Husqvarna NorthTokyo ショップ通信

ハスクバーナ東京北からの情報発信Blog☆by RL-YOYO

遂に入荷しました!Husqvarna 701ENDURO & 701 SUPER MOTO 2019!

2018年12月06日 | Husqvarna 701

YOです!

お待たせ致しました!ご予約を頂いていたお客様~~!本当にお待たせです^_^;
今週初めに到着した2台の701が遂にベールを脱ぎました~!と、大げさかと思われますが、
それ程入荷台数が少なく、人気モデルなだけに、箱開けも「久しぶり!」って感じでした。(笑)

年内に入荷する車両はとても少なく、若干数ですが、701ENDUROに販売枠がございます。
春の良いシーズンに向けて、年明けから慣らしが出来るいいチャンスとなりますので、是非とも
お声掛け下さい。

 

★シート高は高いですが、ローダウンリンクもご用意出来ますよ。

 

 

スペック的には、2018年モデルと大きな変更はありませんが、細かいところなどは若干のランニング
変更が見られます。基本的な部分は変わらないと聞いていますが、何せ台数が少ないので、
現場が一番変更点が分かると思いますので、今しばらくお待ち下さいね。

価格が少し上がりました。。。。

2018年モデルは両車両共に¥1.315.000(税込)でしたが、

2019年モデルは両車両共に¥1.340.000(税込)になりました。

 

 

 

 

相変わらず、スペックは軽量ハイパフォーマンスで、一度乗ったら忘れられない程のインパクトがあり、
現在お乗り頂いているお客様も、大満足の様子で、あまり中古市場にも出回りません^_^。

 

ハスクバーナ東京北では、現在でも701 ENDUROをベースにした、車検対応のツーリング仕様、
Husqvarna 701 ED MIDDLE-ADVENTUREを製作販売をしています。もちろん!この2019年
モデルでも製作致しますので、是非ともご検討お願い致します。

ここだけの話ですが・・・実はHusqvarna 701 ED MIDDLE-ADVENTUREの中古車が店頭で
販売されています!とても綺麗でオプション部品も沢山付いています!ツーリングには最高の相棒に
なりますし、何処へでも連れて行ってもらえると思いますよ!
現に、前橋のお客様で、日野カントリーを一緒に遊んでいるツワモノもいらっしゃいます。(笑)

さてさて!週末のHusqvarna North Tokyoの店頭は賑やかですよ~!花金の明日、そして週末の土曜は
私もお店に居ます!日曜日はオフロードツーリングなので、留守にしますが、予約しちゃって下さい!

あ!Husqvarna 701 SUPER MOTOの2016USED車両も在庫してますので、宜しくお願い致します^_^

お待ちしています!

コメント

気になったですか?ご成約頂きました!Husqvarna 701 SM Designer's Selection

2018年09月21日 | Husqvarna 701

YOです!

チラ見で終わってしまった前回のブログ。気になる方もいらしたのではないでしょうか?^_^
全容はこちらです!

2016年型 Husqvarna 701 SM Designer's Selection と言いまして、限定車なんです。
しかも、日本限定となりますので、本当に希少な701SMなんです。
この時には、701ENDUROにも同じ仕様(ホイールはノーマル)が、ありまして、新車価格からして
それ程高価にならなかったので、一瞬で売れてしまった、ある意味ディーラーでも幻の701なんです。

 

昔のブログを発見しました!2017年2月で、2016年モデルの最後の出荷モデルですね。

詳しくはこちらから

確か、701SMは16台・701EDは8台と言う、とても珍しい車両です。

更にこの車両は、中古車として弊社に入荷して来ましたが、走行距離はなんと!800kmで、もちろん
ワンオーナー車です。綺麗だし、オプションのボディーデカールが貼られていて、とてもレイシーな701に
仕上がっています。

今年は、誠に申し訳ございませんが、2018年モデルの701シリーズは、ENDUROは少量入荷しましたが、
残念ながら、弊社にはSMの入荷は今年に入ってから、1台も無くご迷惑をお掛けしています<m(__)m>

今日はたっぷり、舐めるようにご覧下さい!(笑)

 

 

前回のブログでチラッとお見せしましたら、大反響!メールや電話、そしてご来店!人気の701SMと
再認識ました^_^。
お陰様で、朝一番にご連絡頂いたお客様に、気持ちの良いご商談をさせて頂きました。ありがとうございます!
無事ご購入のお返事を頂く事が出来ました。^_^

今度のオーナー様は、今までSSをメインに乗られていたそうで、少し前までSUZUKI隼を所有されていて、
その隼を、今年の初めにNINJA 1000に入れ替え、ロングツーリングに行こう!と決心したのですが、
隼に比べて、今一つ刺激が足りないNINJAに不満を感じていたとの事。バイクは多少のリスクがあっても、
乗っていて楽しく、皆が振り返るカッコ良さが必要!と、ワクワクしながらご決断を頂きました。

 

そしてもう既に、お仲間のライダー達に、SUPER MOTO系への乗り換えを、ガンガンプッシュして頂いてます!
多くのSUPER MOTOでツーリングに行く事も、そう遠くはなさそうです(笑)

納車日が楽しみですね!きっと、ヘルメットもウエアーもバシッと決めちゃうんだろうなぁ~!^_^。

コメント

チラッとご紹介。入荷しましたよ・・・。

2018年09月16日 | Husqvarna 701

YOです!

本日、希少なUSED Husqvarna 701 SUPERMOTO 2016が入荷しました。
2016年後期に、JAPANの特別仕様として、Designer's-selectionという
バージョンが存在したその中の1台です。

 

☆スポークホイールからアルミホイールへ。

 

☆アクラボビッチも標準で付きます。

 



確か全国で16台のとてもレアーなモデルなんです!

早いもの勝ちなのですが、もう既に何名かの方が、興味を持たれている様子で、
商談中と言うことろです。

ご興味がありましたら、先ずは店頭までお越し下さい。

コメント

良い感じでADVENTURE仕様になってきました!Husqvarna 701 ENDURO

2018年08月03日 | Husqvarna 701

YOです!

お盆の夏休み前もあって、チョッと多忙な日々を過ごさせて頂いています。
ありがとうございます!

今日ご来店のH氏のHusqvarna 701 ENDUROに、納車前に装着する事が出来なかった
LEDのフォグランプ(補助灯)の取り付けをしました。
前もってランプ本体は、ハスクバーナアクセサリー部品のラジエターガードにクランプされ、
リレーを介して電源の結線をさせて頂きました。

 

正しくADVENTUREになりましたよね!LEDのフォグランプが点灯すると、全面はかなりの明るさ!
そしてビキニスクリーンを装着した事で、雰囲気はラリーマシンの世界です^_^。

もちろんETC、スクリーン、ローダウン、樹脂製サイド&TOPバック等々、装着されていますので、
ADVENTUREの基本形はしっかりしたと思います。

また、アルミのアンダーガードと、ツアラーテックのエンジンガード等を組み合わせ、プロテクター類
もしっかりと装着されています!

 

理想的なADVENTUREですよね!軽量で70馬力を超える出力。そして今回、夜も味方に付けたフォグランプ横着!
目的地までの移動も楽チンで、林道も気持ち良く駆け抜ける事が出来る。積載だって純正ソフトバックで収納バッチリ!

さてさて!次のカスタムは何でしょうか?Hさん!^_^

※明日4日(土)は戸田板橋の花火大会となります!夕方以降になりますと、埼京線浮間舟渡駅も、その周りの
幹線道路も大変混み合うと思いますので、ご来店等の際は午前中から15時頃までを目安でお越し頂ける事を
お勧め致します。

 

コメント

ADVENTUREに拘る!Husqvarna 701 ENDURO ADVENTURE 2018

2018年07月13日 | Husqvarna 701

YOです!

最近のハスクバーナは熱いですね!VIT/SVARTの発売で、今までハスクバーナの事を知らなかった
お客様が、ハスクバーナブランドを探し求め、ご来店頂くケースが多くなりました。

でも忘れちゃ困ります!オフロードのカテゴリーでのハスクバーナを!^_^。

 

今年は少し残念ながら、701ED/SMの2機種が入荷が少なく、この2018年モデルHusqvarna 701EDを
運良くゲットなさった方が、こちらH氏。
H氏のお乗換えの前の車両は、元祖ADVENTURE的な、2009年式空冷BMW R1200GS-ADVENTUREで、
25.000kmを走破した車両でした。

 

H氏の望みは、軽くて快適で、気兼ねなく林道探検が出来る車両が欲しい。との事で、白羽の矢が当った
701ENDUROは、ご覧の様にHusqvarna純正のアクセサリーと、アフターパーツメーカーの部品を
上手に組み合わせてアドベンチャー風にカスタム致しました。

何といっても純正の3バックのツーリングパックが目を引きますが、ADVENTUREに忘れちゃいけない
スクリーンも装着。色々なスクリーンを当てがって、高さや面積などを検討しましたが、たまたまご来店
頂いた701EDのオーナーさんが装着していたMRAのSCREENの物を参考にして、こんな風に取付ました。

 

 

 

 

 

このスクリーンは意外と便利かも知れませんね!もちろんTEやFE系でも装着可能ですので、ロングツーリング
に行かれるこの夏などに良いかも知れませんよ。H氏曰く、高速道路でも効果抜群だそうで、GSからの
お乗換えでも、ウィンドプロテクション効果に不満無し!との事でした。

後は既に購入済みの、フォグランプを付けて完成!って感じですので、完成形が早く見てみたいですね!^_^

Hさん!今回はお乗換え誠にありがとうございました!ハスクバーナ東京北として新規のお客様ですが、
なぜだか以前からご利用頂いている常連さんの様な、とても良い商談を頂きまして、楽しかったです!
納車までの時間が楽しかったですね!^_^。

ありがとうございました!これで林道でのUターンが可能です!未開拓な道を沢山走破して下さい!^_^

コメント (1)

これって絶対魅力的ですよね!Husqvarna TE250i SM仕様 2019

2018年06月28日 | Husqvarna 701

YOです!

VITPILEN/SVARTPILENがデビューして以来、少し人気を奪われた感が有るHusqvarna TE250i!
2サイクルでインジェクション!更にオイルポンプも電子制御され、アイドリングもとても安定して、
都内の渋滞も何のその!
オプションの電動ファンを装着すれば、街道レーサー顔負けの快適シティーランナー!

 

 

 

そして、この発想は有りですよね!ポイ付けモタード。足回りは完全ノーマルで、ブレーキだって
オフロード仕様と同じ口径ですし、キャリパーだって片側2ポットのオリジナル。
でもそれで良いんじゃないかと思うのは私だけ?

オフロード車ではサスペンションのローダウンを考える人は多い筈ですが、ホイール径を小径の
17インチにする事で、足付き性はかなり改善されます。少しケツ上がりになる2019年モデルですが、
スタイル的には良いと思いますし、乗り易くする為にはリヤの車高を落としたいところですが、
スプリングのプリロード調整止まりにして、タイヤもラジアルタイヤにぜず(写真はラジアル)、
バイヤスタイヤでチューブ仕様で、なるべくコストを安くローダウンを作る事が良いかと思います。

2次減速比は変えた方が良いとは思いますが、ノーマルのF14丁リヤ50丁のままでもかなり良い感じに
走れますから、自分好みは後々探るとして、チェーンもスプロケットもワンセットでスタートする事で、
ホイール交換時の作業を簡易的にする方が、両刀使いで使用時には良いと思います。

 

もちろん、モタード化でダートが走れなくなるのでは無くて、走りずらい事にななりますが、ツーリングや
出先のちょこっとダート走行は全く問題なしです。

そして、このカッコ良さ!250iのチャンバーのトグロがとってもいかしてます!^_^
しかも速い!それもそのはず車重は100kgそこそこ^_^なんです。基本は競技車両なので、クローズドコース
がメインの使用本拠地になると思いますが、なんだかあっちもこっちも走ってみたくなりますよね!

 

さてと皆さま!迷いますよね~!ロードバイクかモタードか? 嬉しく楽しい悩みですね~!(^-^)

この様な仕様のハスクバーナカスタムなど、色々聞いて下さい!お待ちしています^_^。

コメント (2)

夏は北海道~!って感じの、Husqvarna 701ED M-ADVENTURE 完成!

2018年05月31日 | Husqvarna 701

YOです!

どこ行きますかね?! このマシンで行けるところは、短時間で奥の奥まで!^_^
250ccの様に未知の場所への冒険!そしてADVENTUREシリーズの航続距離。
そして、高速移動による時間短縮。そして、今回加わった積載性!

 

ハスクバーナ東京北が提案する、Husqvarna 701EDに、イタリヤMSTのカウルキットを
装着した車両に、積載性を向上させる為に、キャリアを装着。

そしてこのキャラクターにマッチした、ソフトバック「エンデュリスタン」を、サイドバックLサイズ、
更に、TOPには、ADVENTURE系のアルミパニアケース用のパニアトッパーLサイズを
装着してみました!

 

もともと701EDは、給油口がリヤフェンダーに位置する為に、積載を工夫しないと、ツーリング先での
補給の際に、荷物をすべて下ろしてから・・・なんて事にもなりますので、事前に有る程度の収納場所を
取り付けることにより、パッキングのパターンが増える為に、旅先での荷物が増えたり、減ったり、
そして、ペアーライドをしたりと、自由度が増えますよね。

 

 

サイドスタンドラージエクステンションで、ハスクバーナ専用モデルが発売されました!

 

もちろん、エンデュリスタンは全天候型なので、不意の悪天候でも、慌てる事無く走行を続ける事が出来、
ソフトバックもメリットは、多少のオーバー積載も可能だし、長物だって積載できるところにあります。

林道でドロドロになったら、丸ごと洗車も可能なので便利ですよね。^_^

今回ご紹介する、Husqvarna 701EDは、見るからに夏は北海道に行ってきま~す!というイメージ
が感じられますよね!

こんなマシンで、長いバケーションを取って、日本1周に出掛けたいですね!

コメント

只今増殖中!Husqvarna 701 ED MIDDLE-ADVENTURE!

2018年05月20日 | Husqvarna 701

YOです!

この週末は、風邪をひかれた方も多いのではないでしょうか?実は私もそのひとり^_^。
チョッと油断して、布団も掛けずに寝てしまいました。。。寒かったですね昨夜は(+_+)。

さてさて、ハスクバーナ東京北で今年より増殖中の、ハスクバーナ701ENDUROをベースに、
イタリヤMST社のRallyカウルキットを装着した、Husqvarna 701 ED MIDDLE-ADVENTUREですが、
先日タイミングよく、4台が店頭に集結しました。^_^

迫力ありますよね!

でもその迫力の中にも、ハスクバーナブランドは、どこか清楚な感じがして、KTMのイケイケの雰囲気とは
チョッと違う大人の香り?^_^(どんな香りかって?)が、しますよね。

何て言うか、KTMはファミリーの中でも、TOPブランドなので、性能も、デザインも、走りも、ライダーも、
ナンバーワンじゃなくてはならない感じですが、ハスクバーナももちろんナンバーワンを狙っているのですが、
KTMの背後に上手く潜んで、影武者の様なイメージで、プレッシャーが無い感じで、自由にのびのびと!と
言う感じが、とても良い感じ。(難しいですね(笑))

色もあるのかな?オレンジと白/青。日本人は青が好きな国民性だと聞きます。青って好き嫌いが無い色ですよね。
その感じもあります。。。ライディングギアも合わせ易いですしね。

 

 

さて、そのHusqvarna 701 ED MIDDLE-ADVENTURE。オーナーになられた皆さんから、とても良い!と
好評なお言葉を頂きまして、本当に作って良かったと思っています!
もちろん、ノーマルの701も最高なのですが、手間暇掛けて、HNTオリジナル車両として皆様に喜んで頂ける事が、
我々にとっても非常に嬉しいんです!

オーナー様一人ひとりの特別仕様に、コツコツと作り上げ、納車のその日から、これは良い相棒になるなぁ~と
思わずニヤけてしまう、自分だけのオリジナルハスクバーナをご提供致します!

試乗車もご用意していますので、お気軽にお声掛け下さい!ロングラン試乗を私と共に走りましょう!

 

コメント

Husqvarnaに青いリム!大鶴義丹TE250i号ニューバージョン!

2018年04月22日 | Husqvarna 701

YOです!

今日も暑かったですね~!確か衣替えって6月でしたよね?!既に半袖短パンの気候ですよね^_^。
油断は禁物ですが、オートバイ乗りには良い風加減ですね。^_^

美しい~!そうなんです!大鶴義丹氏のHusqvarna TE250iにエキセルブルーリムを組み込みました!
以前も組み込んだ事があるのですが、ここ最近ではモタード化する事で、インチダウンの17インチを
組み込むことが多かったのですが、義丹氏のHusqvarnaにはエキセル製U型リムのブルーリムを、
ノーマルのハブをそのまま利用して組み替えた仕様です。

 

リム交換のメリットは、軽く・強く・しなやかである事なんですが、この相反する事をエキセル社の研究開発
にて、材質に拘り、数々のレースで好成績を実証させたもの。実力も魅力の一つですが、カラーリムにする
事で、一段と美しく、そして自分だけのオリジナルマシンへ変身させる事も魅力です。
やっぱり義丹氏は後者のカッコいい!の目立ちたがり屋さんなんですね!(笑)

 

そして、さらに!今回はSHINKOタイヤの新製品を装着しました!
FIM公認タイヤで、既定のブロックの高さがあるタイヤの中で、最強を目指す216MX/216SXをチョイス!

フロントはFAT TIREという90/100-21の外径も幅も大きいマルチレンジ的なタイヤで、ガレ場、ウッズに
最適な仕様です。

 


リヤには同じシリーズの216SX 140/80-18をチョイス!SXはソフトコンパウンドで、サイドまで回り込んだ
ブロックと、全体がとても柔らかい、今までに無いタイプで、とても興味があります!

 

林道大好きの義丹氏が、ハイスピードコーナーリングや、ドリフト、そして探検ツーリング山遊びなどに、どう評価?
されるか、気になりますよね!気に入ったら今度はアフリカツインに履きたいって言うかも?!(笑)

そして、装着した感じは、タイヤからの迫力とオーラを感じました!しかもCOOL!FIM公認タイヤで公道走行
可能タイヤですから、216MX/SXは今までにない新感覚タイヤだと思いました。

さてさて、大鶴義丹氏が連載している、ダートスポーツ My Life with Dirt Bike のコメントが楽しみですね!

義丹さん!宜しくお願いします!

 

コメント

ありがとうございます!Husqvarna 701 ENDURO MIDDLE ADVENTURE 納車です!

2018年04月06日 | Husqvarna 701

YOです!

Tさん!2年前、ふたりで向った糸魚川シーサイドバレースキー場!土砂降りの雨の中、日本海へ向けて
ひた走ったあの時を思い出します!
その時は、二人ともKTM 1190 ADVENTURE-Rで、慣れない私を林道でエスコートして貰ったりと、
ADVENTURE初心者の私は心強かったですよ!

私は一足早くKTM 1050 ADVENTUREに乗り換え、軽量で足付の良さで、ADVENTUREのより深い世界へ
進む事となりましたが、これもTさんとの経験があったからこそなんです!

そして2年後の先週!Tさんは新たなチャレンジとして新しい相棒を見つけました!
それが、Husqvarna 701 ENDURO MIDDLE ADVENTURE ! です。

Tさんの身長は164cmと聞きました。その彼が1190ADV-Rを操り、そして今回の701ED M-ADVと、
オートバイのサイズはひと回り小さくなりましたが、701EDだって大柄なボディーとシート高なのは
間違いありません。仕様は、JAPAN 純正のローダウンキットを組込み、若干のフロント突出しをした
程度なんです。気合と根性のTさんです!^_^

そして、やっぱり最大に安心出来るのは、軽量だという事!多少足付性が悪くとも、軽量であるが為にコントロール
の幅が広がった事が大きな事かと思います。

 

 

また、1190ADV-Rで慣れたスクリーン付きのオフロード車両を経験してしまうと、その快適性から離れる
事が出来ません。。Husqvarna 701 ENDURO MIDDLE ADVENTURE はTさんにとって理想的な
オートバイなんです!

Tさん!本当にありがとうございました! 701ED M-ADVを手に入れたTさんは、もう手に負えないヤンチャぶり
を発揮してくれると思います!Tさん!701と一緒に遊ぶ時は、私はTE250で良いですよね?!(笑)



手始めはDOAですね!楽しそうだ~!^_^

コメント