Kurumatabiskyの 野に咲く花に魅せられて Part1

  



     野に咲く花のように風に吹かれて~♪

      晴れた日はフィールドにいます。

カントウヨメナ-房総丘陵

2018年06月30日 | みんなの花図鑑
カントウヨメナ (関東嫁菜)
キク科 シオン属
関東以北の本州の田の脇の土手、農道の土手、川岸などに自生する多年草です。
2018.6.30撮影 房総丘陵にて




コメント

ヒメイワダレソウ-房総丘陵

2018年06月30日 | みんなの花図鑑
ヒメイワダレソウ(姫岩垂草)
クマツヅラ科イワダレソウ属
ペルー原産の常緑多年草で地上を這います。
グランドカバーや水田の畔などで雑草防除のために植栽されますが逸出して野生定着している帰化植物です。
2018.6.30撮影 房総丘陵にて






コメント

シロバナツユクサ-房総丘陵

2018年06月30日 | みんなの花図鑑
シロバナツユクサ (白花露草)
ツユクサ科ツユクサ属
全国の畑、林縁、道端などに自生する一年草です。
「ツユクサ」は鮮やかな紺色ですが、花弁が純白の「シロバナツユクサ」も時々見られます。
2018.6.30撮影 房総丘陵にて





コメント

ヘラオモダカ-房総丘陵

2018年06月30日 | みんなの花図鑑
ヘラオモダカ(箆面高)
オモダカ科サジオモダカ属
北海道から九州にかけての水田・休耕田・水路などに自生する多年草です。
2018.6.30撮影 房総丘陵にて




コメント

ボタンボウフウ-外房の海岸

2018年06月26日 | みんなの花図鑑
標準和名:ボタンボウフウ(牡丹防風)
別名:チョウメイソウ(長命草)
セリ科カワラボウフウ属
潮風のあたる関東から沖縄にかけての海岸に成育する多年草で、別名を「長命草」といい若い葉は食用になりますが房総では食べることはないようです。
2018.6.25撮影 外房の海岸






コメント (4)

ヒメヒオウギズイセン-外房の海岸

2018年06月25日 | みんなの花図鑑
ヒメヒオウギズイセン(姫檜扇水仙)
アヤメ科モントブレチア属
明治期に観賞用として移入された南アフリカ原産の多年草で、逸出して野生化した帰化植物です。
2018.6.25撮影 外房の海岸






コメント

イワトユリ-外房の海岸

2018年06月25日 | みんなの花図鑑
標準和名:スカシユリ(透かし百合)
別名:イワトユリ(岩戸百合)
別名:ハマユリ(浜百合)
ユリ科ユリ属
原種スカシユリのうち、太平洋側の青森から紀伊半島にかけての海岸の砂地や崖に自生する百合です。
日本海側の青森から新潟にかけての海岸の砂地や崖に自生するイワユリ・北海道のエゾスカシユリとともにヨーロッパで品種改良され作出されたのが園芸種のスカシユリでたくさんの種類が移入されたり国内で作出されています。
2018.6.25撮影 外房の海岸








コメント

ハマナデシコ-外房の海岸

2018年06月25日 | みんなの花図鑑
ハマナデシコ(浜撫子)
ナデシコ科ナデシコ属
本州太平洋沿岸から沖縄にかけての沿岸の崖地や草地などに自生する多年草です。
2018.6.25撮影 外房の海岸










コメント

ハマゴウ-南房総鴨川の海岸

2018年06月25日 | みんなの花図鑑
ハマゴウ(浜栲・蔓荊)
クマツヅラ科ハマゴウ属
本州から沖縄にかけての砂浜や海岸近くの岩場に自生する落葉低木です。
2018.6.25撮影 南房総鴨川の海岸










コメント

アメリカネナシカズラ-南房総海岸

2018年06月25日 | みんなの花図鑑
アメリカネナシカズラ(亜米利加根無葛)
ヒルガオ科ネナシカズラ属
北アメリカ原産のつる性1年生寄生植物で各地で確認されています。
淡黄色または淡黄赤色の細いつるで草木に絡みついて蔓の突起状の寄生根から養分を吸い取り樹勢や草勢を衰えさせ枯らしてしまいます。
この海岸ではハマゴウに絡みついて一部枯れだしています。
2018.6.25撮影 南房総鴨川海岸






コメント