Husqvarna NorthTokyo ショップ通信

ハスクバーナ東京北からの情報発信Blog☆by RL-YOYO

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Husqvarna 701 Adventure-R コンプリート車として販売開始致します!

2017年06月26日 | Husqvarna 701

YOです!

どうですか!?魅力的に見えませんか!? 

2016年より発売開始された、ハスクバーナのビックシングルシリーズ。
日本製では考えられない、690cc単気筒で150kgに満たない車重が701の魅力。

エンジン出力は約70馬力!面白くない訳が無いですよね^_^。

 

そんな魅力たっぷりの701 ENDUROをベースにした、フレームマウントのRALLYフェアリングを装着させ、
更にオフロード走行でのアクシデントにも耐えうる為の強化を施し、RALLYシーンでも、
必ず無事で完走目的を重視した使い易さと、各RALLYパーツの視認性等を
更に良くした仕様を、ハスクバーナ東京北からコンプリート車両として発売致します。

 

 新車はもちろん、ハスクバーナ東京北認定中古車をベースに、予算に合った仕様を選択が可能。
詳細は今しばらくお待ち頂ければと思いますが、とにかくカッコイイですよね!

基本はRALLY出場のレースマシンとなりますが、保安基準を適合させた仕様も検討しています。
そして、更にシールドをHIGHタイプにしたツーリングにも適した仕様や、フロントタンクを
装備したロングRALLYレイド仕様など、考えれば考える程、妄想?がふくれ上がります!^_^。

ライトはLEDを上下に装備していますが、これが抜群に明るく、ナイトランが楽しくなりそう!
更に、ラリーマップホルダーを装着すれば、国内外のRallyでは小回りの利くボディーと、
軽量を活かして、ライバルの追従を許しません!^_^。

 

 細部まで拘った、本物ラリーストが実戦経験をフィードバックした、職人気質が魅力的な作り。

 

時間をゆっくり掛けて、完成させたハスクバーナ東京北のHusqvarna 701 Adventure-RがいよいよTAKEOFFです!

 先ずはハスクバーナ東京北のデモ701Adventure-Rを用意致しますので、

お楽しみに!!!

コメント (2)

ミディアムアドベンチャー!入荷!Husqvarna 701 ENDURO 2016

2017年06月24日 | ハスクバーナ情報

YOです!

今日も蒸し暑い!朝から洗車をしていて、水を止めると滝の様な汗が出る・・・
新陳代謝が良いと言えば聞こえは良いが、運動不足とも言えるのかな?^_^。

今日は、しっかり営業させて下さい。Husqvarna 701 ENDURO 2016年モデルのご紹介です!

 

このモデルは、ハスクバーナがKTM傘下として、初めて世に出したストリートモデル。
このEDと一緒に、SUPER MOTOと発売され、今年で2年目となります。

ベースはKTM 690 ENDURO-Rですが、フレームの設計から含めて、同じものを探すほうが
難しい位に、専用設計になっているのもHusqvarna社のライバル心の表れ。

決してKTMのコピーと言わせない、独自開発に拘った結果のストリートビックオフロードです。

私も、XR650R以来、Husqvarna TE630、Husqvarna TE650 TERA、そしてKTM690 ED-Rと
ビックオフロードを所有し、長距離ツーリングから林道まで、楽しんでいただけに、この701EDが発売
された時は、これだ!と思ったほど。。。実際には更に大きなKTM 1050 ADVENTUREを愛用する
事となって、701は次回のお楽しみに。。

しかし、KTM690ED-Rを愛用していた時もあって、そのフィーリングは身体が覚えています。
シート下に燃料タンクを装備している関係で、ハンドリングは軽く、250並みのライディングフィール。
しかしエンジンは700ccのビックシングル!只者じゃないですよね^_^。

 

 

アクセルを開ければ、背中をグ~ッと押される鋭い加速は、林道ではファンタスティック!!^_^!
早め早目にマシンを起こして、ストレート勝負のマシン!それ程にリヤタイヤは空転クルクル!(笑)
でも、それが面白い!

もちろんETCを付けて高速道路をひとっ飛びの楽チンビックオフロードは、ミディアムアドベンチャーと
しての素質充分なモデルです。

今回の701 ENDURはワンオーナーの。9.800Km 車検はH31年1月付きで、大きな転倒歴は無いです。
外装も整えて納車致しますので、大きな傷関係は無いと思って下さい。ダート歴はありますが、少量です。
価格は¥850.000+消費税!

夏のツーリングは、林道を交えて、大きな荷物を括り付け!お出掛け下さい!
アウトドアーの似合う貴方へ最高の相棒になると思います!

お問合せお待ちしています!

コメント

玄人志向に仕上がったHusqvarna FE350 2017 をご紹介します。

2017年06月08日 | ハスクバーナ情報

YOです!

ゼッケン522と貼られたゼッケンカウルも、戦う為のアイテムとしてMXモデルの部品を採用。
無加工で取り付けられる訳ではないのですが、FEとしてのメーターを外すことなく、取り付け
ボルトの長いものを選び、カラーで補強することで装着できます。

 

オーナーのY氏は、2週間前に納車させて頂いたのですが、今週末のEDレースに出場のために、慣らしを終えて
最終仕様にセットアップしました。それは、前後のタイヤをダンロップAT81への変更と、ワイドステップの
取り付けです。

以前にもご紹介した、2017年モデル用のラジエターガードもご覧の通り!とても嬉しく、強度も抜群で、
かなり決まっていますよね!

 

ビードストッパーも、モーションプロの物を、フロント1個、リヤを2個セットアップ。
リヤチューブには、IRCのスーパーヘビーチューブを使用して、ヘビーウエット時や、トラクションが
必要な時のタイヤの空気ゼロ、大気圧仕様に対応しています。そしてリヤにはAT81EXをチョイス!

 

 

 

そして、BONSAI MOTOが取り扱う、PMB製Air EXT ステップ ヒールステップ付きのものを装着。
スタンディング時の後方加重の必殺兵器として採用されたアイテムで、登り下り問わず確実なトラクションを
得る事ができるパーツです。定価¥36.000(税抜き)

 

とても綺麗な仕上がりで、滑り止めのピンなどの高さも選べたり、ステップへの加重を調整できる調整シムなど
ライダー一人一人に対応したセッティングが可能です。

 この他にも、TRGのホイールにIRC VE33を組み込んだスペアーホイールも用意して、コースや路面状況に対応した
セットアップも行いました。

Yさん!週末のEDレース応援してますよ~!

コメント

ビモータのお次はこれでしょ!Husqvarna 701 SUPER MOTO

2017年06月04日 | ハスクバーナ情報

YOです!

お乗換え完了!そのお相手は、bimota db4ie から Husqvarna 701 SUPER MOTOへ!
ある意味究極のお乗換え!^_^。そんな感じですが、オーナー様は、名古屋在住でご実家は
東京ということで、縁あってハスクバーナ東京北にてお乗換えが実現しました。

オーナーI氏は、本当にオートバイ好き!ノーマルのコンディションを最高の状態で維持して、
常に純正社外問わず、良い物は取り入れる事で、マシンをセットアップしていく。
bimotaもそんな愛情をタップリ注がれた車両でした。

きっとハスクバーナも愛情タップリを継続される事でしょう!

納車おめでとうございました!ありがとうございます。

コメント