ハナスキの散歩で見た花

みんなの花図鑑から移転して来ました。散歩道で出会う四季折々の花を撮っています。

山すそで見た、リンドウ、ゲンノショウコ、キツネノマゴ

2019-11-10 00:17:45 | みんなの花図鑑
野に咲く花が少なくなって来ました。
山すそ回りの散歩道で、道沿いの草むらを見ながら歩いていたら
青い小さな花が見えました。
今頃の青い花はアキノタムラソウかヤマハッカだろうと
近づいて見たらリンドウでした。
リンドウは数年前まではこの辺で結構見られたのに
最近は数が減り、今年見たのはこの二株のみです。










ゲンノショウコの花は通常午前中までで、
午後には萎んでいるか花が落ちてしまいます。
珍しくこの花は夕方のハナスキの散歩まで待っていてくれました。






キツネノマゴは未だ沢山花をつけていました。
以前は一つか二つしか同時に咲いていなかったのに、
今は三つや四つが同時に咲いています。










コメント   この記事についてブログを書く
« クコの葉を食べるイモムシ | トップ | コセンダングサのひっつき虫 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

みんなの花図鑑」カテゴリの最新記事