「天道虫(てんとうむし)の会」

私たちは、今井信子さんのライフワークでもある「ゆらぎの里」での音楽活動に賛同して、「天道虫の会」を立ち上げました。

セジュン・キムさんからのメッセージ

2020-10-10 10:49:49 | 日記

第4回東京国際ヴィオラコンクール2位入賞の セジュン・キムさんからのメッセージです。

1)現在どこに住んでいますか?

― ドイツのハノーファーに住んでいます

2)この数か月どのように過ごしていましたか?

― ロックダウンの間は、練習と、少しの運動、それから料理をしたりしていました。とにかく、私たち一人一人にとって、非常に困難な時期だったと言っても過言ではありません、が、同時に、いわゆる日常生活を楽しむこともできた時期でした。

3)所属している学校、オーケストラ、アンサンブル等の現状を教えて下さい。

― 私が所属しているハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団は5月から少しずつですが活動を再開し始めました。小さな編成の曲を十分な距離をとって演奏していますが、もちろんまだ無観客です。これらの小さな演奏会はライブで配信され、コロナ禍にも関わらず、ライブで演奏することを 許された感じがして、とても気分が良かったです。

4)現在住んでいる国では音楽会は開催されていますか?開催されている場合、会場ではどのような対策をしていますか?

― コロナに関する制限は、韓国の方がかなり厳しいです。あらゆる集会にて集まれる人数が50人に制限されてしまっているので、ほとんどのコンサートが残念ながらキャンセルすることになってしまいました。

5)コロナ禍だからこそ始めた新しい物事や考え方、前向きになれたことはありますか?

― えーと、実は、結婚をしました!3月に結婚式をする予定でしたが、直前で延期が決まってしまいました。が、ようやく8月に無事、式を挙げることができました!

6)コロナ禍が収束して、真っ先にやりたいことは何ですか?

― この状況が落ち着いたら、満席の会場で演奏したいです!!拍手というのは、演奏家にとってはとっても大事なもので、私たちは、それが今、とても恋しいです。また、日本に行って演奏できることを楽しみにしています!

7)日本のファンの方にメッセージをお願いします。

― とにかく、皆さんが健康でありますように!どんな時においても、健康でいられることはとっても大切なことです。そしてどうか、このコロナ禍でも音楽を忘れないでください!音楽はいつでも、全てのものに対して、前向きに寄り添ってくれますよ。

photos:コロナ禍で楽しんだという美味しそうなお料理や、ご結婚されたばかりの奥様との写真など、たくさん送ってきてくれました!Conglaturations!!

 

<The 4th TIVC 2nd prize / Sejune Kim>

1) Where do you currently live? (Country /City.)

-In Hannover, Germany.

2) How have you been spending the last few months?

-During the 'lock down' I practiced, did a little sport and some cooking. It is safe to say that it has been a very difficult time for each one of us, but at the same time I did enjoy spending a couple of ordinary days of everyday life.

3) Please tell us about the current situation of your school, orchestra, ensemble, etc.-My orchestra, the NDR Radiophilharmonie slowly started playing again in May. We mostly played works with a small orchestration, keeping a lot of distance to one another, but of course without any audience. These small plays and concerts were streamed live and being allowed to play ‘live’ despite Corona felt so great.

4) Are there any concerts in your country? If it is held,

what kind of infection prevention measures are taken at the venue?

-The Corona restrictions regarding this are rather strict in Korea. Only up to 50 people are allowed in any kind of gatherings, which is also why unfortunately most concerts had to be cancelled.

5) Do you have any positive things, thinking or activities that you started in this predicament?

-Well, I got married! My wife and I were going to celebrate our wedding already in March but postponed it last minute. However in August our marriage finally took place!

6) What do you want to do first after the covid-19 has converged?

-After the crisis I want to play a concert with a full audience!! Applause is very important for musicians and we do miss that very much! I am also looking forward to be able to play in Japan again.

7) Please give a message to Japanese fans.

-All the best and stay healthy! Being healthy is the most important thing at any time! :) And please don't forget about music despite the crisis! Music always has a positive impact on everything.

photo: He sent us many happy photos. Congratulations!!

コメント

牧野葵美さんからのメッセージ

2020-10-07 08:57:18 | 日記

第2回東京国際ヴィオラコンクール3位入賞の牧野葵美からのメッセージです。

 

1)現在どこに住んでいますか?

イギリスのマンチェスターに住んでいます。今年でもう7年になります。

2)この数か月どのように過ごしてましたか?

できるだけ自分の欲求に正直に、無理なく過ごすようにしてきました。3月に自転車から転落して左目を打撲して大変だったのとその後のロックダウンが重なったため、家にいても結局目があまり使えず本を読んだりやテレビも見づらくもどかしい日々でしたが、覚悟を決めて休むきっかけになったと思います。

※現在は快復されたとのことです。

3)所属している学校、オーケストラ、アンサンブル等の現状を教えて下さい。

8月末から活動を再開したところですが、まだお客さんありの演奏会はしていません。スタジオでラジオ用の録音を室内オーケストラ規模でやっています。今週はたまたま現代音楽のセッションで武満徹の‘雨ぞ降る’などを弾きましたが、現代音楽アンサンブルの形態は私にとってとても懐かしいもので、楽しく弾いています。

4)現在住んでいる国では音楽会は開催されていますか?  

開催されている場合、会場ではどのような対策をしていますか?  

まだお客さんありの演奏会は少ないように思います。プロムスも観客なしでのテレビ中継という形で2週間のみ開催、私の所属するBBCフィルハーモニックなどのロンドン以外に拠点を置くオーケストラはそれぞれの本拠地やスタジオからの中継になりました。

5)コロナ禍だからこそ始めた新しい物事や考え方、前向きになれたことはありますか?

まず感じたのは学生時代以来にしっかり自分の練習をする時間ができたこと。仕事のためでなくて自分のためにする練習は、基礎だったり普段考えられないことを分解して考えることができてとても充実した時間になりました。

6)コロナ禍が収束して、真っ先にやりたいことは何ですか?

ソーシャルディスタンスをとらずに、がっつり奏者と近づいてクァルテットが弾きたいです。身体的な距離だけでなく、精神的な距離もがっつり近づいた音楽づくりがしたいです。

7)日本のファンの方にメッセージをお願いします。

どこの国でも、現在は一時期のロックダウンが解除されているとはいえ、少しでも新規患者が増えるとすぐにいろんなところに支障が出てきたり、制限がかかったりする世の中です。  私自身この世間全体を覆っている灰色の雰囲気と不安にのまれそうになるときがたくさんあります。何をするのは安全で、どこが危険だという境も曖昧です。しかしながら家にいるだけでは仕事さえできません。音楽家の私としては、家にいるだけでは想像力を掻き立てる美しいものもありません。外に出て自然にふれたり、人と話したり、違うものを聴いたりすることが何より一番大事だったりするのです。だからこれからもまだ長くこの状況が続くという事を念頭に置きながら、良い塩梅で楽しめることを自分なりに見つけていることが大事なのかなと思っています。

photo:イタリアのラヴェンナ劇場。イギリスではまだ演奏会に行けておらず、5ヶ月ぶりに行った非常に感慨深かった演奏会での1枚。

 

<The 2nd TIVC 3rd prize / Kimi Makino>

1) Where do you currently live? (Country /City.)

I live in Manchester, England. It's been seven years.

2) How have you been spending the last few months?

I have tried to be as honest and comfortable as possible with my own desires. In March, I fell off my bicycle and bruised my left eye, then the lockdown after that overlapped.So I couldn't use my eyes very much even at home, and it was frustrating to read books and watch TV. I think it was an opportunity to make a decision to take a good rest.

*Her eye is get better now!

3) Please tell us about the current situation of your school, orchestra, ensemble, etc.

We have just started activities from the end of August, but we have not yet held a concert with audience. We are recording for radio in the studio as the size of chamber orcestra. We have been recording Toru Takemitsu's "Rain Coming" at a contemporary music session this week.Playing contemporary music in ensemble is very familier for me and I enjoy playing.

4) Are there any concerts in your country? If it is held, what kind of infection prevention measures are taken at the venue?

I don't think there are many concerts with customers yet. The Proms was also held for only two weeks in the form of a TV broadcast without an audience, and the orchestras based outside London, such as the BBC Philharmonic to which I belong, were broadcast from their respective bases and studios.

I don't think there are many concerts with aoudience yet. The Proms was also held for only two weeks as a TV program without an audience, and the orchestras based outside London, such as the BBC Philharmonic to which I belong, were attend the proms as live broadcast from their bases.

5) Do you have any positive things, thinking or activities that you started in this predicament?

The first thing I felt was that I had prenty of time to practice myself since I was a student. The practice I did for myself, not for work, was a very fulfilling time for me to break down the basics or understand the things I wouldn't normally think of.

6) What do you want to do first after the covid-19 has converged?

I want to get closer to the player and play the quartet without taking a social distance.

I want to make music that is close not only to the physical distance but also to the mental distance.

7) Please give a message to Japanese fans.

In every country, even though the lockdown is currently released for a while, as soon as the number of new patients increases, problems and restrictions are imposed in various places. There are many times when I myself feel anxious about this heavy atmosphere that covers the whole world. It's safe to do what, and it's unclear where it's dangerous. However, you cannot even work just by staying at home. For me as a musician, there is nothing beautiful that stirs your imagination just by staying at home. The most important thing is to go out and interact with nature, talk to people, and listen to different things. Therefore, I think it is important to find out what you can enjoy, keeping in mind that this situation will continue for a long time.

photo:Ravenna Theater in Italy. This is a picture of when I went to a concert as an audience for the first time in 5 months.

I haven't been to a concert in England yet, so I was deeply moved.

コメント

ファイト・ベネディクト・ヘルテンシュタインさんからのメッセージ

2020-09-26 10:55:16 | 日記
過去の東京国際ヴィオラコンクール入賞者からのメッセージです。
 

<第1回 TIVC 第3位 ファイト・ベネディクト・ヘルテンシュタイン>

*写真は5月に生まれた第二子とともに。

1)現在どこに住んでいますか?

ドイツのデトモルトに住んでいます。

2)この数か月どのように過ごしてましたか?

2月の中旬から8月末までずっと家で過ごしていました。子供の頃からしても、一番長く家で過ごした期間になりました。

3)所属している学校、オーケストラ、アンサンブル等の現状を教えて下さい。

デトモルト音楽大学、マンチェスターの王立ノーザン音楽大学でも、2月の中旬からオンラインでの授業を開始しています。個人的には、オンラインの授業には懐疑的でしたが、始めてみると良い意味で色々と驚かされています。この難しい状況下でも、生徒たちがより良いヴィオラ奏者、また、音楽家になることへのやる気に満ちたエネルギーが私にとってもても良い影響を与えてくれ、いつもとは違うやり方への大きな力にもなりました。10月からドイツでは以下のようなたくさんの新しいルールのもと、対面での授業を再開してみることになりました。

・大きな部屋でのみ可能

・最大3名までで、もし、それ以上になる場合はコンサートホールを使用しなければならない。

・45分授業で15分間は窓を開けていなければならない(弦楽器の場合)

・接触追跡ができるよう、サインインとサインアウトの徹底。

・手洗いの徹底と、使用後のピアノの消毒。

4)現在住んでいる国では音楽会は開催されていますか?

  開催されている場合、会場ではどのような対策をしていますか?

ほとんどのコンサートが会場の50%の席数に限定して開催されていますが、この規約については、ドイツ内でも、町ごとに違います。

5)コロナ禍だからこそ始めた新しい物事や考え方、前向きになれたことはありますか?

プライベートでは5月に2番目の子供が生まれ、とってもポシティブな時間を過ごしています。家で子供達の成長を見届けられるのはただ純粋に喜びでしかないです。

6)コロナ禍が収束して、真っ先にやりたいことは何ですか?

室内楽を演奏したいです!

7)日本のファンの方にメッセージをお願いします。

今年は、3月と5月に予定をしていた2つの日本ツアーが延期になり、とても残念でした。音楽に熱心な日本の方々はいつも前向きであたたかく私を迎えてくれ、素晴らしい食事とともに!会うといつも私をとても元気つけてくれます。日本は本当に大好きな国の一つです。どうか常に心を前向きに、そして、一日も早く、親愛なる日本のみなさんに会える日が来ることを楽しみにしています。

<Veit Benedikt Hertenstein / 3rd Prize at 1st TIVC>

1) Where do you currently live? (Country /City.)

Detmold Germany

2) How have you been spending the last few months?

I was home from mid February until end of August. It was the longest time that I have stayed home since I was a small child.

3) Please tell us about the current situation of your school, orchestra, ensemble, etc.

In Musikhochschule Detmold as well as the Royal Northern College of Music in Manchester I have been teaching online since middle of February. I was very sceptic beforehand which probably was the reason to be pleasantly surprised by online teaching. Of course my students who were extremely motivated in progressing to become good viola players and good musicians in this difficult time also had a great impact - their energy helped me just as much as the other direction.

From October on when the 2nd Corona Semester starts we will try in Germany to teach live again but with lots of new rules:

- only big rooms are allowed

- Max 3 persons in a room (for more we need the concert hall)

- 45min lesson plus 15min of keeping the windows open (for strings)

- signing in and out to keep track of anybody who met

- of course lots of Hand washing and disinfecting the piano after use

4) Are there any concerts in your country? If it is held,

what kind of infection prevention measures are taken at the venue?

Most concerts are held with about half the seats taken but this differs from state to state in Germany.

5) Do you have any positive things, thinking or activities that you started in this predicament?

In my personal life it was an extremely positive time as my 2nd child was born in May. Spending time at home and seeing the baby grow was such a source of pure joy!

6) What do you want to do first after the covid-19 has converged?

Play chamber music

7) Please give a message to Japanese fans.

In this year I had to postpone two trips to Japan (March and May) which made me very sad. Seeing the enthusiasm for music in Japan is so uplifting to me, the people who are always positive and such wonderful hosts and finally the amazing food - these are only some reasons why your country is my favorite destination to travel to. Please keep your spirits high and I hope very much to come back to Japan and see many friends again soon.

*photo: with 2nd baby who was born in May.

コメント

今井先生の投稿「Artistry and craftsmanship」

2020-09-01 16:24:20 | 日記

今井先生が、演奏前に心境について、とても興味のある記事を投稿されていますので紹介します。

Artistry and craftsmanship.

Our viola was made with thought and fantasy that the maker owned before he carved out the beautiful scroll. The scroll tells its story as though it’s alive.

As an artist and musician, we too tell our personal story when we play. Before we perform, our mind already lives in the music before the first stroke starts. The mind is always one step ahead of the music. This makes it easier to start, and your surroundings are irrelevant. Nothing else exists: it’s just you and the composer.

A while ago I attended a concert of Vadim Repin at the Concertgebouw. The moment he walked onto the stage, I felt his intense focus on the concerto he was going to play. That carried me into his first note. His story started from the moment he appeared on the stage.

The two most important things in music making are you and the composer. The first note starts with commitment.

Nobuko 🎻

Photo credits: Kiyoko Van Bochove

 
コメント

第5回東京国際ヴィオラコンクール延期

2020-08-26 14:37:12 | 日記

2021年5~6月に予定されていた「第5回東京国際ヴィオラコンクール」は、1年延期され、2020年5~6月の開催となりました。

(東京国際ヴィオラコンクール運営事務局ホームページから)

 2021 5-6 月に開催を予定しておりました第 5 回東京国際ヴィオラコンクールは、コロナウイル ス感染拡大の世界的状況に鑑み、1 年延期し 2022 5-6 月(予定)に開催することとなりました。 開催内容には変更はございませんが、開催日程、募集締切等の詳細は決定次第発表いたします。 なお、対象年齢「1989 7 1 日以降に出生の者」の変更はありません。

 The 5th Tokyo International Viola Competition, scheduled in May-June, 2021 will not take place, because of the expectation of the unusual conditions by the worldwide Covid-19 pandemic. The 5th competition is postponed for 1 year and will be held in May-June, 2022. The guideline is not changed including “the eligibility; the competition is open to candidates from all nationalities born on or after 1 July, 1989”. We will announce the details about the new schedule and application deadline as soon as possible. Thank you for your understanding.

 

 

コメント

「天道虫(てんとうむし)の会」のご案内

「天道虫(てんとうむし)の会」のご案内   ―小樽ゆらぎの里での今井信子さんの音楽活動を応援する会の発足― 2014年6月23日   私たちが敬愛する今井信子さんが小樽「ゆらぎの里」朝里川温泉で始めたヴィオラマスターコースは、今年の正月で10周年を迎えました。此の間多くの教え子がここから育ち、年々今井先生に憧れ慕う俊秀のアーティストも多くこの地を訪れるようになり、先生を囲み、手伝い、研鑽し、コラボレートする世界にも類のない活動の拠点として高まっています。 この度、私たちは、今井信子さんのライフワークの一つでもある「ゆらぎの里」での音楽活動に賛同して、それぞれの立場でできる支援を行うとともに、それぞれのネットワークを通してこの活動を知ってもらい、多くのクラシックファンに珠玉のコンサートに触れていただくお手伝いをしようと、「天道虫の会」を立ち上げました。 皆さまには、「天道虫の会」の活動にご理解いただき、それぞれにできるご支援・ご協力いただければ幸いです。この会へ参加いただける方は発起人までご連絡ください。会員には、会のシンボルとなる竹製てんとう虫のバッチをお渡しします。 発起人メンバー 高野るみ、諸角憲治、砂岡茂明、樋口義洋、青木真也、須藤正實 <天道虫の会の由来>  天道虫は、太陽=天道(今井信子さん)に向かって飛ぶ習性があるという由来から名付けました <ホームページ> http://blog.goo.ne.jp/igainet  会の活動、小樽での音楽活動、今井さんの演奏活動など適宜掲載します。