私は隠れ癌患者

隠れ癌患者に対する警察の秘密活動による被害を示しています。

腫瘍縮小のシグナルか

2009-01-04 15:59:00 | その他
肝臓に存在するであろう腫瘍の抑制、縮小を目指してサプリメントを中心に取り組んできたが、この腫瘍縮小が進んでいるであろうと思われる時期に不思議な体験をしている。何かの参考になればと、このことを記載しておく。

誰の記述か忘れてしまっていて、思い出せないのであるが、ガンの完全消滅(私は専門的な言葉の使い方がわからないので、適当に書いている)を経験した人が、自分の身体からガンが消えたときに、気持ちがすっきりして、癌の消滅を体感したようなことが書かれていたように思う。

そのことが私の頭にあり、腫瘍が消滅するときには何か、そのような体感的なものが来るのではないかと考えていた。

「隠れ癌患者が見出した抑制方法(2)」で述べたように、平成18年の夏に、既に低周波治療器がサプリメントの効果を持続させ、その効果を高める上で有効であるということを見出して使用を始めていたときであり、かつ夏の免疫力が働きやすいときに、昼間、居眠りをしていて、夢の中でプツンと書かれたカードが出てきて、実際にプツンというような音がしたように感じると同時に目が覚めた。

そして肝臓に重苦しさを感じたわけであるが、この重苦しさは肝臓の縮小感と共に来ていて、これは収縮方向に働いているなと感じながら、夕食後に低周波治療器の療法を少し丁寧にやった。

そして就寝前には、背中に痛みも感じる状況であったと思うが、その寝入りばなに経験したのが落雷の夢だった。
眠りに落ちる瞬間あたりと思うが、何かプールのような場所にいる自分の頭の上でいきなり稲光がして、ドカーンという落雷がきた。

それで目が覚めてみても、外の状況は落雷が起きるような様子ではなく、明らかに夢の中での出来事であったことがわかった。
昼間の出来事と、寝るときに生じた落雷の夢の経験で、これは身体の中で何かが生じたシグナルではないかと考えると同時に、これはガンの完全消滅を体験した人が書いたある体感に当たるのではないかと密かに考えた。

それまでは膨満感や食欲不振を押さえ込むのがようやくであった状況が、低周波治療器の効果で、サプリメントを減らしても症状を抑えることができるようになっていたので、あるいはそのことが実現できたのではないかと考えた次第であった。

そのような気持ちを持ちながら、サプリメントの削減をさらに進めてみたときに、一気に膨満感と食用不振が襲ってきて、落雷の経験は腫瘍の消滅を意味するものではないということが、よくわかった。

そこで、サプリメントの効果が重苦しさや痛みを感じるレベルにするための方法をもう一段考えなければならないかと、昼食断食を試みることになっていく経過は「隠れ癌患者が見出した抑制方法(2)」にも記している。

この夢の中での落雷の経験は、平成18年の夏にはこの一度だけであった。

そして平成19年には遠赤外線腹巻、低周波治療器、そして昼食断食を加える形で対処方法も進んでいき、免疫力の高くなる夏が勝負のときと考えて、サプリメントも多めにとるなどして、肝臓の重苦しさや痛みが生じるように進めていたときに、自宅付近で爆発が生じる夢を見た。

このときも寝入りばなの、寝入ったときにきたように思う。その後同じように寝入りばなに、たとえば階段を下りようとして急にライトが差し込んできて、音楽が鳴り響くような夢や、自宅付近の山が急に噴火するような夢、パチンと音がして光が差し込む夢など、平成19年の夏にはこの音と光が同時に来るような瞬間的な夢を数回経験した。

このことが何を意味するかは、身体に関して知識のない私にはさっぱりわからないが、このことが肝臓の重苦しさや痛みの症状と、ほぼ重なってきていることから、何らかの腫瘍の変化のシグナル、希望的には縮小のシグナルではないかと考えている。

寝るときというのは交感神経、副交感神経の働きなどにも変化があるはずであり、何かその切り替わりに伴って、何かが起こるのかもしれないと感じたりするところである。

このような夢が、最近はもっとシンプルな形で、たとえば最初に記したプツンと書かれたカードが急に出てくるというように、何の略脈もなくいきなり何かが現れたり、急に音がしたりという形で、夏というシーズンとは関係なく、時々現れる状況にある。

このような夢をたくさん見るようになれば、腫瘍消滅に近づけるのではないかと考えている。

現在私は身体のためには大変よくない環境にあり、身体状況も決してよくない。何とか自分の考える療養方法で、よい成果をあげて、皆さんに役立ててもらえればと考え、頑張ろうと思う。
コメント

喉の不調から学べること

2009-01-02 13:53:59 | その他
隠れ癌患者が見出した抑制方法(1)」でも述べたが、私が肝臓の不調を自覚するより前には、喉の不調を抱えていた。平成7年頃から始まった不調は、咳が出ると同時に痰が出るのだが、それに血液が混じるようになっていた。
したがって肝臓対策を始める前までは、喉対策が主な作業だったわけである。そして平成13年から肝臓対策をはじめてからは、喉の不調は後景に退き、あまり気にせずに過ごすことができていた。

ただ時折、咳が出たり、声がかすれてきたりする症状は現れるので、これに対する対応策でしのいでいる。そして肝臓に対するサプリメント摂取量を削減するようになって、実は喉の不調が現れやすくなっていると感じている。
ということは喉の不調は、肝臓対策が高レベルで行われているときには、抑制されているが、肝臓対策のレベルが下がると不調が現れるということだと思われるわけで、肝臓に腫瘍があると同じように喉にも腫瘍が存在していると考えるべきだということになるだろう。

もちろん喉の不調が現れた当初から、血液交じりの痰がそのような可能性を感じさせていたし、仕事を継続させる必要から、病院に行かずにサプリメントを使い始めたときに、意外に効果があることも、これは腫瘍的なものだと感じていた。

この喉の不調については、声がかすれたりすることから喉頭付近に何か存在するのではと考えてきた。そして先に示したようにサプリメントとしてMAITAKE MASHROOM EXTRACT(マイタケ・ベータフラクション)を使い始めた。初めは不調のときに飲むだけというような対応であった。そしてそれで、しばらくは不調が抑えられていた。それも何ヶ月間かというように、その効き目が大きく、これでしのげるとそのときは考えていたが、次第に効き目の持続期間が短くなっていき、持続的に飲んでも効き目を感じられなくなってきた。

初期の段階で、症状にかかわらずサプリメントを継続的に摂取していれば、もっと容易に押さえ込むことはできたのではないかと考えている。

サプリメントでの対応において、MAITAKE MASHROOM EXTRACT(マイタケ・ベータフラクション)の効果が高いと考えていて、その他のサプリメントを積極的に試すということはしなかった。それよりも熱を使った方法を次に試してみた。

熱がこのような場合に有効であろうということは、初めから思っていて、喉についても遠赤外線を発生する布(実際には遠赤外線腹巻)と使い捨てカイロを使って、喉を外部から加温する方法を用いてみた。

この方法は若干の抑制効果を感じることはできるのだが、長続きせず、結論を言うと、喉といっても気管支にかかわる場合には、この方法はあまりうまくいかなかった。理由は喉の外から熱を加えれば、喉頭付近にも熱は伝わると思われるが、気管支には常に外気が流れている。したがって喉頭付近に腫瘍が存在している場合には、外気で常に冷やされているということになるのではないかということである。

先にも示したが、喉の問題は肝臓対策を進める途中では、ほとんど問題にならなかったし、対策としては肝臓を優先して取り組んできたので、喉の問題は対症療法的になっていた。そこで用いている方法を紹介しておく。

プロポリスはもともと肝臓対策用に使ってみようと試みたものである。ただ私が使っているのはプロポリスの液体状のものであり、これは飲むと比較的効果が現れやすいのであるが、表面的な現れ方といえばよいのか、効果の持続性があまりない。そこで肝臓対策からは外れてしまったが、喉に使うようになった。

それはプロポリスが外用薬、すなわち直接皮膚に働きかけるものにも使われているというのを見たことがあり、その性質を使えないかと考え、喉頭部に存在するであろう腫瘍に直接働きかける方法としてプロポリスを溶かした水を、霧吹きで吸い込み、喉頭部に届かせる方法を使っている。

このようにすると症状が治まり、しばらくは症状を抑えることができるのである。肝臓対策を強化している間は、この方法でそれほど長く喉の不調が続くことはなく、これでしのいできた。

なお霧吹きも、小さな口径のものは目詰まりが生じてしまうので、少し口径の大きなもののほうがよい。私は180cc程度の容器をもったものを使っている。ただ目詰まりしやすいので、使った後は、普通の水を吸い込んで洗うようにしている。

これまでは肝臓対策を優先して、喉の問題は症状が出てこないという点で、あまり考えてこなかったが、肝臓対策のレベルを下げると、症状が出やすくなっている。これは喉にも腫瘍が存在し、13年度には発声が難しくなるくらいまで、腫瘍が増大したものの、肝臓対策によって、若干の収縮効果は見られたが、ある大きさのまま存在していると考えられるわけである。

そこで肝臓と同様に、喉に対しても縮小を狙った取り組みをしなければならないということだと思われる。
そこで「隠れ癌患者が見出した抑制方法(2)」で示した低周波治療器とこれまで使ってきたプロポリスを併用して、抑制方向に進めるか対応していきたいと考えている。
これはまた効果などの報告ができるのではないかと考えている。

なおサプリメントについては、いずれもローマ字表記で示されていて、入手困難と思われるかも知れないが、以下のページで容易に調達できる。
サプリンクス
なおMAITAKE MASHROOM EXTRACTは少し古い商品であるので、おなじページ内にある「Dr難波のマイタケ・ベータフラクション」を使われるとよいと思う。

「サプリメントの摂り方」で書いたローマ字表記のものに、商品名をつけておく。
Mushroom Immune Defense : 免疫キノコミックス
Reishi Mushroom Supreme :レイシ
4Life Transfer Factor : トランスファーファクター(日本で入手)
Immune Advantage : イミューン・アドバンテージ
Lactoferrin  : ラクトフェリン
ImmPower : AHCCイミュパワー
Immune Renew : イミューン・リニュー
Echinacea : エキナセア
コメント