卵管がんとハロハロ日記

団塊の世代の主婦の気まぐれブログです。
夫婦揃って大病したあと のんびり暮らしています。



広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ピンクのエプロン

2014-01-31 11:07:55 | 日々是好日

 

年が明けてから

週に二日ほどですが仕事に出かけるようになってひと月経ちました。

わたしは隣町の総合病院のリハビリ病棟で 白いポロシャツにピンクのエプロンをして

病棟の廊下を忙しく行ったり来たりしています。



昨年末にふと思って シルバー人材センターなるものに登録をしてみました。

シルバー人材センターについて事前の知識もなく

仕事についても そのうち~とのんびり待つつもりが

面接をした日からあっという間 考える間もなく

今の総合病院での仕事が決まりました。

 

話しを頂いたとき 病院の名前を聞いてビックリ

そこは 9年前 母が亡くなる前のほんの数日の間ですが

お世話になった場所、救急車で運ばれた母が亡くなった所でした。


そして リハビリ病棟と聞いてまたビックリ

違う病院ですがリハビリ病棟という場所は

相方が長きに渡って入院してお世話になったところです。

わたしも毎日毎日通ったおなじみのエリアです。

 相方は今もリハビリテーションしていますし。

 

そんな訳で 仕事のお話しがあった時 

たんなる遇然と思えず、不思議なご縁にゾゾット来てしまい 

即答で 「 はい!やらせていただきます!」と返事をしました。

もちろん 紹介した人材センターはそんなわたしの事情は知る訳もありません。

 

わたしは病院関係の資格はなにも持っていません。

シニアの仕事は忙しいケアワーカーさんを助ける補助的な仕事です。

患者さんの身体に触れることはなく

 「 失礼しますあす、◯◯さん お食事です。」と

 配膳 下膳や 患者さんのオムツなどをカートに載せて配って歩いたり

その他さまざまな雑務がわたしの仕事です。

一日7時間半、 忙しくて 覚えることが沢山あります。

 

わたしの職場は色んな職種の人が挨拶を交わし合う活気がある職場です。

時間差ですれ違う シルバーの先輩たちは仕事に気概を持っている方ばかりです。

 わたしもレベルを下げてはならじと一生懸命ですし やりがいを感じています。

 そしてなにより こうやって仕事をしていることが夢のようにうれしいです。

点滴棒にすがってヨロヨロ歩いていた病院の廊下を( 病院は違うけど )

 今はカートを転がしてスタスタ歩いたり あの点滴棒を消毒したりしています。

そして ベッドに寝ている患者さんは2年前の、かつての相方です。

 

 多分 わたしの人生で最後になる仕事だと思います。

 出来ることなら ずっと元気で 長くこの仕事をしていたい、そう心から思っています。

 

 

 

 

もうすぐ節分ですよ~!! 

 

 いけずなお母さんに鬼にさせられたの!!

 

 

コメント (8)

伊豆半島へ

2014-01-26 14:47:56 | 日々是好日

 

久しぶりの投稿です。

お正月が明けてからしばらく

諸般の事情で記事が書けなくていました。。

ひとつには トホホなことに

使っている タブレットからgoo.ブログに

記事が書けなくなってしまって 。。(>_<)

なので 今日はスマホから初めて投稿トライしています。

 

お正月はとっくに過ぎて なんともうすぐ二月ですね 

遅くなりましたが今年もどうか宜しくお願いします。

 

先日

高校時代の友人とふたりで 伊豆稲取の近くの山に住んでいる

やはり高校時代の友人の家に遊びに行ってきました。

 朝一番の伊豆急 踊り子号で 伊豆稲取着 10時半。

しばらく 朝市や海岸をうろつきました。

 



陶芸をするためこの地に15年前から住んでいるMさんは

おととし 103才のお母さんを見送ったばかりのひとり暮らし。

一緒に行ったCさんは98才のお母さんをショートステイに預けてその隙に。。

というまあすごいはなしです。


海を見ながら足湯が気持ちいい!




念願のウニどっさりの海鮮丼を食べました!

アワビがまだぐにょぐにょ動いていた 。

 満足度120%

 

Mさんの家からの眺望、向こうに伊豆大島が見えます。


Mさんの家はけっこうな山の中で 付近に家もありません。

それでも生協が山登りして配達してくれるんですって。

日本てやっぱりいい国だなあ。

 

積もる話は尽きず しゃべり足りないうちに 冬の陽は傾き

 

相方の都合で わたしだけお泊まりできず゜゜(´O`)°゜

泣く泣くMさんの運転で明かりの全然ない真っ暗な道を下山しました。

真っ暗な細い道を けっこうなスピードでかけ降り

それが 恐怖のジェットコースター並みで。

「 ぎゃ~~(>o<")」と慣れない私たちは叫びながら。。

まるで奈落に落ちるみたい !!

「 なによ~だいじょうぶよ~~笑」

とへらへら笑うMさん。

聞けばお母さんの送迎のため 50才過ぎて 伊豆大島で 2週間合宿して免許を取ったのだそう。

うーん、いのししを跳ねず 崖からも転落しなくてよかった~。

そして わたしは白田という無人駅からひとり 鈍行に揺られて熱海まで

車では 味わえない夜の鈍行で高校卒業からの長い年月を思いながら

しみじみした気分で帰ってきたのでした。




初めてのスマホからの投稿 どうかな?
3月からgoo.メールは有料になるっていうし 。。
これからどうしようか思案中です。

 

 

 

 

コメント (4)