農場長のつぶやき

花苗生産農場ハイフラワーの農場長の日々のつぶやきです。うれしい事や驚いたこと農場での出来事をつぶやいています。

用土は大事!! & グーテデロワ カレー味

2023年11月27日 | 管理
寒かったですね、昨日は。

ショボショボと霧雨が雨が降り続いたのです。
そんな中またまた別の娘が二人、芋ほりに!!

ところがこの雨、止まないので、
ストーブ付けて焼き芋。

お腹がいっぱいになってから
仕方なしに出かけていきました。


今日も応援をお願いいたします。



その娘のうちの一人が持ってきてくれた
大好きなグーテデロワ。

おいしいラスクで有名なお店
・・・というか、この子にとっては工場。

子供のころから工場がちかくにあったので、
買いに行っていたと聞きました。

そのグーテデロワの・・・・

  カレー味!!!!
  

『ガトーフェスタ ハラダ グーテ・デ・ロワ  マハラジャ』
というのだそうです。

この下に書いてあるもじゃもじゃしている字が
『マハラジャ』と書いてあるのかな!?


『マハラジャ』ですよ!!!

これって私にはカレーパンの感触。
パン、そしてカレーですからカレーパン。

味はおいしかったです!!
後味で辛さがじわじわと。

いったい誰が思いついたのでしょうね。
新人スタッフだったら面白いですよね。

ラスクが甘いものと思っている人には
思いつかない味ですものね。



私たちの花作りやイチゴづくりも
ちょっと頭が固まっているのではないですか!?!?
新しい発想が必要なのではないでしょうか。


でもね、ここまでくると何も考えつきません。

・・・あっ、だから頭が固くなっているというのですね。





昨日はそんな天気の一日でしたから、
ブルーベリーと仲良くしていました。

まずは用土の調整。
この土がいいのか悪いのかはっきりしていないのですが、
とにかく人工的な材料を主体にすることが大事だと信じて
パーライトとピートモスを混ぜ混ぜ。

 大体半々かなって・・・
 


    こうなりました!!!
    


 こんな感じ。
 ・・・ですが、手にとっても見た目は同じですね。
 

まだ仮植の段階のなので、
ひとまずこれを使っての植え替え。



植え替えを進めていくと
根張りの悪いのといいのがありました。

粘りの悪いものは幹も太っていません。
葉っぱも小さいです。

元気のいい子は根がよく張っているのですが、
ちょっと気になるとこを発見しました。

夏に鉢上げをしたので、根が張ってきているわけですが、
大元の小さなポットからは
大した本数の根が出ていない感じがします。

鉢上げをした時の土は
ハイフラワーの栽培用土を少し調整したもの。
その土には根が絡むのですが、
元の根鉢からは新しい根が伸びていない様子なのです。


この元の鉢の土は
鹿沼土にピートモスが少し入ったもの。

あらぁ・・・、
ひょっとして鹿沼土が嫌いなのかな!?!?

でも、鹿沼土を使っている生産者さんがいると
どこかで聞いたことがあります。

PHを考えると赤土や鹿沼土は悪くないと思いますし、
水はけと保水性もとてもいいと思うのです。


しかし現実は・・・。


すると私がいいと思って進めている用土は・・・!?


無機質なブルーベリーの特殊用土の代わりのパーライト。
今のところの生育試験で好成績のピートモスの合体ですから、
悪い結果なはずがありません。 ・・・たぶん。



しかし、かつて液肥を改良したときに
期待とは違う液肥が仕上がった時がありました。

それはそれで使い道があったのですが、
失敗作ではありました。



このブルーベリーの用土試験が成功することを期待して、
今日も植え替えをしていこうと思うのです。

失敗してもまだ仮植ですから・・・。   ^^。



あっ、ちなみにハイフラワーの栽培用土も
まだまだ改良の余地はあるのです。

・・・というか、改良が必要なのですよね。


でも、まぁこんな感じでもいいか。
ひとまず商品は仕上がっているので。

               ^^。




今朝はまだ雲がかかっているので寒いです。

太陽が出てくると気温は上がってくるようです。

今日は農場チェックをしてみます。
昨日の低温の対策が必要かもしれません。

生育遅れはなかなか取り戻せない季節になっていますから。




寒いなぁ・・・。

頑張りましょう。

頑張らないとなぁ・・・。

頑張るよぉ~~~~!!






ハイフラワーのプランで
休日を過ごしてみませんか!?

じゃらんでいちご狩り・野菜の収穫体験



毎日お昼の12時に空を見上げましょう!

今見ている青空は地球の上にいる半分の人が見ることが出来ます。

地球にいる半分の人が、
自分にとって大切な人を思い青空を見る。
そのひとりひとりの思いをつなげつなげていくと、
いつの間にか地球上のみんなが同じ青空を見つめることにはなりませんか?
お互いの思いは青空を通してつながっているような気がしませんか?

世界中の人がそんな気持ちを持ってくれたなら、
世界中の人と人とはつながって、
きっと世界中は優しさでいっぱいになって、
『平和』 な地球になると信じています。

そんな思いに共感してくれた方が『青空の会』の会員です。
会員登録も退会も自由です。
組織も集会もない『青空の会』、運営するのはあなたの“大切な人への思い”です。

国も宗教も思想も組織も越えて、
毎日お昼の12時、みなさん一緒に青空を見上げましょう!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

いい天気を利用して!!

2023年10月07日 | 管理
本気で秋ですねっ!!
空の雲もすっかり秋。
積雲や積乱雲はどこへやら。

気温が下がったときは
晴れた日が勝負ですねっ!!


お知らせ                

『新農業人フェアー』に出展いたします!!
  
2023年10月14日           
JR新宿ミライナタワーマイナビルームA・B にて

どうぞお気軽にお立ち寄りください!!



今日も応援をお願いいたします。



ハボタンがすくすく育ってきています。
チョット虫食いがひどいところがあって
なかなか厳しいものもありますが、
今月末には出荷ですからね。
最終仕上げに入りますよ!!!

ハボタン、きれいな色が花壇を飾ってくれます。



切り花種も高低が出て、花壇に立体感を出してくれますから
まだ使ったことのない方は
今からイメージしていてくださいねっ!
いい仕事しますよっ!!!


・・・あっ、これは去年の写真ですよ。  ^^。



さて、これだけ気温が下がると
水くれの間隔も長くなって
少し水くれも楽になっていますよね。

・・・ということは、
肥料を食わせる機会も減っているということ。

つまり、今までよりも
肥料を食わせにくいということになります。

今日の天気は晴れっ!!!
とってもいい天気です。

気温も穏やかになって、
花もイチゴも虫も病気も
すべてにとって良好な季節です。

だからこそ、天気のいい日に肥料を食わせることが重要です。


ここで仕上がる商品と育成中、植えたばかりでは
状態が違うので、その植物がどうなったほしいかを明確にして
適正な肥料と水の量を与えていきたいですね。

肥料をしっかり食っているときには液肥はいらないと思いますが、
少し足りないときや生育が思ったようではないときには
補足をしてあげるといいと思います。

肥料が足りないときにはIB化成が有効なことは
花の生産者ならわかっていることですね。
葉色がぐっと良くなりますよね。

それはIB態窒素が尿素のような形態だからなのです。
つまり、IB化成をくれたいときには
尿素がたくさん入っている液肥を用いることが有効!!

通常ですとオール20がいいかな。

その程度によって、700倍から2000倍で
施用すればいいと思います。


大きくなりすぎちゃっているときには
はっきり言って通常販売している肥料では対応できません。

わい化剤をくれておくしかないですね。
露地であれば、雨の日にでも水をたっぷりとくれて、
固形肥料をできるだけ流すこともありかもしれません

単肥でリン酸をくれたらバランスが崩れて
生育が悪くはなりますが、
結局水をくれることになるので
結果はどうなるかわかりません。

肥料はチョット控えめで、
あとから加えていくほうがいいですよね。


とにかく気温がこれだけ急に下がると、
肥料の食い方が大きく変わるので、
先に先にチェックをする必要があります。

植物の生長点が活き活きしていたらわい化剤
下のほうの葉っぱが薄い色になっていたら液肥で補填。

花芽が見えているのに大きくなって来ないときには
でっかくなるのを覚悟で水と肥料をくれなければいけません。

花芽に関してはでっかくなっちゃうと思うとわい化剤をかけ、
花芽を育てるのに水と肥料をくれるという
相反することを進めていかなくてはいけないこともあり、
お花たちにもなかなか苦労を掛けてしまいますね。



猛暑が終わったこの時、
何とか生産者の私たち、
流通に携わるみなさん、
販売をしてくださるみなさん、
みんなで力を合わせて頑張りましょう!!!

そろそろパンジー、ビオラ、ハボタンの本格的なシーズン。
今はちょっとドキドキしています。

  ・・・どうなっちゃうのかなぁ。


このコロナで花の消費の仕方も
変わってきていると思うのです。

今のうちは仕方がないですが、
月末になったら消費者のみなさんには
花のほうを向いてほしいですね。



あっ、花だけじゃなくて、
イチゴ苗も在庫があるのですよねぇ・・・。

これも販売していかないと残っちゃう!!


ちょっと頑張らないといけないですね。




今日はサツマイモ堀や落花生堀があります。
お客様はほどほどなので余裕がありそうなのですが、
余裕はないくらいがいいものですよねぇ・・・。


では、今日もイチゴ苗の水くれからです!!
頑張りましょうっ!!!


                  ^^。






ハイフラワーのプランで
休日を過ごしてみませんか!?

じゃらんでいちご狩り・野菜の収穫体験



毎日お昼の12時に空を見上げましょう!

今見ている青空は地球の上にいる半分の人が見ることが出来ます。

地球にいる半分の人が、
自分にとって大切な人を思い青空を見る。
そのひとりひとりの思いをつなげつなげていくと、
いつの間にか地球上のみんなが同じ青空を見つめることにはなりませんか?
お互いの思いは青空を通してつながっているような気がしませんか?

世界中の人がそんな気持ちを持ってくれたなら、
世界中の人と人とはつながって、
きっと世界中は優しさでいっぱいになって、
『平和』 な地球になると信じています。

そんな思いに共感してくれた方が『青空の会』の会員です。
会員登録も退会も自由です。
組織も集会もない『青空の会』、運営するのはあなたの“大切な人への思い”です。

国も宗教も思想も組織も越えて、
毎日お昼の12時、みなさん一緒に青空を見上げましょう!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

わい化剤 危険な暑さの中で・・・

2023年07月28日 | 管理
毎日続く危険な暑さの中、
農業や外での仕事に従事しているみなさん、
本当にお疲れさまです!!!

本当のことを言うと
ちょっと暑さに慣れては来ましたね。
でも、炎天下、長時間の作業は
とてもきついです。

とにかく気を付けてくださいね!!!

今日も応援をお願いいたします。



毎日暑くて本当に参ります。
さすがに暑いだけで疲れちゃいますよね。

あまりに暑いので、
前にもご覧いただいているのですが、
朝顔の写真で涼んでください。

  


 この青い花、なんとも清涼感がありますよねっ!!
 

私が子供のころからすると、
朝顔が咲いているお家って少なくなりましたよね。

朝のラジオ体操の時にあちこちで咲いていた
赤や青青、白の朝顔は懐かしいです。

あの頃はそんな思いはなかったですが、
蝉の声と強い日差しと朝顔。
夏の日の朝を思い出しました。


昨日も畑に水をくれました。
いくら水をくれても畑に吸い取られてしまいます。
ハイフラワーは水が出る畑が多いのでいいのですが、
雨待ちの畑はかなりきつい状況ですよね。



花の農場でも、
こう毎日暑いと潅水量も必然的に増えますね。
特にうちの農場は若いスタッフたちに
水くれを頼むことが多いので、

 「ここ乾いてるぞ!!!」

を連発するとあちこち
かなり多めになっていくことがあります。


わい化剤を掛けていると言うものの、
水をたくさん吸って元気いっぱいになって、
その成長が薬剤の効果を上回ることがあり、
結果としてロスを生んでしまうのです。


そこでわい化剤、もう一度考えなければと思います。


昨日の花壇のプロフュージョンは
しばらくイチゴハウスで販売用に
おいてあったものではありますが、
わい化剤の効果はすっかりと無くなっていました。

  


    

お客様はこれを期待しているのか、
コンパクトなパフォーマンスを期待しているのかで
事前の仕込み方が違いますよね。



以前、ハイフラワーのニチニチソウと
超有名生産者さんのものと、
中堅の信頼の厚い生産者さんのものを
プランターに植えてみたことがあったのです。

植えてすぐはわい化剤の薄めの
ハイフラワーのニチニチソウがとてもきれいでした。

しばらくすると草姿が乱れてきてしまい、
ちょっと大暴れ状態に!!!


そのころ中堅の生産者さんのニチニチソウが一番よくて、
しっかりと株が充実してきれいでした。

そのころは、がっちりとわい化剤の効いた
超有名生産者さんのニチニチソウは
あまり大きくなっていず、
少々いじけているかのように見えたのでした。


ところが最終的には
そのいじけた様に見えたニチニチソウのわい化剤が切れて、
長くきれいな姿で咲き続けてくれたのでした。

そのころハイフラワーのニチニチソウは
超自然派のニチニチソウになっていて、
見るに堪えない感じになっていたのです。


このように、わい化剤はどこに焦点を合わせるかによって
お客様の商品の評価が変わってしまうと思いました。

こうして高温の毎日が続くと
どうしてもわい化剤を多用してしまいますよね。
それでもその方がいいのかもしれません。

ただし、過剰に掛けちゃうと
さすがに植物が動かなくなっちゃいますから、
生産者としても自分の生産した商品を
追跡調査しなければいけませんね。

ほとんどの場合、売りっぱなしですから。




ジニア類のわい化剤、あまりに強くかけると
下の方の葉っぱがとろけてきちゃうようですからね。

でも、お客様が「いい花だったねっ!!」と
言って頂けるように作らなければいけません。

まだまだ勉強していかなければいけないようです。


植物もこの猛暑は想定していませんよね。
みんな、暑いでしょうが、
頑張りましょうよ!!!

私たち人間も頑張りますからっ!!!




さぁ、今日も危険なほどの猛暑の中
頑張って作業を進めていきましょう。


今日は私、申し訳ないのですが、
月末間近なので、事務所にいることが多いかと。

早いところあれやこれや片付けて
外作業に合流しますよ!!!



では、今日も熱中症に気を付けて
頑張りましょう!!!






ハイフラワーのプランで
休日を過ごしてみませんか!?

じゃらんでいちご狩り・野菜の収穫体験



毎日お昼の12時に空を見上げましょう!

今見ている青空は地球の上にいる半分の人が見ることが出来ます。

地球にいる半分の人が、
自分にとって大切な人を思い青空を見る。
そのひとりひとりの思いをつなげつなげていくと、
いつの間にか地球上のみんなが同じ青空を見つめることにはなりませんか?
お互いの思いは青空を通してつながっているような気がしませんか?

世界中の人がそんな気持ちを持ってくれたなら、
世界中の人と人とはつながって、
きっと世界中は優しさでいっぱいになって、
『平和』 な地球になると信じています。

そんな思いに共感してくれた方が『青空の会』の会員です。
会員登録も退会も自由です。
組織も集会もない『青空の会』、運営するのはあなたの“大切な人への思い”です。

国も宗教も思想も組織も越えて、
毎日お昼の12時、みなさん一緒に青空を見上げましょう!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

アスパラ出荷中!! & 液肥 & わい化剤

2023年06月22日 | 管理
風が冷たくなっていますね。
先日までの暑さとはちょっと違う。

天気は下り坂。               
畑の作業を Papa-chan に頑張ってもらいました。

プレーリーサンがきれいに咲いてくれています。
大好きな花ですが、じゃじゃ馬ですよね。


今日も応援をお願いいたします。



昨日はふるさと納税の返礼品に
アスパラガスを使っていただこうと思い、
あれやこれやと考えていました。

アスパラガスは3月になると
土の中から新芽が出てきます。

これは春芽と呼ばれているアスパラで、
春の訪れを告げてくれるおいしいお知らせです。

その後収獲を一時休んで、『立茎』と言って、
夏に向かって葉っぱを茂らせていきます。
葉っぱを広げて光合成をして新芽を出させる準備をします。

ひと株で太い茎4本を目安に葉っぱを茂らせていきます。
茂ってきたらてっぺんの枝を切り落とし、
夏芽の準備完成です!!!

そこから出てきた新芽は夏芽と言います。
成長が早い分チョット味は薄くなりますが、
シャキシャキした採りたてアスパラは
どんな料理にもマッチした食材ですよ!!

昨日も食べちゃいましたよ、アスパラ。
みずみずしくておいしいのですよぉ~~~~!!!




花もアスパラも畑の野菜も育ち盛りの季節です!!
花の成長はドンドン早まっているし
野菜たちも収穫に向けてすくすく育っています。


当たり前ですが、
成長するには水と肥料が大事です!!

いやぁ~~~、花の肥料は少しは分かるのですが、
野菜はまだまだ分かりませんね。

土の中にある肥料分を測定して肥料の量を決める。
そうすれば間違いないと思いますし、
ある程度はそのように野菜の先生から指示をもらいます。

しかし、それがどのくらい効いていて、いつまで効くのか、
どのくらい効かせることがいいのかは分かりません。

経験のないと言うことは予定がたたないと言うことですね。
いったいどうなったら仕上がるのかなぁ・・・って。

そこに向けて大きさと味を調えると言う作業、
肥料を考えることにおいては花も野菜も変わらないですね。


以前、トマトにチャレンジしたことがあります。
今やっていないことからして、大失敗だったのです。

その時に花の肥料を流してみたのです。
15-11-29を流すとトマトはエグ味が出ました。

30分後に9-45-15を流すと
エグミのあるトマトがそれから15分後に甘くなりました。

植物体内にある肥料成分で、
食味は大きく変わることを実感したトマトでした。


植物は水や液肥を与えると
わずかな時間で変化していくのです。
だから、肥料の選択は間違えてはいけないのですよ。

固形肥料を使っていると
肥料成分の変化をさせることは不可能です。
使い慣れた肥料でいいので、少し控えめに施肥して
その肥料の欠点を補う液肥を追肥してあげることで
安定した生育を確保できると思います。


野菜にとってはおいしいを求めて、
花にとってはきれいさを求めて
肥料は植物とのバランスを上手にとらないと
思ってもいなかったことになっちゃいますよね。




肥料と同じくわい化剤をうまく使いこなすことは
花の生産では大切になります。

花壇苗や鉢花はわい化剤を上手に使っていきたいですよね。
コンパクトに、ボリュームのある商品に仕立てるには
わい化剤はとても重要になります。

何度も書いていますが、
ハイフラワーではたくさんのスタッフがわい化剤を掛けるので、
出来るだけ掛け過ぎの事故がないようにしています。

つまり、普通の生産者さんが掛ける濃度より
かなり薄くして、量を掛けるようにしています。

そうすればわい化剤のムラもあとから手直しできるし、
掛け過ぎたとしてもわい化剤が切れやすくなります。


なんて書いちゃっていますが、
この春もいくつか事故はありました。

わい化剤は本当に難しいのです。
自分で掛けたのではない分、
あとのチェックや指示も出しにくいです。

それでも肥料の使い方と水くれとわい化剤の使い方は
農場のスタッフ全員に覚えてもらわなければねぇ。





今日は雨の予報。
朝の8時から雨が降ってきましたよ。
午前中はパラパラかと思いましたが、
けっこう降っています。

今日はお袋のところに
小売り用の花苗を持っていこうかな。

「雨が降る前にね!」って言われていたのですが、
雨、降っちゃいましたね。

明日からはあまり降らなそうなので、
少しはお客様が来てくれるでしょう!?


あなたの息子はこれで結構忙しいので、
ちょっと我慢してちょうだいな。




では、今日は雨なので、
またいろいろとやらなきゃいけないことを
頑張る一日です。






ハイフラワーのプランで
休日を過ごしてみませんか!?

じゃらんでいちご狩り・野菜の収穫体験



毎日お昼の12時に空を見上げましょう!

今見ている青空は地球の上にいる半分の人が見ることが出来ます。

地球にいる半分の人が、
自分にとって大切な人を思い青空を見る。
そのひとりひとりの思いをつなげつなげていくと、
いつの間にか地球上のみんなが同じ青空を見つめることにはなりませんか?
お互いの思いは青空を通してつながっているような気がしませんか?

世界中の人がそんな気持ちを持ってくれたなら、
世界中の人と人とはつながって、
きっと世界中は優しさでいっぱいになって、
『平和』 な地球になると信じています。

そんな思いに共感してくれた方が『青空の会』の会員です。
会員登録も退会も自由です。
組織も集会もない『青空の会』、運営するのはあなたの“大切な人への思い”です。

国も宗教も思想も組織も越えて、
毎日お昼の12時、みなさん一緒に青空を見上げましょう!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

朝顔の季節ですよね! ちょっと早いかな

2023年05月23日 | 管理
夕方からの雨は予報通りとは言うものの、
久しぶりの土砂降り、かなり降りましたよね。
それでも羽生は大したことがなかったので、
ちょっとの大雨で道路が冠水するのですが、
昨日はそれはなかったようです。

今日も応援をお願いいたします。



昨日はあれやこれやとウロウロしていたので、
何と久しぶりに写真を撮らなかったのです。

あぁ~~~~失敗!!!


農場チェックに出た時に
売れ残りの朝顔を見るとツルが伸び伸びでした。

『あぁ・・・、これ植えたいなぁ』と思ったのです。

でも、朝顔って、最後に片づけるのが面倒ですよね。
mmm・・・、どうしようかなぁ。



それでも子供のころから馴染みのある花、朝顔。
ストックしてあった写真を見てください。



何とも涼しげですよね。



植えるか植えないかは別として、
必ず夏にはお目にかかりたい花ですよね。



ここのところ暑い日が続いて、昨日は蒸し暑かったです。
そして今朝は雨。一日降り続きそうですよね。
明日は晴れて、ここ羽生市は西風が強くなりそうです。

5月も終盤になって、
ハイフラワーでもあちこちの内張を外して換気をしています。

植物たちの環境は大きく変わっていますね。



季節が変わって、環境が大きく変わると、
植物たちは私たちが考える以上に
ストレスを感じているのではと思っています。

農場ではいろんなスタッフが管理をしているので、
ベテラン生産者のみなさんではありえないと思いますが、
うっかりすると時々調子の悪い子たちが出てきます。

人間が暑いからと言って、花が暑いとは限りません。
天気のいい日に風をプゥ~~~プゥ~~~あてると
思わぬ事態になることがありますよ。

当たり前のことですが、
人間は環境に応じて対応できますし、
場所を移動することができます。

花や植物たちは動けません。
私たちが手をかけ気を使ったままで
生活しなければいけないのです。

農場を回っていて時々ビックリしちゃうのですが、
『あぁ・・・、これでもこの子は大丈夫なんだ。』
ということはしばしば。

その『ビックリ』で学ぶこともあるのですけれどね。


肥料の効き方は想像しながら管理をしたいところですね。

『昨日のとんかつのたんぱく質が効いたのかな!?』

『サラダのトマトのリコピン、効くわぁ・・・。』

などと何を仕掛けて、どのような効果を期待するかを
明確にしながら水くれをしたいところです。


こうして管理をしていると、
何が効いたのかが明確になるものですよ。

 ・・・あくまで想像ですけれどね。


でも、そうしてあげることで、
花ジミや軟弱徒長は確実に減りました。
下葉のとろけもなくなりました。
虫や病気は開業当時からは想像しがたい減り方です。

やはり、栄養バランスは大切と言うことが言えます。


これからはドンドン管理のしにくい環境になります。
植物の栄養バランス、しっかりと整えていきましょうねっ!!




今日は雨。
Ojaja の定休日ですが、管理はほどほどに。

でも、忘れずに苗のチェックに行かないと
時々しおれているのですよねぇ・・・。



では、今日は事務作業頑張りますよ!!
すぐに月末ですからね。






ハイフラワーのプランで
休日を過ごしてみませんか!?

じゃらんでいちご狩り・野菜の収穫体験



毎日お昼の12時に空を見上げましょう!

今見ている青空は地球の上にいる半分の人が見ることが出来ます。

地球にいる半分の人が、
自分にとって大切な人を思い青空を見る。
そのひとりひとりの思いをつなげつなげていくと、
いつの間にか地球上のみんなが同じ青空を見つめることにはなりませんか?
お互いの思いは青空を通してつながっているような気が
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする