歴史に学ぶ人事・経営論

横浜の社会保険労務士・行政書士関口英樹です。

ようやく抜糸

2020-09-25 15:55:59 | 歴史に学ぶ人事経営論
伝家の名刀「包丁」で深手を負って、2週間。ようやく抜糸。
日常生活は、支障なく送れるものの、筋トレ等の激しい運動は、控えるようにとのこと。
糸が入ってる間も、8割くらいの力加減でジム通ってたが、あと1週間は、フルではできないとのこと。
包丁、恐るべし。


~中小企業の人事・法務担当~
〒221-0005
神奈川県横浜市神奈川区松見町1-12-12-3F
関口総合法務事務所
社会保険労務士・行政書士 関口 英樹
℡&F 045-401-0842
携 帯 080-1174-9553
E-mail hide@hide2008.com
http://www.hide2008.com/
★社会保険・就業規則等の人事労務手続
★特別加入(社長・一人親方の労災)
★建設・産廃・宅建・運輸等の許認可
★請負契約書・合意書等の企業法務書類
<人事・企業法務・許認可を総合的にサポート> 



コメント

経営者の発想力の件

2020-09-23 09:57:51 | 歴史に学ぶ人事経営論
50万石を超える大大名の細川家。
5代目当主の宗孝は、浪費癖があったため、藩の財政は火の車だった。

その宗孝が、江戸で人違いにより突然斬り殺されると、弟の重賢が跡を継いだ。
藩政を立て直すべく、重賢は、年貢米である米以外の作物を作ることを推奨。
熊本藩内にある阿蘇山は火山で有名であり、硫黄が採れた。
硫黄は、火薬や薬品の原料となるありがたい資源だ。
重賢は、硫黄を採るよう呼び掛けた。

しかし、地元の住民は、なかなか協力してくれない。
「阿蘇は、神様の山である。掘り返すなどとんでもない」
地元住民は、そう考えていたのだ。
火山の多い九州では、火山そのものを神として信仰する風習があった。

合理主義者である重賢は、
「神ならば住民に協力するのが当然。」
と考え、硫黄採掘を決行。

しかし、採掘の後、まるで神様が怒ったかのような大洪水が起きたのだ。
「やはり神様を怒らせてしまったのだ。言わんことじゃない。」
住民の間では、不安が広がった。

それくらいのことで諦める重賢ではない。
「住民のためになることをしているのに、邪魔するなど神ではない。怪である。」
そう、言い放つと、大砲を担ぎ出し、洪水の元になった池に向け発射。
余計に罰が当たりそうな行為なのだが、以後は洪水は治まり、無事に採掘を続けることができたのだ。

こういったダイナミックな発想は、現在の経営者にも必要だと思うのは、関口だけでしょうか?
皆さんのご意見、お待ちしております。



~中小企業の人事・法務担当~
〒221-0005
神奈川県横浜市神奈川区松見町1-12-12-3F
関口総合法務事務所
社会保険労務士・行政書士 関口 英樹
℡&F 045-401-0842
携 帯 080-1174-9553
E-mail hide@hide2008.com
http://www.hide2008.com/
★社会保険・就業規則等の人事労務手続
★特別加入(社長・一人親方の労災)
★建設・産廃・宅建・運輸等の許認可
★請負契約書・合意書等の企業法務書類
<労使一体・攻防一体の経営をサポート> 


コメント

伝家の妖刀「包丁」で指きって、新たな発見

2020-09-22 11:11:56 | 歴史に学ぶ人事経営論
包丁洗ってて指切り、救急搬送。電気メスで血管を焼いて止血した上で4針縫った。
医者によると、順調に傷がふさがっているとのこと。
筋トレは、第一関節を動かさなければ、OKとのこと。
そこで、知恵を絞り、アイスクリームのスプーンを加工し、物理的に第一関節を曲げられないようにした。

これで筋トレしたところ、新たな発見があった!
ベンチプレスやダンベルショルダーは、問題なくできた!
なぜか?

そもそも、人差し指は、バーベルやダンベルに添えるだけで、力をかけないからだ。
指を怪我したことで、新たな発見!?


~中小企業の人事・法務担当~
〒221-0005
神奈川県横浜市神奈川区松見町1-12-12-3F
関口総合法務事務所
社会保険労務士・行政書士 関口 英樹
℡&F 045-401-0842
携 帯 080-1174-9553
E-mail hide@hide2008.com
http://www.hide2008.com/
★社会保険・就業規則等の人事労務手続
★特別加入(社長・一人親方の労災)
★建設・産廃・宅建・運輸等の許認可
★請負契約書・合意書等の企業法務書類
<人事・企業法務・許認可を総合的にサポート> 

コメント

軍用カーゴパンツにチャックがないなぞ

2020-09-21 21:37:25 | 歴史に学ぶ人事経営論
横須賀のどぶ板通りで購入した軍用カーゴパンツ。
ちなみに、どぶ板通りは、関口が大好きな軍用品の店が多数あることで有名。
さて、軍用ズボンは、チャックではなく、ボタン式です。なぜでしょう?
理由は明白。
チャック式だと、壊れた際に、直すことができない。
ボタン式だと、戦地で兵隊が自分で直せるからなのです。

~中小企業の人事・法務担当~
〒221-0005
神奈川県横浜市神奈川区松見町1-12-12-3F
関口総合法務事務所
社会保険労務士・行政書士 関口 英樹
℡&F 045-401-0842
携 帯 080-1174-9553
E-mail hide@hide2008.com
http://www.hide2008.com/
★社会保険・就業規則等の人事労務手続
★特別加入(社長・一人親方の労災)
★建設・産廃・宅建・運輸等の許認可
★請負契約書・合意書等の企業法務書類
<人事・企業法務・許認可を総合的にサポート> 


コメント

伝家の宝刀で深手を負ったが、筋トレする方法

2020-09-21 17:36:55 | 歴史に学ぶ人事経営論
数日前、伝家の宝刀「包丁」で指を切り、出血が止まらず、救急搬送され、4針縫った。
医者の診察を受けたところ、順調に傷がふさがっているとのこと。
筋トレできるか否か聞いたところ、「強く握りしめなけばオーケー」との回答。
スクワットは大丈夫かと聞いたら、
「大丈夫。ただし、力を入れた時に指を握りしめてしまうと、ふさがりかけた傷口が、開いてしまう」
とのこと。
頭のいい関口は考えた。そして思いついた。これで握りしめることなく筋トレできるではないかと。

~中小企業の人事・法務担当~
〒221-0005
神奈川県横浜市神奈川区松見町1-12-12-3F
関口総合法務事務所
社会保険労務士・行政書士 関口 英樹
℡&F 045-401-0842
携 帯 080-1174-9553
E-mail hide@hide2008.com
http://www.hide2008.com/
★社会保険・就業規則等の人事労務手続
★特別加入(社長・一人親方の労災)
★建設・産廃・宅建・運輸等の許認可
★請負契約書・合意書等の企業法務書類
<人事・企業法務・許認可を総合的にサポート> 

コメント

伝家の宝刀で深手を負った件

2020-09-20 17:42:28 | 歴史に学ぶ人事経営論
本日、病院で診察を受けると、順調に傷がふさがっているとのこと。
今日からは、風呂に入って傷口を濡らしてもいいとのこと。
お医者さんによると、神経を切ってしまう一歩手前だったとのこと。
一生、障害が残ったかもしれないと思うとゾッとする。
包丁、侮れん!!

~中小企業の人事・法務担当~
〒221-0005
神奈川県横浜市神奈川区松見町1-12-12-3F
関口総合法務事務所
社会保険労務士・行政書士 関口 英樹
℡&F 045-401-0842
携 帯 080-1174-9553
E-mail hide@hide2008.com
http://www.hide2008.com/
★社会保険・就業規則等の人事労務手続
★特別加入(社長・一人親方の労災)
★建設・産廃・宅建・運輸等の許認可
★請負契約書・合意書等の企業法務書類
<労使一体・攻防一体の経営をサポート> 

コメント

伝家の宝刀で労災事故?

2020-09-18 17:40:42 | 歴史に学ぶ人事経営論
包丁を洗っていたら、指を切ってしまった。
骨に当たった感覚があるほどの深手を負う。
大量の血が出て、包帯グルグル巻きにして、何とか止血。

深夜になって、耐えられないほどの痛みが出て、7119に電話相談すると、すぐに救急車を呼ぶようにとのこと。
救急搬送された病院で出血が止まらず、電気メスで血管を焼いて止血した上で、4針縫った。

私関口は、飲食店の顧問先から、
「従業員が労災事故に遭った。包丁で指を切った。」
との訴えを受け、労災の申請書を作成することが数回あった。

今までは、「たかが指切ったくらいで」
と思っていたのだが、自身が経験し、その痛みと大変さを痛感した関口なのでした。


~中小企業の人事・法務担当~
〒221-0005
神奈川県横浜市神奈川区松見町1-12-12-3F
関口総合法務事務所
社会保険労務士・行政書士 関口 英樹
℡&F 045-401-0842
携 帯 080-1174-9553
E-mail hide@hide2008.com
http://www.hide2008.com/
★社会保険・就業規則等の人事労務手続
★特別加入(社長・一人親方の労災)
★建設・産廃・宅建・運輸等の許認可
★請負契約書・合意書等の企業法務書類
<労使一体・攻防一体の経営をサポート> 


コメント

昨今の状況下、売上を伸ばしている飲食店

2020-09-09 16:10:41 | 歴史に学ぶ人事経営論
この状況下でも、売上を伸ばしている飲食店もあるのだ。

昨今の状況を鑑み、テーブルとイスをリニューアル。
立食席や一人用の席を増やしたのだ。

これが三密にならないと好評を呼ぶ。
また、短時間で食事ができ、忙しいサラリーマンに受ける。
その結果、回転率が良くなり、以前より、客が増え、売上も増加。

「うちの業種は・・・だからしょうがない」ではない。
もう、以前の状態に戻ることはない(と思われる)。
だからこそ、時代に合わせた改革、経営努力が必要なのだ。
お互い、この時期を、乗り越えましょう。


~中小企業の人事・法務担当~
〒221-0005
神奈川県横浜市神奈川区松見町1-12-12-3F
関口総合法務事務所
社会保険労務士・行政書士 関口 英樹
℡&F 045-401-0842
携 帯 080-1174-9553
E-mail hide@hide2008.com
http://www.hide2008.com/
★社会保険・就業規則等の人事労務手続
★特別加入(社長・一人親方の労災)
★建設・産廃・宅建・運輸等の許認可
★請負契約書・合意書等の企業法務書類
<労使一体・攻防一体の経営をサポート> 

コメント

情報発信の件

2020-09-08 12:28:15 | 歴史に学ぶ人事経営論
徳川8代将軍吉宗。
暴れん坊将軍のモデルとなり、享保の改革を行った人物だ。

吉宗が将軍に就任した享保元年は、インフルエンザが大流行。
約8万人が死亡した。感染症の克服こそ、急務の政治の課題であった。

「農民は国の基礎。民は宝である。充実した生活を送る上で、健康がとても大事である。民が健康でよく働けば、景気は自然と上向く。生産性も上がる。」

吉宗は、そう考えていた。
その頃、吉宗が設置した目安箱に、目を引く投書があった。
「薬は高すぎて、裕福な者しか買えません。貧しい者が治療を受けることのできる施設が必要です。」

医療改革が必要であると考えた吉宗は、貧しい人々が治療を受けることのできる施設を作った。
小石川養生所だ。

しかし、当初、庶民は誰も寄り付かず、不人気であった。
良からぬ噂が飛び交っていた。
「新しい薬が効くかどうか、人体実験される。」
「質の悪い薬を使うので、病気が治らない。」
「貧乏人がタダでお医者様に診てもらえるなんて、話がうますぎる。」

それを知った吉宗は、見学会を開くなど、透明性の情報発信を積極的に行なった。
かくして、小石川養生所は、赤ひげ先生で歴史に名を残すようになった。

いかに良い製品、商品を開発したとしても、
その良さを伝えないと、売れないのだ。情報発信が重要なのは、現代のビジネスでも同様ではないだろか。
皆さんの会社では、いかがでしょうか?



~中小企業の人事・法務担当~
〒221-0005
神奈川県横浜市神奈川区松見町1-12-12-3F
関口総合法務事務所
社会保険労務士・行政書士 関口 英樹
℡&F 045-401-0842
携 帯 080-1174-9553
E-mail hide@hide2008.com
http://www.hide2008.com/
★社会保険・就業規則等の人事労務手続
★特別加入(社長・一人親方の労災)
★建設・産廃・宅建・運輸等の許認可
★請負契約書・合意書等の企業法務書類
<労使一体・攻防一体の経営をサポート> 

コメント

コレラに学ぶコロナ対策

2020-08-11 09:55:38 | 歴史に学ぶ人事経営論
ペリー率いる4隻の黒船が、幕府に対し、武力で開国を迫った。
当時の日本人にとって、この衝撃は大きかった。
かくして、西洋技術、航海術、医学などを学ぶべく、海軍伝習所が長崎に開設された。

しかし、西洋人たちがもたらしたのは、高度な技術のみではなかった。
長崎で疫病が、はやり始めたのである。
病人は、突然激しい嘔吐と下痢を繰り返し、みるみるうちに手足はしわくちゃ、体は干からび、1、2日のうちに死んでしまう。
コレラである。

コレラは江戸の町にも飛び火。
短期間の大量死により棺桶が足りず、酒樽に亡骸を納め、土葬用の墓地が足りなくなり、火葬に切り替えたのだが、それでも処理しきれず、品川沖で水葬にする有様。

当時の日本では、医学的な感染対策はほとんどなかった。
加持祈禱に頼り、疫病対策のお札を戸口に貼り、病気を追い払うべく、太鼓や鈴を鳴らしたという。

そういった状況下、オランダ海軍軍医のポンペが動き出す。
「キニーネとアヘンを配合した薬を飲み、入湯すること」
ポンペの努力は、漢方医の治療を上回る成果を挙げ、人々はポンペに信頼と尊敬を寄せるようになっていった。
そのポンペが、感染症対策として挙げたのは、次の事項だ。
・身体と衣服を清潔に保つ
・室内の空気循環を良くする
・適度な運動と節度ある食生活

意外なことに、日本人の衛生意識は、
明治になってから、しかも外国人により、もたらされたのだ。
つまり、コレラというピンチによって、手洗いなどの衛生習慣が、日本人に芽生えたのだ。

今まさに、コレラではなく、コロナが蔓延し、「新しい生活様式」に変化しつつある。
つまり、こういったピンチのときこそ、旧態依然のものを変え、新常識がもたらされるチャンスなのだ。
皆さんの会社では、何かを変えていますか?

最近、話題のテレワーク。
長所も短所もあります。
昨日今日、話題にあがった制度のため、
運用に不確実なところがあるのは事実ですが、
時代の先を行く制度を、試されてはいかがでしょうか?

運用には、就業規則の作成、改定が必要です。
遠慮なく、お声掛け下さいね。

~中小企業の人事・法務担当~
〒221-0005
神奈川県横浜市神奈川区松見町1-12-12-3F
関口総合法務事務所
社会保険労務士・行政書士 関口 英樹
℡&F 045-401-0842
携 帯 080-1174-9553
E-mail hide@hide2008.com
http://www.hide2008.com/
★社会保険・就業規則等の人事労務手続
★特別加入(社長・一人親方の労災)
★建設・産廃・宅建・運輸等の許認可
★請負契約書・合意書等の企業法務書類
<人事・企業法務・許認可を総合的にサポート> 




コメント

経営者の決断力の件

2020-07-27 17:40:57 | 歴史に学ぶ人事経営論
豊臣秀吉が20万の大軍を動員して、小田原城に攻めてきた(小田原征伐)。

小田原城では、大敵の攻撃が目前に迫っているというのに、軍議は一向にまとまらなかった。
城主北条氏直の叔父北条氏邦は、
「開城し、攻勢に出るべし」
と主張した。
一方、重臣松田憲秀は、箱根の山と小田原城の難攻不落さを主張、籠城策を固守した。

敵は長期戦に耐えられないなど、議論百出して紛糾。
城主氏直は、決断力に乏しかったため、なかなか意見がまとまらなかった。

そしてついに、秀吉に楽々を城を取り囲まれてしまう。
六万の大軍を擁していたにも関わらず、何ら、手を打つことなく、自滅してしまった。

かくして、後世の笑いものとなった小田原評定となってしまったのだ。

私関口は、籠城が開城決戦かのいずれかは、大した問題ではないと考えているのです。
速い段階から、どちらにするのか決め、それに向けて準備を整えておくことで、歴史は大きく変わっていたと思うのです。

決断力が重要なのは、現代のビジネスでも同じではなかろうか?
皆さんのお考え、お聞かせ下さい。



~中小企業の人事・法務担当~
〒221-0005
神奈川県横浜市神奈川区松見町1-12-12-3F
関口総合法務事務所
社会保険労務士・行政書士 関口 英樹
℡&F 045-401-0842
携 帯 080-1174-9553
E-mail hide@hide2008.com
http://www.hide2008.com/
★社会保険・就業規則等の人事労務手続
★特別加入(社長・一人親方の労災)
★建設・産廃・宅建・運輸等の許認可
★請負契約書・合意書等の企業法務書類
<労使一体・攻防一体の経営をサポート> 

コメント

雇用維持のためにできること

2020-07-17 17:48:32 | 歴史に学ぶ人事経営論
雇用維持のためにできること

大手居酒屋チェーン「塚田農場」
休業中は、小型スーパー「まいばすけっと」に、社員を出向させる。
「レジ打ちや品出しは戸惑ったが、慣れると負担は感じなかった」
とのこと。

レジャー施設予約サイト運営会社
予約件数も収入も激減。
そこで、オンライン診療システムを手掛けるIT企業に社員を出向させる。
「学ぶことも多く、来てよかった」とのこと。

人手不足の業界に、人夫出しのごとく在籍出向させることで、雇用維持を図っているのだ。
社員にとっては、新たな学びになる上、雇用も守られる。

コロナによる打撃の中、何の手も打たず、
国の支援、助成金申請に力を入れている会社もあります。
そういったことに労力を割くよりも、
もっともっと、経営努力をすべきと思うのです。


~中小企業の人事・法務担当~
社会保険労務士・行政書士 関口 英樹
〒221-0001
神奈川県横浜市神奈川区西寺尾3-3-20
℡&F 045-401-0842
携 帯 080-1174-9553
E-mail hide@hide2008.com
http://www.hide2008.com/
★社会保険・就業規則等の人事労務手続
★特別加入(社長・一人親方の労災)
★建設・産廃・宅建・運輸等の許認可
★請負契約書・合意書等の企業法務書類
<労使一体・攻防一体の経営をサポート> 


コメント

一生懸命の努力と人材管理の件

2020-07-15 08:35:38 | 歴史に学ぶ人事経営論
足利将軍の権威が失墜した室町時代の終盤は、各地で戦国大名が割拠した。
この頃、武士が鎌倉時代から持っていた価値観は、「一所懸命」という「土地至上主義」だ。
「一生懸命」という言葉の由来だ。

「一所」というのは土地のことである。
たった一坪の土地でも、これを侵す者とは、命を懸けて戦うという意味だ。
なぜか?当時の税金(年貢米)はもちろん、特産品のほとんどが、土地から生産されていたから。

しかし狭い日本では、やがて土地に限界がくる。
天下統一を進めていた織田信長は、いたのだ。
そういった折、千利休と出会った信長は、土地に変わる価値観として「茶の湯」を利用しようと考えていた。

急速に勢力を拡大し、多くの家臣を抱えた信長。
武功を挙げた家臣に対し、一級品の茶道具を与え、信長に認められた者だけが、茶会を開くことを許された。
当時の茶道具の中には、城が1つ買えるほどの価値があった高級品もあり、
自身の勢力を誇示するためのものであった。
つまり、信長は、家臣の統制に、「茶の湯」を利用したのだ。

皆さんの会社では、
どのように社員のモチベーションアップをされてますか?
今度、関口に教えて下さい。


~中小企業の人事・法務担当~
社会保険労務士・行政書士 関口 英樹
〒221-0001
神奈川県横浜市神奈川区西寺尾3-3-20
℡&F 045-401-0842
携 帯 080-1174-9553
E-mail hide@hide2008.com
http://www.hide2008.com/
★社会保険・就業規則等の人事労務手続
★特別加入(社長・一人親方の労災)
★建設・産廃・宅建・運輸等の許認可
★請負契約書・合意書等の企業法務書類
<労使一体・攻防一体の経営をサポート> 


コメント

アフターコロナについて

2020-06-19 12:36:15 | 歴史に学ぶ人事経営論
コロナ禍が去っても、経済がもとに戻るには、期間ががかるという見解もあります。
そのような状況下、政府の支援(助成金)を、ヨダレを垂らしながら、待っているだけでいいのだろうか?

レジャー施設予約サイト運営会社のお話

予約件数が激減、当然、売上も激減。
雇用調整助成金も、支給までかなり期間がかかる上、制約も多い。
そういった中、社員をリストラするのではなく、在籍出向させることにした。

こういった状況下でも、人手不足の業界もある。
そういった会社に対し、人夫出しのごとく社員を出向させるのだ。
社員は生活が保障される上、人手不足の会社は助かる。
正に三方よしの考えだ。


平時に会社が順調などというのは当たり前のことであり、経営者の能力でもなんでもない。
こういった非常時にこそ、経営者、経営幹部の能力があるか否かが発揮されるのだ。


~中小企業の人事・法務担当~
〒221-0005
神奈川県横浜市神奈川区松見町1-12-12-3F
関口総合法務事務所
社会保険労務士・行政書士 関口 英樹
℡&F 045-401-0842
携 帯 080-1174-9553
E-mail hide@hide2008.com
http://www.hide2008.com/
コメント

皆さんの宝について

2020-06-17 08:59:31 | 歴史に学ぶ人事経営論
戦国乱世に終止符を打ち、江戸幕府300年の基盤を作った徳川家康。
家康も、初めから、名将だったわけではない。

彼が、若大将だった頃、天下無敵を誇った武田信玄の軍勢が、三河に進軍してきた。
三方ヶ原で合戦となるも、武田流風林火山のごとく激しい攻撃にあった家康は、老練な信玄に大敗を喫する(三方ヶ原の戦い)。

敗北を確信した家康の家臣団は、家康を取り囲み、浜松城へ逃がそうとした。
「ここで討ち死にする」
と言って聞かない家康に対し、家臣の夏目吉信が無理やり浜松城へ向かわせた。
そして、「我こそは、徳川家康なり」
と自ら影武者となり、敵陣へ突進していった。

逃げ帰る途中、家臣の松井忠次が、
「家康殿の朱色の兜は目立ちます。」
と言い、自らの兜と交換。
多くの犠牲を払い、命からがら浜松城へ戻ってきたのだ。

敗北はしたものの、忠誠心が強いと言われる三河武士団の基盤が誕生。
後に徳川四天王と言われる最強の家臣団が結成された。

その家康に、次のエピソードがある。
ある時、きらびやかな調度品に囲まれた豊臣秀吉が、家康に尋ねた。
「徳川殿の宝は何でござる。」
「はい、書画調度ではなく、自分のために命を惜しまざる者がおります。」

皆さんの宝は、何でしょうか?
皆さんのお答え、お待ちしております。



~中小企業の人事・法務担当~
〒221-0005
神奈川県横浜市神奈川区松見町1-12-12-3F
関口総合法務事務所
社会保険労務士・行政書士 関口 英樹
℡&F 045-401-0842
携 帯 080-1174-9553
E-mail hide@hide2008.com
http://www.hide2008.com/
★社会保険・就業規則等の人事労務手続
★特別加入(社長・一人親方の労災)
★建設・産廃・宅建・運輸等の許認可
★請負契約書・合意書等の企業法務書類
<労使一体・攻防一体の経営をサポート> 

コメント