隠れ茶を守る会 グリーン・コネクションズ

茶処静岡の安倍川最上流、幻の銘茶の産地「梅ヶ島」の荒れゆく茶畑を・茶業を・景観を守るために活動を始めました。

【隠れ茶・瓦版2018夏の号】

2018年07月11日 | 隠れ茶・瓦版

本日瓦版夏の号を皆さまのメールアドレス宛に配信させていただきました。ブログでもお伝えさせていただきます。

メールアドレスを頂いていたにもかかわらず、届いていない場合は、登録不備があるかと思いますので、ご連絡くださいませ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

暑い日が続いております。

いかがお過ごしでしょうか?
 
西日本の豪雨により被災された皆さまには心よりお見舞い申し上げます。
一日も早く元の生活に戻れますようお祈りしております。
 
瓦版は、「隠れを守る会」にご縁のあった皆さま、応援くださっている皆さまに
不定期にBCCにてお送りさせていただいております。
(重複メール、ご容赦くださいませ。)
========お知らせ項目========= 
1.新茶「隠れ茶」いよいよ販売開始! 全品送料無料キャンペーン7月25日まで!!
 
2.「隠れ茶・新茶」「隠れ茶・熟成茶」飲み比べ、今だけ可能な愉しみをぜひ!
 
3. 「隠れ茶・新茶」「隠れ茶・熟成茶」を久能山東照宮、家康公の墓前に奉納 
 
4.梅ヶ島耕作放棄茶畑の葉で紅茶作りワークショップ開催 7月21-22日
 
5.秋の梅ヶ島ツアー「茶摘み/紅茶作り+安倍川源流紅葉トレッキング」10月20-21日開催
 
6.オーダーメイド梅ヶ島ツアー(日帰り/宿泊) 、ご要望に合わせたプログラムをご用意いたします。
 

========お知らせ詳細=========  
1.新茶「隠れ茶」いよいよ販売開始しました。
  今年は、青々しい香りをより強く感じていただけるよう仕上げております。
  新茶ならではの味わいをなるべく多くの皆さまに味わっていただきたく、
  全品送料無料 (7月25日までにご注文下さった方限定)でお届けします。
  商品は「隠れ茶を守る会」ホームページからご覧いただけます。⇒ http://wakoucha-kakurecha.com/
 
 
2.家康公が好まれた安倍茶の熟成茶販売中!
  安倍茶は鎌倉時代に聖一国師が中国から持ち帰った茶の種を安倍川支流沿いの足久保と幼少期と晩年を過ごされた安倍川沿いの蕨野(梅ヶ島の下流にあります)に撒いたことが起源とされているようです。
  蕨野には、 聖一国師が 開いた「医王山回春院」そして墓が聖一国師の茶畑の対岸にあります。
 

  熟成茶と新茶の飲み比べは、この時期だけに限った愉しみ方です。
  「隠れ茶・熟成茶」はティバッグ15個入りのみの在庫となります。
  250mlの水に隠れ茶・熟成茶のティバッグ1個を、別の250mlの水に
  隠れ茶(新茶)のティバッグ1個を入れて、冷茶2本を飲み比べてみてください。
  家康が熟成茶を好まれた気分が味わえるのでは?・・・乞うご期待! 
  ご注文の際は「ティバッグ15個入り・飲み比べセット」
  とご指定下さい。
 
3.今しか味わえない「隠れ茶の新茶vs熟成茶」を家康公にも味わっていただきたいと
  できたての「隠れ茶(新茶)」と昨年の初摘み茶を熟成させた「隠れ茶・熟成茶」を墓前に奉納させていただきました。
  
  家康公が同時に2つを試飲された場合、どちらを好まれたのか、お伺いしてみたいものです。
 
4.梅ヶ島はかつては武田信玄の領地。それを徳川家康が奪い取り駿府の領地となりました。
  当時、武田軍が徳川軍を迎え撃つ「陣場」が梅ヶ島東峰にあります。
  陣場は時代と共に茶畑となり美しい景観を作り上げてきました。
  が、持ち主茶農家さんの高齢化に伴い、ここ数年は放棄されておりました。
  その茶畑を東京のコミュニティWの若者が昨年から整備を開始。
  7月21-22日、秋の葉を摘み取って紅茶作りに挑戦するそうです。
  ご興味ある方はこちらからからお申込みを。⇒ https://www.facebook.com/events/257272408157187/
 
5.恒例の春の茶摘みではなく、秋の茶摘みツアーです。10月20-21日(土日)
  秋の茶の芽を摘んでご自身好みの紅茶を作ります。
  安倍川源流・オオイタヤメイゲツの森の紅葉(正しくは黄葉)のトンネルを
  渓流に沿ってトレッキングします。
  詳細は後日お知らせさせていただきます。
  日程を空けて楽しみにお待ちくださいませ。
 
6.梅ヶ島周辺の体験&ツアーをご希望の方は、お知らせくださいませ。
  日程・体験内容などご要望に合わせてご用意させていただきます。
  ご連絡は⇒  ag.ecotours@gmail.com 
  体験内容はこちらをご参照ください⇒ グリ・グリーンエコツアーズ(株)
 
 
例年にない早い梅雨明けと共に猛暑が続きます。
夏バテや体調を崩しやすい今日この頃。
緑茶は胃腸周りの余分な熱を取り去って夏バテを防いでくれます。
暖かいお茶でも効果は同じ!
冷たい飲み物ばかりに偏りがちな時期、たまには暖かいお茶で身体も心もホッと一息❢
元気に夏をお過ごしください^^)
 
瓦版をご希望されない方はお手数でも egao.saito@gmail.com までお知らせください。  

....................................................................................................................................................

齋藤雅子 都市農村交流コーディネーター・お茶検定一級
アグリ・グリーンエコツアーズ(株)静岡県知事登録旅行業 第3-653  http://agrigreen-ecotours.com/
隠れ茶を守る会代表HP:  http://wakoucha-kakurecha.com
How to Brew Green Tea with UMAMI: http://youtu.be/Z94_qQ24yTY
..................................................................................................................................................
 
 
 

 


久能山東照宮に「隠れ茶+隠れ茶熟成茶」奉納!

2018年06月19日 | 最新ニュース

鎌倉時代、安倍川流域栃沢ご出身の僧、聖一国師は宋から茶の種を持ち帰り、安倍川支流の「足久保」と安倍川上流の「蕨野」に撒き、それが安倍川流域の茶栽培の始まりと言われています。

当時、安倍川流域のお茶は安倍茶と呼ばれその味と香りから珍重されました。

 

足久保の茶は、大日峠にて熟成させて駿府城・江戸城の家康にお茶壷道中にて届けられていたという故事にならって、ここ安倍茶の産地’梅ヶ島’でも「隠れ茶」を熟成茶に仕立てております。

その熟成茶と新茶の飲み比べができるのが、この時期限定の楽しみ。

  

 

家康公にもその飲み比べをお楽しみいただき、この素晴らしいお茶を栽培している梅ヶ島の茶農家を励まし、茶農家の存続を応援いただけたら、、、と「隠れ茶(新茶)と隠れ茶熟成茶」を奉納させていただきました。

      

家康公のお力を借りて、梅ヶ島の茶農家さん・ワサビ農家さん・椎茸農家さん・林業家さん・そして旅館さんが益々栄え、明るい未来に繋がることを記念してまいりました。

さぁ、大船に乗った心地で明るい梅ヶ島を思い描いて、頑張りましょうね~

<<凍結被害に遭われた茶農家さん、諦めずに茶業を続けていただきたいです!!>>

 

 


「大人の遠足2018・幻の銘茶を摘みに①」無事に終了❢

2018年06月16日 | 最新ニュース

東京から20名、藤枝から3名、のご参加者を取りまとめてくださいましたのはサロンを経営されているとってもチャーミングな小川悦子さん。病み上がりにも関わらず添乗員のように大活躍!

ご参加の皆さまの若さ・熱気に私たちも元気になりま~す。

 

藤枝からは、お茶のご専門家がご参加くださり、緑茶・烏龍茶・紅茶の違いをとても分かりやすくご説明くださいました。

今回、「隠れ茶(新茶)」と「隠れ茶・熟成茶」の飲み比べをお楽しみいただきました。場合によって、どちらも美味しい。とのコメントをいただき納得&感激でした!

 

 

お昼は地元食材ふんだんのヤマメ塩焼きランチ。

    

 

さて、茶畑では、新茶の刈り取り時には小さすぎて残された芽が、丁度良い大きさになりました。ここでは、それらを「後芽あとめ」または「番茶」と呼びます。今日はそのあと芽を摘み取ります。

 

 

蒸してから手揉み茶緑茶に挑戦!

  

 

茶畑の横を霧がよぎっていき、なんとも風情のある光景に。

遠路ご参加の皆さま、ありがとうございました。

秋の紅葉、来年の茶摘み、四季を通して梅ヶ島にお越しいただけますこと、楽しみにお待ちしております。

アグリ・グリーンエコツアーズ(株)http://agrigreen-ecotours.com/

 

 


「大人の遠足to隠れ茶の里へ2017」から早1年!

2018年06月16日 | 最新ニュース
昨年、サロンドシャンティの磯部優子先生が企画下さいました「大人の遠足to隠れ茶の里へ」から早一年。今年はその生徒さんに引き継がれ、企画いただきました。「大人の遠足・銘茶を摘みに①」後ほどアップさせていただきます。
 


 
 
 
  
 
 
 
6月27日 「大人の遠足to隠れ茶の里」準備進んでいます
6月27日の「大人の遠足to隠れ茶の里」のお打ち合わせでサロン ド シャンティさまを訪問。お打ち合わせはそこそこに、癒しの空間と時間をしっかりと楽しませていただきました......
 

 


6/9-10 地域密着型茶摘み+安倍川源流トレッキング終了報告

2018年06月11日 | 最新ニュース

梅雨入り後の初めての週末で雨を心配してドキドキ・・・でしたが、

 

【Day1】

心配をよそに時折り晴れ間の出る絶好の茶摘み日和となりました❢

まだまだ摘んでいたいというほどの茶摘み好きさんが集まりました。

摘み取った茶葉は、即座に蒸して手揉み茶に。そして絞り出しで試飲!

自作のお茶の美味しいこと~

     

 

今年は、神奈川県自然環境保全センターにお勤めの久保典子さんにご指導いただいて籠編みにも挑戦!皆さま初めてとは思えない出来栄え!

   

 

くさぎ里さんのカルキを入れてない温泉「炭酸ナトリウム塩泉」で疲れた身体を芯からほぐしていざお待ちかねの夕食へ。献立は美味しさが定評の地元素材を使った田舎料理+奥田シェフご考案のジビエ料理

   

 

【Day2】

今日も雨は降らず・・・安倍川源流トレッキング日和❢

ここが1級河川安倍川の源流。

 

途中霧が出て幻想的な風景も味わいました。

   

 

昼食は日本一高い茶畑「東峰」にて。

 

 

お茶のワークショップはお茶研究家の平野裕美さんに、梅ヶ島「隠れ茶」の特徴を生かした飲み方をご指導いただきました。

  

終了して小屋を出るといよいよ雨が。

先ほどまでくっきり見えていた尾根はあっという間に霧の中。

 

今回も素敵なご参加者に出会え、実り多い嬉しい2日間でした。

ご参加の皆さま、応援くださった皆さま、ありがとうございました。

次回は梅ヶ島の紅葉を楽しむツアーを企画しますのでお楽しみに~

 


2018ボランティア茶摘み・無事終了❢ 5/26

2018年05月28日 | 耕作放棄茶畑再生レポート

静岡市梅ヶ島草木平でのボランティア茶摘み、6年目。今年もお陰様で無事に終了いたしました。

5月26日(土)東京・名古屋・静岡から18名のボランティアさんにお越しいただき、無事に終わりました。今回は、社会創発塾コミュニティWの皆さま、東京農業大学グリーンアカデミーみどりの専科の皆さまにもご参加いただき、とても賑やかに、そしてスピーディーに作業が進みました。

お馴染みの皆さまは、2人刈り機の扱いも、刈り取り方も、選別作業もすっかり板について手際よく、工場の締め切り時刻にヤブキタ種・在来種ともに間に合わせることができました。

       

終了後には、畝間に残っていた雑草を取ってくださる方・庭木の剪定をしてくださる方もいらして感激!

 

茶工場に生葉を持ち込んだ後は、そのまま工場を見学させていただきました。

   

どんなお茶に仕上がるのか、皆さんも興味深々。

 

下の写真は昨年摘採のヤブキタと在来茶の水出し冷茶。 

 

ボランティアの皆さまには、遠路はるばるとお越しいただき強力なお手伝いをいただきまして改めてお礼申し上げます。来年も5月最終週末を予定しております。引き続きどうぞよろしくお願いいたします。


日本茶・中国茶・紅茶・微生物発酵茶~お茶のちがい 知っていますか?~ 第1回講座終了報告

2018年05月19日 | 最新ニュース

既にお茶講座を受講されたことのある方から、全く初めての方。30代から70代までの男女20名が、「東京農大オープンカレッジ3回シリーズ”お茶のちがい”」にご参加。第1回目が本日無事に終了いたしました。

講師は”お茶と暮らしの研究家”=日本茶インストラクター・中国茶インストラクター・中国茶高級茶藝師・中国茶高級評茶員・国際中医薬膳師=平野裕美さん。

日本茶・中国茶・紅茶・微生物発酵茶の説明の合間には、緑茶「玉露」「深蒸し茶」「浅蒸し(普通蒸し)茶」を水出しと熱湯との2つの温度で試飲。

 

 

無農薬お茶栽培の現場見学および茶摘み体験は、本講座とは別途6月9-10日に企画しております。詳細・お申し込みは⇒ https://blog.goo.ne.jp/kakurecha/e/4ff7e94d70d972c242f48b1016a32ae1

    

 

次回オープンカレッジ「お茶のちがい講座」は6月23日(土)、7月28日(土)

今回、募集に間に合わなかった皆さま、後期で同様の講座を開催いたしますのでお待ちくださいませ。

前期で本講座「入門編」をご受講中の皆さま、後期には続きのより深めたシリーズを開催いたしますのでご期待くださいませ。

 

 

 


’マルケをカバンに詰め込んで’のロベルトさんをお迎えしました。

2018年04月10日 | 最新ニュース

イタリアでもあまり知られていないマルケ州。
実は、おいしいものや美しい景色、あたたかい人々……素朴で優しい魅力にあふれたステキな所。
ロベルトさんはそんなマルケを知ってもらうべく、”マルケをかばんに詰め込んで”、世界を旅しています。

ーロベルトさんの活動を応援されているyoko moriyamaさんのFacebookより引用ー

 

今回の来日は、大阪・鎌倉・東京でのイベントを通して、マルケをご紹介するため、とのこと。

そのロベルトさんが、梅ヶ島にお越しくださいました。

ハーブのスペシャリストでもあるロベルトさんは、ワサビやお茶にもご興味があるとのことで、有東木のワサビ・梅ヶ島のお茶畑をご案内させていただきました。

   

いつも暖かく迎えてくださる有東木にある’うつろぎ’でわさび田を観ながら美味しいお蕎麦を。

 

 

例年に無い寒さで凍ってしまった「隠れ茶」の畑や、葉色が黄変してしまった我が家の前の「もと放棄茶畑」を見学。

 

ロベルトさんは、マルケでB&Bを経営されており、お料理もお得意。世界各地で、マルケの食材やオリーブオイルを利用してマルケ料理をマルケのワインと共にご提供しながらマルケの魅力をご紹介するイベントを開催されているそうです。

このイベントに参加された方々は、マルケやロベルトさんに魅せられて、「いつか訪れてみたい~♡」とfall in loveになるようです。

梅ヶ島をご紹介するのに、ロベルトさんのように「食」を通してご紹介できたらこんなに素敵に、より身近にご紹介することができるんですね。

梅ヶ島には、ワサビ・お茶・椎茸・ジビエ・在来作物・・・魅力的な食材がそしてそれらを生み出しながら存在する素晴らしい景観があります。これらを活用した「梅ヶ島ご紹介」ができたら素敵です~♡


放棄茶畑再生@草木平 3/25

2018年04月03日 | 耕作放棄茶畑再生レポート

チャノキの新芽が揃って出るように、畝の表面を切りそろえる「春均し」を、東京から参加の「社会創発塾コミュニティW」の皆さんのお力を借りて無事に終了いたした。

    

在来種の葉が冬の厳しい寒さの影響か黄変してしまいました。あと2か月で回復します様に~☆彡

 

ご指導は「隠れ茶」農家の秋山さん。台刈りした畝としていない畝との均し方の違いなどを学びました。

     

チャノキの間に生えたシダや野バラも取り去ってすっかりきれいな茶畝になりました。

 

今年はどんな新茶になるのか今から楽しみです。

5月26日の茶摘みでもボランティアを募ります。どうぞご予定ください。

 

 

 


放棄茶畑再生@梅ヶ島陣場 3/24

2018年04月02日 | 耕作放棄茶畑再生レポート

梅ヶ島東峰の陣場は、徳川軍が武田軍の侵入を見張り、迎え撃つために陣を張ったという歴史深い尾根。

時代とともに、陣場は茶畑となり美しい景観を作っておりましが。が、持ち主の農家さんの高齢化に伴い、現在は放棄された畑となっておりました。

昨年からこの茶畑再生に取り組み始めた社会創生塾・コミュニティWの皆さまが、いよいよこの3月より本格的な再生に取り掛かりました。

先ずは、樹高が背丈までに伸びたチャノキの丈を詰めて茶畑の形に戻します。

陣場には、ヤブキタ種と在来種がありますが、先ずは梅ヶ島ならではの在来種から。

     

 

コミュニティWの皆さんは、梅ヶ島の皆さんとの交流も楽しみにしているとのこと。

いつの日か、もとの美しい陣場の茶畑になるのを地元の皆さんとも一緒に見守っていきたいです。


2018年 地域密着型茶摘み+安倍川源流トレッキングツアーご案内

2018年03月03日 | イベントご案内

<<参加者募集>>The tea picking tour will be held on the 9-10th June 2018

【2018年6月9-10日】毎年恒例の地域密着型茶摘みツアー

皆さまのご要望にお応えして、、、今年は渋谷から貸し切りバスを利用!!


スケジュール Schedule <雨天決行 carry out in the rain>

状況によりプログラムを変更する場合があります。

2018年6月9日(土 Sat)

07:30  東京都渋谷区宮下公園交差点近くより出発  The chartered bus will wait for you near the traffic junction of Miyashita Park at Shibuya. 

08:00  (東名江田バス停にて乗車可能)

08:10  (東名厚木バス停にて乗車可能)

10:30  ペンション「くさぎ里」集合・受付 If you take your own car, come to the Kusagiri inn directly

11:00     オリエンテーション (食堂にて) Orientaion

  1. 受付け・部屋割@食堂
  2. オリエンテーション@食堂
  3. 「隠れ茶を守る会」活動紹介
  4. 30秒自己紹介(お名前、ご職業・参加動機・本ツアーに期待する事)
  5. スケジュール・持ち物確認
  6. 質疑応答

12:30  昼食 lunch ・荷物移動

13:30     茶摘み・手揉み(籠編み)(放棄茶畑再生) tea picking & hand made tea or making bascket

17:00     風呂 onsen hot spring

19:00  夕食・交流会 dinner

         


2018年6月10日(日)Sunday

7:00 朝食+朴葉おにぎり作り breakfast + prepare the lunch box

8:15 安倍川源流へ出発 leave for Abe River walk

11:30 「天空の茶畑」見学・昼食・お茶講習・振り返り visit the highest tea garden in Japan, lunch, tea workshop

15:30 梅ヶ島コンヤの里テニスコートにて貸し切りバス乗車(マイカー参加者解散 The  chartered bas will leave for Tokyo.

18:30ごろ 東名厚木バス停/東名江田バス停にて下車可能  

19:00 渋谷着(道路状況などにより前後することがあります)arrive at Shibuya, Tokyo (can be delayed deppending on the traffic)

     

募集人数: 18名 applicant 18 peoples

最少催行人数: 12名(貸し切りバス乗車10名未満の場合はバス運行無し。現地集合現地解散)

締め切り: 5月31日(定員になり次第に締め切り)apply by May 31st/or before 18 applicants filled

参加費用: ¥38,000 yen(モニター価格=1泊4食・入湯税・貸し切りバス代金・体験費用含む)fee including 1night, breakfast, 2 lunches, dinner, hot spring bath, chartered bas from Shibuya to Umegashima)(貸し切りバスをご利用されないご参加の場合は要ご相談)

宿泊: ペンションくさぎ里(くさぎり)http://kusagiri.com/ place to stay is Kusagiri inn, 4-5 peoples will share a room

    〒421-2301静岡市葵区梅ヶ島4797(tel.054-269-2263)

集合場所/時刻: 

●貸し切りバスご利用者 渋谷から原宿に向かう明治通り宮下公園交差点手前(プロント 渋谷宮下公園店の向かい側)/6月9日 7:30

●マイカーでお越しの方 ペンションくさぎ里/6月9日 10:30 ご相談ください。

東京用賀I.C⇒ 御殿場から新東名⇒ 新静岡I.C120分⇒ ペンションくさぎ里50分

渋滞回避のため、早朝のご出発をお薦めします。早くご到着の場合は、ご遠慮なく「くさぎ里」内にてご休憩ください。囲炉裏の休憩所があります。

●公共電車・バスご利用者 ペンションくさぎ里/6月9日 10:30 ご相談ください。

ご参考:JR静岡駅 北口「#9梅ヶ島行きバス 8:36乗車 池尻橋バス停下車」徒歩3分 http://data.justline.co.jp/nanj/table.do?paperNumber=3&busstopcode=10010&polecode=9&dataType=2

服装: 長袖シャツ、長ズボン、(虫よけのため)長いソックス、(麦わら)帽子、長靴(または濡れても良い運動靴/トレッキングシューズ)、防寒着(ヤッケ/ジャンバー)

持ち物: カメラ、筆記用具、バックパック、水筒(当日民宿にて水の補充可)、タオル、登山用手袋(軍手)、上下に分かれた雨合羽、傘、日焼け止めクリーム、虫よけスプレー、洗面具、着替え、保険証


申し込み/問合せアグリ・グリーン エコツアーズ(株)

静岡県知事登録旅行業 第3-653  http://agrigreen-ecotours.com/ 

 ag.ecotours@gmail.com (齋藤) 090-4176-2416 

お申込書(下記①~⑪を ag.ecotours@gmail.com (齋藤)までお知らせください)

①お名前 ②性別 ③生年月日 ④年齢 ⑤メールアドレス ⑥ご住所 ⑦携帯番号 ⑧貸し切りバス利用かマイカーか ⑨貸し切りバスご利用の場合、渋谷宮下公園交差点・東名江田バス停・東名厚木バス停・(その他の高速バス停)どちらでご乗車か ⑩手揉み茶作りよりも籠編み体験希望有り・無し ⑪どのように本ツアーを知ったか を【件名:2018茶摘みツアー申込み】にてお知らせください


Apply to AgriGreen Eco Tours Co.Ltd. with the information on ①~

①name ②sex ③birthday ④age ⑤mail address ⑥residence address ⑦mobile phone number ⑧Will you take the chartered bus or come with your own car? ⑨Which bus stop will you use, Miyashita Park Shibuya or Tomei Eda or Tomei Atsugi? ⑩Will you attend the vine basket knitting workshop instead of tea picking? ⑪How did you get to know this CHATSUMI tour?

ag.ecotours@gmail.com (Ms. Saito) 090-4176-2416

 

 


「縁側カフェ」で地域を元気に! シンポジウムに参加2/17

2018年02月17日 | 最新ニュース

今日は、静岡市葵区にある賤機都市山村交流センター「安倍ごころ」にて「縁側カフェ」で地域を元気に!シンポジウムが開催されました。

https://www.facebook.com/kicorisha/photos/pcb.754826451378898/754826354712241/?type=3&theater

 

縁側カフェを日本で初めて創設された静岡名誉教授小櫻義明氏の基調講演の後は、お茶のマーケティングを研究されている静岡県立大学経営情報学部「岩崎邦彦教授」、地域の魅力を地元に認識させて地元の皆さんをわくわくさせながら地域を再生させているNPO法人仕事人倶楽部主席研究員「森田みかさん」、玉川に移住して玉川地域おこし協力隊をされている冨田和政さん、静岡大学農学部教授「岩垣秀洋氏」司会によるパネルディスカッション。

安倍奥に惹かれる方々の特性・求めているもの。「縁側カフェ」の可能性。などの分析結果はたいへん興味深いものでした。

よそ者・若者・馬鹿者の重要性、団結することの大切さも知りました。

梅ヶ島でも縁側カフェができたら、「消費者⇔生産者」の関わりあう仕組みができるのでは?

期待が膨らみます❢ 


2018年前半の活動予定をお知らせいたします

2018年02月17日 | 隠れ茶・瓦版
今日はまた冷え込みが強く、雪が心配な地域もあります。
皆さま無事に厳冬を乗り越え、健やかに春を迎えられますよう願っております。
梅ヶ島・草木平の我が家では、水道管が破裂してしばらく断水となっております。

さて、梅ヶ島では3月18日(日)梅まつり、4月8日(日)春まつりがあります。
国民健康保養温泉地に指定された「梅ヶ島温泉郷」での’温泉’そして
奥田シェフ監修の’わさびパスタ’も楽しみがてらお越しください。
  
本年前半の「隠れ茶を守る会」および「アグリ・グリーンエコツアーズ」の活動予定をお知らせさせていただきます。

========お知らせ項目=========
1.耕作放棄茶畑での茶摘みボランティア 5/26 を募集いたします
  
2.茶摘みツアー 6月9-10日(1泊2日)ご予定ください

3.オーダーメイドのツアーを企画させていただきます
  
4.有機肥料実験継続中です


========お知らせ詳細========= 
1.耕作放棄茶畑での茶摘みボランティアを募集します
  5月26日(土)予備日27日(日)9時~16時ごろ 梅ヶ島草木平にて
  現地9時ごろ集合・5時ごろ解散 持ち物:着替え・タオル(温泉に入ってからお帰りになれます)
  
2. 茶摘みツアー  6月9-10日(1泊2日)(雨天決行/募集20名)
  9日:マイクロバスにて渋谷出発⇒東名江田⇒新静岡IC⇒梅ヶ島で茶摘み・手揉み茶(1泊)
  10日:安倍川源流散策⇒天空の茶畑見学/昼食⇒渋谷
     
3.オーダーメイドのツアーを企画いたします  
  茶摘み 宿泊 ツアー・茶摘み日帰りツアー・ 薪ストーブ 茶農家訪問ツアー・お茶ツアー・トレッキングなど
  ご要望に合わせてプログラムを作成させていただきます。
  どうぞお気軽にご相談ください。
  アグリ・グリーン エコツアーズ(株)  静岡県知事登録旅行業 第3-653 

4.有機肥料実験継続いたします
  再生中の放棄茶畑および「企業の茶畑」シグマクシスの畑にて、昨年末から
  米糠施肥の実験区を増やしました。
  「米糠はイノシシを引き寄せるので肥料には使えない」と通常言われておりますが、
  イノシシが来ない米糠にて実験しております。高齢化が進む梅ヶ島では
  「軽い」「扱いやすい」 「安価」な有機肥料が必要!
  最適な有機肥料を見出し地域全体で’有機の山茶・梅ヶ島’を目指したいものです。

  農薬・除草剤を使わずに27年。
  安心&香り高いお茶のお求めは  egao.saito@gmail.com までお知らせください。

1.2につきましての詳細は後日「隠れ茶を守る会」ブログにてお知らせさせていただきます。
ぜひ読者ご登録をお願いいたします。
 

まだまだ寒さが続くようです。お身体大切にお過ごしくださいませ。
*風邪・インフルエンザ予防のための緑茶の飲み方;;
ガブガブと飲むのではなく、チビチビと喉を潤す程度に頻繁に飲む方がウィールス殺菌により有効とのこと。
緑茶で風邪・インフルエンザを予防しお元気でお過ごし下さい。
 
皆さまに梅ヶ島にてお目にかかれることを楽しみにしております。

「しずおか自治取組発表会」に参加して

2018年02月03日 | 最新ニュース

1月21日(日)13:30~16:00 藁科生涯学習センターにて「しずおか自治取組発表会」が行われ社会創発塾5期生の有志の’コミュニティW’の方々とご一緒に参加させていただきました。

主催は’里山くらしlabo’ 

静岡市の中山間地(里から山奥までの地域)5地域がそれぞれかかえる課題とそれに向けての対応を各自治体が発表する、そして、聴衆はその発表に対しての感想と質問をポストイットに各自記入して主催者がまとめる。というものでした。

今回発表された5地域は

清沢、大川、梅ヶ島、玉川、両河内

発表された各地域の課題は、いずれ他の地域でもあるいは現在既に課題となっている事項が多く、自治体同士でもとても参考になったように感じました。

各自治体の取り組みは下記とのこと。

清沢; 自治会の行事+会議+活動=903活動(1115人)が人口減少の昨今では負担になってきているため、人口に見合った地域活動にスリム化する。

大川; 放課後・長期休みの「学童保育」を整備し「移住促進・母子にやさしい地域」につなげる。

梅ヶ島; 男性だけで組織されている現在の梅ヶ島自治会連合会に女性の参加を促進し、自治会を元気にし、梅ヶ島に住む女性全体が梅ヶ島自治運営に関心を持つことを期待する。

 

梅ヶ島の高校生お二人の発表は地域愛に溢れ、梅ヶ島の魅力「自然」「温泉」を活かした地域活性化をいずれ梅ヶ島にて取り組みたい!と、とても心強いものでした。

 

玉川; 433世帯の1/3が高齢者夫婦または独居老人であるため、お弁当を配ることにより「栄養管理」と「見守り」を併せて可能にできる仕組みを作る。

両河内; 一般のバスは、利用者の減少と共に便数が削減され、不便かつ高額。そこで静岡市の協力を得て、「ココバス(どの家からも200m以内にバスが停まる)」を今年4月から運行する。

どの地域も本当に必要な切実な願いから生まれた、素晴らしい取り組みをされていることを知りました。そしてその取組に対して客観的な情報を収集し合わせて資料にまとめられ共有する機会を作られた「里山くらいlabo」の活動には敬服いたします。

今後、各自治体の活動が発展し、共鳴しあい全ての地域がより住みやすいそして移住しやすい地域になることを願っています。

 

今回、外の力・地域外からの応援についての取り組みについてはご紹介がありませんでした。私を含め梅ヶ島には住んでいないけれど(東京にてまたは梅ヶ島を時折り訪問して)梅ヶ島を応援したい。という方々や企業さまがいらっしゃいます。そういう皆さまの力をどう活かしていけるのか、そんな事例発表が次回にはあったら嬉しく思います。参考にさせていただき、外から梅ヶ島や中山間地のお役に立てるような活動がより効果的にできればと思います。

 

 


願いを込めて「寒さに負けないで~」

2018年01月12日 | 活動報告

梅ヶ島の今朝の気温は9時になっても-7℃。凍り付くような寒さ。。。茶の葉はこの通り氷まぶし・・

耕作放棄茶畑にて①無施肥 ②CBX(アリゾナの地層から取り出したミネラル豊富な有機肥料)③熟成馬糞 ④粉砕&発酵竹 ⑤米糠 の実験区で肥料の有効性を確認したい、とご一緒に再生作業をしているご近所さんと実験していますが、

米糠は昨年から取り入れたばかり。どの肥料よりも安く、扱いやすく、高齢化が進む梅ヶ島の茶農家さんでも利用できそうな有力候補。

春に良い芽を出すための有機肥料の施肥はいつが最適なのか??

有機肥料の効き具合はとてもゆっくりとは学んだけれど、米糠肥料はどれくらいの期間で成分が溶け出し土壌に影響を与えてくるのか?

分からないながら、この寒さに耐えるチャノキに何かしてあげなくっちゃ・・・とヒトも凍えながら肥料撒き。

  

根が凍ったりしませんように~☆

元気なチャノキになりますように~☆

美味しい新芽を出しますように~☆