卵管がんとハロハロ日記

団塊の世代の主婦の気まぐれブログです。
夫婦揃って大病したあと のんびり暮らしています。



広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

脱毛しながら泌尿器科入院

2012-08-30 22:30:29 | 抗がん剤治療と腎ろうの日々




今日の西の空です。
陽が沈むところが随分真西に近くなりました。




≪ 2011年 10月12日 ~ 10月25日 ≫

ジンロウの拡張手術のために10月12日に 泌尿器科に入院しました。

泌尿器科の病棟フロアは ほかの科と混ざっていて 色んな病気のひとがいました。
で、泌尿器科の入院患者って 圧倒的に 男性なんです。
女ばかりの病棟で 気 が緩んでいたんで 廊下やトイレで男性にすれ違ったりするとビックリしました。

わたしがいた六人部屋だけが 女性の部屋でした。
そして同じ部屋のほとんどの人が脳血管系の患者さんでした。




入院する一週間前くらいから 脱毛が始まっていて この頃がピーク。
先輩のアドバイスにしたがって すでにベリーショートにしてました。
ハンディ タイプのコロコロ持参でしたが追っつかず 看護師さんに言ったら でっかいコロコロと ビニール袋をたくさんくれました。




まだ脱毛に慣れてなくて、 夜 ウッカリ帽子もかぶらず 廊下を歩いてトイレに行きました。
暗い廊下の鏡に映った 姿に ギョッとしました。

出~~~た~~~~~~((((;゜Д゜)))))))((((;゜Д゜)))))))
…………… って 、 わたしです。

経験者の 皆さん いろんな表現しますが わたしは やはり 落ち武者かなあ。(^^;;
性別はもはや不明。
われながら 怖かったですね。
ひとはもっと驚きますよね。
男性も出没する廊下だったんで 以後 帽子はしっかりかぶりました。
いずれ 髪は生えてくるんだから~と わたしは 脱毛はそんなにショックじゃなかったけど、顔を見るたび 怖かった。です。


婦人科病棟はしょっちゅう手術があって 看護師さんも忙しそうでしたが ここはノンビリしてました。
それで同じ部屋の脳血管系の人にユニークな人が多くておもしろかった。




そして 問題の拡張手術です。。。
前回 ジンロウ造設の手術の先生が お上手で 痛みもほとんどなかったんで
だんだん 図々しくなったわたしはダメもとで と同じ先生をなんと指名しちゃいました。
……言ってみるもんです。。。叶えられました。
まあ なにもいわなくても その先生だったのかもしれませんけど。(^_-)



で、同じ先生でしたが今度はかなり痛かった~。(>人<;)
はなしでは

「 ちょっと拡げるだけだから……^^; 」

だったんですが

「 どこが ちょっとじゃ───O(≧∇≦)O────♪」

というくらいチョットじゃありませんでした。
おまけに 手術台で ( 大 )をもよおし、訴えると

「 ガマンよー ! ガマンよーー!」

で一時間。
先生も冷や汗もんだったと思います。
あ 恐怖の一時間。おあいこですね。ごめんなさい。
ほんと直腸切ってると ガマンできないんですわ。

痛み止め、抗生物質 の点滴を二三日して、懐かしい HOMEの婦人科に移動しました。
ようやくシャワーを浴びることができます。


二回目の抗がん剤は しびれが ひどくて 20 パーセント 減量。
抗がん剤は量は減らしても 前回と同じような感じで した。

ただ、今回ジンロウ 刺入部から 尿もれがひどく 悩ましかった。
夜、尿漏れでびしょびしょになるので とうとう 大きな尿取りパットを して寝ました。



そして この尿もれ( 下から漏らすわけじゃない ) の不安の中 今度は自宅に向かって帰りました。









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウイッグを買う

2012-08-29 10:00:27 | 病がらみのひとり言



一回目の抗がん剤が終わって
次の入院まで 娘の家にいました。
脱毛が始まりかけたので慌ててウイッグを求めて久しぶりの街に。
病院のロビーに置いてあった 有名な かつら屋さんのカタログもって。



しびれる足でもつれながら娘と入店。
年をとると 娘のきびしい一言がたよりなのです。

「 ハッキリ言って それはヘン!」 この一言ですね。



オーダーするタイプは どれもカットする前の 長~い髪。

それで
かぶってビックリ!
こわくてボーゼン!


前髪まで長くて前が見えなーい!
井戸から出てくる幽霊みたい。
「 リング 」のあの人、なんていいましたっけ。
あれです。


娘、腹を抱えて笑う。
イメージわかずオーダータイプは却下。


正常な時ならこんな重大な買い物は2、3 店舗見て じっくり決めるんですけど。
なにせ、抗がん剤でやられちゃってるんで普通じゃありません。
スタイリングしてあるやつを被り大胆にも超速で購入。
あり得ないことです。
わたしってこんなに決断力あったかしら?



家に帰って みんなでかぶって遊び、大笑い。
180センチ超の 娘の旦那のカツラ姿が一番イケテました。






あずみのが見ているのは網戸の向こうの虫。









コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

0.5秒

2012-08-27 12:19:35 | 日々是好日

夏休みもそろそろ終わりですね。

娘の一家はこの夏 三人で北海道旅行を楽しんだようです。




************




日曜日の朝、娘からメールがきた。

「 TVで ぶらり沿線の旅 釧路編 ” てのやるから見て!! あたしたちも映ってるかも。。。」

そういえば 旅行中 夏川りみちゃんと撮影隊に出会ったって言ってたっけ。



番組を探してTVをつけた。

たしかに夏川りみちゃんが 楽しそうに旅をしている。

いつ孫たちが映るかと ジット目をこらす。一時間。。。



う~~~ん。・・・・いない。。。



やがて またメールがきた。

「 0.5 秒 映ってた!!わかった~? 」



あのね。。。。。




小学5年の 孫 Lちゃんが送ってくれたきれいな写メ。

神の子池 " 摩周湖の近くにあるらしい。











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やっぱり訪問看護かなあ。

2012-08-26 17:40:00 | 抗がん剤治療と腎ろうの日々


前回、ジンロウの消毒のことを書いていて 思いました。
消毒が一人で出来ないって 悩みましたが
一人暮しでジンロウしている人、沢山いると思います。
そして、ずーっと 外せていない人も 。。。

それに、癌ばかりが病気じゃない。
大変な闘病生活を続けている方は沢山います。


たった半年のジンロウ経験を わーわー書いていて恥ずかしいです。
わたしはもう十分な歳まで生きて 、それで嬉しくも 現在外すことができて。。。
本当にありがたいです。

でも
貴重な体験をしましたので ジンロウジンロウってうるさいですけど……まだしばらく語ることにします。。。^^;




≪2011年9月25日~

一回目の 抗がん剤が終わり 自宅に帰ろうかという時
「 一人じゃ消毒 ガーゼ交換ができない。」
という難題にぶつかりました。

熟練の看護師さんがわたしの生活環境を考えて
「 訪問看護 」という方法があると言います。
訪問看護はもちろん有料です。
わたしが 介護サービスを受けるにはまだ 2 年 足りませんでした。

ん? 訪問看護? 介護サービス?

はてさて ……
亡くなった我が父母 の介護のことで走り回っていたのは ついこの間のこと。
まさか自分がこんなに早く 逆の立場になる、サービスを受ける??
……なんて
思ってもいませんでした。

そんなことで悩んでいたとき、わたしの隣りのベッドの方が声をかけてくれました。
その方 お仕事が介護福祉師だったんですね。
介護 福祉 関係の複雑なシステムや心得を分かりやすく教えてもらい納得するものがありました。



子ども達の家から自宅まではそれぞれ一時間以上かかります。
終わりが見えない ジンロウ生活で わたし自身で週に二回の消毒が出来るようになるまで ジンロウ計画が必要でした。
誰か一人におんぶ していたら長い治療期間 負担のしわよせがきてしまいます。

病院のソーシャルワーカーさんに来て貰い面談。
一週間に一回、消毒を 訪問看護の方にお願いすることにして
あとの一回を娘とお嫁さんで交代にやってもらうことにしました。

大学病院から 自宅 近所の 訪問看護ステーション宛ての
「 訪問看護指示書 看護サマリー」というのが作られ 持たされました。

消毒 ガーゼ交換のやり方は 看護師さんが娘とお嫁さんに指導してくれました。
患者のわたしは ドデッと真ん中に腰かけ みんなで アアダコオダと 患部の写真を撮ったりしてワイワイ練習しました。
ここまで来るとだんだんわたしも腰が座ってきて
「 まあ ヨロシクやってくれぃ!! 」ってなもんでいい気なもんです。



半年くらい先輩の ジンロウ 仲間が病棟にいて 気軽にいろいろ教えてくれました。
自宅では夜間は 大きい ウロバック( 蓄尿バック )で過ごすんですが
昼間は 太腿に小さい ウロバックを くくりつけて過ごします。
その方は 昼用の 小さいウロバックを 太腿に付けず、
可愛い小さなポシェットに入れて腰に下げていました。

わたしも真似して Mちゃん( お嫁さん )に頼んで 作ってもらいました。



こういうの。裏地も付いてます。Mちゃん作。



あとで たまに外出する時、太腿に くくりつけ方式もやってみましたが
どうも、気になって 邪魔で仕方なく ポシェットを何個か作ってもらい結局 最後まで 腰下げ方式にしました。
小ウロバッグの入ったこのポシェットを肩から斜め掛けして ジンロウ刺入部より下に下げ 洋服は ダボっとしたジャンバースカートなんかを着ると 外から分からないし 外れたりしない安心感がありました。


退院する日
抗がん剤副作用で気分悪く、ぼーっとしていましたが、ジンロウ グッズを売店で大量に買いました。
Y字ガーゼ、滅菌ガーゼ、ガッチリバン 、大小 のウロバッグ 、使い捨て手袋……………あと一杯。
始めてだし、ひと月分位買ったら、一万円札が軽く飛びました。
やれやれ、手もかかるけど お金のかかる 体になっっちゃいました。


半月後に ジンロウの拡張手術を受けて 太い管に交換します。
始めに 入れた管は 細いもので 詰まりやすく 交換するまでシャワーも禁止なのです。

慣れない体なので というか 前回、退院したあとの前科があるので
次の入院までは 自宅に帰るのを諦め病院に近い 娘の家に 世話になることになり退院となりました。



やはり長くなっちゃいました。
次は ジンロウの拡張手術から書きます。









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

はじめての抗がん剤

2012-08-24 18:00:15 | 抗がん剤治療と腎ろうの日々


≪ 2011年 9月18日 ~9月25日頃 ≫

腎ろうの血尿が収まるのを待って手術から40日と大分遅れてはじめての抗がん剤投与を受けました。

タキソール とカルボプラチン、 TC と呼ばれる抗がん剤です。
説明書でタキソールと一緒に体に入ってくるアルコールの量は500ml 、ビール壜一本分というのを知って心配になりました。
わたしは ビール、グラスに半分も飲めません。
申告しましたがあまり問題にされませんでした。


スケジュールです。

8:30・・・・・吐き気どめ 経口で
9:00・・・・・胃薬 制吐剤 点滴
9:30・・・・・副作用予防の薬 経口で
10:00~13:00・・タキソール 点滴
13:00~14:00・・カルボプラチン 点滴
14:00~17:00・・流す 水の点滴
17:00~17 : 30・・制吐剤 点滴

わたしの病院の場合です。



初回の初日は とくに慎重に扱われます。
この日だけ 胸に心臓モニターを付けられます。
15分に一回位 看護師さんが様子を見に現れて 時々脈をとったり血圧を計ったりしてこまかな変化にも気を配ります。

ドキドキの本剤投与でしたが特になにごともなく 無事に終わりました。

朝 と午後に 体重測定。4日後の退院まで 尿量測定をします。
24時間 飲んだ水分量と 出した尿量を自分で 用紙に記入。
体重 が許容範囲を超えて増加すると 即 利尿剤が点滴されます。
沢山水分を取るように言われます。
抗がん剤投与の前日 と 投与後2、3日間 水の点滴を流します。



気になったタキソールのアルコールは、点滴中 ちょっと心臓がバクバクして ファーッと酔っ払いましたが その程度ですみました。
酔いは 2、3日続きました。
タキソールが大丈夫と分かったので 気持ちを切り替え 2、3日も酔っ払えるお得な体質と思うことにしました。
二日目、三日目に 関節痛 。が、すぐに消える。
三日目から手足の先の痺れが始まりだんだん強くなりました。


意外なことに
手術後からずっと気持ち悪く あまり食べられなかったのが、 抗がん剤が始まって逆に食べられるようになりました。
制吐剤のせいでしょうか。
美味しいとは思わないんですが とりあえず お腹に収めることができました。


痺れはだんだん強くなる。
頭がボーっとして気分が悪い。
胃腸が荒れているせいか 口の端がいつも切れる。
マグミットを2錠ずつ飲んでも2、3日 便秘。その後 ひどい下痢。
けれども これで副作用は人並みだったようです。



そして
退院が近くなった頃、思いがけない問題にぶつかりました。
ジンロウの消毒の問題です。
ジンロウをしていると刺入部を 一週間に最低 2回 位 消毒し、ガーゼを交換しなければなりません。

「消毒はご家族にやってもらって下さいね。(^^) 」

看護師さんに言われましたが 、わたしの家族は 半身麻痺の 相方一人です。
ジンロウ刺入部は背中にあります。わたしの場合左の腎臓なので左の背中なんです。

「 慣れると たまにご自分で している方もいますけどね。。。でもちょっと無理だと思いますよ。」

一人で 鏡をつかって 首をひねってやってみました。
とても難しいのです。首がつってしまいます。

うーん 大問題だ。
消毒できなけりゃ 自分の家に帰れない。



続きます。。。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加