Husqvarna NorthTokyo ショップ通信

ハスクバーナ東京北からの情報発信Blog☆by RL-YOYO

完成!Husqvarna TE250i L またの名を「Huserow」

2018年01月31日 | ハスクバーナ情報

YOです!

先日、昨年末より製作していた、2018年Husqvarna TE250i をベースに、
ローダウンストリートスペシャルが完成し、無事オーナーの元へ納めさせて頂きました。

その完成系をご紹介させて頂きます。この写真を撮った後に、もう少しミラーをショートに
加工していますが、ほぼこの形で納めさせて頂きました。

パット見た目は、2018年Husqvarna TE250i ですが、随所にカスタムが施されています。

 

前回までの関連記事はこちらから→ Husqvarna TE250i LowDown Special

最終的にはタイヤ等を変更し、シートをK&H上山氏に特別に加工張替をして頂き、前回のシート高875mmから、
860mmまで落とす事に成功致しました!!^_^。

 

 私の身長は174cm 体重70kgでの足付性です。両足のかかとがほぼ付きます。

 

 サスペンションやリンクの馴染みが出ましたら、更に下がります。

 

もちろん!オフロード走行を大きく犠牲にする事無く、この仕様でも十分に林道、けもの道系、
そしてコース遊びまでこなす事が出来ます。
写真の仕様では、ホイールがハブ&リムごとテクニクスTGRホイールに変更され、ストリートユース
優先のタイヤ、チューブ、そしてビードストッパー等も装着せず、高速安定性を確保しています。

TGRのホイールはダイドーリムをベースに、ブルーアルマイトしたホイールハブ、そしてブルーのニップルを
チョイスして組み上げています。

 

 リヤも同じくTGRのホイールを使用して、カラーもコーディネートしています。

 

 フロントディスクガードは純正品ですが、TGRホイール用に加工を施し装着。

 

 スプロケットもかなり小さいものに変更しました。

 

ファイナルも思い切ってロングに設定して、街乗りから高速走行まで、負担無く走れる仕様としました。
そしてなんと!ETCも付いていますし、USB等の電源取り出し等も目立たない様に装着されています。

オーナーの要望は、限りなくENDUROレーサーがそのまま公道仕様に。と言う事で、シンプルかつ
機能満載をイメージしています。^_^

ノーマルのホイールには、純正のEDタイヤがそのまま装着されていて、チェーンだけ交換すれば、
いつでも戦闘準備OKの、ENDURO仕様になります!
でもやっぱり、こんな楽しいTE250iをダートだけのオートバイにして置くのはもったいない!
分離給油になりインジェクションになった2018年モデルの行動範囲は、ググッと広がったのですから、
気軽に乗れる、YAMAHAセローの様なハスクバーナ!それがHuserow(ハセロー)なんです。

 

カーボンチャンバーガードは、スタイルと、衝撃時の対策で、潰れた方が良いと判断して、
敢えて装着させませんでした。

 

 純正の完全防水テールバックを装着しました。

 

K&H製の力作!バックスキン調のシート地と、LOWシートを更に薄く削り込み、
慎重に貼り直されたワンオフ物です。

 

 配線関係はノーマルとはかなり異なりますが、HNTで引き直したハーネスで安心運行です。

 

 

 

 ENGINEマップ切り替えスイッチは、右からクラッチ側に移設

 

 ARCの樹脂レバーへの変更と共に各部微調整が難易度が高かったです。

 

 

 

 超小型のLEDウィンカーを取付致しました。

 

 テールもシンプルに、なるべく突起物が外の方に張り出ない様にシンプルに纏めました。

 

 光量はとても明るくあって、眩しい程のLEDウィンカー

 

 ナンバー灯は、リヤフェンダーの上部へ移設しました。

 

 憧れのハスクバーナに絶対乗りたい!決してダートを第一目的として選ぶ事では無く、
身近で手軽で簡単に取扱いFが出来るレーシングバイクを所有してみたい!と言う方をHNTは応援しています。

 

 さてさて!貴方はどんなハスクバーナに乗りたいですか?^_^。

 

≪Huserowオーナー様のご紹介です!≫

オーナーは、ビーコムやスマホ等のマウントシステム販売、そしてサスペンション等の販売セッティング等を
手掛けるサインハウス社の代表、白松氏のTE250iです!

白松氏の手掛ける会社の、商品群から見ての通り、スマートで美しいデザインに拘る方だからこそ、今回の
TE250iも徹底的に最後まで拘って製作させて頂きました。

仕上がるまでに約1ヶ月間。お蔭様でとても素晴らしいHusqvarnaに仕上がりました!
さてさて、このTE250iで、ありとあらゆるフィールドへお出掛け下さい^_^

ありがとうございました!

コメント

久しぶりにYouTubeに動画をアップしました!WRE125エンジンスタート!

2018年01月28日 | ハスクバーナ情報

 

YOです!

先日入荷したHusqvarna WRE125のエンジンサウンドを、どうしても皆さんに聞いてもらいたくて、
動画にしてみました!

もうチョッと吹かして見たかったのですが、HNTの廻りは住宅街で、これ以上はチョッと無理(^_^;)。
でも、2サイクルの独特な音と、煙が何とも言えませんね~!

2サイクルにハマると、意外と長引くもので、私もYAMAHA RZ250が最もインパクトのある2サイクルで、
購入して帰る途中、何回エンストした程・・・・(笑)。


それ程に、低速トルクを細くした極端なエンジンを作れるのも2サイクルの面白さですね!

是非一度、2サイクルモデルを所有してみませんか?^_^

 

 

 

コメント

珍:Husqvarna FX350 2018Model 売約車として入荷しました!

2018年01月24日 | ハスクバーナ情報

YOです!

関東のドカ雪は如何でしたか?雪かきに奮闘されている方もまだ多いのでは?
ハスクバーナ東京北の店頭は、お陰様で日当たりが良いのと、降り始めに
塩化ナトリウムを撒いておいた為か、ほとんどの雪が解けてしましました(^^♪

さて、今回紹介する車両は、USAでしかリリースされていないFX350と言う、
珍しいハスクバーナが入荷しました!

以前、少数のFX350が入荷すると小耳に聞いてはいたのですが、実際に入荷して
いるとは思わず、ひょんなことから、2019モデルでFXがオーダー出来るのなら、
欲しいなぁ~なんてお客様と話していた時に、そのことを思い出し、JAPANに
聞いたところ、在るよ!って。(笑)

こんな事ってあるんですね。。。。不思議。

 

 

もちろん、日本未導入モデルな為に、私自身どの様なフィールのオフロードモデルなのか?
ハッキリとしたお伝えはできませんが、アメリカのオープンEDや、デザートランに適した、
ハードなモデルである事に間違いなく、

  • フロントフォークはMXと同じ形式のエアーサスを採用
  • エンジンはMXベースと思われ、TMはワイド化されている。
  • サイドスタンドが付いている
  • メーターは装備されてなく、タイムメーターだけセットされている。
  • スキットプレートは付いてなく、オプション設定もない。
  • ハンドガードもなく、ゼッケンプレートのみ。
  • タンクはFE系と同じ半透明のビックタンクを採用

といった具合です。

ラジエターシュラウドもMXと同じくホワイトカラーで、パット見た目はMXスタイル!
でも実は、ハイスピードEDスタイルなモデルである!

オーナーは現在2017モデルTE250を所有され、色々と検討された結果、話題の250cc
2サイクルモデルを降りて、4ストで戦う決断をした猛者でもあります!

殆どデーターがないので、オーナー様に、このFX350全てのデーター収集をお願いしちゃいましょう!

とても楽しみなマシンですね!

 

 

 

納車まで今しばらくお待ちくださいね!

コメント

究極のハスクバーナ!USED WRE 125 フルサイズ2サイクルモデル入荷!

2018年01月18日 | ハスクバーナ情報

YOです!

タイミングって恐ろしいですよね!SM125Sから始まって、TE125、そして今回は!
究極の125ccの公道2サイクルモデルが入荷しました!
その名はWRE 125!2012年モデル最終型です!

 

125ccの2サイクルモデルは数あれど、これほど元気な2サイクルの公道仕様は類を見ません。
それ程に、コンペテションのWR125(混合仕様)と比べても引けを取らないモデルです。

ワンランク上のパワーとトルクを備えた余裕が、フルサイズボディーを軽々と引っ張ります。
白と赤のツートンカラーは、イタリアンハスクバーナのヤンチャな時代を感じさせるカラー
リングで、現行のハスクバーナより目立ち、主張が強いのもこの時代の良いところ。

 

街で、2サイクルのモデルを見なくなった今、信号待ちでチャンバーが奏でる2サイクルサウンドと、
白く立ちこめる煙が、周りの者を圧倒する存在です^_^。

程度は抜群で、走行2.400kmで、ダート歴もとても少ないWRE125です。大きな傷やヘコミ等も無く、
最終型のインモールデカールで、外装の劣化感はありません。エンジンもキック一発で目覚め、
素晴らしいレスポンスを披露します。
経済的にも優しい125ccフルサイズは、今後発売される事は先ずありません!最後の購入チャンスと
言っても過言では無いと思います^_^。

 

チャンバー!現代の人にはなんだろう?って。この膨らんでるパイプは?って(笑)

 

フレームも綺麗ですね。

 

エンジンのコンディションも最高です。

 

価格は48.6万円(税込)≪登録・車体点検仕上料/保険等は別途となります≫

分離給油で、ツーリング先でもお手間な事はありません。
高速道路を使用しないで、

原付という身近で、
維持費も手軽で
小型二輪免許と簡単取得! これからの時代は125cc 原付2種かも!^_^

 

シンプルなスタイルと、シンプルな機構。2サイクルオフロードは80年代は主流でした。

 

ご来店頂くお客様に、面白いバイクが沢山ありますね~と。^_^それがYOYOの嬉しいお言葉です(笑)

 

コメント (2)

USED 2012Model Husqvarna TE125 フルサイズ入荷!

2018年01月11日 | ハスクバーナ情報

YOです!

2018年続いての中古車情報は、またもハスクバーナシリーズの元気印!TE125のご紹介です。^_^

実は私も一時、TE125を愛用していた時がありまして、とても好印象なハスクバーナなので、
程度の良い個体が見つかると、ついつい仕入れてしまうんです^_^。

ご存知の方も多いかと思いますが、TE125 2012は、シャーシとサスペンションはハスクバーナ社
で作られていて、兄貴分のTE250をベースに、ベルガルダヤマハの125cc単気筒エンジンを搭載した
混血児なんです。

 

 

フロント21インチ、リヤ18インチのフルサイズボディーは、タイヤの幅は細目に設定されていますが、
シャーシとサスペンションのサイズ感は、TE250そのものと言って良いほどのサイズ感で、残念ながら
足付き性は良くはありません。。。

 

 

 

 

しかし、その代わり兄貴顔負けの走破性の高さや、回し切って走り抜ける高速林道などは、シャーシと
サスペンションがしっかりしている、と言うよりオーバークオリティーの為に、思う存分楽しむことが
出来てしまうんですね。

今流行りのアタック遊びは、トルクが薄い為と、絶対的なパンチが無いので厳しいと思いますが、
林道ツーリングはもちろんのこと、MXコースを元気良く走ることはとても楽しいオフロード車だと思います。

エンジンは回せば回すほどに力が出てくるタイプで、走り出すとどうしても高回転を維持したくなって、
速度が出てしまう、チョッとやんちゃなTE125なんです!
探すと無くて、ポツンと良いものが出てくるタイプなので、ご興味がある方は是非とも一度見に来て下さい。

 

フレームもブーツ等で擦れてしまう傷などは、殆どありませんので、とても綺麗なコンディションです。

 

この車両は、ダート歴は少々ありますが、とても綺麗で、フレームなどのブーツ擦り傷などはありません。
距離は3.200kmで、消耗部品もまだまだという感じです。そして、ZETAのアルミハンドガードと、
メカシステム社アルミアンダーガードがオプションで装着されています。
泥や埃などでの腐食も少なく、直ぐにでもお乗り頂けるとても良い個体です!

 

アルミハンドガード付きで、ダートでのひと転びも安心です。レバーも折れません。

 

アルミのスキットプレートが付いています。荒く使われているとこのプレートもボロボロになります。

 

リヤフェンダーの裏側です。ワックス掛けしてたんですかね?(笑)

 

経済的にも所有しやすい125cc原付2種ですので、保険も安くお財布に優しい本格派オフロードマシン!
車両価格は42.0万円(消費税込み)登録・車体点検仕上げ料・保険等は別途必要となります。

 

是非!この週末のご来店お待ちしております(^_-)-☆

コメント (1)

本日からスタート!いきなりですが!USED Husqvarna SM125S 入荷!

2018年01月06日 | ハスクバーナ情報

YOです!

新年明けましておめでとうございます!今年も宜しくお願い致します。

いきなりなんですが!モタードが盛り上がってるハスクバーナ東京北^_^。
そこへ舞い込む中古車が本日入荷!

チョッと珍しい、2008年モデルのSM125Sと言われる、2サイクル125ccの
モタードモデルなんですよ!

 

 シックなブラックカラーが良い感じです!

 

エンジンはWR125のEDコンペマシンのベースで、混合から分離給油へ変換されたモデルで、
2008~2010年辺りまでに、少量だけ輸入され販売した、専用エンジンモデルなんです。

この車両は弊社にて2010年に新車で販売され、ワンオーナー車でこの度縁が有って戻って
参りました。当社の管理ユーザーですので、使い方などのイメージは1.000kmの慣らし運転と
1.200km街乗り、通勤、そしてワインディングなどで、オーナー自身オフロード遊びが中心となり、
このSMの出番が減ってしまったとの事で、泣く泣く手放される事となりました。

 

 

ほぼ新品のIRC RX-01R specR

 

 

 

 

 このクラスで520サイズのチェーンを使用しています。パワーに耐切れないのか^^;

 

ラジエターも綺麗ですね!

 

 

 

 

 

 

 

車体・外装・エンジン関係の程度はとても良いです。一部メーターの表示切替のノブ部が欠損して
いる以外は、全く問題なく使用して頂けると思います。

そしてさらに、当時新品で約7万円した、純正レーススポーツチャンバーとサイレンサー、そして
キャブレターセッティングジェット類がオプションで付きます!^_^
前オーナー曰く、全くの別物に変身して恐ろしい程の加速をします!との事でした(笑)。

 

 

 

楽しそうですね~!こんなモデルは今後絶対に出て来ないですよね!2サイクルだけでも価値が
有りますし、125ccと言う経済的な排気量で、さらに250ccもぶち抜いてしまうパフォーマンスは、
やっぱりイタリアンハスクバーナの強烈な個性かと思います!

車両価格は39.9万円(税込)!もちろんレース用チャンバー付きです!

IRCのRX01-RのspecRがほぼ新品タイヤが付いています!

も~!買いでしょう!^_^。宜しくお願い致します。

コメント

2018 新年 明けまして おめでとうございます!

2018年01月01日 | スタッフ情報

YOです!

新年 明けまして おめでとうございます!

今年も宜しくお願い致します。

2018年度は、ハスクバーナもロードモデルがいよいよ投入されます!

オフロード色の強いハスクバーナでしたが、この気品高いブランドが作り出す

ロードモデルに、ハスクバーナ東京北も期待が高まります!

ハスクバーナの新しい世界へ!Husqvarna North Tokyo がご案内致します。

新年は6日よりスタート致します。

皆さまのご来店心よりお待ちしています。

ハスクバーナ東京北 代表 楊 俊治

※写真は昨年の暮れに納車させて頂いた、S氏のハスクバーナFE501 SMです。

コメント