食品のカラクリと暮らしの裏側

食品の安全・安心が総崩れ、また政治・社会の矛盾や理不尽さも増大
暮らしの裏側の酷さやまやかし、危険性・不健全さに迫る!

ネギトロは絶対食べるな!どんな魚か不明・様々な油脂・過剰なトランス脂肪酸/回転寿司の真相218皿目

2020年01月08日 | 植物油塗る・ネギトロ
Tunatpr11

Pointminin11 回転寿司の真相シリーズ218皿目 第2部/マグロの赤身・ネギトロ編
ROUND13 ネギトロは命を縮めるので絶対食べるな
ネギトロは絶対食べるな!どんな魚か不明・様々な油脂・過剰なトランス脂肪酸

Sushid218  F111200706062340153469
このROUNDの画像は、ネギトロの他に刺身・握り・ちらし寿司などを掲載します

Maguromini ここからは、「ROUND13/ネギトロは命を縮めるので絶対食べるな」の連載です。少々、過激なROUNDタイトルでも、読み続けるにつけ“ネギトロの怖さ”をご理解して頂けると思っております。あなたは回転寿司店でネギトロ軍艦巻きを沢山食べ、そして飲食店でもボリュームたっぷりのネギトロ丼を、勢いよくかき込んでいては健康を害します。そんなにネギトロを食べていては、勢い余ってあなたの残りの命さえも早まってしまうでしょう。皆様が大好きなネギトロがどうして食べてはいけないのか、「ネギトロの三大恐怖?」の概略を説明致します。

■食べてはいけないネギトロの「三大恐怖」があなたの命を確実に縮める
(1)ネギトロの恐怖1/ネギトロの食材は、どんな魚か、どんな品質か分からない!
ネギトロの大半が、パサパサな質の悪いマグロを使っています。身肉に異常があるマグロ~冷凍処理を誤り黒くなったもの、海中で死んで白くなったもの、病気を持っていて緑光りするもの、このようなセリに出せない酷いマグロが多く使われます。最近はもっとレベルを下げ、アカマンボウやマグロとは別種の魚も混ぜます。悪質な場合は、白身魚を混ぜ着色して作るのです。ネギトロを食べたつもりでも、全く別の魚を食べていたことになってしまいます(苦)。

(2)ネギトロの恐怖2/禁止薬剤など様々な油脂や食品添加物が塗されている!
質が悪いマグロを使うため、植物油(サラダ油)、ラード(豚の脂)、成分不明のとろみ油・食品添加物を混ぜてトロ感を出します。一部の水産加工業者は、禁止薬剤を使っている情報も聞きます。ねっとりした感触は、マグロそのものの脂ではないのです。ネギトロと呼んでも、マグロの旨みが凝縮した中落ちを使っている訳ではありません。不自然な作り方をしているのが、昨今のネギトロと知っておきましょう。

(3)ネギトロの恐怖3/食べ過ぎるとトランス脂肪酸を過剰に摂取し命が縮まる!
混ぜる油脂の中でもショートニングを使った場合は、含有するトランス脂肪酸を多く摂ってしまいます。ネギトロ軍艦巻き2貫で、トランス脂肪酸の1日当たりの摂取限度の約半分に至ります。量の多いネギトロ丼を食べれば、とんでもないトランス脂肪酸を摂ってしまいます。このように食べ過ぎれば、心臓疾患の危険性が高まります。*後号で、個々の説明をして参ります。

酷い実態は全ての回転寿司店を示すものではありませんが
多くの店で横行しているのも事実です。

Nzretop200

この記事についてブログを書く
« 松尾貴史コラム◇「桜疑惑」を... | トップ | 自民党秋元議員の逮捕など海... »

植物油塗る・ネギトロ」カテゴリの最新記事