軽井沢ル・ボン・ヴィボン

東京・吉祥寺の南欧料理Le Bon Vivantの姉妹店、軽井沢ル・ボン・ヴィボンのブログです。

サロマ湖の孤太郎牡蠣

2017年04月21日 | お店のこと

こんにちは、シェフのUMEOです。


季節外れの牡蠣が入荷しました。
ルボンヴィボンの定番、サロマ湖の孤太郎牡蠣です。

冬牡蠣の旬は大抵10月くらいから3月くらいまでです。

しかし、うちが仕入れている孤太郎牡蠣の産地は流氷で有名なオホーツク海沿岸。
もちろんサロマ湖も冬の間氷に閉ざされてしまうため、
1月から4月中旬の間は出荷ができなくなります。

今シーズンも漸く氷が解けて、冬牡蠣の再出荷が始まったところ。
時を同じくして天然の帆立貝も獲れ始めます。
もちろん我が家の帆立貝は殻付きの天然物を使っています。
冬の冷たい海の底でミネラルを蓄えた帆立貝の味わいは格別です。

そしてもう一つ、我が家の自慢は
千葉県南房総から届く新鮮なお魚たち


今日はすずき、金目鯛、活締め天然真鯛、そして大ぶりのアオリイカ。
どの魚も天然物です。
日本近海では、天然物のお魚は少なくなってきているようです。
(そうした話をよく聞くようになりました)
こうした魚をきっちり仕入れ、活締めなどの下処理をして、完璧な状態で出荷できる業者も希少です。

どちらも、ルボンヴィボンの自慢のお取引先。
この繋がりはとても大切にしています。
 
信州にありながら、素晴らしい魚介類を扱える幸せに感謝して 
「信州だから山の物を」 という型にはめず食材を使っていきたいと思います。

小さなお店というのは、ある意味シェフ(オーナー)自身の投影ですから
僕自身が出会う全ての物からインスピレーションを受け
自分なりに解釈して表現する事こそが一番大事なんだと考えています。

そんなわけで、今シーズンはさらに「自分らしさ」が一皿に表現できるように
様々なチャレンジをしていきたいと思います。

是非、お店にお立ち寄りくださいませ 

コメント

まもなくゴールデンウィークです。

2017年04月19日 | お店のこと

こんにちは、シェフのUMEOです。
差し迫ってきました、ゴールデンウィーク。

現在の予約状況はディナーの5月の3~5日がほぼ満席です。
そのほかの日はまだ取れるところもありますので
是非お問い合わせくださいませ

冬期間が終わり、久々のフル稼働なので緊張気味ですが 
皆様にお会いするのを楽しみにしております。

GWギリギリではありますが、
スタッフもまだまだ募集しています。



4月も終盤とは言え、冬は低空飛行でしたから、
一年はここから始まるような感じで、遅れてやってきた2017年のスタートになります。
今シーズンもまた、新たな何かをご提案できるよう色々考えております。

日陰の雪も解けて軽井沢にも遅い春がやってきました。
春の食材をたくさんご用意して、皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。

コメント

業務開始

2017年04月17日 | お店のこと

こんにちは、シェフのUMEOです。

欧州より帰還いたしました。昨日より業務再開しております。
西洋料理に携わる者として、サービス業を生業とする者として、
現地の「今」を知り
隔たりを自覚する重要性を、またもや思い知らされて帰って参りました。
世界はどんどん変化しています。

渡航のお土産話をネタに、
全力投球で仕事に打ち込んでおりますので、皆さま是非お立ち寄りくださいませ。

再開後はありがたい事に、たくさんのお電話を頂戴し
一気にゴールデンウィークのご予約も埋まってきました。

もちろん、 まだ少しお席の余裕がありますが
早い段階で埋まってくるものと思われますので、
弊店のご利用を検討されているお客様には早めのご予約をお願い申し上げます。

また、GW期間中の軽井沢へお越しのご予定がある方は、
いずれにせよ、どこかしらのお店を予約されることを強くお勧めいたします。
(毎年食事難民が出てますので・笑)

ゴールデンウィークの軽井沢は、町中が渋滞してパニック状態になります。
移動は普段の何倍も時間がかかりますので、
早め早めの行動プランをお立てになる事も、重ねてお勧めいたします。

軽井沢も過ごしやすい気候になってきました。
皆様にお目にかかれるのを心待ちにしております。

 

コメント