旭川発 ハッピーなくらし

二度とない今日の日
出会えたことの喜びに感謝して…

高山桔梗の花

2005年07月31日 | 庭の草花
幼い頃、桔梗の蕾を指でつまんで ポン!
音を聞くのが楽しくて
ポン!ポン!割ったりしていたものでした。

蕾を割った あの花はちゃんと咲いたのだろうか。
想い出してはゴメンナサイ。

庭の桔梗(高山植物)が咲きました
草丈は約18cm。花は約8cmです。
この桔梗は園芸市の高山植物コーナーで見つけましたよ。

「高山キキョウ」と聞いたのですが正しい名前を知りたくて検索してみました。
チシマキキョウ、エゾキキョウの仲間の「オヨベキキョウ」に似ているのです。
正しい名前をご存知の方がいらしたら ぜひ教えてくださいね。
どうぞ、よろしくお願いします。
コメント

大暑

2005年07月23日 | 日々のこと
連日30度(うちの玄関先)です。
今日は「大暑」最も暑さが厳しい日だとか。
日中は暑い!でも朝夕は20度前後、ホッとできます。
暑いと、暑いと言いつつ扇風機の出番はまだありません。

ハッピーも猫語で暑がっています。
「アニャーァン、寝るから起こさないで」と言っていなくなる。
多分、押入れの奥だろうと懐中電灯を持って探しにいったら
ムッとした顔をされてしまったが、居場所を確認して安心♪安心♪♪
こちらは犬猫の放し飼いはいけないことになっています
それに、もしものことがあっては大変!

心配性のハッピーかあさんの気持ちを分かっているかのように
「どこ?」と聞いたら「あぁ」って返事ができる。
ハッピーはオリコウサンだと思う。親ばかでスミマセン(〃⌒ー⌒〃)ゞ
ところで、どこの猫ちゃんもお返事はできるのかしら・・・。
コメント (3)

イケマの花

2005年07月21日 | 四季の草花
約5ミリの可愛い花が球状になっており
花の柄が長く葉の上にのびて咲いています。
散歩中、白樺の木のそばで見つけた

イケマというのはアイヌ語が語源で
“根の太い蔓草”または“神の足”の意味だそうです。

種を見たときはガガイモと思っていたが
ネットでガガイモを検索してみると
薄紫色の花で毛が多い星形の花でした。

コメント

種はイケマのようです

2005年07月21日 | 四季の草花
昨秋、陽の光に輝く種を見かけました。
まるで絹糸のよう・・。

昨年、ガガイモと思い込んでおりましたが
この種はガガイモではなくイケマのようです。
イケマはガガイモ科。つる性の多年草。

昔、ガガイモの毛を集め綿の代わりにして
針さしに使用したそうです。
名前の由来の一説に、綿毛で鏡を磨いたので
カガミイモがガガイモになったともいわれているそうです
コメント

夕暮れの旭山動物園・撮影会

2005年07月17日 | 旭山動物園・旭山公園
16日「夕暮れの動物園撮影会」に参加しました。
撮影場所は旭山動物園

ぺんぎん館 あざらし館 ほっきょくぐま館です
フラッシュを使用できませんので
よく撮れておりませんが・・
なんとか写っていました。良かった!♪
コメント

ジェンツーペンギン

2005年07月17日 | 旭山動物園・旭山公園
涼しい時間は嬉しそう♪
夕暮れどき、とても楽しそうねぇ♪
コメント

ふわふわ

2005年07月17日 | 旭山動物園・旭山公園
イワトビペンギンの雛は孵化したばかり。
6月12日生まれですよ。
子育ては両親が交代でおこなうそうです。
撮影時は、お父さんが横になっていました。
コメント

大きい!!

2005年07月17日 | 旭山動物園・旭山公園
ホッキョクグの泳ぎは迫力あります。
すごく大きな足です。
「うわぁ!おおきい!!」
思わず声が出てしまうほど・・。
コメント

サロンコンサート

2005年07月10日 | コンサート・音楽会
池田千鶴子さんのハープ演奏を聴いてきました。
「心のふれあいと感動を!」サロンコンサートの
生の音色は、それは美しく心に響きました。

命の大切さ、命の素晴らしさへの想いを
ハープ演奏に託されハープはご自身の「人生の小道具」とおっしゃり
「それぞれが自分の大切にしている人生の小道具で想いを伝えてください」
とメッセージをいただいた。
ハープのやさしい音色に合わせ
「七夕さま」「涙そうそう」「故郷」など歌った。

七夕さまを歌い
心の短冊を揺らし
幸せなひとときを過ごした。

私も、自分らしく 自分の歩幅で 
無理ない かたちで
自分の想いを伝えられたらうれしい。
コメント (2)

便箋

2005年07月08日 | 日々のこと
久しぶりに文箱をあけた。
初夏のデザインの葉書を切らしてしまっていた。
近くの郵便局で葉書を買い、その場で書いた。
「素適な便箋」と書きたいが「箋」という字が思い出せない。

郵便に関連ある漢字なのだからどこかにあるかも。
局内のあちこちの壁を眺め、この字がないかと探したが無い。
まったく浮かんでこなかった。
ふと、なんだか自分が不審な人みたいと思い苦笑。

字が解からないことを手のあいている局員さんに話した。
彼女も思い出せないらしく奥のほうから
辞典を持ってきて一緒に探してくれた。見つけてにっこり♪

ようやく書き終え、局を一歩でたところで
携帯で字の変換をすればかったことに気がついた。
こういうときのために
大きな文字に設定してあるのに・・
それを忘れていては何にもならないわねぇ
コメント (2)