「困った時はお互い様」    

NPO法人「ドネーションシップわかちあい」事務局ブログです

3.11メモリアルキャンドル

2018-03-11 09:31:12 | 原発・放射能
3.11メモリアルキャンドルinむかいじま
http://blog.goo.ne.jp/donationship/e/91bb9b002fb086e7b6800503deaa3745

3月10日のお話会とキャンドル点灯に参加しました。
最初に出会った時にまだ小さなお子さんだった避難者の子どもたちが
成長して大きくなっていく。
7年という歳月を感じました。

原発事故は終わってません。
避難者の方たちが国と東電の責任を問うた裁判
この3月15日に判決があります。
一般人の被曝限度は年間1ミリシーベルトです。
福島だけ20ミリシーベルトまで大丈夫なんておかしいです。
避難の権利は認められて当然です。

福島で通学路等の線量測定して公開しながら
子どもたちの保養事業をするYさんのお話。

野外活動で豊かな山の土を採取して
土壌のなかには何億という
いのちがいることを
子どもたちと一緒に観察するそうです。

除染はその豊かないのちの表面土をはぐことです。
原発事故が奪ったもの
福島で失われてしまったもの

その大きさにふるえました。
取り返しのつかない
いのちの痛みに。

人間を、いのちを大切にする社会をつくりたいです。

風が強くてキャンドル点灯は大変だった。
実行委の皆さん、避難者、地域の皆さん
お疲れ様でした。(さき)











『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 野党側 森友学園の文書書き換... | トップ | 改ざん前の決裁文書に「昭恵... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

原発・放射能」カテゴリの最新記事