農場長のつぶやき

花苗生産農場ハイフラワーの農場長の日々のつぶやきです。うれしい事や驚いたこと農場での出来事をつぶやいています。

冬になりますよ!!

2021年11月12日 | 潅水
今日は少し風が冷たかったですね。
日本海側は雨で、雷雨になる予報でしたが
どうだったでしょうねぇ・・・。
日本海側が雨、太平洋側は乾燥しています。
今日は手がガサガサになってしまいました。

今日も応援をお願いいたします。



今日はパートさんに
イチゴの潅水チューブを付けてもらいました。
マルチもかけてしまおうと思っていたのですが、
時間がかかるので、まずは潅水チューブを!!


・・・っと、写真を忘れていたようで
カメラの中は空っぽでした。

   やっちまいましたね!!  ^^。


イチゴの水くれは、潅水チューブがつくと
タイマーの時間をセットして垂れ流しになります。

水分をしっかりと吸収させるようなタイマーの設定と
順調に生育してくれる肥料バランスの調整になります。



それとは違って、花の管理は
秋の水管理から冬の水管理へと変わっていきます。

最低気温が10度以上の今までとは違って、
いよいよ霜が降るのかと言う気温になってきます。

昼間は今までと同じでも夜温が低いので、
夜に活動がとまり、夜に乾きにくくなります。
今まで通りの水の量では多くくれ過ぎてしまいます。

ほぼ無加温のハイフラワーでは
3月出荷の商品も植え込みが終わったものもあり、
年明け出荷の商品については注意が必要です。
うっかりすると、どんどん大きくなっちゃって、
出荷するころにはお化けになっちゃうのですよ!


それなので、年越しの商品の水は控えめにして、
一日の終わりには土は乾いた状態にもって行きます。
それでも植物自体は十分に水分を保っていてくれないと
枯れっ葉が出たり、根っこが傷んだりしちゃいます。

年内出荷の予定の商品はそこそこ水をくれます。
気温が低くなった分、ある程度水をくれて
成長させていかないと出荷予定に間に合わなくなります。

いずれにしても、出荷予定に対して株張りと花上りが
十分に手を掛け、時間をかけているかかどうかで
良し悪しが変わり、商品の品質が決まります。

私は手抜きをすることばかり考えているので、
私の担当する商品は『そこそこ』の出来栄えですね。



とにかく季節は変わろうとしています。
よく気を付けて観察をしていかないと
商品の仕上がりが読めなくなります。

経験の少ないスタッフたちには
本当に大変だと思います。

昨日まで「水を控え過ぎないように!」と言っていたのに、
今日は「水を絞って成長させないように!」って言うのですから。



さてと、帰るとしましょうか。
明日も芋堀のお客様がいらっしゃいます。

少々北風が入るので、空気が冷たいと思いますが、
いい天気ですのできれいな空気を思いっきり吸い込んで、
楽しい一日を過ごしてもらいたいと思います。



では、また明日。
明日は写真を撮ってこないとですね。   ^^。




ハイフラワーでは今年も新人さんを募集中です!!




コロナが心配ではありますが、
広々としたハイフラワーの農場で
休日を過ごしませんか!?!?


花苗の生産農場を見学プラン♪<お花のお土産付き>



毎日お昼の12時に空を見上げましょう!

今見ている青空は地球の上にいる半分の人が見ることが出来ます。

地球にいる半分の人が、
自分にとって大切な人を思い青空を見る。
そのひとりひとりの思いをつなげつなげていくと、
いつの間にか地球上のみんなが同じ青空を見つめることにはなりませんか?
お互いの思いは青空を通してつながっているような気がしませんか?

世界中の人がそんな気持ちを持ってくれたなら、
世界中の人と人とはつながって、
きっと世界中は優しさでいっぱいになって、
『平和』 な地球になると信じています。

そんな思いに共感してくれた方が『青空の会』の会員です。
会員登録も退会も自由です。
組織も集会もない『青空の会』、運営するのはあなたの“大切な人への思い”です。

国も宗教も思想も組織も越えて、
毎日お昼の12時、みなさん一緒に青空を見上げましょう!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

夏から秋の花の管理

2021年10月20日 | 潅水
今日は日差しがあって暖かくなりました。
空気も温まり、西風がちょっと強めでしたが、
体感温度は低くは感じませんでしたね。

今日も応援をお願いいたします。



季節が急に変わったのですが、
あまり変わらなかったのがスタッフの水くれ。

その話は以前にもしたので、これを読んだスタッフは
『またその話かよ!』と怒るかもしれません。

でも、秋になる時に毎年起きているのがこの対応の遅れ。
なので、改めてここに書いちゃおうと思います。


夏の管理で困ってしまうのは『乾き』。
つまり、「乾かすなよ!」と常に言い続けていますし、
乾かないように多めに水をくれているわけです。

肥料も大きくなり過ぎないように、徒長しにくい成分、
つまり、尿素を多く使わないように組み立てていきます。

ところが季節が変わり、太陽の高度も下がってきている中、
気温はそこそこ高いので、その手癖を変えず
夏の管理のままに水をくれてしまうのです。

気温がそこそこ高いのですが真夏とは違います。
植物は気温が下がってきたことを察知して、
暑さのストレスがないために素直に伸び始めます。

鈍感な人間は「まだまだ暑いよね!」とばかりに
潅水のタイミングや量を変えずに管理を続けます。

すると、あぁ~~~~~ら大変!!!
でぇ~~~~~かくなっちゃって・・・廃棄。  (;´д`)

・・・ということは、遅くても彼岸が過ぎたら
秋モードの水くれに変更が必要だと言うことです。

植えたての植物の水は、
苗のプラグ部分にだけかかるような潅水量。

大きくなっている植物には午前中には水くれを終了して、
夕方にはうっすらと乾いている状態を作り出す。

真夏にこれをやると、乾いてしまって
何度も水くれをしなくてはならなくなります。
しかも、水くれが間に合わなくなることもありそうですよね。

彼岸を過ぎれは太陽の高度も下がり、
日照のパワーが減ってくるので、
ある程度の乾きには植物が絶えらないとこはなくなります。

面倒ではありますが、毎日早い時間に水くれを終えて
その日の夕方には、
明日朝いちで水くれをしてあげたい量に調整します。



肥料はあまり食わなくても育つ気温なので、
たくさんは必要なくなってきます。

すくすくと育ってしまうので、
夏と同じものを与えていても育ちますが、
葉っぱが薄く、貧弱になってしまうので、
太らせながらボリュームがつくように、
15-11-29などを使って
商品にボリュームを出すようにしてください。

20-20-20はまだ温度が高いので、
多用は徒長したり葉っぱが大きくなってしまうことがあります。
注意して様子を見ながら使ってください。

固形肥料はIB化成はちょっと控えめに。
他の肥料ならば硝酸態チッソ主体のものであれば
必要なタイミングであげても問題ないと思います。
コーティング肥料はお勧めです。



さぁ、ザっというとこんな感じですが、
日々天気も違うので、一概には言えませんが、
とても成長しやすい時期になるので、
出来るだけストレスを掛けずに育ててあげたいですよね。

もちろんわい化剤は必要ですので、
各品種ごとにポイントでは十分に効かせて仕上げたいところです。


さてと、今日はこれでおしまいにします。
何かあればコメントで聞いていただいても結構ですよ。

明日も晴れそうですので、
しっかりと管理をしてあげたいと思います。   ^^。


秋の花まつり 10月23日~10月31日
ハイフラワーのいつもの温室で開催します。
パンジー・ビオラ・ハボタンなどの秋の花の即売!!





ハイフラワーでは今年も新人さんを募集中です!!




コロナが心配ではありますが、
広々としたハイフラワーの農場で
休日を過ごしませんか!?!?


花苗の生産農場を見学プラン♪<お花のお土産付き>



毎日お昼の12時に空を見上げましょう!

今見ている青空は地球の上にいる半分の人が見ることが出来ます。

地球にいる半分の人が、
自分にとって大切な人を思い青空を見る。
そのひとりひとりの思いをつなげつなげていくと、
いつの間にか地球上のみんなが同じ青空を見つめることにはなりませんか?
お互いの思いは青空を通してつながっているような気がしませんか?

世界中の人がそんな気持ちを持ってくれたなら、
世界中の人と人とはつながって、
きっと世界中は優しさでいっぱいになって、
『平和』 な地球になると信じています。

そんな思いに共感してくれた方が『青空の会』の会員です。
会員登録も退会も自由です。
組織も集会もない『青空の会』、運営するのはあなたの“大切な人への思い”です。

国も宗教も思想も組織も越えて、
毎日お昼の12時、みなさん一緒に青空を見上げましょう!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

水くれは難しいのです! & パンジーの追肥 & 八重鑑別済みのストック

2021年10月14日 | 潅水
今日はいい天気になりました。
晴れると暑いですね。でも、心地いい!!
澄みわたる秋の空はありがたいですね。
今年は曇りや雨の日が多いですよ、まったく!

今日も応援をお願いいたします。



季節の変わり目は花の管理者を悩ませます。
夏の間は「乾かさないように!!!」と言われていたのに、
いくら晴れたと言っても本格的に秋の気候になった今は
「夕方には土が乾くくらいしかあげない!!」と言われる。

乾くつもりであげた午後いちの水はさっぱり乾かず、
ブラァ~~~ッとやってきた農場長に
そこをガッツリと指摘される!!

Kimu-kimu 、今日はちょっと水が多かったかな。
Kimu-kimu が高校を卒業後、入社して6年目
ここからが花の管理者になる勉強の始まりですよ!


Peko-chan 、小さめのスノーランドは教育中。
しっかりと水を絞って、成長を抑制してくれています。



    ほんのりとヘロヘロですね。 
    


 夕方には土はカラカラ、
 葉っぱは少しだけしんなりが理想です。
 



・・・とは言うものの、
Peko-chan 、こっちの水は絞りすぎちゃったかな。



  さっきの小さなスノーランドは
  かなり渇きになれた感じでしたが、
  この子たちは少し大きくなってからの躾に戸惑い気味。
  


 Peko-chan は、ちょっと厳しいお父さんでしたかね。
 ここまで躾けてしまうとグレちゃいますよ。
 


これこれっ!!
このくらいに夕方に持ってきてくれればいいのですよ!!

B棟で見つけたビオラの水加減です。
なかなかこうはいかないのですよね、ホント!




パンジーの追肥ですよ!!



  ショット君と言うスーパーウエポンを使って、
  コーティング肥料をひと鉢ずつ入れていきます。
  

今年は追肥をする時間がとれているので、
商品も安定して育ってくれますね。
今年の秋はこのショット君で乗り切っていこうと思います。




ストックの八重鑑別を去年はやっていましたが、
今年はすっかり諦めて、八重鑑別済みの苗を買うことにしました。



   一重の花も出てしまいますが、私がやっても出るので、
   買っちゃったほうが絶対的にいいですよね。
   


 みんなで残業をして植えてくれています。
 
 Saeko-san が Ayumi-san に植え方を教えてくれています。
 ちょっと長めの苗ですから、双葉の高さまで深く植えるのは
 ちょっとコツがいりますからね。
 
 



明日までは晴れてくれるようですが、その後はまた曇りや雨。
いつになったら天気は安定してよくなってくれるかな。
晴れが続けばもう少しお花を買ってくれる季節なんですよね。
雨の予報が出ちゃうと、ちょっと渋くなります。

雨ではサツマイモ堀もキャンセルになっちゃいますね。
出掛けるにしても出にくくなっちゃいます。

緊急事態宣言が解除されたのですから、
天気も日本経済の味方をしてほしいですよね。


明日はイチゴも植え終わるので、
一息つけそうです。

お休みをもらって、自宅と周辺の道路の
草刈りに行かせてもらおうかな。
草も伸びなくなってきましたから、
今年最後の草刈りになるでしょうか。

まぁ、明日になってから考えましょう。



では、また明日。    ^^。





ハイフラワーでは今年も新人さんを募集中です!!




コロナが心配ではありますが、
広々としたハイフラワーの農場で
休日を過ごしませんか!?!?


花苗の生産農場を見学プラン♪<お花のお土産付き>



毎日お昼の12時に空を見上げましょう!

今見ている青空は地球の上にいる半分の人が見ることが出来ます。

地球にいる半分の人が、
自分にとって大切な人を思い青空を見る。
そのひとりひとりの思いをつなげつなげていくと、
いつの間にか地球上のみんなが同じ青空を見つめることにはなりませんか?
お互いの思いは青空を通してつながっているような気がしませんか?

世界中の人がそんな気持ちを持ってくれたなら、
世界中の人と人とはつながって、
きっと世界中は優しさでいっぱいになって、
『平和』 な地球になると信じています。

そんな思いに共感してくれた方が『青空の会』の会員です。
会員登録も退会も自由です。
組織も集会もない『青空の会』、運営するのはあなたの“大切な人への思い”です。

国も宗教も思想も組織も越えて、
毎日お昼の12時、みなさん一緒に青空を見上げましょう!
コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

キンギョソウ Yuta-pon 先生に学んでいます!!

2021年03月15日 | 潅水
今日は暖かかったですが、
風がちょっと吹きましたね。

午後からは穏やかになって
ハウス管理もホッと一息つけました。

今日も応援をお願いいたします。



昨日から温度が上がってきて、
ハウスの温度管理が難しいようです。

A棟からC棟の大型ハウスは自動で天窓が開くのです。 
でも、風の方向や風の質、
つまり同じ西風でも冷たい風と温かい風があります。
これによってハウス内の温度の変化はさまざまになるわけです。

これは温度センサーだけでは拾えない感覚で、
私たちの感覚に頼って温度の設定を1~2度
上げたり下げたりして天窓の開度を自分の感覚に合わせます。

春はそういった意味では本当に難しく、
面倒な季節だと言えますね。

生産の管理をしている若手は四苦八苦しています。
どの温度がその植物に一番いいとされているかを
肌で感じて覚えてもらうしかないですからね。




Yuta-pon のC棟からやってきたキンギョソウ。



Yuta-pon 、なかなかいいキンギョソウを作っています。
ボリュームはないのですが、コンパクトでまとまった作りです。

春のキンギョソウは花芽のつくのが遅いので、
いつもデッカクなっちゃっていました。
しかも枝も太くなるので、枝の元から折れてしまうのでした。

ところが Yuta-pon のキンギョソウはしなやかでコンパクト。
あぁぁぁ・・・、私もそんなキンギョソウが作りたい!!


・・・と言うことで、
ずっと見てきた Yuta-pon のキンギョソウを参考に
私もコンパクトなキンギョソウに挑戦です!!

  


     

いやぁ~~~、Yuta-pon は本当に水が少ないのですよね。
何を見ても私にはカラカラとしかいようがなかったです。

昨日も水くれをしたばかりのキンギョソウは萎れていました。

 ・・・・・・アリエナイ。  


しかし、そのキンギョソウの仕上がりはとてもいいのです。
これはやはりこの道30年の私はその技術を

            ・・・パクろうと。   ^^。


しかし、今日の水くれは少し早め、そして少し多めで
Yuta-pon 先生からの学びはどこへやら。


何とか頑張って、Yuta-pon 先生の領域に達していこうと思います。



さぁ、帰りますよ!!

おぉっと!! 日報のコメント書かないとでした。

もうひと頑張りしてから帰ります!!




ハイフラワーでは今年も新人さんを募集中です!!






コロナが心配ではありますが、
広々としたハイフラワーの農場で
休日を過ごしませんか!?!?



花苗の生産農場を見学プラン♪<お花のお土産付き>



毎日お昼の12時に空を見上げましょう!

今見ている青空は地球の上にいる半分の人が見ることが出来ます。

地球にいる半分の人が、
自分にとって大切な人を思い青空を見る。
そのひとりひとりの思いをつなげつなげていくと、
いつの間にか地球上のみんなが同じ青空を見つめることにはなりませんか?
お互いの思いは青空を通してつながっているような気がしませんか?

世界中の人がそんな気持ちを持ってくれたなら、
世界中の人と人とはつながって、
きっと世界中は優しさでいっぱいになって、
『平和』 な地球になると信じています。

そんな思いに共感してくれた方が『青空の会』の会員です。
会員登録も退会も自由です。
組織も集会もない『青空の会』、運営するのはあなたの“大切な人への思い”です。

国も宗教も思想も組織も越えて、
毎日お昼の12時、みなさん一緒に青空を見上げましょう!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

花の生産は難しいようです。

2020年12月11日 | 潅水
今日は日中晴れたものの、
朝のうちと3時過ぎには雲が出て、
夕方は温度が下がるのが早かったです。

今日も応援をお願いいたします。



今日はお客様三昧の一日。
午前中に委託元のメーカーさんと春の打ち合わせ。
トマトの苗の生産数量を頂きました。
春にはまた、トマト、トマト、トマト・・・。
Riko-tan が泣いて喜びますよ!!!   ^^。


朝のうちは曇っていて、
水くれを遅らせてしまったイチゴに水くれをしてからの昼食。
事務所でモサモサしていると、パートさんの面接。


農場チェックを慌ててやって事務所に戻ると
勤怠ソフトから給与ソフトへの自動入力のロボの説明。

このロボは助かります。
毎月、大好きな事務作業が一つ減ります。
しかも間違いなし・・・のはず!!     ^^。


そんなわけで、水くれもちゃんとやったのですが、
なんだか農場にかかわりの少ない一日になりました。


農場チェックの時、スノーランドのハウスをチェック!!!

ここは Hacchin の担当しているハウス。
揃って生育しています。



    

植えてから少し生育しているところですが、いい状態だと思います。
ハイフラワーに来て1年。きっちりと腕をあげました!!!


そのハウスの反対側はその前の口が置いてあります。



   mmm・・・、
   こっちはちょっと苦戦しそうな雰囲気になってきましたよ!
   
   水の加減で、大小が出てきましたね。


 奥の南側の出口付近です。
 

一番端は良く乾くので、しっかりと手当てをしてくれています。
でも、思っている異常に乾くのがそのもう少し奥の場所のようです。
写真の右が奥のドアに近いところ。
中央付近がちょっと小さいでしょう!?


   別の角度から見た写真です。
   


 その場所と違うところです。
 


    ここは通路際の良く乾くところを意識しすぎて
    ベンチの真ん中が少なくなり、小さくなています。
    


もう一度、その後の口の状態を見ていただきましょう。


こんなに揃って生育させているのに、
その後の小さな毎日の積み重ねが
大小の差を生んでしまいます。


今日はここの小さいと頃を中心に
水をくれてもらいました。


水くれ、本当に難しいです。
30年やっていてもそう思います。


ハイフラワーでは今年も新人さんを募集中です!!







コロナが心配ではありますが、
広々としたハイフラワーの農場で
休日を過ごしませんか!?!?


花苗の生産農場を見学プラン♪<お花のお土産付き



毎日お昼の12時に空を見上げましょう!

今見ている青空は地球の上にいる半分の人が見ることが出来ます。

地球にいる半分の人が、
自分にとって大切な人を思い青空を見る。
そのひとりひとりの思いをつなげつなげていくと、
いつの間にか地球上のみんなが同じ青空を見つめることにはなりませんか?
お互いの思いは青空を通してつながっているような気がしませんか?

世界中の人がそんな気持ちを持ってくれたなら、
世界中の人と人とはつながって、
きっと世界中は優しさでいっぱいになって、
『平和』 な地球になると信じています。

そんな思いに共感してくれた方が『青空の会』の会員です。
会員登録も退会も自由です。
組織も集会もない『青空の会』、運営するのはあなたの“大切な人への思い”です。

国も宗教も思想も組織も越えて、
毎日お昼の12時、みなさん一緒に青空を見上げましょう!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする