未来を見つめて

この世のからくりに気付き
真実に目覚めていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

フリーエネルギーに直結するUFOテクノロジー

2014-03-27 | フリーエネルギー

「ナチスドイツを作ったのは、日本人だった!」の記事で
ナチスドイツが地球製UFOを開発していたことや
ナチスのテクノロジーをアメリカが受け継いでいることを紹介しました。
現に、アメリカがエリア51でUFOを製造しているという噂が絶えませんが
では何故、アメリカ政府はUFO情報を公にしないで隠蔽工作しているのでしょう?

それは、UFO問題とフリーエネルギー問題が直結しており
UFOがフリーエネルギーで飛行しているシステムがばれてしまうと
石油や石炭、原発もいらなくなって、支配者層が牛耳っている
エネルギー産業が成り立たなくなる=利権が絡んでくるからです。

UFOは、フリーエネルギーで飛んでいる!
このことを知ったのは2年前、井出治氏がきっかけでした。







・現在の発電方法は180年前の方法であり、まったく進化していない。

・これに着目した井出氏は新たな発電方法「第三の起電力」を研究。
試作3号機において効率113%を達成。

・これについての論文が1995年米国物理学会の「応用物理ジャーナル」に掲載された。
1999年12月NASAのラングレー研究所にて新たな論文を発表した。

・これが実用化されると化石燃料など必要なくなる。
エネルギーコストは格段に安くなる。



この井出氏の動画を見てUFO=フリーエネルギーを知ったその直後に
当時ネット上で話題になった映画「THRIVE」(You Tube版)を知りました。
(劇場公開されておらず、ネット上で広まった映画です)

この映画は、支配者側自らが構築した社会構造を暴露したもので
この中で語られているフリーエネルギーの話が井出氏の言ってることと
全く同じ内容の合点がいくもので、より理解を深めることができました。
丁度のタイミングで、知りたい情報がやってくるものなのだなぁと
引き寄せの法則とか、シンクロニシティを感じたりもしました。

UFO情報の隠蔽は、フリーエネルギーの弾圧と密接な関係がある。


(世の中の社会構造を知りたい方は10分割すべてご覧ください)


昔は研究者が弾圧されたり、命を狙われたケースも多かったようですが
今では、井出氏のような研究者を広告塔に利用したり、(よって命が保障されている)
支配者側自ら陰謀暴露映画まで作ってディスクロージャー(情報公開)
するようになったのには、何か意図があってのことなのでしょう。
(ネガティブに捉えることもできるし、ポジティブに捉えることもできますね)



UFOテクノロジー=フリーエネルギーをもう一歩踏み込むと
UFOテクノロフー=フリーエネルギー=プラズマとなって
飛鳥昭雄氏の「UFOプラズマ理論」になります。

UFOは、プラズマで飛んでいる!




・ナチスドイツのUFOテクノロジーを受け継いだアメリカは
第二次世界大戦中には、アダムスキー型地球製UFOを完成させていた。
=アダムスキーの宇宙人遭遇話は作り話だった=アダムスキーも広告塔。
=地球上で目撃されるUFOのほとんどは、地球製UFOってことです。

・飛鳥氏が提示する写真は、合成写真のものもあるとの噂なので
動画中で紹介されているUFO写真も合成の可能性があるかも?です。

・プラズマは、地震兵器にもなる。



P.S.プラズマについては、改めて取り上げる予定です。





コメント (2)

未来の歴史教科書

2014-03-18 | 近現代史

ネット界の雄、ネット・ジャーナリストのリチャード・コシミズ氏と
ムー編集長の三上丈晴氏の珍しいツーショットを見つけました^^;
(↑ペンネーム三神たけるでも活動中)

リチャード・コシミズ氏は、3/11人工地震テロを知って辿り着き
ユダヤ権力による世界支配、アンダーグラウンドな裏社会の構造
歴史の改竄や捏造(近現代史は、「ユダヤ権力による人類騙しの歴史」
第二次世界大戦は、「シナリオ通りのでっちあげ戦争」等)を知り
この世は筋書きのあるドラマ(茶番劇)であるというからくりに気付き
自己の意識改革に繋がる多大な影響を与えていただいた存在です。
(但し、ミスリードもあると思うので鵜呑みはしていません)

人類騙しの歴史がわかれば、世界の謎やからくりもわかってきます。
今、世界規模で頻繁に起こっている地震や異常気象、テロやデモ
ウクライナ情勢やマレーシア航空機ハイジャック事件?等も
同じ勢力が起こしているということに気付きます。


↓コシミズ氏新刊書「未来の歴史教科書」トーク・ライブの模様です。
私達が教科書で学んだ歴史は、史実ではありません。
(出発点の人類の起源=進化論からして誤りです)

いつもは、ブラック・ユーモアに富んだコシミズ氏が
いつになく、真剣で真面目、冷静沈着な面持ちで
やけにメイソンを強調して陰謀論の方向に誘導しようとする
三上丈晴氏を無反応で冷静に対処するコシミズ氏の姿勢には
私達に歴史認識を正してほしいという真剣さが伝わってきます。


リチャード・コシミズ×三上丈晴ムー編集長「未来の歴史教科書」ダイジェスト2014.03.01



・アメリカが日本から収奪した金が、南北戦争の資金源になった。

・南北戦争の真の目的は、黒人の奴隷解放ではなく
ユダヤ人に他の民族と同じ権利を与えることだった。

・坂本竜馬は、偉人でも英雄でもなく武器商人であった。

・ジョン・万次郎は、明治維新で一番重要な役割を果たした
アメリカのスパイであった。

・坂本竜馬はじめ、明治維新の登場人物は、皆メイソン会員で
(明治維新に限らず、有名な歴史上人物は皆そうであると思ってます)
明治維新は、仕組まれた「メイソン革命」であったということですね。


動画に出てきたフリーメイソン=三角定規&コンパス。
この三角定規とコンパスで描ける国旗と言えば、日の丸ですね。
これで、日本が中心的メイソン国家であることがバレバレです


リチャード・コシミズの未来の歴史教科書

リチャード・コシミズの未来の歴史教科書著者:リチャード・コシミズ価格:1,995円(税5%込、送料込)楽天ブックスで詳細を見る







☆おまけ☆
青い目の侍、ベンジャミン・フルフォード氏と
サイエンス・エンターティナー、飛鳥昭雄氏という
ユニークなツーショット動画も見つけたのですが
音が悪くて何を喋っているのかわかりにくいので却下
書籍だけリンク貼り付けときます。




二人が陰謀論で繋がっているということは
二人ともあちら側のエージェントということですね。
リチャード・コシミズ氏もしかり。
トンデモ論や陰謀論には、真実も含まれているので
大いに勉強になる反面、一方ではミスリードしている
可能性もあるので、くれぐれも鵜呑みは禁物ですね。





コメント (2)

3.11人工地震テロから3年

2014-03-11 | テロ・事件の真相

覚醒のきっかけになった3.11人工地震テロから3年。
ネットの世界では、人工地震というのも常識になりましたが
絶対に風化させてはならないという思いと、覚醒者が増えること
復習の意味も込めて今年も取り上げたいと思います。

3.11は、9.11テロの続編となるテロ事件です。
(オウム事件→日航機墜落事件と、すべては繋がっていきます)

被災地復興、脱原発を叫ぶ前に、3.11テロ事件の本質(真相)を
知ることが先決です。
真実を知って初めて、被災者の方々に真に追悼の意を表せると思うのです。

そして真実を知ったからといって、怒り心頭して
抗議デモや暴動を起こすことは、あちら側の思う壺。
闇雲に行動を起こすことがいいことではありません。
世の中の混乱(暴動化)を狙う罠には引っかからないように・・

今すぐ、私達にできること。
被災地、被災者のため、世界平和のために、日々「祈る、願う」
たったこれだけの意識を変えるだけで、意識改革を起こすだけで
心の浄化=地球の浄化(腐敗した膿の浄化)に繋がると思うのです。

静かなる戦争には、静かなる(内なる)意識改革がまず大切です。


3.11人工地震テロNAVERまとめ

3・11[人工地震説の根拠]衝撃検証泉パウロ著
アメリカが日本を地震兵器で襲う―秘密の計画書の存在も暴露されています!



3・11は日本破滅の序曲となる核テロだった!


・2011/7/11の浜田和幸、復興担当政務官の答弁は必聴です。
日本政府は、アメリカが人工地震兵器を保持していることを認めていた!
(人工地震兵器は、戦時中に既に使用されていた旧式の兵器だった)



3.11人工地震テロ疑惑を知って辿り着いたのがリチャード・コシミズ氏。
↓の動画はテロ事件の背景や裏社会の構造も理解でき、大変勉強になりました。
10分割中の6分割までは是非ご覧ください。但しすべて鵜呑みは禁物です。
7分割からの放射能漏れ偽装説は、ミスリードかも?と懐疑的に思っています。

リチャード・コシミズ【3.11同時多発テロ】2~6(動画)

3.11同時多発人工地震テロ(アマゾン)



リチャード・コシミズ氏の経済視点の「経済戦争説」
泉パウロ氏の聖書視点の「真のユダヤ人(契約の民)である日本人叩き説」
これをとことん突き詰めていくと、人類の創造主=真の地球支配者の
神によるシナリオが用意されているというところに行きつきます。
(含みを持たせた終わり方?)





コメント (3)

ナチスドイツを作ったのは日本人だった!

2014-03-04 | シャンバラ

真実探究に目覚めてから、SF的オカルト思考の
許容範囲を広げてくれたのが、飛鳥昭雄氏の動画でした。




・現代兵器(広島投下の原爆)を産み出したナチスドイツの
スーパーテクノロジーで今、世界中が荒れ果てている。

・アダムスキー型(地球製)UFOを作ったのもナチスドイツ
=アダムスキーの宇宙人遭遇話は創作だった。
(宇宙人やUFOの存在をほのめかすプロパカンダ)
=地球上で目撃されるUFOの大半は地球製UFO

・ナチスドイツのスーパーテクノロジーの源は、シャンバラ。







・アダムスキーの宇宙人遭遇話が創作だったように
ロズウェル事件も、バード少佐のシャンバラ遭遇話も
話の辻褄を合わせる為の創作、或いは謎を解き明かす為の
ヒントとなるように創作したものだと個人的には思っています。

・旧約聖書の外典「第4エズラ書」には、イスラエル10支族が
向かった先が、アルザル(シャンバラ)と書かれている。

「彼らは、多くの異邦の民を離れて、人がまだだれも住んだことのない、
ほかの地方にいくと決心した。彼らは、それまでいた地方では
守ることのできなかった『掟』を、そこで守りたかったのである。
彼れはユーフラテス川の狭い支流を通っていった。そのとき、いと高き方は
彼らにしるしを行い、彼らが渡るまで川の流れをせき止められた。
その地方を通りすぎる道のりは長く、1年半に及んだ。
その地方は「アルザル」と呼ばれている」(第13章40~47節)


また、「エレミア書」には、アルザルに移住した
イスラエル10支族の帰還が預言されている。

「見よ、わたしは彼らを北の国から連れ戻し
地の果てから呼び集める」第31章8節)


・釈迦の預言
「北の果てから入る世界にシャンバラという世界がある。
そこは寿命が約1000年であって、聖人が棲んでいる世界がある」

「「やがてシャンバラは地上に姿を表わす」


・聖書の預言と釈迦の預言が一致するところや
古代史とSF物語が結びついてしまうところが面白い!

・出雲大社の心御柱のマークとシャンバラのマークが同じなのも興味深い!


これって、アダムスキー型UFOの底の
3つの電球の球のような炉心部分に似ている?!
シャンバラ=チベット=日本(ムー)=宇宙文明が繋がった!








ここから、飛鳥氏の最新情報です。



・ヒトラーは生きている⇒ナチズムは生きている。

リチャード・コシミズ氏の「ヒトラーは96歳くらいまで生きていた説」や
ホロコーストはなかったとする「ホロコースト捏造説」もあります。
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/hitargentine.htm

・ナチスドイツのシンボルは、日本人が作った!

赤色と白色を反転させた日本の国旗「日の丸」に
ムー帝国を象徴する卍(かぎ十字)文字は
正に日本そのものですね!


・戦前、京都には五色の色の秘密結社があった。
(白龍会、黒龍会、赤龍会、黄龍会、緑龍会=五色人と対応)

・ナチスドイツ、ヴリル協会と結びつく緑龍会(グリーンドラゴン)とは?

・日本が創り出した怪物ヒトラー(ナチズム)は今も生き続け
自身が預言した悲願のナチス第4帝国成立を目指し続けている。



全世界中の秘密結社というのは、すべてどこかで繋がっていて
日本はアメリカと、アメリカはロシアと、ロシアは中国と、という風に
国家間を超えた世界規模のグローバル的な視点で物事を捉えないと
世の中の謎や闇、仕組みは解くことができないと思います。





コメント (2)