明日に向かって

つびやきブログ

柳家小八師匠の真打昇進襲名披露興行@上野鈴本。 口上の司会は喬太郎師匠、口上は木久扇師匠、馬風師匠、市馬師匠に、最後は小三治師匠と、そうそうたる師匠方々。

2017-03-30 21:30:24 | 芸術(美術展・映画・コンサートなど)
柳家小八師匠の真打昇進襲名披露興行@上野鈴本。

口上の司会は喬太郎師匠、口上は木久扇師匠、馬風師匠、市馬師匠に、最後は小三治師匠と、そうそうたる師匠方々。きっと故喜多八師匠も寄席小屋で見守っていたに違いない。

とりを勤めた小八師匠の素晴らしい「大工調べ」、特に啖呵を切る場面は、思わず満員のお客さんが拍手をする素晴らしさ。
三三師匠と柳家を背負って立つ素晴らしい噺家さんになりそうです。

一緒に行った会社の同僚は、初めての生小三治師匠に感服してました。やっぱり違うと。

コメント

朝マックコーヒー、長谷川宏著「丸山眞男をどう読むか」と共に。 長谷川さんも丸山眞男の論文の重要なテーマとして指摘している「日本人の自由なる主体性の確立」の欠如。

2017-03-30 08:29:00 | 読書
朝マックコーヒー、長谷川宏著「丸山眞男をどう読むか」と共に。
長谷川さんも丸山眞男の論文の重要なテーマとして指摘している「日本人の自由なる主体性の確立」の欠如。明治維新や第二次世界対戦の敗北を経て今日に至るまで、まだまだ確立出来ていないどころか、戦前の全体主義へ回帰する現状に、丸山眞男は、封印出来ない今一度読まれるべきだと。
丸山眞男を読むと現状が全く戦前と変わりないことに、暗くやるせない気持ちになるが、そう言うことなんだなぁ。


Morning Mac coffee with 'How to read Masao Maruyama' written by Hiroshi Hasegawa. Maruyama is a person who structurally analyzed the fascism of the Japanese military under World War II.
The current Japanese government seems very similar to those days. He said that this is mainly because still independent individuals like the West are not developed in Japan.

コメント

朝マックコーヒー、長谷川宏著「ヘーゲル 精神現象学入門」と共に。 ハイデッカーと間違えてヘーゲルを買ってしまったら、ヘーゲルにはまってしまった。

2017-03-27 07:52:05 | つぶやき
Morning Mac coffee with 'Phänomenologie des Geistes' by Georg Wilhelm Friedrich Hegel.

朝マックコーヒー、長谷川宏著「ヘーゲル 精神現象学入門」と共に。
ハイデッカーと間違えてヘーゲルを買ってしまったら、ヘーゲルにはまってしまった。
コメント

「日本画の教科書 - 東京編」@山種美術館。やっぱり日本画がいいなぁと改めて実感。 日本画を中心に哲学との関係性をテーマに勉強して行こう!

2017-03-20 21:32:42 | 芸術(美術展・映画・コンサートなど)
「日本画の教科書 - 東京編」@山種美術館。やっぱり日本画がいいなぁと改めて実感。
日本画を中心に哲学との関係性をテーマに勉強して行こう!

以下のような作品に出会えて幸せ!
横山大観《心神》、 下村観山《老松白藤》、 川合玉堂《早乙女》、 菱田春草《月四題》のうち「春」「秋」、 松岡映丘《春光春衣》、 小林古径《清姫》のうち「日高川」、 安田靫彦《出陣の舞》、 前田青邨《大物浦》、 奥村土牛《鳴門》、 東山魁夷《年暮る》、 奥田元宋《奥入瀬(秋)》
ほか 約50点(全て山種美術館蔵)
コメント

立教大学名誉教授 宇野 邦一さんと哲学者 江川 隆男さんの対談「アルトーとドゥルーズ 器官なき身体の諸問題」@朝カル新宿。 お二人の深い洞察に、改めて哲学の奥深さに感動。

2017-03-20 21:30:23 | 芸術(美術展・映画・コンサートなど)
立教大学名誉教授 宇野 邦一さんと哲学者 江川 隆男さんの対談「アルトーとドゥルーズ 器官なき身体の諸問題」@朝カル新宿。
お二人の深い洞察に、改めて哲学の奥深さに感動。
江川さんの「アンチ・モラリア」に出てくる「器官なき身体」のイメージがあったのだけれど、ドゥルーズ・ガダリの「アンチ・オイディプス」の「器官なき身体」とアルトーの「器官なき身体」は、表層的なものへの批判をベースにしていながら、それぞれ微妙に違うようで、それを認識出来たのは、今後彼らの本を読み進める上でとてもよかった。

コメント