くらしの花色こころ色

毎日のくらしの中の出来事、庭、花など
幸せを感じる小さないろいろ

時期を合わせてブルーの花

2011-10-31 20:23:33 | 日記
アキチョウジ

ブルーベリーの下で長く咲いています




              

一時花が少なくなったと感じた庭ですが

現在ブルーの花たちが再び咲いています




              

ポリジも元気に復活です


              

花の愛らしさと痛そうなトゲトゲがアンバランス





              

こぼれ種が勝手に落ちて

この場所で開花している株、まだ生まれたばかりの小さな苗

土が見えないほど密集しています




              

これはワスレナグサでしょうか…

時期が違う気がしますが、蕾がいっぱいです

花友さんから頂いた苗に付いて来たようです

薄いブルーがやさしそう




              

クレロデンドルム・ブルーウィング

時々名前を忘れます





              

咲きだすのが遅かったので

まだ硬い蕾が残っているのですが

霜の予報もチラホラ、取り込み時期を思案しています 




              


そしてストレプトカーパスのニューフェイスです

             









コメント (6)

子持ちレンゲ日々変化

2011-10-28 20:05:20 | 日記
先日の子持ちレンゲが形を変えながら開花しています




               

花穂の先がくねったり方向転換したり

忙しく向きを変えます

はじめは上を向いていました




                


 

                




多肉の子持ちレンゲの姿からは想像できない花姿です
 
           
コメント (2)

こんなダリアが見たかった

2011-10-23 20:21:20 | 日記
ダリアのカクタス咲きというらしいのですが

ゴージャスですね

白なので幾分抑えた感じになりますが

普通の咲き方のダリアよりは目立ちます

日に日に大きく変化します




              

ダリアって今頃咲くんだっけ?

何しろ初めてなもので…

夏の間あんなに水遣り頑張ったのに

いつまでも咲いてくれないで気をもみました


              


今の所、期待通りに咲いてくれたのが白だけです

モネの庭で見たダリアがカクタス咲きということを知り

一度咲かせてみたいという悪い癖が出て

カクタス咲きダリア球根というものをようやく手に入れました

実は最初に咲いたのはピンクでした



        

                 

               

ところが色は可愛いのですが

どうしたって私が思うカクタス咲きではなく普通のダリアです

騙されたと思いました

咲いたピンクのダリアは全てこの咲き方で

細長い花弁のダリアを見ることができませんでした




             


前に載せたことがありますがこのダリアを咲かせてみたかったのです



             

二枚ともモネの庭のダリアですが

この花を見てダリアのイメージが変わりました

白のダリアに文句は言えませんが

欲張りな私はピンクのカクタス咲きも見たいな~と思ってしまいます



薔薇園は全国各地にありますが

ダリア園も各地にあることを今回初めて知りました





コメント (8)

ギンセンカも秋色に

2011-10-18 20:44:03 | 日記
ほんのり頬を染めたように

ギンセンカも秋色になりました



              

萎んだ姿も秋色っぽい

秋色のバラが変化するように

ギンセンカも微妙に色を変えるのですね



              






               

私が見たかった花後の透明な姿も健在です

ここ一週間、庭に出るのを我慢して花だけ眺めていました

もう参りました

背筋を痛めてしまいました

左の背中に痛みが出たのは1週間ほど前

言葉で言い表せない苦しさでしたが

「寝違えたかな」程度に思っていました

楽な姿勢でソファに掛けても痛い

運転中はかなり痛いので病院へ

先生が「心配しているよりレントゲンを撮りましょう」と

結果骨に異常はありませんとのことで

「背筋を痛めたのでしょう」との見解でした

私が「何かにもたれると痛くて直立不動だと痛みが軽い」と伝えると

「では姿勢を良くしていましょう」だって!

湿布に弱いので、それも無し、飲み薬も無しで帰ってきました

先生には何も思い当たることが無いと宣言してきたのに

帰ってからふと思い出したのです

庭の木の剪定やら伐採やら張り切ったのはいつだっけ?

痛みがでる一週間以上も前の事

確かにのこぎりを使い手当たり次第に整理したのです

それをまとめたり動き通しでした

夏から涼しくなったらやろうと思っていたことを片付けて

気持ちも庭もスッキリして日にちが経っていました

考えてみれば無駄な力を入れてののこぎり作業は

自分が思う以上に負担がかかっていたようです

庭仕事もパソコンも出来ない毎日はなんて退屈なんでしょう

もう無理は出来ないと思い知らされました

結果を夫に話して「でも庭仕事から日にちが経っているのに何故今頃…」とつぶやいたら

「筋肉痛と同じで年寄りは日にちが経ってから出るんだよ」

言うんじゃなかった!

認めます





              

ヘンリーヅタもこんなに紅葉してきました

まだまだすることが残っているのに姿勢によってまだ痛みます

「重いものは持たないように」との注意も

鉢を動かしたり、庭仕事はつい前かがみの姿勢になるので

今は我慢、我慢なんです

背筋を真っ直ぐにしてパソコンに向かっています           



コメント (4)

エゴの実を受け止めて

2011-10-11 20:06:36 | 日記
少し前のエゴの実です

毎年のことながら悩みの種です

満開の花は大好きなのですが

その後の実は地面に落ちては発芽して

翌年抜くのに手間がかかります




              


秋空に映えるエゴの実を見上げて

今春花付きが良かった分、「こりゃ大変だ!」と思いました

花友さんに冗談半分、「傘を逆さにさしておこうかな」と言いました

笑われると思ったのですが

「いいんじゃない」との反応

しかし、傘の大きさでは間に合いそうもありません

考えたあげく、見た目は悪いのですが

ネットで木を挟みました


              

そんな上手く行く訳ないと思ったのですが

気温が低くなったここ数日


              

日に2回集めるほどピスタチオのような実が落ちます

殻だけ落ちるのと、中身一緒に落ちるのとがありますが

地面に落ちるよりはましでしょうか

見上げたらこんな姿になっています

秋を察して乾燥してきました



               

瑞々しいグリーンの実はこんな色になりました

そして春の開花時期はこんなに可愛い姿でした



               



     


花がすごいでしょ

これがみんな実になるのです

強風が吹くとネットから吹き飛ばされてしまいますが

開花後の心配が少し軽減されました



コメント (6)