たかぽんアフター50

オバチャンのひとりごと日記

残念なスター

2018年10月19日 | 日記
沢田○二がそういう人だったなんて、ファンじゃないけどガッカリだ。

テレビでは、擁護するような意見があるが、やっぱりそれはおかしい。

そんなのあまりにも勝手じゃないか。

いくら「勝手にしやがれ」でも、勝手な無責任はダメじゃん。



無責任といえば、うちの職場の無責任男、ヒロキには今日もムカついた。

重度の知的障害と身体の不自由なミキちゃんという中学生の女の子がいるが、その子は体重も重く、私の力では抱き抱えるのは無理。

今日はミキちゃんを家に送っていくのはユウさんだった。

いつも帰りはまず誰かがミキちゃんを玄関まで連れていき、玄関からユウさんがミキちゃんを受けて車に乗せている。

重いのでやはり男性の力が必要。

しかし、あの男はズルい。

ヒロキだ。

上司が居る時はヒロキがミキちゃんを玄関まで連れて行ってるくせに、

今日はこうだった。

ミキちゃんの帰りの時間になったので、私はミキちゃんのオムツをチェックしたり上着を着せていた。

するとヒロキがミキちゃんを連れ出すために部屋に入ってきた。

ユウさんは車の準備に外に出た。

と、そこへ上司。

「先に帰ります。お疲れさまでした」

すると上司が帰るのを見て、ヒロキが急に2階に上がって行ってしまったのだ。

え?

え?て感じだ私は。

間もなくユウさんが玄関に入ってきた。

クソムカつくバカズル男!

あんな男に頼むもんか!

私は必死でミキちゃんを抱えて玄関に連れて行った。


ホントに上司の前だけだけで、カッコつけて仕事するふりするバカヒロキ。

「勝手にしやがれ」の最後の部分だけを歌ってやりたいよ!

(うちの会社から)

♪出ていってくれぇーーーー!!