私は隠れ癌患者

隠れ癌患者に対する警察の秘密活動による被害を示しています。

「電磁波・中性子線被害がなぜ生じるのか、動機は何か」という問いに対する回答

2016-08-12 02:45:50 | 警察の秘密活動
 English(Top page: Translated by Google)

これに対する答えは、加害経験者としての佐藤田中氏のTwitter記事に書かれています。
大した理由やキッカケが無いのに集団ストーカーの被害者になった人は、実行犯の練習育成と集団ストーカー組織の利益の為の生贄です。実験用マウスと同じです。本来は政治経済教育等に影響を与える敵視された人が被害者です。それ以外の被害者はエテコウ実行犯に追い詰められ殺害される実験用鼠です。」

警察の秘密謀略部隊が、一定の仕組みと組織を常に実戦レベルで動ける状態にしておくには、かなりの対象者を抱え、かついつでも実働できるだけの訓練が必要です。
現在の警察は、対象者を単に監視するレベルにとどまらずに、不法であることが明らかな殺人レベルまでの対象者への加害行動を行う組織になっているために、訓練でも殺人まで含めた訓練を必要としています。

これを実現するには、佐藤氏がいう、生きた実験用マウス、生贄が必要となり、官僚・警察などの権力側にとって、不都合な行動をする人間や、佐藤さんが言う、理由は全く関係なく気の弱そうで反論、反撃をしそうにない人間を選んで、秘密謀略部隊の訓練用実験台にしてしまうということです。

それがどのように選ばれるかは定かではありませんが、私の場合には、私の勤務校に来た原子力ムラの官僚管理職(校長で天下ってくる)に対して、官僚管理職が本省復帰を狙って、我々の勤務校の高専にはふさわしくない施策(大学で行うべき様な施策)を次々発動することに、反対の姿勢を示し続け、かつ山口県出身の安倍首相が手を付けた教育基本法反対の活動をブログで行っていた私に対して、その活動をやめさせると同時に、警察の謀略組織に病殺訓練用の生贄として差し出したというのが、私が標的になった理由と思われます。

警察と官僚管理職が連携していることは、私が自宅侵入されて毒物を混入をされた際に、当時私は山口県の温泉審議会の委員をしていた関係で、県警にも影響あると考えて、県知事に救命要請をしました。そのことが県警に伝わり、説明せよということで管轄の周南警察署に出かけた際に、生活安全課長に犯人に関係する情報として、官僚管理職について言及しようとすると、発言をさせずに「名誉棄損になるから言うな」と発言を止めました。
犯罪捜査をするうえで必須の犯人に関する情報を押さえつけようとする行為は、これらの犯罪が警察関与であることと、それに官僚管理職が関与していることを警察自らが認めるに等しい行為だと判断されます。(もちろんこれ以外にも警察関与の証拠はあります)

またこの際に、私が暴走行為や自宅侵入、毒物混入などをする組織にはどういうところがあるかと問うたことに対して、生活安全課長は答えに詰まり、挙句に、「やるならやっていますよ」とこちらをぎろりと鋭い目つきでにらみながら言い放ちました。
主語は言いませんでした、言外に、警察はという主語を言わなかっただけだと思いました


このように私は、勤務校の官僚管理職に睨まれて、警察の謀略部隊の訓練用実験台として命を狙われ続け、自宅では有毒ガス、電磁波、中性子線を照射されていますし、病院、薬局、道の駅、ショッピングセンタ、自動車乗車中など外出先で、中性子線を浴びせられ続けています。自宅での攻撃は、一つには被曝死、病死への誘導、外出先では頭や心臓などを狙いとして、行動の抑制を狙ったものと考えられます。
このような被害者に対する加害が有毒ガスで行われていることは、加害経験者の佐藤さんがTwitter記事に書いている通りで、自宅へも簡単に侵入して行われており、外出先でもなされているとしています。

なお中性子線照射は実行犯も被曝するので加害装置として採用しにくいとの指摘もありますが、佐藤氏の記事では、有毒ガス噴射を、実行犯も浴びながら実行していること記述されていて、加害者が被害あっても加害行為はなされているとみなされます。
私の例でも、自分も被曝しながら照射していると思われる場合に遭遇することは少ないですが、自分にも当たっていると思われる場合には、加害者も苦痛に顔を歪めている場合があります。(ビーム状の照射装置でありながら、自分の体をかすめて照射しているような場合)

中性子線照射がどんな目的で行われているのかという点では、大線量が当たればJCO事故の際の作業員の方が悲惨な死に方をされているような被曝死になりますが、それ以下の線量での臨床所見はあまり知られていないのではないかと考えられます。
私の例では心臓を狙われる場合が多いのですが、心筋虚血状態になり、心臓の重苦しさ、息切れ、食事による胸苦しさ、歩行の困難などの症状が現れ、持続しますが、照射が続かなければ、徐々に正常に戻ります。
また頭を狙われる場合には、心臓と同様に血流が阻害されるのか、もうろうとなり、フラツキが生じ、ひどい時にはロレツが回りにくくなります。また猛烈な睡魔に襲われて、パソコン作業中にキーボードに頭を突っ込んで気づくというようなこともあります。
床下からの照射が続いた時には、下痢便が続き、ひどい時には赤色下痢便となりました。医者は全身被曝で腸粘膜の脱落が生じれば起こりうるが、私の全身状態がそれほど悪くないことをみて、別の理由を示しましたが、局所的に中性子線が当てられた結果、腸脱落が生じたものと私は判断しています。
さらに顔面に正面あるいは上部から照射を浴びた時には、目の前に霞が発生するような状態になり、白内障が発生していると診断されています。

このように対象者の行動を抑制して、本来の行動をさせないとか、事故を誘発させるとか、疾病状態に持ち込み、入院させて薬物注入殺害などを目的と考えられますが、これは佐藤氏
「最近はネット等で集団ストーカー情報が拡散浸透しつつあるので直接殺害が難しい。一番安全なのが昔も今も毒ガスで病気にして入院か統合失調症でっち上げ入院中に医療で殺害だ。最悪医療ミスでお咎め無し。精神薬で鬱、錯乱で自殺も難しいからね。催眠ガスで侵入して殺害も無理が出て来たし。大変です。」

と病院での毒殺が広範になされている実態を示していますし、私が病院で毒物注射をされたり、毒物サプリメントを渡されたりすることで、実際にこのようなことがなされていることは、証拠で示すことができる事実です。
ある病院の病院長は「公式には認められていませんが、警察が医薬品に毒物を混ぜることは可能性です」と警察が殺人行為を行いうることを率直に認めていました。

中性子線は遠くまで飛び、遮蔽が困難であるという点で、対象者が逃げようのない加害方法として有効であると言えるものですが、難点は周りを被曝させるという点であるものの、人権を守る意思のない組織は十分に採用する方法だと思われます。

なお加害に中性子線や電磁波が使われていることについては、関係者に対して説明に書いた文書を引用しておきます。
中性子線の存在については、中性子線線量計や計測可能な測定器になどに測定されていることや、電磁波防止可能なテントの中で、X線、ガンマ線の強いレベルの照射はないにも関わらず、被曝傷害が出るという点から中性子線と考えています。
これについては次の記事などに根拠と考えられることを書いています。また北海道新聞社元記者で論説委員も務められた大沼安史さんのページに、著名ブロガーさんが疑問を呈されたことに対する回答を載せてもらったものがあり、こちらの方が詳しく書いています。  

次に電磁波という点ですが、私は有毒ガス噴出も受けていますし、それとは異なる症状や被曝状況の違いなどの点で電磁波と考えています。
電磁波と考えるのは、壁をアルミ断熱シートで被い、また天井からの照射にも頭部をアルミ断熱シートで覆うと防げるという点で、高周波ビーム状の電磁波と考えています。またそのような防護の難しいところでは、アルミ内張りの防寒着やフードである程度抑えられる点も、ガス状のものではないのではないかと考えています。

ガス対応では、結局室内に園芸用テントを設けて、その中に外気を入れる方法で何とか対応してきたと思いますが(電磁波も防げるようにしています)、それを打ち破る方法として放射線が使われるようになったと判断しています。」

なお中性子線の照射源についても疑問が出されていますが、これは大沼さんのページでも書いた通り、アイソトープの利用も考えられるものの、何らかの発生装置の開発が既になされているものと考えています。
この装置からは方向性のあるビーム状の中性子線が発生しているように見受けられることは、路上での自動車の照射の例から考えられることを示しています。

電磁波・中性子線による被害が実際に存在することと、その動機についてご理解いただいて、ご協力、ご支援をお願いします。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 都知事選は国民主権を取り戻... | トップ | 正当防衛権1-2:地下経由で自... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

警察の秘密活動」カテゴリの最新記事