itchy1976の日記

当ブログは、読了本の書評・感想とスポーツ、時事問題、日常生活のコラム中心です。TB、コメント、相互リンク依頼大歓迎。

映画「悪人」

2010年11月02日 23時44分21秒 | 映画・ビデオ・DVD
映画「悪人」(映画.com)
「悪人」オフィシャルサイト
悪人 - goo 映画
悪人@ぴあ映画生活


○作品情報(映画.com)
監督:李相日
原作:吉田修一
脚本:吉田修一、李相日
撮影:笠松則道
美術:種田陽平
音楽:久石譲
製作国:2010年日本映画
上映時間:139分
映倫区分:PG12
配給:東宝
キャスト:妻夫木聡、深津絵里、岡田将生、満島ひかり、樹木希林、柄本明、宮崎美子、松尾スズキ、光石研、余貴美子、塩見三省、井川比佐志、永山絢斗、中村静香、韓英恵、山田キヌヲ

○ストーリー(映画.com)
芥川賞作家・吉田修一の同名ベストセラーを妻夫木聡&深津絵里主演で映画化した人間ドラマ。長崎の外れの小さな漁村に住む祐一(妻夫木)は出会い系サイトを通じて佐賀在住の光代(深津)と出会う。逢瀬を重ねる2人だったが、祐一は世間を騒がせている福岡の女性殺人事件の犯人だった……。監督は「69」「フラガール」の李相日。共演に岡田将生、満島ひかり、柄本明、樹木希林。

○感想
2010/11/02 天神東宝にて観賞(無料券)
いい映画を見せてもらったなという感じだった。無料で見ることを申し訳ないように思ったので、わざわざ550円のホットドックセットを注文した。評価としては、2500円ぐらいは払ってもいいだろうね。これは最高評価と思ってかまわない。妻夫木聡の金髪や深津絵里のベッドシーンとか若干違和感を感じたのは事実だが、全体的に役者陣がいい演技をしてくれたなという感じだった。特に、祐一の祖母(樹木希林)と佳乃の父親(柄本明)の二人の演技にはジーンと来るものがあった。祐一なり佳乃を思う気持ちが伝わってくる。大切に思っている人はいるのか?ということですね。そういう気持ちが当人に伝わっていれば、行動も変わると思うのだけど。

誰が本当の悪人なのだろうか?祐一なのか?増尾なのか?佳乃なのか?結局、殺人という一線を越えてしまった祐一が一番の悪人だと思っていますが、結果的には逃亡を幇助したことになる光代も同罪だと思います。増尾は佳乃に対して悪意はあっただろうし、佳乃は祐一に対して悪意はあっただろうと思うが、二人とも悪人ではないと思います。勝手に引き金を引いたのは祐一なんだろうから。

この作品に関しても事前に原作本を読みました。原作本では描ききれなかった部分はあるんだろうね。何で祐一に光代がついていったのかというところが唐突な感じがしたからね。脚本に吉田修一氏も入っているということで、そんなに原作と違和感はなかった。原作本吉田修一『悪人』の映画化には成功した作品だと感じた。

悪人(上) (朝日文庫)
吉田 修一
朝日新聞出版
悪人(下) (朝日文庫)
吉田 修一
朝日新聞出版
妻夫木聡が悪人だったあの2ヶ月 [DVD]
妻夫木聡,深津絵里,岡田将生,満島ひかり,樹木希林
SMR(SME)(D)
悪人 シナリオ版 (朝日文庫)
吉田 修一,李相日
朝日新聞出版
映画「悪人」 フォトストーリーブック
朝日新聞出版
朝日新聞出版


最新の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (リバー)
2010-11-05 20:59:24
TB ありがとうございます

日本映画の底力を見た感じです
ホント 皆さんいい演技していますね

原作も読みたいです
Unknown (金平糖)
2010-11-06 07:34:43
おはようございます(*^^*)
トラバ、いつもありがとうございます。
お返しを試みたのですが、出来ませんでした(T_T)

妻夫木さんは、いつものイメージを一新といった感じで好演され感心していたところ、深津さんがそれ以上の演技で圧倒されました。

どんなに善人でも、悪人の部分は持っているだろうし、悪人といわれる人も、「蜘蛛の糸」のカンダタのように、善人の部分も少しは持っているのだろうと思います。
でも、殺人はどんな理由があるにせよ大罪。
先日、A・ドロンの「暗黒街のふたり」を見て、本作を連想しました。
Re:Unknown (itchy1976(当サイト管理人))
2010-11-07 02:29:43
リバー様コメントありがとうございます。

いい映画だったですね。妻夫木聡や深津絵里のみならず、他の俳優陣も良かったですね。

これからもよろしくお願いします。
Re:Unknown (itchy1976(当サイト管理人))
2010-11-07 02:39:06
金平糖様コメントありがとうございます。

最近Yahooブログとの相性が悪いみたいですね。

>どんなに善人でも、悪人の部分は持っているだろうし、悪人といわれる人も、「蜘蛛の糸」のカンダタのように、善人の部分も少しは持っているのだろうと思います。
→そういうことが伝えたかったんだろうと思いますね。ただ、殺人の一線を越えてしまったものはやっぱり悪いとおもいますね。

これからもよろしくお願いします。
こんにちは (de-nory)
2010-11-08 07:23:28
こんにちは。
TBありがとうございます。

悪人になろうとして、なっている人はいないでしょう。
だけど存在する言葉。
ひとつ間違えると我々もそう呼ばれるかも。
そんな空恐ろしさを感じずにはいられない作品でした。
Re:こんにちは (itchy1976(当サイト管理人))
2010-11-08 23:06:57
de-nory様コメントありがとうございます。

人間は悪の部分と善の部分を持っていて、臨界点を越えると、悪人になってしまうのかなと思います。なりたくてなっているわけではないが、結果的には悪人になっている部分もあるのかなと思います。

これからもよろしくお願いします。
はじめまして (sanae)
2010-12-11 19:07:53
TBいただいてたようですが今頃気づきまして・すみません。
そちらへのTBはうまくいきません、名前のリンクをしておきます。

劇場へは2回行きました・
地元ロケ絡みもあってか?思い入れは強いようです。
見るたびに発見のあるような、こういった作品を私は好みます。
Re:はじめまして (itchy1976(当サイト管理人))
2010-12-13 00:27:51
sanae様コメントありがとうございます。

最近YahooブログからこちらにTBが飛ばないケースがあるようですね。

本作品のように、ずっと印象が残るような作品が好きですね。おっしゃるとおり、見るたびに発見があるような作品がいいですね。

これからもよろしくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。