家で死にたい ( 改題 空蝉/老い楽の詩 )

寝たきりや認知症になっても住み慣れた家で死にたい。しかし、そう思っていても、死に場所は、病院が多く介護施設が増えている。

792;うなだるような暑さ

2018-07-03 04:12:36 | 犬と人間
うなだるような暑さ

今日も暑くなりそう
毛皮を「着て」いる犬にとり
夏の暑さは身にこたえる
外で過ごす犬は
軒下に穴を掘り腹を冷やす
家のなかに居る犬は
冷房をかけ涼しさのなかに過ごす
飼い主は
暑い中で仕事をしている
嗚呼 暑いときだけ犬に替わり
涼しく家で過ごしたい
暑さに弱い我家の犬
散歩のときは
水を持参し
一緒に飲む

水は生き返ったような心地になる
こうも猛暑が続くと
畑作物や果樹は可哀想
ハルジョンは猛暑にもめげずに
咲いている
その生命力の強さに感心してしまう
コメント

774;雨の悲喜

2018-06-11 05:40:03 | 犬と人間
雨の悲喜

長雨が続く
雨で喜ぶものたち
緑の子蛙は
雨に濡れた葉の上を飛び跳ねている
蝸牛は
ゆっくりと
葉の上を歩いている
小雨なら
傘無しで歩くには気持ちよいが
大雨降りが長引くと
川の氾濫や土砂崩れが心配
雨が止むと
つい傘を置忘れしまうたび
傘を買う私
コメント

764;甘え

2018-05-30 21:28:26 | 犬と人間
甘え
犬は
人間の表情や
心を読む
お腹を撫でて欲しくて
無防備
お腹をさらけだし
お腹を撫でろと
催促する

コメント (2)

719;抱きしめて

2018-04-23 21:57:32 | 犬と人間
抱きしめて
ドライブが大好き 何故なら 傍らで一緒に居れるから

両手はしっかりと握り
母親の胸に抱かれている赤子
一抹の不安もなく
まどろみの心地にある

老いたあたしは
膝小僧を抱きかかえ
ひとりわびしく寝るさまは
野良犬のようだ

やりきれない刹那さ
どうしようもない不安
すがれるものはなく
思わず
愛犬を抱きしめ
気持ちの時化を静めた
コメント

715;信頼

2018-04-21 04:23:36 | 犬と人間
余のパソコンの待ち受け画面 元気君

信頼 

家族の一員である
beagle元気と暮らし
愛犬から教えられる

飼い犬は
世間(ここでは野良犬が棲む犬の社会)では生きていけない
負けてしまう
世間が恐ろしいところだとは分かってはいない
だから散歩のときは
ropeを離してならない、と。
万が一離れたとき
身元がわかるように、と
首輪は必ず身に着けている

元気は信頼しきり
傍を通ると
仰向けになり腹を出し
撫でてくれ、と100%以上に甘えてくる
撫でると気持ちよさそうに目を細める
こんなことを書くと「親馬鹿」と苦笑されるが
信頼されている
犬は本当にご主人様を裏切らない
信じている
仕事を終え
玄関戸を開けると
二本足で飛び上がり
ちぎれるほど尾っぽを振る
顔を45度に傾け甘える
仕事の疲れも心の疲れも吹っ飛ぶ
元気が腹を出し甘えたときには
腹を撫でる、お返しの気持ち
癒される元気の信頼に応え
生きねばならない
妻は
元気が一番、私は二番
三時のおやつが文明堂のカステラです
コメント (2)

701;「今日 僕5歳になりました・・・・」

2018-04-08 04:23:25 | 犬と人間

                「今日 僕5歳になりました・・・・」

今日 4月8日はお釈迦様の誕生日
僕も同じ4月8日に生れ
今日で5歳になりました
5歳の誕生日を迎え僕の抱負というより
僕の願いは
「散歩のとき紐から解き放され 自由に駆け回りたい~」
「満腹になるまで食べたい~」

5年前 妻とホームセンターへ
胡瓜のネットを買いに行った
ネットを買う前に
「ペットコーナーを見てこようか~」
と 妻に声をかけた
そこで生後4ヶ月の悪戯なビーグルの子犬に出会った
抱っこしたら目と目が合い
手放せなくなり そのまま家族の一員となり
5年が経った

肝心の胡瓜のネットを買うのを忘れてしまった
胡瓜が大好物の元気君
フルーツが大好き
今日はお祝いに 林檎と胡瓜をプレゼント
ドライブが好きなので 一緒にドライブの時間もプレゼント

日中はひとりで留守番
帰宅時 玄関のドアを開けた瞬間
二本足で何度も飛び上がり
喜びを表現する
嬉しくなってしまう
仕事の疲れも癒される
人間より生命が短いだけに
1日でも長く 生きて欲しい

ときどき「元気になりたい」
と呟いたら
傍らで聞いていた妻は
「そしたらいじめてあげる」
「・・・・」
コメント (2)

#320;犬助け

2017-08-21 04:03:36 | 犬と人間
犬助け

今日は人助けではなく犬助け
那須アウトレットに行こうと
ラパンショコラを運転していたら
目の前に柴犬似の雑種犬が
舗装道路にうずくまっていた
ショコラから降り犬の傍に近寄った
「犬君」と声かけても反応なし
体を揺すってもピクともせず
死んでしまったのかな、と思いきや
犬は突然目が開き
よろよろしながら立ち上がった
「あっ! 生きている」
嬉しくなった
が、極限の空腹のせいか
歩くもふらふらであった
私の足元にすり寄り体をつけてきた

薄く剥がれた青色の首輪をしていた

(野良犬ではなかった)
毛並みは艶もなく老犬であった
老犬になり心無い飼い主が遺棄したのであろうか
そうだとしたら許せない


助手席にいた妻は
「家に戻りドッグフードと水を持って来ようよ」
と話しかけられ
私はショコラをUターンさせ自宅に戻った

ドッグフードと水を持ち
元の場所へ戻る
犬君では味気ない呼び方なので
「清水」と呼んでみた
缶蓋の容器にドッグフードを入れ
老犬の前に置いたが
警戒し食べようとはしない
妻が掌にフードを乗せ口元に差し出すと
安心したのか老犬は食べ始めた
体が衰弱しているとき
人間も介助により口元へ運んでやると
病人は口にする
掌には温もりがある
喉も乾いていると思い
容器にペットボトルの水を灌ぐ
老犬の体に水が沁み込んでいく

老犬は舗装道路の端を歩き
足元もふらつきはなくなってきた
交通事故に遭わないよう
後ろ姿を見送った
コメント

#305;犬の糞詰まり

2017-08-16 10:35:39 | 犬と人間
我家の一人息子
犬の糞詰まり

お盆に入り
東北は雨続きで
梅雨が到来したかのよう
その影響で
朝夕 犬の散歩ができず
(実は一人息子は雨の散歩が嫌い)
3回続けての散歩中止は「やばい」と思い
昨日の夕方は
小雨決行ということで
一人息子の糞が出ることを期待し
散歩に出かけた

散歩開始5分後には
便意をもよおし
ウンチングスタイルに入ったgennki
便を我慢していたこともあり
肛門には硬い便の塊が出かかっていたが
なかなか出ず
難産ならず「難便」であった
40秒位過ぎても出ないので
私はgennkiの肛門のふちを
人指し指で押してあげたら
突然gennki
足でも踏まれたような大きな声で「キャン」と泣き叫び
私の顏の方に向きなおし じっと睨みつけられてしまった
gennkiは再度挑戦し
奮闘の結果一塊の「糞」が出た
その後 2回ほど糞をし
もとの体調に戻り 快調に足を交互に動かし歩いていた
コメント

#289;犬の感情

2017-08-12 11:09:05 | 犬と人間
あっかんべぇ~

犬の感情

妻は私に話す
1番目は我が家の一人息子beagle・gennki
2番目は夫

それに対し私は
妻も一人息子もbeagle・gennki1番目


beagle・gennki
靭帯損傷した右手を触れないようジャレている犬は

犬は 
ご主人様(飼主)の死を察知し
死の前日から
いつもと違う泣きかたをする


beagle・gennki
雨が降り始めると散歩を嫌がり家に帰りたがる
おやつが欲しいとき もらえないと
前足でトレイを上下に動かすなど八つ当たりをする
その仕草を見ると
八つ当たりの様子は人間と同じ
コメント

#257;夏なのに

2017-07-30 05:15:48 | 犬と人間
beagle・gennki「暑いのも困るけど 雨降りも困るワン」

夏なのに

東北は梅雨が明けそうで明けない
今日の朝も雨が降っている
雨が降ると
我が家のひとり息子が可哀想
散歩ができず
自然の摂理である排せつができない
家の中では我慢している
我慢が限界に達したときは
トレイにするのだが
膀胱炎や便秘が心配
代わってあげることもできず
トレイにオシッコ、ウンチしていいよ、と
言葉かけをする
夏なのに 雨が降っている

コメント

#233;犬と夏

2017-07-10 03:47:53 | 犬と人間
犬と夏 


犬は
毛皮のコートを着ているので
本当に可哀想

昼間
独り留守番のときは
冷房のなかで過ごす
暑さ知らずの犬
コメント

#230;犬と人間

2017-07-08 13:49:49 | 犬と人間
犬と人間 

人間は犬の気持ちをわかろうとしない
犬は人間の気持ちを敏感に感じとる
人間は犬を裏切るが
犬は人間を裏切らない

コメント (4)