハニーサックル(Honeysuckle)
学名 Lonicera periclymenum
スイカズラ科スイカズラ属
西アジア~ヨーロッパ~北アフリカ原産のつる性木本で、葉は互生しますが花に近い先端のところでは2枚の葉が合着しており、花序は合着した葉の真ん中から突き抜けているように見えます。
在来種にスイカズラは黒い果実ですがニオイニンドウは光沢ある赤い果実です。
北アメリカ原産のツキヌキニンドウ(突き抜き忍冬)よりも在来種のスイカズラ(Lonicera japonica)によく似ていて一部で野生化しています。


コメント

フランスギク

2019年05月05日 | 房総の野の花山の花
フランスギク(仏蘭西菊)
学名 Leucanthemum vulgare
キク科フランスギク属
園芸用に移入されたヨーロッパ原産の多年草ですが逸出して各地で野生化しています。










コメント