音と人のコラボな生活 

チャキチャキマダムの半径3キロ時々遠出のローカルライフ

iPhil演奏会~ルネッサンス・ファンファーレ~

2018-10-16 | 音楽


秋晴れさわやかな1週間がスタートした

さて、blog再開は
出雲フィルの定期演奏会から。



<サバイバル>と冗談めいていわれたほどの
タイトで濃いセミナーの出雲フィル(=iPhil)
アツ~~~い2日半はあっという間に終了。
大盛況の本番になった!

ショスタコ&チャイコというロシアもんは
弾くほうも、聴くほうもエネルギーがいる!
そのため、余韻もハンパない(笑)

80人が集う演奏会の成功は
スタッフのご尽力なくしてありえない
出雲フィル関係者のみなさまの仕事ぶりはプロ中のプロ。
一丸となって演奏会の成功に取り組んでいる姿、
頭が下がる

私は不定期ながら度々出演しているので
なじみの人たちが多い。
そのことが居心地のよさになっているのは確か。
加えて、関西からは親しい先輩が指導者として参加され
再会は楽しみのひとつ

<音楽を通して人が交流する>
今の時代だからこそ、
より重要で大事にしたいと強く感じる

今回のスペシャルといえば、モーツアルトのクラコンを演奏した
ソリスト、タラス・デムチシン氏。
物語性に富み、表情豊かで
ダイナミックな演奏は拍手なりやまず!

また、個人的には
セミナー内での公開レッスンがとても勉強になった
どんな風に音楽を作るかというところも
教えていただけ、貴重な学びとなった

いろいろ書き出したらきりがなく
最後は反省のドツボになってしまうのでこの辺で(笑)

改めて、音楽の力、オケの魅力を強く感じ
幸せな2日半を過ごすことができた出雲!

「みなさま、本当にありがとうございました」

そして、松江から友人が聴きにきてくれ
SNSにとてもいい感想(&画像)を
アップしてくれた

掲載するのでぜひ、一読してください。

「ありがとう、結子さん!」



賛助出演の友人から「熱いプログラム!」との情報を得て、
iPhil(出雲フィル)の定期演奏会を聴きに行く。

定演も22回めとなると、会場の運営も手慣れたもの。
1時間前の開場後、ロビーコンサート、
音楽監督(指揮者)の解説と、
定例の導入サービスで、待ち時間も退屈知らず。

今回は、開場の出雲市民会館が改修工事後の初公演。
盛大なファンファーレで始まり、ファンファーレで終わる、
まさに熱いプログラム。
しかも、ややマニアック。

ちょっとドキドキするところもあるけれど、
素晴らしいハーモニーで、想いが伝わってくるよう。
そして、指揮者の後姿がアツい。

観客は、介助の必要な高齢の方も幾人かみえる。
制服姿の学生さんも、小さなお子さんも、
みんながみんなワクワク楽しそうだ。
こんな楽しみが、定期的にある街っていいよなぁ。

しかも、2人で出かけるとペア券で2500円。
お得感も増し増し。なんか元気出た。

備忘録(本日のプログラム)
祝典序曲 作品96 /D.ショスタコーヴィチ
クラリネット協奏曲 イ短調 K.622/W.A.モーツァルト
交響曲第4番 へ短調 作品36/P.I.チャイコフスキー
<アンコール>
白鳥の湖より「ワルツ」(チャイコフスキー)
西郷どん」オープニングテーマ


コメント

出雲フィルハーモニー交響楽団第22回定期演奏会

2018-10-11 | 音楽



<出雲フィルハーモニー交響楽団第22回定期演奏会のお誘い>

2018年10月14日(日)出雲市民会館
13:00開場、14:00開演

指揮:中井 章徳
クラリネット独奏:タラス・デムチシン(九州交響楽団首席)

♪ショスタコーヴィチ:祝典序曲 作品96
♪モーツァルト:クラリネット協奏曲 イ長調 K.622
♪チャイコフスキー:交響曲第4番 ヘ短調 作品36

チケット料金:一般1,500円(当日1,800円)
ユース800円(当日1,000円)
ペア2,500円(前売のみ)

問い合わせ
出雲アカデミー事務局 0853-21-6371

久しぶりに出雲フィルに参加します
熱いプログラムは
クラシックになじみのない方でも
楽しめるので
ぜひ、お越しください!



そして、松江は月間、水燈路中なので
夕方からのチャップとの散歩が楽しいです
(って、まだ1回しかいけてないけど)



芸術の秋
練習に集中してるため
blog更新が不定期ですが
一山超えたら、書きまくるので~~
どうか、忘れないでください(笑)




コメント

昔先輩、今は友

2018-10-04 | 音楽


1週間前の大阪滞在最終回

大阪のシンボル<太陽の塔>



え?こんなんやった?



ハルカス美術館で開催中<太陽の塔展>
残念ながら入館せず上のレストランへ
弟家族と両親で父の喜寿を祝う食事をしてきました

そして、夜は天神にある「むく」へ



打ち上げでいったら美味しかったからと
予約をしてくれ、案内されたのは
二人掛けのこの席



差しで対決するお相手は(笑)
ピアニストの泰江先輩

音楽のこと、人生のこと
ストレートな物言いは昔から!
細やかな配慮と気遣いとの
絶妙なバランスが魅力!

向上心と探求心のかたまり
ストイックな姿勢は
会うたびに、刺激を受ける

そんな憧れと尊敬の先輩は
SNSで写真と記事をアップし
「友達とむくへ」

即、訂正コメントで私、
「ちゃうちゃう、私は後輩ですけど・・・」

泰江先輩
「なにゆーてんの。
先輩、後輩とか関係ないで。
今はもー、友達やんかーぁーー」
というしゃべり口調のつっこみコメント

たしかに・・・
ため口はないけど
時々敬語、時々、普通口調も交じりながら
しゃべってるわたし。

そっか、今は友達なんや
(と、抵抗なく、受け入れた 



数年ぶりの夜デートは
美味しい料理と深~~い会話で
楽しい時間でした!

年齢超えて
仲良く本音ではなせる人たちは
大切な存在だし、
これからも末永くよろしくです







コメント

チャチャマゼル音楽会

2018-10-03 | 音楽


今朝は感動の日の出
秋の空も美しい

お堀に<しまねっこ>
はじめてみた!



9月末のチャチャマゼル音楽会は
<6才の子どもたちへ>
こちら→
https://blog.goo.ne.jp/gouter2008/e/edf7f2c337a501b5b1cfd595193d79d1

ステージの画像が届いたのでアップ!



会場が体育館だったので
専属音響係にお願い・・・

って、よしこが兼任!
マルチアーティストです♪



鍵盤ハーモニカあり
バイオリンあり



準備のときとステージにたったときの
私たちってかなり違うのか(笑)

準備中は子供たちが寄ってきて
「なにすんのー」
「これ、なに?」とあれこれさわったりして
聞いてくる。

演奏後は
よかったとも、すごい~ともなく
寄ってきて、だまったまま・・・(笑)

あの人がこの人に!?!?
6才は言葉にできないんでしょう(-_-;)

6歳の子どもたちの素直な反応が嬉しかった💛
ますますがんばらなきゃ~
みんな、ありがとう!
コメント

ハピリコ@たけのこ館③

2018-10-02 | 音楽


街中の我が家から車で20分ほど走ると
景色が一変する

場所は八雲町の東岩坂
子育て支援センター<たけのこ館>

すぐ横は田んぼ
稲刈り待ち中、黄金の絨毯!



<第3回ハピリコ会>

練習曲はさんぽと子守歌

さんぽは2種類の楽譜を準備
①色付き音符の楽譜
②五線譜にドレミ(カタカナ)のみ
で、音譜はなし

全員②のほうをみると
問題なく、抵抗なく、吹ける(発見!)
今後は、知ってる曲はドレミのカタカナ楽譜だな。
無理して楽譜は読めんでいい(キッパリ)

<こもりうた>
3パートではもって演奏~ステキ!



参加ママ&ベイビー

なおこさん&そうすけ君
ひとみさん&ひなちゃん
しょうこさん&めいちゃん
はるなさん&りなちゃん
あみかさん&みかづきちゃん

スタッフ
愛子副隊長&ほのかちゃんとゆづきちゃん
榎本先生&みずほ先生

リコーダーのいいところのひとつは
ベイビー&子供たちも参加できること

なおこベイビーのそうすけくんは抱っこされながら
リコーダーに口をつけて、吹いてる気分
(ゼロ歳児デビュー

ちびっこメンバーのほのちゃん、ゆづちゃんは
安定の参加(*^_^*)

涙あり
笑顔あり
いろいろありのハピリコですが
出会いも演奏もとても楽しい!
みんな~~ありがとう

そして~
みずほ先生、誕生日おめでとう!



私と愛子さんでバースデーソングをプレゼント♪
予定外の名演?にびっくりされながらも
参加者みんなでお祝いされて
喜んでいただきました!

次回は10月19日(金)
10時半~

近づいたらここ(blog)からも案内しますので
ママさん、パパさん!
貸し出しリコーダーもあるので
参加してごせ~!


前回のハピリコ
https://blog.goo.ne.jp/gouter2008/e/75fae8d94701b9c27aec338875f074e5
コメント

パオパオの会

2018-09-29 | 音楽
初来店の瓢箪山のアジアンレストラン<パオパオ>
https://tabelog.com/osaka/A2707/A270703/27082767/

注文した料理の<一部>

四川料理といえば<麻婆豆腐>



青椒肉絲



エビチリ



砂ぎも



新しいシェフがきて
メニューのレパートリーが増えて1カ月

中国のレストランで勤めてた一流シェフ!
広東料理がお得意で
春雨とホタテは旨味濃厚で
とても美味しかった



他には水餃子、焼き餃子など
どれもサイコーで
お酒はあれど、白飯を頼んで
しっかりいただきました。

さて、美味しいメンバーはこちら~音楽仲間



来年の発表会(もろ)の話など
ざっくばらんな関係は
大学の同期で今も仲がよい
サンデー西村はんと
マンデー諸石はん

この二人と会う時の私は
チューズデー藤原と名乗るが
今さらながら旧姓の亀井を使いたい
だって我ら18歳からの付き合い(笑)

そしてなんと、サプライズの再会といキセキがおこる

手前左のチェリスト&ミニトマト栽培家の亜紀さんと
音楽仲間のコントラバス弾きの北田ちゃん
そして、写真はないが
パオパオの店主ご子息は
亜紀さんのお弟子さんのワタナベ君

ワタナベ君と北田ちゃんははじめてお会いするけど
美味しいものが繋いでくれた音楽仲間!
キセキはそのままにしてはもったいない(笑)

今度はゆっくり集まろう~と
「パオパオの会」を立ち上げました!

<美味しいもの好きの音楽仲間募集中>

コメント

奈良弦楽愛好家

2018-09-27 | 音楽


県庁屋上からみる奈良
法隆寺と鹿親子



曇り空に若草山



奈良の都弦楽合奏団の練習に参加



はじめて参加のHさんと
六甲の団員でソロも弾かれるKさんが加わり
あっという間の合奏、2時間半

土地柄、キャリア、年齢、性別など
関係なしで<集まれ弦楽器愛好家>

奈良のみなさんの<熱>を感じとって松江に戻り
やる気満々の私!
<広げよ~弦楽器愛好家の輪♪>

本番は11月16日



入場無料
お近くのみなさん、ぜひお越しください。
私ものらせていただきます。

前回の奈良の都弦楽合奏団についてはこちら↓
https://blog.goo.ne.jp/gouter2008/e/10e21885e92e6e535eb52f0163c73262
コメント

6才さんへのチャマコン

2018-09-21 | 音楽


雨のコスモス裏表!

本日、6才さん80人のコンサート♪
チャチャマゼルの本番です

伝えるじゃなく伝わるために
どうするか?

それぞれが舞台や演奏会をみてきいて
得たことを話し出すと
ついつい白熱してしまう・・・
似たものコンビ(-_-;)

この時ばかりは
「わたしー、わたしー」になる

お互いのダメだしを
素直に受け入れれるかどうかが
最強コンビの分かれ道(笑)

さてと本番は
「冷静に楽しんで盛り上がります」

そして、明日は奈良へ

連休のblogはお休みし
明けての更新予定です。

よろしく~
コメント

続・大阪クラシック2018

2018-09-17 | 音楽


大阪クラシック2日目

第14公演
本町ガーテンシティにて
ベートーヴェン セレナード二長調作品8

チェロの庄司さんの
わかりやすい解説をはさみながらの進行

若かりし頃のベートーヴェンが書いた
遊び心もある美しくききやすい曲を
明るい気分で楽しんだ

ステージが間近で
3人の演奏する様子がよくみえ
まさにお客さんと一体になる空間でした
好演~ブラボー!

ビルの前
<ブレンダのヴィーナス>
フランチェスコ・メッシ



15公演は
ブラームスの
ホルン三重奏曲とクラリネット三重奏曲


どちらもはじめて聴く
ホルンのほうは作品40
クラのほうは作品114

作曲する年齢によって
ずいぶんと曲の感じが違うことがわかって
興味深いし、どちらもブラームス・・・
いいですね~💛

もちろん、5人の奏者みな素晴らしい!

第19公演は
ヴィオラ・オーボエ・ピアノ



オーボエ、ヴィオラ
それぞれ独奏でシューマン

3人のアンサンブルは
クルークハルトという作曲家の
葦の歌 5つの幻想曲作品28

クルークハルトは19世紀に活躍した
指揮者で作曲家
オーボエの甘さと
ヴィオラの深みと
万能のピアノが交わろうものなら
誰もが幸せな世界へ・・・

そんな魔法をかけれる3人の美女



演奏後、ステージに出てこられたので
撮影させていただいた。
(blog掲載OK)

ビオラ 中島悦子さん
オーボエ 佛田明希子さん
ピアノ 岡順子さん

ステージをおりても
チャーミングな3人♪
ブラボー×100!

感動しながら会場でると・・・



天井



2日間9公演の<大阪クラシック>
中央公会堂を後に梅田へ向かう




演奏がGoodなのはいうまでもないが
お客さんもすばらしい。
はじめて聴く曲を楽しみ
演奏者をリスペクトしてる様子が感じられ
会場の雰囲気が和やか


オレンジのTシャツを着るボランティアさんや
スタッフのみなさんも無駄がなく
さすが、13回目のイベント

ますますクラシック好きになって
困ったな~~(笑)

楽しい2日間でした!










コメント

大阪クラシック

2018-09-16 | 音楽


大阪クラシックレポート②
初日2つ目の会場は<日本生命本店>



ビルの前にはオレンジのTシャツを着たボランティアさん



クラリネットトリオの演奏で
「おとぎの国」に連れて行ってもらえ
ルンルン気分~~~

第4公演



すでに会場はあふれんばかりの人で
もちろん立ち見

演奏者の後ろにスクリーンがあり
演奏風景が映し出される(お客様ファースト!)

映像のほうが少し遅れ
音とのずれがあって私は気になったが
弾いてる様子がわかるのはいいとおもう

楽しそうに演奏する5人の弦楽器奏者が奏でる
メンデルスゾーンの世界は
ファーストの田野倉氏が言われてたように
最後はハッピー&これぞ、メンデルスゾーン♪
はじめてきく<メン5>ブラボーでした



中之島から西梅田へ

ヒルトンプラザイーストの1階アトリウム



バイオリンの第5公演と
チェロの第10公演を聴く

どちらも空間に人がいっぱい!
吹き抜けになってるので
上にいくほどよくみえる
(こちらチェロは3階から)



バイオリンは後半、下手側の
3列目ぐらいで聴く



バイオリンの小林さんのストラヴィンスキーのディベルティメントは
難曲をいとも簡単に演奏され、ブラボー!

チェロの庄司さんはプロコフィエフのチェロソナタ
すでに開演前は人がたくさんいるけど
ステージの上で音を出して、さらいながら
会場の響きをチェックする、これぞプロ!

二人とも好演でとてもよかったが
吹き抜けの会場で音が抜けて
場所によってはかなり聞きづらく
そこが難点!
(きっと弾きづらかっただろうなと心配してますが)

それでも音楽を楽しむという意味では
雰囲気はバッチリ!

第8公演は
アイアランドの六重奏
(アイアランドという作曲家、はじめて!)

場所は中之島ダイビルだが新ダイビルへ



間違いに気づき雨の中、急いで本会場へ向かう



演奏すでに始まって数分たっていて
ビルに一歩足を踏み入れたら
弦楽四重奏の響きの中に溶け込むように
ホルンとクラリネット・・・
そこは<夢の世界>

うっすらと暗い会場には
集中してきくお客さんがいっぱい。
演奏もいいし、ココは最高!

最後は19時半から
唯一有料公演でバッハのミサ曲ロ短調
はじめての中央公会堂の中集会室



初日の公演の締めくくりに最適なプログラム
素晴らしい歌声に大満足♪



この後、友人と飲みにいったら
ホールの店員さん3人全員ネパール人!

~大阪クラシック初日はこれにて終演~


















コメント