岡山・元同僚女性殺害 住田紘一被告 疑問残し、幕引く  控訴取り下げ死刑確定 2013/3/28

2013-03-31 | 死刑/重刑/生命犯

スコープ2013:岡山・元同僚女性殺害 疑問残し、幕引く 住田被告、控訴取り下げ死刑確定 /岡山
 毎日新聞 2013年03月31日 地方版
 元同僚の女性を殺害し、遺体を切断して遺棄したとして強盗殺人、強盗強姦(ごうかん)などの罪に問われ、岡山地裁で死刑判決を受けた大阪市住吉区の無職、住田紘一被告(30)は28日、控訴を取り下げ死刑が確定した。弁護人によると、先月14日の判決後、住田死刑囚はたびたび「(被害者や遺族に)謝罪したい。控訴を取り下げようか迷っている」と話していたという。なぜ反省の気持ちを遺族に直接伝えないのか。なぜ凶悪な事件を起こしたのか。多くの疑問を残したまま、幕を引いてしまった。【五十嵐朋子】
 「判決の結果は受け止めようと思っていました。生きてほしいという自分の家族の気持ち、死刑になればいいのかという気持ちがあり、迷いがありました。今後は、ご遺族の気持ちを理解したい、独りよがりの考えをなくせるようにしたいと考えています」
 遺族の法廷参加を支援した弁護士に取り下げの理由を問われ、住田死刑囚は書面で答えた。8行程度の文面には「本当に申し訳ないという気持ちです」と反省の言葉がつづられていた。「謝罪の言葉は控訴審で話すべき」という弁護人の説得に耳を貸さず、住田死刑囚は黙って控訴を取り下げたという。
 殺害された岡山市の派遣社員、加藤みささん(当時27歳)の父裕司さん(60)は29日の会見で、「(被告の)本心は分からない」と硬い表情で話した。住田死刑囚はこれまで、事件から半年たって性的暴行を告白したり、公判3日目になって突然謝罪を始めた経緯がある。
 裕司さんは住田死刑囚を「愚直なまでに真っすぐで、誰も間違いをただしてやれなかった。かわいそうな人間」と分析する。住田死刑囚が心の中を法廷で語る機会は失われたが、「人間らしい感情を取り戻し、心から謝罪してほしい」。遺族の思いは変わらない。

 ◎上記事は[毎日新聞]からの転載・引用です *強調(太字)は来栖
----------------------
◆ 住田紘一被告(被害者1名・前科無し)に死刑判決 岡山地裁 裁判員裁判2013/2/14 ⇒ 控訴取り下げ 
  記者の目:裁判員裁判の死刑判決=五十嵐朋子(岡山支局)
  毎日新聞 2013年03月27日 01時55分
 ◇問われる法曹三者の役割
 岡山地裁は先月、元同僚の女性を殺害したとして強盗殺人、強盗強姦(ごうかん)などの罪に問われた大阪市住吉区の無職、住田紘一被告(30)に死刑判決を言い渡した。だが、裁判員裁判で行われた審理で、被告の更生可能性が十分に検討されたのか、疑問が残った。判決文は簡潔すぎて死刑を選んだ理由を説明し尽くせていない。被告に内省を促し、裁判員裁判を定着させるためにも、裁判官、検察官、弁護士の「法曹三者」と呼ばれるプロの法律家の役割が、より重要だと主張したい。
 ◇厳しい判断だが説明が不十分
 裁判員裁判の死刑判決は16件目。被害者1人の事件では3件目だが、前科のない被告では初めて。死刑判決の判断基準永山基準」(83年最高裁では被害者の人数が重視されており、これまでの死刑判決と比較しても厳しい判断だったといえる。
 言い渡しはわずか10分間ほどだった。判決は「深まりに乏しい反省態度や凶悪で非情な犯行計画を実行できたことからして、犯罪的傾向を有することも否定できない」として、「更生可能性は高いとはいえない」と結論づけた。私は発生直後から、この事件を取材し、人間の尊厳を踏みにじる犯行は許せないと考えてきた。しかし判決には、年齢や社会的な影響を「酌量すべき事情ではない」と判断した理由など、説明不足な点が多いと感じた。
 判決によると、住田被告は11年9月、岡山市内の元勤務先の会社敷地内で、派遣社員の加藤みささん(当時27歳)を倉庫に誘い込み、現金を奪って性的暴行を加えて刺殺。遺体を大阪市に運んで刃物で解体し、川などに遺棄した。
 被告は起訴内容を認め、動機について「別の女性との交際に満足できず、欲求不満を解消したかった」と話した。殺人罪で起訴された後、事件発生から半年後の昨年3月になって、検察官に「真相を話していない」と手紙を送り、性的暴行を告白したことから、強盗殺人と強盗強姦の罪に訴因変更された。
 法廷で被告の発言内容は揺れた。当初「殺人は手段として是認される」と述べたが、被告の両親が「本当は優しい子」と証言すると態度を一変。「死刑になるために自分を悪く見せようとした」と涙を流し、遺族に「ごめんなさい」と頭を下げた。検察側の論告後、被告は「両親を残して命を絶てない」とも述べた。
 ◇被告の態度変化に振り回されて
 被害者参加制度を利用して法廷に臨んだ加藤さんの父裕司さん(60)は「私たちを何回苦しめるのか」と疑問を投げかけた。裕司さんは最愛の娘を奪われた無念さを語り、「最低でも死刑に」と訴えた。しかし死刑判決後の記者会見で「達成感はない」と話した。二転三転した被告の態度に、40代の男性裁判員は「真相に迫れたかどうか疑問だ」と話し、別の裁判員は「難しい判断だった」と述べた。法廷に立ち会った法律専門家は「みんな被告に振り回された」と分析した。
 事前に争点を整理する公判前整理手続きでは、法曹三者は「事実関係に争いはない」と一致した。強盗殺人の法定刑は死刑か無期懲役なので争点は、死刑の選択が妥当かどうかに絞られた。しかし、裁判員に十分な判断材料が提供されたのかどうか疑問だ。特に専門家である法曹三者の取り組みが不十分だったのではないか。
 岡山大法科大学院の上田信太郎教授(刑事訴訟法)は「法律の素人である市民が参加する裁判員裁判では、逆に法律の専門家の力量が試される」と指摘する。しかし、公判では、被告の生い立ちにも、2度実施されたという精神鑑定にもほとんど触れられなかった。事件に至る被告の精神状態など、事件の核心部分には未解明の点が少なくない。被告が検察官に手紙を送って告白した経過の評価や、更生に向けた両親の協力など検察側と弁護側で対立した主張を争点化して、緻密な議論を重ねる余地はかなりあった。
 被告はなぜ、遺体を切り刻んで捨てるという残忍な行為に及んだのか。被告の内面に迫り、真相を解明するには、弁護側、検察側双方が立証を積み重ねて「なぜ」を突き詰めていくプロセスが欠かせない。被告に一つ一つ問い続けることで「心の底からの謝罪を」と求める遺族の願いにも応えられるはずだ。
 国際的に死刑撤廃の動きが広がる中、私は死刑の適用は慎重であるべきだと考えている。弁護側の控訴を受けた控訴審では、更生可能性の有無をはじめ、疑念を挟む余地がないくらい判断の理由に踏み込んで、被告にその刑事責任を問いかけてほしい。
-----------------------
岡山女性強盗殺人:住田被告の死刑確定へ 控訴取り下げ
 毎日新聞 2013年03月29日 13時39分(最終更新 03月29日 13時54分)
 岡山市で11年9月、元同僚の女性を殺害したとして、強盗殺人、強盗強姦(ごうかん)などの罪で今年2月14日に岡山地裁で死刑判決を受けた大阪市住吉区、無職、住田紘一被告(30)が控訴を取り下げたことが分かった。住田被告の死刑が確定する。
 死刑判決を受け、住田被告の弁護側は即日控訴していた。弁護士によると、住田被告は28日、勾留中の岡山刑務所で、所長宛てに書面で取り下げを申し出たという。【五十嵐朋子】

 ◎上記事は[毎日新聞]からの転載・引用です *リンク、強調(太字)は来栖 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
加藤みささんに対する強盗殺人・強姦・死体損壊・遺棄…住田紘一被告に死刑判決 2013/2/14 岡山地裁  

   
   女性の遺体の一部が遺棄された大和川の捜索を行う岡山県警=平成23年10月、大阪市住之江区(本社ヘリから) 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
死刑執行[2017/7/13]の住田紘一死刑囚「自分は生きているという罪悪感があります」 / 「娘は生き返らず喜びなどない」被害女性の父
 13日に死刑が執行された住田紘一死刑囚は、控訴を取り下げ、一審の死刑判決が確定した後に「被害者の命を奪ってしまったのに自分は生きているという罪悪感があります」との思いを遺族側に伝えていた . . . 本文を読む 
――――――――――――――――――――――――
死刑執行 西川正勝死刑囚(大阪拘置所) 住田紘一死刑囚(広島拘置所) 金田勝年法相命令2017/7/13 Thu 
....................

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 首相のモンゴル訪問、価値観... | トップ | 終末期医療 「みとり」の在り... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
記事を拝見しました。 (サルト)
2013-04-16 22:31:06
なかなかメディアが取り上げない、取り上げても事件の本質が全く見えてこなかっただけに、とても参考になりました。

今まで見た記事の中で一番気持ちのこもった文章なのでひとまず信じることが出来そうです。

また、「控訴を取り下げていた」という情報は全く知らなかったので、非常に驚きでした。

死刑制度について議論できるほど、私は見識も常識も持ち合わていないのですが

この事件「犯人が裁判中も死刑してくれて構わない」と言っていたにも関わらず

死刑判決が出たら「即日控訴した」というニュースだけを見て、「なぜ誰も矛盾を覚えないのか?」と気になってまして・・。

あなたの文章を見ていると、事件の色々な側面が見えました。犯人の心情はわかりませんし、理解できないかもしれませんが・・・

被害者の親父さんの言葉を慮ると、何か・・・言葉が出ませんね。

なんかこの事件で続報あればまたそのうち記事にしてください。ちょくちょく検索してみます。
記事内容について (山形)
2018-04-23 10:58:46
遺体を切刻む犯罪例は、過去より非常に多く珍しくも無く、理由も単純なパターン(発見を遅らせる/遺体処理に困って)が多いようですが、この犯罪において、遺体を切刻む理由を追求したい記者の"理由"が知りたかったです。遺体を切刻む理由なんて、私にはどうでも良い話でした。
また、「国際的に死刑撤廃の動きが広がる中、私は死刑の適用は慎重であるべき」と書いていますが、何故国際的な死刑撤廃の動きと国内の死刑適用の慎重さがリンクするのか理由が知りたいです。本来、国際的にどうかより、刑罰の制度設計のあるべき姿として死刑をどのように捉えるかである筈です。
世界で人口の多い中国・インドやイランといった国々は死刑に積極的ですが、記者の言う国際的は、都合の良い国際的(西側先進国のみの規範)でないですか?
もっと、説得力のある記事を読みたいです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。