卵管がんとハロハロ日記

団塊の世代の主婦の気まぐれブログです。
夫婦揃って大病したあと のんびり暮らしています。



広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ブログのことと心境と

2014-03-13 21:44:45 | ブログについて

goo ブログが3月10日でどうにかなっちゃうんだろうかと心配でしたが

どうも どうにもならないようで…ホッとしています。

goo を使ってる他のブロガーさんの心配されてる記事を見かけませんでしたが

皆さん ちゃんと理解されていたんでしょうか?

ああ 恥ずかしい次第です。

ネット社会 わたしには難しくて (´・Д・)」




ブログのことを…

始めた頃はこんなに続くと思ってなかったブログのことを考えていました。

あの頃は 夫婦で驚天動地の怒涛の一年を過ごした後で

わたしも長い治療が終わったばかり

とにかく混乱しているものを吐き出して整理して

不安定な精神状態を落ち着かせたい

今思うに漠然とそんな気持ちだったと思います。

多分人に見られることで、一人で日記に向かうより冷静に

自分と向き合うことができたような気がします。

写真一枚見ても 背景の心境を思い出すんですよね。

 

そして…

正直 こんなに自分の経過観察期間が続くとは思っていなかったので。。

想定外のことです。 ありがたいことですが。。

いつのまにか書くことの殆どが おばあちゃんの日常になっています。

一時は相方のことも もう少し書こうと意気込んでいたのに

どうも別人格の彼のことはあまり書けないようで。。

我々世代の夫婦観の特徴かもしれませんね。

で わたし なんと最近では その相方よりちょっとだけ長く生きて彼を見送り

ピンピンコロリといきたいな などと本気で思うようになりまして…

えらい心境の変化です。



ブログ、いまや ボケ防止なんじゃない?などとと言われてますが(←こらっ誰だ!)

書けないこと 書かないことも含めて 自分を省みる場所にもなっています。

そんな訳で これからもこの自己満ブログ

書いたり 書かなかったり 写真だけだったりですが

頑張らないで できるだけ長く続けていきたいなと思っています。






まだまだ寒いですね。

ネコ界で有名な ごめん寝、すまん寝、ゆるして寝

 やってます。みのるくん。

コメント (6)

ブログ始めます

2012-07-05 18:48:13 | ブログについて


ブログ始めます。

タイトルを「ハロハロ日記」にしました。

ハロハロってタガログ語で

ごちゃまぜ って云うような意味だそうです。

たぶん ごちゃ混ぜで統一感のないブログになる予感がします。

 


2011年 怒涛の一年を過ごしました。

4月に元気だった夫が脳梗塞で倒れ8月半ばまで入院。

大きな痛手を負いました。

入院中の6月に義父が他界、めくるめく非日常を過ごす内

わたしが進行した卵巣がんと言われ 7月検査入院、8月手術。

6回の抗がん剤治療の前に思いもかけず 腎ろうをする体になりました。

ステージ3Cである、と言われ ビビりな上に具合いの悪い日が続き

ネットで病気の事を検索するなんて トンデモの日々でした。



2012年 2月に6回の抗がん剤治療が終わりました。

ありがたいことに腎ろうも外すことが出来ました。

無知のまま、治療に突き進んでいた日々から開放され、ひと月、ふた月、

4月の 誕生日に子供達に I PAD をプレゼントされ

その日から急にネットサーファーになりました。

お陰で やっと病気についても調べられるようになりました。

その中で 一番糧になったのはたくさんの人達のブログでした。



経過観察の日々です。

今は のんびりと家事をしたり日常生活を楽しんでいます。

今、二人に一人が癌になり、三人に一人が癌で亡くなって行くそうです。

だからやっぱり、始めての慣れないブログ

つたない 文章ですが チャレンジしようと思います。

 

 

追記 :  2015年2月4日

こんな調子で なにか書かなければと息急き切って始めたブログでした。

二年半後の今は 有難いことにほとんど病気臭がなくなり

お婆さんのボケ防止ブログになっています。

 

途中から読まれた方は 初めの方を読まれると ギョギョッとなり

始めをご存知の方は なにを寝ぼけた事を、と思われるかもしれません。

今は 夫婦で病気を克服するのが なにより一番の望みですので

この先も のんきな気まぐれ日記が続けられたらいいな と思っています。

                                                                          

 

 

 

コメント (6)