Husqvarna NorthTokyo ショップ通信

ハスクバーナ東京北からの情報発信Blog☆by RL-YOYO

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今年一年ご愛顧頂き、誠にありがとうございました!

2017年12月28日 | スタッフ情報

YOです!
SATOです!
Hirokoです!

2017年 ハスクバーナ東京北は本日営業最終日となりました。

明日より2018年1月5日まで、年末年始の休暇を頂きたいと思います^_^。

今年一年、至らぬ点も多々あったかと思いますが、沢山の皆さんに支えられ、

今年も無事一年を過ごす事が出来ました。

また来年も、沢山の皆様に愛されるオートバイショップになれる様に、スタッフ一同

頑張って参りますので、変らぬご愛顧のほど宜しくお願い致します。m(__)m

新年は、6日土曜日より営業致しますので、年末とお正月の過ごした日々の

出来事をお聞かせ下さい! 暖かいおしるこでも飲みながら・・・・^_^。

皆様、2018年良い年をお迎え下さい。

        代表取締役 楊 俊治

※2017年後半ははモタードのHNTでした。

コメント

Husqvarna TE250i L またの名を「ハセロー」と言います^_^

2017年12月23日 | ハスクバーナ情報

YOです!

絶対乗りたい!ハスクバーナに乗りた~い!

そんな強い思いをお持ちのハスクバーナをお考えになっている皆様へ。
エレガントで360°どこから見ても美しいシルエットは、一度虜になってしまうともうメロメロ(笑)ですよね!

ただ~し!何と言ってもそこに立ちはだかるのは、970mmというシート高ですよね・・・。

車高が高いのは、走破性を考えると確かに魅力的ですが、我々アジア人にはチョッと高過ぎて、
ダート走行というよりは、日常の走行とか、交差点の右折待ち、信号待ち等のチョッとしたところで
危険が一杯という感じです。出来れば、慎重体格によって車高の調整をしたいものです。

そこで、ハスクバーナ東京北での、幾つかのLOW DOWNのパターンをご紹介します。

  1. オフロード仕様・・・STAGE.1
    1. 20~30mmのローダウン
    2. 50mmのローダウン
  2. オフロード仕様・・・STAGE.2
    1. 20~30mmローダウン+FRショックリバルビング加工
    2. 50mmのローダウン+FRショックリバルビング加工
  3. オフロード仕様・・・STAGE.3
    1. 80mmのローダウン+FRショックリバルビング加工

と、大きく分けてこの様になります。

リバルビングとは、ショックアブソーバーを分解し、減衰力の調整を変更し、ストローク量に対しての
適切な減衰のセンターを合わせ、柔らかさ等も変更する加工を施します。

そして今回ご紹介する車両は、オーナー車両となりますが、STAGE.3の80mmローダウンの2017年モデル
以降のWP Explorer48サスペンションタイプの最大値で下げた仕様です。

 

 

 

 

オーナー様のご要望は、どこに行っても安心して遊べる仕様で、ジャンプまではしないが、林道、コース、そして
ロングツーリングまでをこなすスペシャルなハスクバーナにして欲しいと。身長163cm 体重55kgの身体に
バッチリ合ったハスクバーナ!その中でも、大人気のTE250iをベースとして、シート高を860mmを目指して、
現在進行中の車両なんです。

 

≪テクニクスの梅森氏に跨いで頂きました≫
彼は、172cm 63kg なので、オーナー様より大柄ですが、殆ど両足が付きそうです。
この時点では890mmのシート高です。

 

 

 

サスペンションのローダウンで既に890mmを確保、更にローシートで15mmマイナス。現在は875mmまでは
下がりました!^_^。もちろんオーナー様に跨いで頂き、シート幅が細いのと、車重の軽さで、860mmまで
下がらなくても、かなりの好印象!サスペンションの動きも、そして沈み込む量も良い感じに下がっています。
これなら安心して出掛ける事が出来そうだ!と、オーナー様もひと安心!

 

 

これ以降は、シート加工で後5mm。リヤプリロードを調整して5mm程度を調整する予定ですが、100kmでも
走れば、サスペンションも馴染みが出て、良い感じに下がって来ると思います。

この仕様にすると、SEROW250とほぼ跨いだ感じが同じ位の足付ですが、軽さはTE250iの方が全然軽量なので、
とても乗り易いハスクバーナに仕上がっています。しかも分離給油の2サイクルインジェクションという、ハスクバーナ
最新の技術とメカニカルを得て、最高なバイクに仕上がっていす!その名は「ハセロー」(笑)

納車は年明けになってしまいましたが、最終バージョンはかなりイケテルと思いますので、お楽しみにしていて下さい!

また、ローダウンに関してと、スーパーモタード化に関しても、どしどしお問合せ下さい!
色々なパターンを、オーナー様のご要望に応じて、コストパフォーマンスを最大限に考え、ご提案させて頂きます。

お待ちしています!

実はこの仕様でも、しっかりジャンプは飛べます^_^。そして安心して林道ツーリング出来ますよね。

 

コメント (2)

Husqvarna TE250i テクニクス LOW DOWN SPECIAL 製作中!

2017年12月15日 | ハスクバーナ情報

YOです!

この人だれ?!と思われますよね^_^。

このフリースの色を見て分かる人は通の人!です。そう!ナイトロンサスペンションも
手掛ける、テクニクスの番頭さん梅森さんです。

今回は、これから製作するTE250iのローダウン仕様の打ち合わせに、先日来店頂きました。
通常なら来店する事なく、ローダウンは完了する事が出来るのですが、今回のサスペンションは、
2017年モデルより変更を受けた、WP社のエクスプローラー48サスペンションの前後ローダウン&
オフロードリバルビングのご用命。

そのローダウンの落とし具合が、今までに無い量を下げる為に、前に乗っておられた代替前の
FE501 2015モデルの採寸をしているところなんです。
2015年モデルはWP社の4CSと言うタイプにサスペンションで、加工リバルビングも加工し易いとの事。

しかし、EXPO48のサスを、このFE501程の下げ幅で落としても良いのか?を検討して頂いています。

ローダウンすれば、足付き性の乗り易さは向上しますが、最低地上高や、ハードな路面での絶対的な
ストローク量不足等で、危険なサスペンションになり兼ねないという意味では、今回のご用命は、
テクニクスのスペシャルプロジェクトと言う感じではないでしょうか?

もちろん!ダートも走行しますので、底付き感の無い、しなやかでにギャップを乗り越える魔法の様な
サスペンションを期待しています!^_^

お楽しみに~~!

コメント

JAGE CUP モトジムカーナ 第4戦 トミンモーターランド Vol.2

2017年12月08日 | ジムカーナマシン!FE450

YOです!

ご報告が遅くなりました!

大滝選手ハスクバーナFE450は、2017年度JAGE CUP モトジムカーナ 大会で、
年間シリーズランキング2位を頂く事が出来ました!
これも、応援して頂いたファンの皆さま、そしてハスクバーナモーターサイクルズジャパン、
また、各社協賛会社様方の多大なるご協力だと感謝しています!ありがとうございました!

今シーズンは、KTM 690DUKE からハスクバーナFE450と乗り換えた1年目。出足はマシン作りで、
遅れてしまった事もあり、練習時間もあまり取れず、ぶっつけ本番と言うパターンでのチャレンジと
なりましたが、逆に未完成のままのシーズンで、ランキング2位を頂けたのも、ハスクバーナFE450の
高いポテンシャルと、大滝選手のライディングセンスでもぎ取ったシリーズ結果で、マシンのセット
アップの方向性が見えている今、来季は確実に順位を上げられる事は間違い無い!と断言できます。

今回の最終戦は、Aクラス5位とポイントも稼げたものの、3位との差も近かった事もあって、
終始気が抜けない戦いでしたが、終わってみれば結果も上々!本当にお疲れさま!って感じでした。(^_-)-☆

既に来年の計画が発表され、新しいジムカーナの大会が増えるとのアナウンスがあり、また楽しみと
期待が出来る2018年度になりそうです!

来年もハスクバーナFE450で1年を戦い抜くと、大会終了後に大滝選手からの報告があり、2018年は
もうこれでもか!と言える位にエキサイティングな走りをお見せ出来るかと思います!

そして、大会運営の皆さま、そして選手の皆さま!今年1年本当にお世話になりました。
また、沢山の感動をありがとうございました!

私自身競技に参加している分けでは無いですが、いちジムカーナファンとして、2018年も応援させて
頂きたいと思います!色々とありがとうございました!2018年度はハスクバーナの仲間がもっと増えて、
ハスクバーナ旋風を吹かせたいと思いますので、大滝選手をはじめ、YOYO/ハスクバーナ東京北を
宜しくお願い致します!

 

≪当日のダイジェストをご覧ください≫

 

2017年型ハスクバーナFE450 Husky FE450 GKN Tackey-SP  1年間頑張ってきました!^_^

 

 車検をパスした証です。ジムカーナ車両はナンバー取得車両に限ります。

 

 いよいよウォーキングタイム、このタイミングで既に勝敗のポイントを探ります。

 

 作田選手と大滝選手の朝の歓談?笑顔は見えますが、真剣にコースをなぞります。

 

 パワーバンドきむらの木村社長!還暦の赤いちゃんちゃんこが目立っていましたね!

 

ZX-10R を巧みに操る 小崎選手 ワイルドな走りと、ワイルドな性格・・・(笑)

 

 今日のコースです!頭に叩き込みます!と思うのですが、意外とミスコースって少ないんです。

 

 朝のブリーフィングです。注意事項はしっかりと。

 

 出走前までの集中時間。この時間が大切なのかも知れません。

 

 ストレッチで体をほぐす大滝選手。最近はボルタリングで鍛えているという彼ですが、
ハマり過ぎる性格でもあります。^_^

 

 キムニーさんこと、木村選手のKTM 390 DUKE 第1ヒートスタート!頑張れ!

 

 木村社長!赤いちゃんちゃんこスタイルで表彰台を狙います!現にSBクラス6位入賞!凄い!

 

 大滝選手と同チーム員の関根選手 NSR250Rがチョッと不調で、ライディングを崩している様子。
そういう時もあります!頑張って乗り越えていきましょう!

 

 DR-Z400SMを華麗に操る 早川選手!2018年はハスクバーナ!にぜひお越しください(笑)

 

 小崎選手のフルターンからの立ち上がり!迫力です!

 

 木村社長の第1ヒート目!

 

 早川選手の切り替えし直前のショットです!

 

 これまた作田選手のGSX-S1000 この切り返しのタイミングがカッコイイですね!

 

 同チーム員の朝野選手ZX-10R 第1ヒートの走り SBクラス5位を獲得!

 

 同じく朝野選手です。

 

 いよいよタッキーのウォームアップスタート!

 

 蛍光イエローのジャージが良く目立ちます。ウェアーも充実しているハスクバーナブランドなんです。

 

 第1ヒート2番時計を叩き出した大越選手GSX-R750

 

 1000ccのハイパワー車を巧みに操る GSX-R1000の辻家選手

 

 軽量に徹したCRF450Rを駆る 吉野選手 フロントフェンダーに注目!(^^)/

 

 そして、大滝選手の第1ヒートがスタートしました!

 

 寝かしてますね~!カッコイイ~!

 

 切り返しです!

 

 

 

 ほとんど転倒しているんじゃ?みたいな角度でクリアーしていく大滝選手!

 

 同じチーム員の 引間選手!CBR600Fを華麗に操るC1クラスのライダー!女性です。

 

 フルロックでターンする引間選手!左手は?ハンドルから離しているのか?

 

 さて、キムニーの2本目!気合い充分!タイムアップしたかな?!

 

 こちらも関根選手の2ヒート目!西日に照らされカッコイイですね

 

 小崎選手の2本目!1本目は失敗した~と言っていただけに、攻めの走り!

 

 もう既に肘でパイロンタッチしそうな勢いの吉野選手CRF

 

 夕暮れ時の西日が眩しい、作田選手の2本目

 

 大滝選手の2ヒート目です!気合はってますよ~!

 

 第1ヒート目を上回り喜んでいたのですが!まさかの1ペナ!1秒加算・・・トホホ。

 

 池田選手のNSR250R 上位2台のNSRはズルいよ~と思えるほど速い!

 

 2ヒート目も終わり、後は結果を待つのみ!

 

 いよいよ表彰式ですが、真っ暗になってしまいました(^◇^)

 

 SBクラスの表彰です!

 

 A級クラスの表彰です!5位入賞大滝選手おめでとう!

 

 

 

 そしてシリーズランキング2位に決定した瞬間です!おめでとう!!! 1位はダントツの富永選手NSR
3位はNSRの廣瀬選手!NSR勢恐るべしですね。

 

 やっぱり常にTOP集団ですが、シリーズでの表彰は嬉しそうですよね!

 

 後ろにはロシアからのエントリー選手がいる中、見事2位という栄誉を頂きました!

これで、2017年度のジムカーナ大会は全て終わりました。後は練習会などが数多くあります。
来年も大滝選手、そしてYOYOを宜しくお願い致します。

ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

コメント

JAGE CUP モトジムカーナ 第4戦 トミンモーターランド Vol.1

2017年12月03日 | ジムカーナマシン!FE450



YOです!
おはようございます!
今日はJAGE CUP の最終戦で、大瀧選手とトミンモーターランドに来ています。
今シーズン最後の戦いとなって、現在ランキング2位と好位置に付けている大瀧選手!

今シーズンは、KTMからハスクバーナに乗り換えての1年目となりますが、
大瀧選手のスキルの高さと。ハスクバーナFE450のポテンシャルの高さで、
最高の成績を残しています。






ここまで来たら、最終戦は優勝!といきたいですよね!
これから第1ヒートスタートです。ストレッチ中の大瀧選手!頑張れ!(^ ^)





今回、ロシアからのエントリーがありました。
日本発祥のジムカーナが、海を渡り世界に広まっているって、凄いですね!





コメント

Husqvarna701シリーズの湿式エアークリーナーです。

2017年12月02日 | Husqvarna 701

YOです!

ハスクバーナの701シリーズは、エアークリーナーが通常のオートバイのタンク位置にあり、
ガソリンタンクはシートの下にあるんです。
これは、なるべく重い物は下方に位置させる事で、ハンドリングに軽快感が増し、操作性も
向上する事になりますが、その反面、エアークリーナーは前方に位置する為に、吸気方向が
逆さまに向かってしまします。

701シリーズのエアーボックスの中には、乾式エアークリーナーが装着され、汚れたら交換
と言う事になり、オフロード走行が多そうなENDUROモデルでは、かなり汚れも速くなる為に、
交換サイクルが多くなりコスト高に・・・。

そこでこのスポンジの湿式タイプに交換する事で、汚れたら洗浄する事が出来て経済的でもあり、
吸入効率も向上します。洗えて性能も上がっての2つの得が、このエアークリーナーエレメント!

 

 

新発売で、価格は税込¥8.498 で何度でも使える!

一応701ED向けですが、701SMでも装着は可能です!

宜しかったらドシドシご注文お待ちしています!^_^

 

コメント

Husqvarna インナーバック Water Proof 小っちゃくてGood!

2017年12月01日 | ハスクバーナ情報

YOです!

ちっちゃ!可愛い!って思えるハスクバーナのアクセサリー新製品です。
用途は、

オートバイの荷物の中に置くことができるこの便利で耐水性のバッグを使って、あなたの荷物をほこりから乾燥して安全に保ちます。

と、説明文を翻訳しました。

 

要は、バックの中のまたインナーバックとして、大事な物を収納して下さい的な、
濡らしたらダメダメ!ホコリもダメダメと言う、完全密封バックと言う事です。

でも取り敢えずハスクバーナのロゴが入って、意外とリヤフェンダー辺りに
こんな風にくくり付けられるとカッコイイですよね!

 

 

それとも、お出掛け用のポーチ的な使用も良いのか?(笑)

自分だったら、パンク修理道具とか、瞬間バンク修理剤とか、チューブとか?ん~?
意外と見つからないかもしれないけど、この701EDには似合いますよね。

そして価格なんですが、意外と安くて税込¥1.986なり~!

ハスクバーナファンには必須アイテムいかも知れませんね^_^。
在庫3個 宜しくお願い致します。(笑)

週末も元気良く営業してま~す!

また、3日(日)は茨城県トミンモーターランドにて、JAGE CUP 第4戦ジムカーナ大会
開催されます!最終戦です!ぜひ応援に来て下さい!9時スタート!大瀧選手の有終の美!
優勝を期待して!応援宜しくお願い致します。

 

コメント (2)