gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)

ゲーム・アニメ・ライトノベルの感想サイトを目指します。Twitterでもつぶやいてみたり。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東京レイヴンズ第24話(最終回)の感想レビュー

2014年03月26日 01時03分15秒 | 現在放映中のアニメ
夏目の泰山府君祭はどうなっちゃうの!?な、蘇生問題決着回でした。
主だった対戦カードはほぼ決着がついていた分、RPGで言えば既に勝敗が決まっているイベントバトル的な展開でしたが、主のピンチに己の封印を自分で解いたコン=飛車丸の覚醒と、夜光としてある程度記憶と力を取り戻したのを見越したかのようなタイミングで駆けつけた角行鬼の登場で春虎の布陣が万全に→陰陽術師界のパワーバランス的にも一大勢力となりましたね。
いろいろ慌ただしかったですが、ようやく“落ち着くところへ落ち着いた”感じですね。

一緒に逃げるのではなく、あくまで春虎を逃して夏目を生き返らせるために囮になった冬児と鈴鹿の友情が胸熱でしたが、そのまま行方をくらませた春虎との再会がいつになるかも分からないだけでなく、本人たちもバラバラになることは避けられないというのが辛いところですね。
必ず春虎と再会することを約束しあう前向きな別れなのでまだ救いがありますが、一緒に仲良く学校通いをしていた昨日までとは全く違う生活環境を強要されるのはやっぱり寂しいなと。
陰陽庁に真正面からケンカを挑んだわけですし、もっと重い処罰を課されても文句を言えないところなのですが、それぞれ実力を伸ばしながら笑顔で再会できる日が来るといいですね。

それは冬児達だけでなく、夏目も同様なのが大きなポイント。
“一応”成功というのがどういう含みを持っているのかについては原作を読んで頂くとしても、まどろみながら二言三言会話しただけで、少し眠ったあとには既に春虎はいなくなってしまっているわけで。
ただ、真正面から告白&キスで思いを伝えあえたことと、ずっと気にしていた北斗の真実を知ってもらうことが出来たのは、ラブコメ的に大きな進展でしたね。
というか、既に夏目以外に春虎の気持ちが向くことは無いでしょうし、一緒に連れて行ってあげれば丸く収まりそうな感じなのですが、おそらくはそうすることが出来ない理由があるんでしょうね。
単純に夜光の生まれ変わりとして狙われ続ける危険があるのは間違いないですが、それ以外にも別行動をする理由があるのかも?
夏目としては、直接春虎にその辺りの事情を問い詰める必要と資格があると思うのですが、この辺りも原作を読んでね(はあと)なので、アニメ組にはちょっと不親切な気もしますね。
二人は幸せなキスをして終了♪ではあるのですがw

さて、夏目の出番はラストのみで、むしろヒロインとして大活躍だったのがコンですが、幼女が美少女を経て美女になるまでの流れをアニメーションで見られたのは眼福でしたね。
むしろ、大人になりきる前の少女形態がもろ好みだったというねw
夜光の式神として側に居続けた彼女の忠義は、夜光の死後、転生しても色褪せることがなかったと考えるとなかなかにドラマチックだったかなと。
記憶と力、年齢までも縮小された不自由な状態で再会を待ち続けたのは、ひとえに夜光に対する思慕があればこそだったわけですが、なぜこういうややこしい封印を施すことになったのか?といったあたりはもう少し丁寧に説明してほしかったですね。
夏目パパがチラッと回想に出てくるのを見て全部察してください( ー`дー´)キリッというのは流石にキツイかと。
結果的に、中途半端に封印を強制解除したしわ寄せで、夜光に使えていた時の記憶の一部を失う事になってしまったわけですが、夜光だけでなく春虎のことも主として認めていたからこそ、自分の記憶よりその生命を守ることを優先→無事に救出成功して良かった良かった。
あれだけ手こずった鏡+シェイバのコンビまで圧倒するだけの気迫が頼もしかったですね。
彼女をかばおうとして左目を失ってしまった春虎でしたが、夏目とは違って今度は守り切ることが出来たと考えれば悔いはなかったはず。
コンが完全に串刺し状態にされてしまったので焦りましたが、あのまま攻撃を続けられていればラグで済まずに消滅まで行ってしまっていたかもしれませんし、春虎に本気を出させるためだけにそのくらいのことはしそうな雰囲気が濃厚だったので、無茶ではありましたが、無理を通した甲斐はありましたね。
コン時代も夏目達に嫉妬しまくりだったわけですが、抜群の容姿を手に入れた今後、夏目との関係がどうなってくるのかも気になるところです。

大人組的には、大友先生VS木暮さんのガチバトルか!?というところまで行きかけましたが、小手調べ的にわざを出しあったところで満身創痍の天海が運び込まれて水入りに。
一番の親友と敵対することになってしまったのは辛いところですが、それも生徒たちを守るために必要なことと甘んじて受け入れ、笑顔さえ見せる大友先生がマジカッコ良かったですね。
涼先輩の裏切りという言葉が気になりますが、なんだかんだ言いながらもやはり身内として信じたがっている感じでもあったので、きっちり顔を合わせて話し合う機会が来ると良いなと。
原作最新刊で仲良く学生時代を過ごしていたのを見た直後なので、いろいろ切ないものがありますが、春虎たちが離れ離れになりながらも手を取り合うことが出来るのなら、大友先生たちにも仲直りできる日が来てもおかしくないはず。
まさかの道満式神化まで果たしてしまった大友先生が、今後どれだけ修羅の道を歩むことになるのかと思うと+(0゜・∀・) + ワクテカ +ですが、それだけ大友先生に入れ込んでいるなら、道満もみすみす死なせるようなこともないでしょうし、今後もシャドウの呼び名に相応しい神出鬼没ぶりで春虎たちを手助けしてくれるに違いないかと。

そんな感じで、めでたく第一部完!というわけでスタッフの皆さんお疲れ様でした。
まさかこれだけの範囲を一気にカバーするとは思っていませんでしたが、作画を安定させつつCGも入れてスタイリッシュな原作の空気感を再現して頂けたのはありがたい限りでした。
原作ストック的にまだまだ気が早い気もしますが、第二部も是非アニメ化していただけるように期待しております(`・ω・´)ゞ

また、ここまで半年間お付き合い頂いたアニメブロガーさんを始め、読者の皆様にも感謝とリスペクトを。
本当にありがとうございましたm(_ _)m
その後の夏目がどうなったか?については、原作の第二部で明らかになるので、興味のある方はそこから読み始めるのもありかと。
春アニメもラノベ原作ものがたくさんありますし、視聴予定が被った際はまたよろしくお願いします(`・ω・´)ゞ


TVアニメ「東京レイヴンズ」公式サイトへはこちらから

東京レイヴンズ|原作スペシャルサイトへはこちらから

http://nanohana0103.blog.fc2.com/tb.php/1738-8a628b48
http://guutaranikki.blog4.fc2.com/tb.php/9978-98e4e8f2
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/tb.php/5567-fcf61550
http://magi111p04.blog59.fc2.com/tb.php/1530-0c4420ab
http://104bk.blog.fc2.com/tb.php/1259-cbbc62ed
http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/4128-840b5390
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222433/59358016
http://natusola.blog105.fc2.com/tb.php/2283-160d9c65
http://puchimaru2.blog.fc2.com/tb.php/1600-b6a565a4
http://renpounasu.blog.fc2.com/tb.php/1373-3f070767
http://wondertime.blog31.fc2.com/tb.php/2463-987b394e
http://yadobeya.blog.fc2.com/tb.php/523-1a66a461
http://animekyo.blog109.fc2.com/tb.php/1453-dd0eb103

コメント   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
« とある飛空士への恋歌第12話... | トップ | 3月25日(火)のつぶやき その1 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

現在放映中のアニメ」カテゴリの最新記事

13 トラックバック

東京レイヴンズ 24話 感想 (気の向くままに)
東京レイヴンズ (最終回)to The DarkSky -魂呼(たまよばい)-
東京レイヴンズ #24 最終回 (ぐ~たらにっき)
『to The DarkSky -魂呼(たまよばい)-』
東京レイヴンズ 第24話 最終回 感想 (荒野の出来事)
 東京レイヴンズ  第24話 最終回 『to The DarkSky -魂呼-』 感想  次のページへ
東京レイヴンズ #24「to The DarkSky -魂呼-」 (MAGI☆の日記)
東京レイヴンズの第24話を見ました。 #24 to The DarkSky -魂呼- 冬児や鈴鹿、京子だけでなく、別行動で鴉羽を取り戻してくれた天馬の助けも得て陰陽庁から脱出した春虎は夏目の遺体を取り戻しに向かう。 だが、陣を誘き出すために春虎を利用しようとする伶...
東京レイヴンズ 24話「to The DarkSky ―魂呼(たまよばい)―」[終] (パンがなければイナゴを食べればいいじゃない)
評価 ★★★ ここにきてコンのヒロイン回    
「東京レイヴンズ」第24話 (日々“是”精進! ver.F)
いつかきっと… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201403260000/ 【送料無料】東京レイヴンズSword of Song(1) [ 久世蘭 ]価格:450円(税5%込、送料込)
東京レイヴンズ TokyoMX(3/25)#24終 (ぬる~くまったりと)
第24話 to DarkSky-魂呼- 分家で生まれた者は本家の式神になる。僕もお前を守るから、よろしくな。お前綺麗だな。飛車丸を連れ出した土御門夜光。 小暮の式神、烏天狗が行く手を遮る。冬児と鈴鹿が囮になる。春虎が死んだら、私が生き還らせてやるんだから。夏目の下に向...
東京レイヴンズ 第24話「The DarkSky -魂呼(たまよばい)-」 (空 と 夏 の 間 ...)
コンの正体も明かされるアニメ版東京レイヴンズ、最終回。 もうコンちゃんの姿は見納めなのか(^^;   夏目の元に向かう春虎の前に立ちふさがる鏡伶路。 主人を傷つけられたコンは、主のために真の姿に戻る…!? 春虎は夏目を復活させることが出来るのか…。...
東京レイヴンズ 最終回 (ぷち丸くんの日常日記)
春虎(CV:石川界人)は、冬児(CV:木村良平)、鈴鹿(CV:佐倉綾音)、天馬(CV:下野紘)、京子(CV:喜多村英梨)、大友先生(CV:遊佐浩二)のおかげで、夏目(CV:花澤香菜)のところへ行けることになります。 木暮(CV:高橋伸也)は、大友先生が押さえてくれています。...
東京レイヴンズ 第24話「to The DarkSky -魂呼-」 感想 (趣味人の宿部屋)
アバンは回想。 青年時代の夜光の声も石川界人か。 春虎も大人になったら置鮎龍太郎に声変わりしてりするんだろうか。 飛車丸は分家の生まれって事は人間か。狐耳なのは生成りか何か? 木暮さんの式神の烏天狗に追われる春虎達。 一緒に謝ってやるとか良い奴等なん...
東京レイヴンズ 第24話「to The DarkSky -魂呼-」 (WONDER TIME)
「ごめん、待たせたな 夏目」 夏目を取り戻しに陰陽庁へと向かう春虎 そんな春虎を助ける為にコンが…! ついに最終回―――!    冒頭は飛車丸と夜行の出会い 飛車丸は土御門家の分家の者だったのですね、しかも狐の生成りだったとは… 自分の式神だと手を引...
俺たちの戦いはこれからだ【アニメ 東京レイヴンズ #24(終)】 (腐った蜜柑は二次元に沈む)
東京レイヴンズ 第4巻 (初回限定版) [Blu-ray](2014/03/26)Nbcユニバーサル エンターテイメント商品詳細を見る 第24話(最終回)  to The DarkSky -魂呼(たまよばい)- 主人公とヒロインの不在に―
『東京レイヴンズ』 第24話<終>の感想と考察――続きが気になる終わり方だった・・・・・二期はいつ?? (オレが面白いと思っているアニメやマンガは、本当に面白いのか? |『東京レイヴンズ』 第24話<終>の感想と考察――続きが気になる...)
『東京レイヴンズ』 第24話<終>「to The DarkSky -魂呼-」を観ました。<ストーリー>追っ手の小暮を大友が引き付けている間に、春虎達は夏目を取り返すため