ゾウさんと暮らす

79歳の 夫ゾウさんと 暮らす 
76歳の 妻が  それなり の 
元気を 綴っています。

歴史講座研修 5 蓮の季節 平筒沼

2018年09月05日 00時24分50秒 | ・ 歴史 ・ 歩く

 歴史講座研修 5  蓮の季節  平筒沼 

日和山から 道の駅「上品の郷」に 寄る。

ますます 強い雨になった。 傘を持つのは 面倒,

バスから 走って 店へ入る。 トイレ休憩と 買物。

夕食の 惣菜と、食油が 切れていたので 探す。

道の駅から 学習村へ 行く。

 民 具 や たくさんの 釜神さまを 見る。 竃 神 ?

外を見たら 大きな沼があった。  雨。

小降りになったので  蓮を 撮りに 出る。

これは 長沼・伊豆沼より 南東にある 平筒沼。

私のカメラでは うまく撮れない。

下のは 館の中にあった 写真。

これが 沼の 反対側から 学習村を 撮ったもの。

蓮が きれい。 

 

バス走行中も 強く 降っていた。

歴史講座を やっている 文化センターに着いたときは

ウソのように いつの間にか 晴れあがっていた。

歴史の勉強は 5回終わった。


歴史講座研修 4 芭蕉の次に、啄木・賢治が 

2018年09月04日 00時37分14秒 | ・ 歴史 ・ 歩く

歴史講座研修 

4 芭蕉さんの次に、啄木・賢治さんの名前が 並んでいる

xxxxxxxxxx

日和山は 大雨になった。

わたしも 駆け足になって 説明したいところだが……。

日和山には 何度か 来ている。

松尾芭蕉「奥の細道」を なぞる旅をしていたころ、だ。

曾良旅日記には 十一日 天気能。石ノ巻ヲ立。

と あるだけ。( 芭蕉さんは もっと そっけない )

それなのに 二人の旅装の像が ある なんて ……。

解説板の 冒頭 

日和山は、松尾芭蕉、石川啄木、宮沢賢治など 多くの

文人墨客が ・・・・・ と あった。

一緒のバスの方 「岩手は すごいなぁ」と つぶやいた。

そうです。 岩手出身の 石川啄木、宮沢賢治が 芭蕉の次にある。

ここは 宮城なのに、 岩手の文人が 芭蕉の次に。 

なんと うれしいことか。 岩手県人は 思う。

xxxxxxxxx

啄木は 明治41年 釧路から海路上京する途中、

荻浜(おぎのはま)港 に立ち寄った。

港町とろろとなきて輪を描く鳶を壓せる潮曇りかな」の歌碑がある。

    (啄木生誕90周年記念)

賢治の 詩碑には

われらひとしく丘にたち 青ぐろくしてぶちうてる 

あやしきもののひろがりを 東はてなくのぞみけり

そは巨いなる鹽の水 海とはおのもさとれども 

傳へてききしそのものと あまりにたがふここちして 

ただうつつなるうすれ日に そのわだつみの潮騒の 

うろこの國の波がしら きほひ寄するをのぞみゐたりき

明治45年 中学4年の修学旅行にて 

はじめて見た海に感動して詠んだ詩、と いわれている。

xxxxxxxx

公園内には、ほかに 新田次郎と 釈迢空(しゃくちょうくう) の 歌碑もある。

xxxxxxxxxx

雨が 強くなっている。

この 眼下にある風景が 2011年 がれきの山に なったのだ。

ここ 日和山は 高台 (標高56.4メートル) だから 

津波被害は ない、、、だろう、 しかし 地震は ?

石灯籠は 大丈夫 ?? 

街をすこし 歩いて きたので 

よくも まあ …… と おもうだけ。

xxxxx 

日和山は、昭和58年(1983)の発掘調査で、

大規模な中世城館があったことが 確認された。

先の 案内板に 石巻市教育委員会の

「石巻市のシンボル的な城跡『石巻城』として

長く保存することになりました……」、とある。

xxxxx

最後は 帰り道のはなし。


歴史講座研修 2 船の名前のデパート

2018年09月02日 00時11分42秒 | ・ 歴史 ・ 歩く

歴史講座研修 2 船の名前は 観慶丸

旧観慶丸商店 昭和5年竣工 した デパート。

カレー屋さんをしたときもある、などと 説明が はじまった


2011年の 震災のために 休館。

2017年11月、 本格オープン。 

江戸時代から 廻船業に携わっていた 須田家。

「観慶丸」という名前は 船頭をつとめていた 船の名前。

この間まで 2階で、毛利総七郎氏が 収集した縄文土器など

「毛利コレクション」を 展示していた、 そうな。

海の 近くにあった 石巻文化センターに 展示された

ときに 2度ばかり 縄文土器などを 見に行ったことを 思い出した。

 創業時の 配電盤? 分電盤 ? 

xxxxxxxxxxxxxx

次は 壽福寺 。 鋳銭場の 供養碑を 見るために 寄った。

          九 曜 紋 ↓

 九曜紋 ?  伊達には 多いらしい。

この間 九戸で 見てきた のも  九曜紋だったが……。 

鋳銭場の 供養碑。 寄ったところで 読むことは 出来ないが……。

xxxxxxxxxxxxx

昼食のころ 降りそうな 天候になった。 xxxxxxxxxxxxx 

傘をもっていった。 おいしかった。

 これから 日和山へ いく。 


歴史講座研修 1・ 石井閘門 

2018年09月01日 00時26分19秒 | ・ 歴史 ・ 歩く

8月30日(木)歴史講座 最後の 研修旅行だった。

最初は  岩手県南の 大籠キリシタン資料館に 寄る。  

心配されていた 雨風は 午前中 大丈夫だった。

宮城県に入っての はじめは 石巻市の北上川にある 石井閘門(いしいこうもん)

日本国内で稼動する閘門の中では 最古のものであり、 西洋式の本格的な閘門。

20025月、国の重要文化財に 指定。

名称は、建設の指揮を執った 内務省土木局長の石井省一郎に由来する。

 

重要文化財である 石井閘門の 海の方向に

新しい水門をつくる工事をしていた。 

水門の「堰柱」と呼ばれる 高さ約10m

柱になる部分に コンクリート打設、

囲いの中に 型枠を組んで、…… 略 ……

生コンクリートを 大量に 流し込んむなどの 基礎工事は終わって、

新しい 石井水門の姿が 見えていた。

 xxxxxxxxxxxxxx

天候は しばらく 良かった。

続きは また。 


「はしわのわかば」 松井の滝 ②

2018年08月13日 00時01分04秒 | ・ 歴史 ・ 歩く

菅江真澄を 学んでいたときに

松井の滝 の 写真を 渡された。   但し書きには

「長泉寺の 先々代の住職が ガラスの乾板のカメラで 撮影した」

と ある。 長泉寺は ここ 大原にある寺である。

xxxxxxxxxxx

講座 3回から 4回の間に 大原の 地形を 調べておいた。

滝の写真が載っている 本も 見つけておた。

2002年刊の 「菅江真澄の岩手東山漂遊記」で みて

気になっていた 風景。 その 滝の 記述は 現代文にすると

「 水は 岩にせき止められて 3つに分かれ、流れ落ちている。

岩の間に 大変古い松の木がある。月出が平という 山のふもとに

岩松山経蔵寺がある。」

その本には 「昭和前期の写真」と あった。 

肝いり 芳賀家の 近くにあるという 

松井の滝を 今度こそ 見たいと 思った。 

「はしわのわかば」に 書かれてある 肝いりの 芳賀家。

そこなら 2度 行ったことがある。いつの間にか 忘れていたが。

xxxxxxxxx

今年度 4回目の 講座が 終わったとき 

会場で 「 大原 八景 」 の 写真を 見た。

そのなかの 一枚 に  慶竜寺。

松井の滝は その近くだという。 

奥に 墓地がある風景を 簡単に 写生した。

そこにいる 方々 「 滝は いま ない よ 」。

それでも いいのだ。 想像すればよい。

xxxxxxxxxxxx 今度は 迷わなかった。 

芳賀家へ 行く道に 入らずに 川がある方向 右へ曲がる。

あった。 この間は 川だけを 気にしてしまった。

今回のように 調べ尽くしていれば 失敗しなかった の だろう。

左手に 標柱がある。    右わきの 記述 は

天明6年 春 (1786)春 菅江真澄と 芳賀慶明は 松井滝に遊覧した。 

二人は 山吹ケ柵、吉村公誕生地、長泉寺を見歩いた後、松井滝を訪ねて 

その 景観に感動し、歌を詠み交わした。

川向かいは 鎌倉山、橋の正面は 月出山、その麓は 経龍寺跡。

 標柱にある 経龍寺跡 …… 

 写真で見た 大原 八景 の 慶竜寺 

 オンは 同じ だから 多分 同じところだろう。

 ここで 詠んだという 歌。

岩がねの 松のみどりも 花の色も 

ちらでぞかかる きしのたきなみ   真澄 

峰の松 松井の水に うつろいて 

なみもみどりに 落る滝つせ     慶明

と ある。私は  作者は、逆だと 思っていた。

 砂鉄川 と 書かれてある。

橋の 上手を 眺める。↓ 滝らしきものは ない。

下手からも 撮る。

橋の 下を 見る方法はない。見えても 滝は ない のだ。 

モノクロ写真にある ↓ 月出が平 の 月出山 = 

 

 

滝は ないが、 月出山の 姿は 変わっていない。

モノクロ写真は この 写真の 右手から 撮ったのだろう。

よくぞ 写真 残してくださった。


「はしわのわかば」 松井の滝 ①

2018年08月12日 00時43分31秒 | ・ 歴史 ・ 歩く

6月末から 8月初めにかけての 歴史講座が あった。

よその地域の講座だったので

隙間があれば 入れてほしいと 電話をしたり

手紙を書いたりしたのは 5月だった。

第1回 製鉄について   3回・4回が 菅江真澄「はしわのわかば」。 

xxxxxxxxxx

下北から 帰ってから 菅江真澄を 知った。

 以後 講座を みつけると 勉強に 行った。 本も 買った。

終焉の地 秋田にも 2度 訪れた。

真澄について の とけない謎は 其のままだが

旅日記は 面白い。

xxxxxx

そのころ ゾウさんと二人 奥の細道 を 巡っていた。

終わったときには もう 体力が 無くなっていた。

xxxxxxxx さいわい

真澄の「 はしわのわかば 」の ことだけで あれば

岩手であるから なんとか なる。

xxxxxxx 今回 渡された 資料の中に あったのは

松井の滝の 写真。 

 

      袴の人 ↑   中央にも ↑ 人のような

xxxxxxxxx

六日  よむべの雨もなごりなう晴て、花かあらぬか、

山のはごとにかかる白雲いとふかし。

松井といふ処におもしろき飛泉(タキ)あり、けふはその滝見なむ

いざたまへとあるじ芳賀慶明のいへれば、やをらここを出たち、

うちかたらひゆけば山吹が柵といふあり……

xxxxxx

講座のあとに この施設から そう 

遠くないという滝を 探しに行った。  

川の流れを 見つけて 寄っていった。

(これが 間違いのもと だった)

澄んだ流れの 小さな川。

下方に 大きな 石を見つけた。

車を 止めた。

 くるみの木。

この日 滝を探し出すことは 出来なかった。

では また あとで。


マ リ ア 観 音 の 町 ③

2018年08月10日 00時10分24秒 | ・ 歴史 ・ 歩く

岩手県 一関市東山町長坂 

安養寺 幽玄洞の 近くに マリア観音がある。

いろいろ 調べているうちに 思い出した。

写真 上方の 穴の 中に 観音さん あった。、

そんなに 奥ではないから 見ることは 出来るだろう。

   入山は 出来ないとあるから 入らなかった。

 xxxx    ゾウさんに 聞いた。

洞の前を 左へいくと 細道があって 

同じように 観音像があった、と xxxxxxxxxxxxx 

厚ぼったい方の「東山町史」 昭和53年 ( 1978年 ) 

  マリア 観音 (子安観音)…… P・943  後半を 書きうつした 

東山町 マリア観音    

…… 宮城県史 編纂委員 小原 伸 氏は 

文献や史料が無くとも じかに この石像を見るがいい。 

法会の衣紋線は佛教的ではなく かぶっているのはベールである。 

高肉彫りの 聖母が キリストを抱く石像である。 

東京聖三木修道院長 チースリク神父は 

このマリア像を一見して日本における稀有なる存在と激賞された。 

私は仙台藩に残された貴重な信仰の遺物と認めたい。 

慈愛に満ち溢れる顔面に佛教的な要素は認められない」と述べている。……

以上 


マ リ ア 観 音 の 町 ②

2018年08月09日 12時27分52秒 | ・ 歴史 ・ 歩く

マ リ ア 観 音 の 町 ②

鍾乳洞 近くの 駐車場へ 着く、と

ゾウさんに「 休んでいて 」と 言って、 一人 

お寺 方向まで 歩いた。

安養寺手前で 「幽玄洞」入口の 写真を 撮りながら

下の写真のところまで 歩いたことまで、、、     昨日 書いた。

観音霊山の 標柱から さらに 奥へ 行く。

               ↓ マリア観音は これではない。

 

奥に ↑ 山門がある。

      ↑   張り紙 が あった。 

落石のため 閉山しています。 (有)幽玄洞観光

山門 裏手へ 回ってみた。

 この 洞へ 入った 記憶 ある、ような。

そこに マリア観音の 石像が ある ??

それから、左手に 崖のようなところに 杣道が あった 気がする。

もう 20年の前のこと。 だから あやしいので 明記しない。

xxxxxxxxx   帰宅して ネット 検索

いわて マリア観音 と 入れてみた。 たくさん 出てきた。

これが 画面 はっきりしていた。

www.sukima.com/16_hanamaki01_03/07maria.html

最後まで 読んで

唐梅舘に 行く道だということを おもいだした。 

東山町史を 探した。

東山町史 昭和53年11月  
東山町の歴史 (地域史シリーズ43) 平成3年2月 

1978年  と   1991年  のだ。 

マリア観音・安養寺など かかわるところ

コピーして ちゃんと 読んでみよう。  

xxxxxxx あした ③ を 出して 終わる 


マ リ ア 観 音 の 町 ①

2018年08月08日 00時27分55秒 | ・ 歴史 ・ 歩く

8月4日(土) 午前 午後の用事をこなしてから

        マリア 観音の ある方向へ 向かった。

マリア観音 は、

おもに 江戸時代の 禁教令によって弾圧を受けた キリシタンたちによって 

信仰の対象とされた 聖母マリアに 擬せられた 観音菩薩の 像のこと。

岩手県 一関市東山町長坂にも その 伝承がある。

 

その像が あるところへ 行く 道を 写真とともに 記す。

東本町の 安養寺 北西方向に 向かうと 幽玄洞入口 がある。

この道から すこし北へ 向かう。

幽玄洞の 出口がある。

 

さらに 行く。 道 右 方向に 小さな 駐車場がある。

  

道 左手、 おおきな 標柱が 見えてきた。

小さな 橋を渡る。 

橋 左手へ 入る。  

沢山の 観音様が 整然と並んでいる。 これは 伝説の マリア観音ではない

 観音の 左手にある

説明板 ・・・・ 観音霊山由緒・・・ とある。

xxxxx 

この渓谷は、前を流れる猿沢川が長い年月をかけてつくりあげたもので、

小猊鼻渓とも言う。

昔は この川沿いに 道がなく、この辺りが

沢の最も奥まったところであった。

左の山門の奥の鍾乳洞が 観音窟である。

それをくぐり抜けた左側の岸壁に更に小さな鍾乳洞があって、

それぞれ一体ずつの子安観音様が祀られている。

この観音像は、そのお姿やこの地形から、

江戸時代に隠れキリシタンとされた人々が、藩当局の追求をかわしつつ、

密かに礼拝したマリア観音ではないかとも言われている。……

・・・・・ 以下 略す ・・・・・・・。

xxxxxxxxx 話しは まだ 続く。

この 上方にある 鍾乳洞にある マリア観音 と 

安養寺の 観音さまに ついては 長くなるので  またあとで。


草取りをした・感想文は仕上がった

2018年07月31日 00時07分15秒 | ・ 歴史 ・ 歩く

歴史など お喋りしたくて 30日に 会うことにきめた。

ゾウさんが 別の 日が よい、と

言ってくれて 良かった。

30日は 宿題を 書かねば ならなかった。

別の日に 変えてもらって 良かった。

それで 29日は 講義を受けて 買い物して 

夕方 帰宅した。

草取りをしなくては。

宿題は 明日 一日で 仕上げることにした。

道路から 見える部分だけでも 抜き取りましょう。

雨が 降ったのは いつだったか 忘れたが

土が 湿っているので 草は 抜きやすい。

草が 茂りほうだいなので 台をおくことが できない。

草を抜き、茂った 小枝を 切った。

空き地が できた。 台をおいて また 草を 抜く。

2時間したら 歩くところが 出来た。

裏の小路は また いつか。

xxxxxxx

次の日(7月30日)

乾かしておいた 草を ゴミ袋に 詰めた。

現代文学講座の 課題の本 3冊の

感想文 は しあがった。

 A 4 の 紙 16枚に 書いておいたものを 

1枚ちょっとに つめた。 すっきり と なった。

蝉が 鳴いている。 


郡内 漢方医師 再教育の 医学所だった 

2018年07月25日 00時05分11秒 | ・ 歴史 ・ 歩く

義経主従は 平泉を 脱出して 北へ逃げた という 

北行伝説が ある。

江刺の 多聞寺にも 投宿したことになっている。

xxxxxxxxxxxxxxxx

その手前にある 明治記念館へ 寄った。

子どものころ 歌った  鐘の鳴る丘 の イメージの地である。

【作詞】菊田 一夫 【作曲】古関 裕而

♪  緑の丘の赤い屋根 とんがり帽子の時計台
    鐘が鳴ります キンコンカン
     メーメー 子山羊も 啼いてます
   風がそよそよ丘の家 黄色いお窓は俺らの家よ

  裏手

多聞寺の 一部であった地 に 

明治時代から 建った 明治記念館。

江刺市岩谷堂字向山42番地1

太平洋戦争 終わるころ 昭和19年(1944)秋、

東京から疎開した作家、菊田一夫の ラジオドラマ「鐘の鳴る丘」の

チーフになったといわれている 4階建ての 建物。 

 ( ネット検索をすれば 詳しいことが 書いてある )

玄関にいた方に 多聞寺の 駐車場を 聞いた。館長さんだろうか。

記念館にも 「あがってみて」  の 意味だろうが、方言で おっしゃた。

「 寄っていって 」という 意味もあるから 入らねば なるまい。 

下北~ 岩手に 戻ってから、 20年以上前に 来たことになる。

 4階へ どうぞの 張り紙、

館長さん ? からも どうぞと 言われたが、 

足が悪いから、 こんな 急な 階段。。行ける か。

どうしよう か。 でも 個々の来るのは 最後になる かもしれない。

のぼった。   ショールダー の カバンが 

ぶらぶら 動いて 平衡感覚が 崩れる。

2階の端っこの 次の階段の わきに カバンを 置いた。 

軽くなった。

これが 4階 からの 風景。

 岩谷堂共立病院

岩手県指定有形文化財  指定年月日 昭和54年(1979)2月27日 

xxxxxxxxxxxxxx

1階には 近世 ・明治期 医療器具

が 並んでいた。

使い込んだ 薬 研 が あった。

下の写真  …… 時代劇が はじめられそうな 器具。

   

明治8年1月。 岩手県 初(当時は水沢県)の

西洋医学における総合病院として開院した。

院長は 旧白河藩士、江戸で蘭学を学んだ 横田信行を迎えた。

一般医療と 共に 郡内漢方医師再教育の医学所 でもあった、と。

xxxxxxxxxxx 以上 


義経 主従が 泊めてもらった 多聞寺

2018年07月24日 00時09分02秒 | ・ 歴史 ・ 歩く

文治5年(1189年)4月、

兄 頼朝に 追われた 義経 31歳は 

平泉 高館で 自刃した、ことになっている。

    ( 場所は 高館ではないという 説も ある)

頼朝に追われて、平泉で 亡くなったのではなく、

義経主従は その1年前に 平泉を 脱出して 北へ逃げた という 

北行伝説が ある。それを 丸々 信じている わけではない。

そこには

江刺の 多聞寺にも 投宿した、というように 書かれてある。

今年度も 「えさし郷土文化館」で 講義を受けることにしたので

空いている 午前中に 寺あとを 探すことにした。

上の写真の

明治記念館の 奥だと 聞いていたから 困ることは ない。

2018年 7月 27日 

明治記念館の前に 車を とめた。

記念館のことは あとで 書く。

脇の道をいくと ネットで みていた 写真と 同じ

小さな お堂が すぐに 見つかった。

(上の写真 の 中央 の 大きな木の 方向)

写真は ゾウさんから 借りた。

私の カメラでとると 小さい写真に 調整が 出来る、が

ゾウさんのは 難しい。

馬鹿チョン カメラ を 忘れないように しないと。

かっては この丘 一帯が 多聞寺 (たもんじ)の 境内だった。

明治5年の 大火により 本堂が 焼失。

そのあと、 わずかに 毘沙門堂 のみを 祀っている。

広い境内には「弁慶の腰掛の松」と 名付けられた老松なども あったという。

 

毎年 お盆には 

すぐわきの 人首川(ひとかべがわ)で 灯籠流しを 行っている。

 

多聞寺 や 明治記念館の 西側に ある 川。

どのへんから 灯籠を 流すのだろう。


 『三葉虫』 百体展 は 8月末まで 

2018年07月14日 00時11分18秒 | ・ 歴史 ・ 歩く

今日になって 【幽玄洞】インターネット割引券

見つけた。 20% も 割り引くのだそうな。

いつもなら H P など 調べてから 出かけるのに。。。。 失敗した。

     パンフレット

 新聞記事を 見つけたのは 数日前。

xxxxxxxxx

幽 玄 洞  展示館。 7月1日~8月31日まで 

「東山の『三葉虫』百体展」

石灰産業が盛んな ここ東山町は、化石の産地としても知られている。

約三十数年前までは「同町で 三葉虫は出ない」と 言われていた が、

当時 千葉県立千葉高校の理科教諭だった 朝生邦夫氏と(故)稲葉正氏

が 採集した 100体もの 三葉虫が 展示されている。

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

このような記事で 「三葉虫」の 展示があることを 知った。。

なんと、展示館には 地元の 七田さんの 化石も あった。

新聞 切りぬき を なくしたので 読み返しが 出来ない。 

書いてあった かなぁ ???

xxxxxxxxxxx ともかく

そっちの方向に 用事があるので ついでをした。

ゾウさんは 興味がない、という。  仕方ないので

( ふたりのときは 家計費から出すのが、我が家の 決まりごと )

入館料は 自分の 小遣いから だした。

xxxxxxxx 

「 知らないことを 知る」のは たのしい。

三葉虫は 上の写真の 右 下 の 隅っこにあるもの。

ヒラメのような 形。 古生代にのみ生息した節足動物である。

左側の 草のような ものは ゆりうみ。

  七田さんが たくさん 集めていた。 

    同年代だったはず、なのに 頑張っている、な~~~。

xxxxxxxxxxxxx 

洞窟には 入らないことにした。

 

1000円なのに 洞窟入らないのは もったいない。

が、  足が 悪い から 危険 …… です。 

 

ゾウさんが 車でまっている。 帰りましょ。

xxxxxxxxxx  帰宅。 調べた。

 という文字が ウミユリの 茎 の 部分についていた。

 

クキ では ない。  え~~と,  そうだ。 ガ ク だ。 

(がく)…… 

植物用語の一つで、花弁、またはその集まりの 外側の部分をいう、と

xxxxxxxxxxxxx 偶然 

ゾウさんの ブログ。  

がくあじさい(額紫陽花)の 額 の部分 に  

 を 書いている。 

私は 額縁の 額 だと おもっていたから ゾウさんに
聞きに行った。
調べた本、 植物図鑑に 萼 紫 陽 花 と あった、 そうで
いつも どおり 「いいのだぁ」で かたづけられた。
 
私も ガクアジサイ を  調べた。
ユキノシタ科の 落葉低木。
アジサイの原種で 暖地の海岸の斜面に自生する。
高さ約2メートル。葉は対生し、卵形で厚い。
6~7月頃6 枝先に大形の散房花序をつける。
花序の周囲に 4~5枚の 萼片から成る
淡紫色の方形の装飾花があり、額縁(がくぶち)に 見立てる。
中央の両性花は目立たず 一見蕾つぼみに見える。
がくそう。がくのはな。がくばな。

 いいのか な いいのかも 

owaru ,,,


はじめてみた 発掘道具 「真 弧」

2018年07月06日 00時02分17秒 | ・ 歴史 ・ 歩く

  どう 使う か わかった

xxxxxxxxxxxxx

2018・6・30(土) 

北上駅で 足止めを くうことになった日

盛岡市で 一番先に 行ったところ が 盛岡市遺跡の学び館。

HPには 駅西口から 徒歩20分と なっている。

足が悪いから 倍の時間をみた。 

ゾウさん、背中・腰を痛めてから 20日ほどたっている。

直ったか どうか テスト 

朝 湿布をとりかえたとき 患部を 軽くポンと 押してみた。

いままでのように 痛ぁい が なかった。直った、、、かな。

だから、ゆっくり 歩けば 大丈夫に 思えた。

おおきな 橋 までは カメラ 出していない。 

よし よし。 だ が

学び館が 見えた。我慢が 出来なくなったようだ。

ぱちり はじまってしまった。

   一緒に入らない なら 入館料は 

   家計費で出さない。よ。自分で、出すんだよ。

脅してみたが、 自分から 先に入る、ということはない。わたし

展示みなくていいんでしょ、そとで 写真を 撮っていてください。

そのときは 「すぐ 行く」 という。

私をだまして から  被写体を 見つけていなくなる。

もう 面倒くさい。

xxxxxxxxxxxxx やっと来た。

2館 共通入館券を 350円×2 を 買う。 (4館 というのも ある)

         ( 午後は もりおか歴史文化館へ行くので )
 
 テーマ発掘調査から 展示まで

何千年も 土に埋まっていた土器や石器を 発掘する。

それら が 博物館に 展示されるまでの 
 
ミュージアム の 仕事を紹介している。 

今回 興味を持ったのは 下の 
発掘調査に 使用する 道具の中に あったもの。
使い方の 説明はあったが、 意味がわからない。 名前は
 
真 弧 と 書いてあった。何と読むのだろう。
 ネット検索した 

これは 真 弧  「ま こ」 。 

いままで みたことが ない道具。

使い方・歴史が 詳しく書いてあって 。

真 弧  とは   

「真実の弧を取る」 という 意味、だという。

面白い !! 

写真。。。上方の 細かい櫛状の 部分を 

形を 写し取りたい土器に あてて

櫛目の 一本一本を 土器に ぴったりと 接触させる。

それを 図面の上の 正しい位置におく。

そして  形を 写し取るのだそうな

 大発見 !!

発掘道具や 製図道具を 見た。それだけでも、よかった。

xxxxxxxxxxxxxxxxxx

ゾウさんが 7月からの ブログに 展示の 写真を

( 撮ってよい、になっている とかで )

たくさん 載せていた。 ワタシの お株 とらないで~~~。

xxxxxxxxxxx はなし もとへ

ゾウさんは 30分もまえに 外へ 出ている。 

写真を撮っているにちがいない。

天気予報は 雨マークがあった。 空を見る。

降りそうではない が なんか 不安で、

タクシーを 頼んだ。

ゾウさんへ ケータイから メールを 打って 呼ぶ。

xxxxxxxxx

途中 小雨 降りだした。あたり~~~。 歩かないで よかった。

県立図書館の前で タクシー 降りる。 600円。

xxxxxxxx

図書館で調べもの。 これは あとで 書く。

xxxxxxxxxxxxx

駅 東口へ 歩く。 でんでん虫 で 城跡公園バス停まで。

もりおか歴史文化館 「盛岡 南部家の生き方」

盛岡藩の終焉と 南部藩が 繫ぐ未来を 知るために。

私は 古文書が 苦手。 写真や 絵だけ 楽しんできた。

xxxxxxxxxx

そして 北上駅足止め事件に 向かったのだった。 では   


多賀城 4 娘孫に そっくりの子の さくらんぼ 

2018年06月22日 23時44分54秒 | ・ 歴史 ・ 歩く

6月 24日(日)で おわる 「東大寺と東北」

多賀城の 東北歴史博物館へ 17日(日)に 行く、と 言ったら

ゾウさん 「俺も 行く」と。

腰ま 痛めてしまった ゾウさんを 連れていくのは 難儀なので

カメラを 持たないなら いいよ、と 私 言った。

そうする。 行く。 と 言っていたのだが、

相棒の カメラを持たないのは 寂しいと 思ったらしく

あんた 一人で 行け、と なった。

しめしめ、である。

xxxxxxxxxxxxx

展示場には 再入場できません、と 言われていた。

講演会 最後 パスを提示すれば 再入場できる、と。

私の予定には 再入場する、と 書いてあった。

入っても良い・・・ それなら 行きたい、と 思った、が 

大腿骨に痛み 感じた。帰ろう。

xxxxxxxxxxxx

国府多賀城駅 乗ってすぐに 目を上げたら 

斜め向かいに ショートカットの 女の子がいた。

右隣は 肩までの 髪の子だった かな。

二人は 高校生 ?

ショートカットの子は  

両耳に  サクランボ状の赤い玉  ふたつの イヤーリング。

今日は 日曜日だから 耳飾り しても いい日 ???

いまどきは 学校でも 可 になっているのだろうか。

孫と暮らす生活がないものだから「世の中」を 知らない。

が めんこい ことに 変わりはない。

ソウダ。 ケータイの 後ろ側に プリカを 貼ってあったな、

私の 二人の娘の その 娘たちの 高校生 ごろの 写真、

残念 ながら 目が 悪いから 比較できない。

記憶の 孫娘と そっくりの娘は 松島で 下りていった。

xxxxxxxxx

午後7時前 に 駅についた。 

まだ 明るい。それに ゾウさんは 腰を痛めているから

迎えは たのめない。 まあ、荷物は 増えていないから。

一人 歩く。

帰宅。

ゾウさん「新幹線が 地震で 停まっている」と。

あら、そう 私は 鈍行だから。(ホリデーパスは 新幹線使えない)

と そこで 話し 終わって、いたのだが

新幹線が 停まったのは 地震ではなく、停電だったようだ。

7時40分ころ 新幹線は 動きだした、と。

xxxxxxxxxxx

そのあと 本当に 地震が 起った。大阪の方だ。

5月下旬に バスで とおったっところ だ。

なんとも いえない。

xxxxxxxxxxxx 多賀城 終わる。