easy living style - イージーリビングスタイル

北海道十勝から、B&Bスタイルの宿Easy Living Terrace(イージーリビングテラス)の日常をお伝えします。

大根の季節は?

2018-11-20 21:33:32 | イージーリビングテラスのキッチン

(窓辺の漬物用の大根)

今日も白い朝ではありませんでした。

どこからか飛んできた小さな雪が少しちらちらしたようですが、

今は月が明るく、このあたりの道路はカラカラです。

ただ、山の近くの新得、鹿追辺りは、

山からの雪がもっと密で、道路も湿っています。

明日の朝は、どうぞ運転に気を付けてください。

コメント

月夜の雨降りです。

2018-11-19 17:53:19 | イージーリビングテラスの自然

朝には、東の向こうに、

陽を浴びた雌阿寒、雄阿寒岳が見えていましたが、

お昼前からは雨になりました。

今は月も見えているのですが、このまま降り続けば、

明日の朝は、真っ白?

玄関ポーチのステップに

滑り止めのマットを敷きました。

 

コメント

2019年度(4月下旬~11月下旬)のご宿泊に関して

2018-11-18 18:45:58 | ご宿泊に関してのお知らせ
2019年度(4月下旬~11月下旬)のご宿泊に関するお知らせです。

・小学生以下のお子様とご一緒のご滞在ですが、
ご宿泊希望日の3週間前から、
ご宿泊希望日のすべてのお部屋に空室がある場合に限り、
通常の料金でのご宿泊予約が可能となります。
貸し切り料金は不要ですが、ご予約をいただいた後にほかのご予約も入る可能性もありますので、
ご家族だけでのイージーリビングテラスの利用とならないこともあります。
グーグルカレンダーには、お子様連れのご予約が入っていることを明示し、
お問い合わせの際にはこちらからその旨をお伝えしますので、
大人の方のみでのご宿泊をご希望の場合は、ご確認をお願いいたします。
お子様連れでの宿泊ご希望日前3週間をきってからの、限定予約となります。
大人のみでのイージーリビングテラスのご滞在を楽しみたいお客様は、
ご希望日の3週間前より以前にご予約いただければ、今までと同様の滞在スタイルが保障されます。


・期間限定の、素泊まり連泊プランですが、
今までの4連泊プラン5連泊プランに加え、
来シーズンは、3連泊プランも加わります。

変更の可能性もありますが、
料金などの詳細は決まり次第、ホームページなどにアップしますので、どうぞよろしくお願いいたします。
コメント

今年12月のご宿泊について

2018-11-16 18:49:38 | ご宿泊に関してのお知らせ

12月28,29,30日のご宿泊が可能となりました。

冬期間ですので、ご利用になれるお部屋はキャビンとなります。

ご検討いただければ幸いです。

また、冬期間は2連泊以上のご滞在のみの受付となっておりますことを

ご了承ください。

(1月の、イージーリビングテラスの西側の景色)

コメント

冬の前のチェック

2018-11-16 13:39:37 | ガーデン、エクステリア

風もなく、穏やかな日です。

お客様がお出かけの間に、

冬の前の、ちょっとした補修をしました。

来春シーズン前の4月には、屋根のペンキ塗り替え予定もあり、

その時には、足場を利用して、もう少し楽に続きができそうです。

コメント

秋の味

2018-11-15 15:35:13 | イージーリビングテラスのキッチン

10月ごろから、音更産のリンゴが出回り、

今はとても甘くなっています。

甘煮にするにはもったいないのですが、

ヨーグルトの上に載せて、どうぞ。

コメント

もうすぐ冬だから。

2018-11-14 16:56:17 | ガーデン、エクステリア

昨日今日は、外作業日和で、

アプローチ入口看板横のプランターを畑に移し、

穴に鉢ごと埋めて、枯れ草などをかぶせて冬越しさせる予定。

他にもなんだかんだ一輪車で、ジュニを道連れに、ウロウロ、ウロウロ。

この写真は林での休憩中。

コメント

暖かな晩秋

2018-11-12 21:08:43 | イージーリビングテラスの自然

秋の終わりの、静かな朝食をお楽しみいただき、

今朝は、拍子抜けするくらいの暖かさの中で、

除雪の道しるべを打ち込みました。

コテージ前の、真っ赤に色づいていたカエデの葉っぱは

ずいぶん落ちてしまいましたが、

キャビン前の紅葉は、ちびっ子ながらも、

微妙な色合いの葉をまだつけています。

コメント

カラスのか~子

2018-11-11 20:17:55 | イージーリビングテラスの生き物たち

牧場との境の木のてっぺんに、何を思うか、、

コメント

2018-11-10 21:00:40 | イージーリビングテラスのキッチン

お食事の際のテーブル上の塩、

今年9月ごろまでは、調理の際に使っているのと同じゲラントの塩を

容器に入れて出していましたが、

湿気をすぐに吸ってしまい、振りかけるのに難儀されたのでは、、

申し訳ありませんでした。

それが、スタッフkeikoさんのアドバイスで、

さらりとした自然塩『海人の藻塩』に変わりました。

また、キャビンやコテージのキッチンには、

ドライタイプの、伯方の塩を常備しております。

コメント