たかぽんアフター50

オバチャンのひとりごと日記

グループホームとマウスホームと

2018年12月11日 | 日記
昨日はケアマネさんと数カ所のグループホームを見て廻ってきた。

姑の入居施設が決まるまでは私が一緒に住むことにはしたが、私の体力と精神力を考えると、ずっと介護生活というわけにはいかない。

それに、何かしら仕事もしなくては生活していけない。

とにかく姑の入居施設が決まれば、それに超したことはないのだ。

ただ、どこでもいいというわけにはいかない。

終の棲家になるであろう姑の施設だ。

空いてりゃどこでもいいとばかりにポンと入れては姑が可哀想だ。

先月は特養を見て廻ったが、なんとこのご時世、ひと部屋空きがある特養があった。

しかもまだ今年できたばかりの新しい施設。

「予約しておきますか?」と事務の人に言われたが、

働いている人達のどこか冷たい表情や、介護士達の会ってもあいさつをしない礼儀の悪さを見て予約を辞めた。

時間がかかっても、じっくり見学に足を運び、よく見極めて決めたいと思った。

しかしながら安く入れる特養は、どこも予約待機者が多くて、なかなか入ることができない。

それでも先月は、「ここだったらいいかな」と思った特養の施設を一カ所だけ予約して来た。

だが、入る順番が来るまで、何年待てばいいのやら。


そこで今度はグループホームに目を向けることにした。

グループホームは特養よりは高い。

でも有料老人ホームよりは安い。

昨日は、なんとか姑の年金範囲で収まるグループホームを何カ所か見て廻った。

入居施設選びは、私が考えている条件は、姑の生まれ育った、そして今も暮らしている姑の地元。

私が住んでいる所あたりにすれば私は何かと楽だけど、やっぱり姑から故郷は奪えないなと思う。

そして昨日見て廻り、

「ここに入れたい!」

と感じる処にやっと出会った。

働いている人達の笑顔と話しやすい対応。

壁に飾られた入居者の皆さんの明るい雰囲気の写真。

ココしかない!

予約の書類を書いた後、

「こちらに入りたいです!ここなら間違いないと感じました!どうかお願いします」

と施設長さんに頼んだ。

60代ぐらいの女性施設長さんは、少し困ったような笑顔で、

「そんなふうに言っていただいてありがとうございます。ただ、既に待機者の方が4名いらっしゃいます。順番が来たらお電話します」

と言った。

4名か…

微妙な人数だ。

まあ前月予約した特養は、30人以上の待機者だったから全然いい。


いつ入れるかわからないが、とりあえずこれで姑の施設は決まった。


さて、それはそうと、今は誰も住んでいない姑の家。

前回姑の家の様子を見に行った時、明らかにネズミの気配があった。

このままでは姑の家がネズミの巣になってしまう。

何か対策、何か対策、とホームセンターに行き、これを購入してきた。



いろいろあったが、これが強力そうだったし、値段も高かった。

とりあえずこれを3箱購入。

中に入っている薬剤を、家のあちこちに撒いてきた。

フッフッフッ、ネズミのやろうども、これを食べるがいい。

これでネズミは減るだろう。

うん。

ん?

でも、次に姑の家に行ったら、ネズミの死骸があちこちにあるってこと?

え!?

それを処分するのは私?

えー!
















棒とナスならウチにもあるが

2018年12月10日 | 日記
ボーナスなんて10年以上ウチには無い。


ダンナは公務員だった。


ダンナが仕事を途中退職したのは5年前だが、その何年も前からほとんど仕事に行かなくなっていたから、ボーナスは入っていなかった。

なのに家のローンは、今でもボーナスの月は30万払っている。

家のローンを組んだ新婚当時は、まさか将来こんな状況になるなんて知るよしもなかった。

世間の公務員の皆さんがウハウハ喜ぶボーナスデイは、ウチにとってはヒーヒー辛いんデイなのだ。


ボーナスなんて入ってもないのに、また今月も30万引き落とされる。


昔、ボーナスの日はダンナが輝いて見えたが、今じゃボーナスの日は、ダンナが憎たらしく感じる。


ああーもぉー!
ダンナのバカヤローーー!













ミサコちゃんのトイレチェック

2018年12月09日 | 日記
うちの職場である施設の建物は、普通の一戸建ての家だ。

だからトイレは一つしかない。

男も女も子どもも、みんな一つのトイレを使っている。

そんな中、おてんばミサコちゃん小学3年生が用足しをした後のトイレがどうも汚い。

ウ○チの後は便座にウ○チがこびりついていたり、オシ○コの時は便座と床にこぼれ落ちていたりする。

それで私はミサコちゃんがトイレから出てきた後、トイレを見に行くことにした。

ミサコちゃんがトイレに入ると、出てくるのをドア近くで待っている。

そして出てきたら、わざと手をマイク代わりにし、片方の手は人差し指で円を描きながら、

「たかぽんの、トイレチェックターイム!」

と何かテレビ番組のように言う。

そうするとミサコちゃんも楽しそうに私についてきてトイレを見に戻る。

「皆さんこんにちは。たかぽんのトイレチェックタイムの時間がやってきました。さあ、今日もトイレを見に行きましょう。ミサコちゃんはトイレをキレイに使ったでしょうか」

手をマイクにしたまま、実況しながら見る。

キレイだと、「ミサコちゃん、今日はとてもキレイですね。合格です!」と実況を締めくくるが、汚いと、

「おぉっと!ちょっと今日はオシ○コが便座と床についていましたね。ではミサコちゃん、拭いてください」

とか言ってミサコちゃんに拭かせる。

昨日もそうだったので、便座クリーナーのシートを渡し、「さあこれで便座を拭きましょう」と言った。

ミサコちゃんが便座を拭いている時、私は床のオシ○コを拭いていた。

ミサコちゃんは、

「ちょんちょんちょん、ゴシゴシゴシ、ちょんちょんちょん、ゴシゴシゴシ」

と言いながら拭いていた。

ていうか、ん?ちょんちょんちょん?

ちょんちょんちょんて何?

私は床を拭いてる手を止めミサコちゃんを見た。

えええ!ミサコちゃんは「ちょんちょんちょん」と言いながら、シートを便器の中の水につけていた!

そしてそのシートで「ゴシゴシゴシ」と便座を拭いていた!

「ミサコちゃん、便器の中の水は汚いからつけちゃだめー」

と、焦るおばちゃん。

「え?そうなの?」

キョトンとするミサコちゃん。

ミサコちゃんのトイレチェックはまだしばらく続けなきゃならないなコリャ。


それはそうとキレイになったトイレにヒロキが入った。

私も用足しがしたくて待っていた。

そしてヒロキが出てきたのでトイレに入ったのだが、

え…

便座と床にオシ○コがタレている。


クソ男、便座上げて用を足せよ!

しかも用足しの後、ちゃんと便器の中にオシ○コをキレよ!

ホント何から何まで迷惑な男だ。












ユウという男

2018年12月07日 | 日記
ヒロキと違って静かなユウさん。

ヒロキはここに就職する約2年前までは、定職にもつかず、たまにバイトをするぐらいで、普段はパチンコやゲームばっかりのゴロゴロしてるような男だったようだが、

ユウさんに至ってはもっとびっくりだ。

定時制高校を終わり、とある食品加工の工場に就職したものの、人間関係で一日で辞めてしまったらしい。

人間関係で一日で、ってユウさん…


で、ユウさんはその後、長きに渡り引きこもりになったらしい。

でもお父さんが個人で大工だかの仕事をやっていて、手伝ってはいたようだ。

そして3年前、何かで社長副社長に出会って、一日2時間程度だけ仕事に行くようになり、だんだんに勤務が増え、今は正職員になった。

ユウさんは30歳。

「昔は引きこもりでした」

と、今は笑いながら自分で堂々と言っている。

それだけ気持ちに余裕を持てるようになったんだろう。

ヒロキにはどっか行っていっぺん痛い目に遭って修行してこいって言いたいが、

不器用なユウさんには、これからもここで、しっかり頑張っていって欲しいと思う。


まあ、私にはもうすぐ関係なくなるが。


早く12月終わんないかな。


また言った。












ヒロキという男

2018年12月06日 | 日記
なぜか休みはいつもヒロキと被る。
でも今日は珍しく被らず、ヒロキだけが休みだった。

ヒロキが居ないとホント空気良いわ。

そもそもあの男はここで働くことになる前、仕事らしい仕事をするでもなく、家でゲームをしたりブラブラしているような男だった。

それをヒロキの専門学校時代の友人、マミさんが紹介して連れてきた。

マミさん、余計なヤツを連れてきたものだ。

おかげでマミさんにはヒロキのグチがこぼせない。

そのころ人手が足りなくて、即、社長はヒロキを雇い始めたのだが、来たばかりのヒロキはおとなしかった。

ヒロキが調子に乗り始めたのは、リーダーぶってた男性職員Cさんが副社長とケンカをして辞めていってからだ。

それまではヒロキはCさんにヘコヘコしていたくせにだ。

ホント調子のいい男だ。


そんなヒロキが今日は居なく、二階は私とユウさんの二人だけだった。普通は二人だけだと忙しいものだが、ヒロキの場合は居ても居なくても同じ。

むしろ忙しくてもヒロキが居ない方がずっといい。

ユウさんはヒロキと違っておとなしい目立たない男だが、ユウさんは居て欲しい存在だ。

トロトロしてはいるが、頑張っていると思う。

気持ちも優しいし、基本真面目だ。

ユウさんの方がヒロキより年上だし先輩なのに、ヒロキはよくユウさんをいじっている。

ユウさん、けっこう我慢してるんだろうなと思う。

ほんとマミさん、なんであんな男連れてきたのよ。

明日はまたヒロキと一緒。


ま、いいや。

もうすぐ私はヒロキと会うこともなくなる。


早く12月終わんないかな。