明日に向かって

つびやきブログ

(SLS - 5) 10年目の同窓会

2014-07-31 22:26:38 | ショートショート
大学を卒業して10年目の同窓会の案内状が実家の両親から転送されて来た。案内状には、クラスメイトの名前と住所、勤務先が記載された名簿も同封されていた。卒業して三年後にアメリカに来た俺の住所は実家であり勤務先は何も書かれていない。10年目の同窓会は、卒業式の日にクラスメイトと約束した事だ。わざわざアメリカから帰国してまで出席しようと思ったのは、彼女の名前と住所が大学時代と同じで変わっていないからだ。結婚したと噂で聞いたが、まだ結婚していないのか、それとも離婚したのか?いずれにしても大学時代に付き合っていた彼女が、まだ結婚していなくて、幸せではなさそうなのは悲しい。
俺は同窓会を明日に控え、彼女とよく一緒に行った大学近くの喫茶店や大隈庭園を訪れた。安い木造アパートがマンションに代わり、数多くあった喫茶店がマックとかドトールのようなチェーン店に代わったが、ここ早稲田大学の正門前辺りは昔と何も変わっていない。学生時代俺達はここでよくいろいろな事を話した、とても懐かしい。彼女と最後に別れたのも、ここ大隈庭園だ。彼女のバックに大隈講堂の時計があったのがシルエットとして鮮明に覚えている。あの時の会話が蘇ってくると、本当に明日彼女に会えるのだろうか?と不安が蘇って来る。卒業して二年、あの頃俺は就職もせずにぶらぶらしていた。ただ夢だけはいっぱいあった。研究室の教授のお情けで研究室の機器を借りて、いろいろなコンピューターの試作機を作っては日本のメーカーに売り込みに行ったが、どこもろくに話を聞いてはくれなかった。彼女は銀行に就職していた。結婚にはまだ早い年齢だが、ぶらぶらして就職もしていない貧乏の俺との結婚は考えられないのだろう。彼女の言葉の節々に俺は別れの予感を感じていた。そしてついに「同じ職場の先輩に今晩食事に誘われているの。彼はT大を出たエリートでもうすぐ30歳になるんだけど、銀行員って早く結婚した方が出世出来るみたいなの」。俺は彼女はその銀行員と結婚を考えているんだなと感じた。俺は何も言えなかった。
「あなたの夢が叶ったら連絡ちょうだいね」彼女の最後の言葉だ。大隈講堂の時計をバックに彼女は去った。その後アメリカに渡って成功を収め、俺の夢は叶った。あの時気が動転して、頭の中が真っ白だったが、今思い出した。彼女は去る時何か言った。「さよなら」と言ったのか、「待ってるわ」と言ったのか、明日彼女に確かめてみよう。
コメント

7月31日は新たに目標を設定するのに良い

2014-07-31 18:48:58 | 日記
7月31日は新たに目標を設定するのに良いと専門家が公式を示している。
公式は以下で1を下回る事は無い。
((自分を信じることX最後まで諦めない強い気持ち)+明確な目標とアクションプラン+新たな気持ち)➗(恐れや後悔の気持ち)

新たな目標: 夢を実現させる。今まで生活の為に働いてきたが、これからの人生は子供の頃の夢の実現。



http://m.bbc.com/news/uk-wales-28570392
コメント

八角部屋さんの旅行 - この飛行機には絶対に乗りたくない

2014-07-31 13:48:41 | 日記
八角部屋さんの旅行、この飛行機には絶対に乗りたくない。

コメント

キャリアをしっかり考えないと

2014-07-31 12:46:45 | 日記
低開発国に仕事を奪われ、今後はロボットとITに仕事を奪われる。自分のキャリアをしっかり考えないと。
コメント

米国も同じく給与が破綻

2014-07-31 12:18:11 | 日記
大卒の給与が1990年と比較して同じレベルに高卒以下は80%レベルに下落。
“@UrbanPolicy: US wages have collapsed, except for (some) college graduates: http://twitter.com/paul1kirby/status/488792084011569152/photo/1

コメント