☆SnowcatsのFairy Tails☆

ダンス大好きの橋詰祥子と 3匹のふわふわしっぽの白猫王子、シルフィ、ダイヤ、ジークフリートの のんびり日記☆

「アイーダ」を観にいきました。

2009-10-05 00:34:31 | 観劇

昨日 池袋から 山手線に乗ろうとしたら 見慣れない色の電車が ホームに入ってきました。

茶色の山手線

車体に 広告が書かれてる電車は たまに見るんですが、黄緑色がデフォだと思ってた山手線が 違う色になってて ちょっとびっくりしました。

そういえば 大阪に行ったときに こんな チョコレート色の電車に乗ったなぁ。

今の電車って みんな 銀色に それぞれの色のラインが入ってる感じだけど こういう 全部塗装してある車体って なんだかあたたかい感じで しょーこは好きです
思わず 写真に収めちゃいました

 

さて その土曜日に 劇団四季の 「アイーダ」というミュージカルを 観にいきました。



この日が 初日とあって 汐留の海劇場は満席
ロビーとかも 人があふれかえってて ものすごい活気でした。

「アイーダ」、ミュージカルで観るのはこの日が初めて。

以前 新国立劇場で オペラの「アイーダ」を観たことがあるんですが、そのときは ものすごい絢爛豪華なセット(本物の馬とか出てきましたもん!!)に感動したのと、それから 悲劇的な結末に それが 愛を貫いた結末だと思ってもなお、 「これで 本当によかったんだろうか」みたいな・・・・なんか ちょっと 切なさみたいな思いが残ったんですが、劇団四季の「アイーダ」は その点は さすが ディズニー というか・・・ちゃんと その 悲劇の結末の後に 救いがあるみたいなストーリー展開になっていました。

主役のアイーダ役の 濱田めぐみさんの圧倒的な歌唱力と演技力、エジプト王女のアムネリス役の 五東由衣さんの存在感、それから アンサンブルのダンサーさんたちのすっごくかっこいいダンス
どれも 大満足でした

今回は 初めて観たので 話の展開についていくのに精一杯でしたが・・・まだまだ しばらく上演しているようなので 機会を見つけて 何回か観てみたいなぁ なんて 思っています。

 

歌とお芝居とダンスの織り成す世界。
やっぱり ミュージカルっていいなぁ

コメント

SONG & DANCE in 大阪

2009-09-05 09:34:06 | 観劇
昨日は 劇団四季の SONG & DANCE 55Stepsという 演目を観てきました☆


この作品は 東京で観て すっごく面白くって 今回 また 大阪で上演する と いうので それを観に はるばる 大阪までやってきた と いう訳なんです。

まぁ ちょっと遅めの夏休み です(*^-^*)

この演目は いろんなミュージカル作品のナンバーを抜粋して組み合わせた作品なんですが 歌もダンスも すっごく格好良くて 観ていると あっという間に時間が過ぎてしまうんです♪

今回も ちょっと嬉しいサプライズがあったりで 思いっきり楽しんできました!!!


それにしても ダンサーさんたちな 鍛え抜かれた無駄のない身体って 美しいですね!!


もちろん しょーこは プロのダンサーではないので 全然 次元の違う話ですが… 発表会終わって 速攻 リバウンドしてる 自分に ちょっと 反省…。

帰ったら また この感動を励みに レッスン 頑張りたいと思います。

いろいろ いい 刺激をいただいた 大阪滞在でした(*^-^*)

コメント

「A CHORUS LINE 」を観てきました♪

2009-08-13 21:03:53 | 観劇

最近 なんだか 地震が多いです

今朝も 仕事に行く前に じょーじにエサをやっていたら いきなり グラっときました。
で、ビビったじょーじが いきなり走り出して そばにあった ポカリスエットのボトルをひっくり返して 床を水浸しに・・・

忙しい朝に びたびたになったラグマットを変えるハメになって とんだ災難でした

やれやれ。

 

さて、水曜日の夜に 「A CHORUS LINE」というミュージカルを観にいきました

この作品、以前に 劇団四季が上演していたのを 観にいったことがあって とても面白かったので 何回か リピートして観たんですが、本場 ブロードウェイ版を観るのは初めて。
とても好きな作品なので 楽しみにしていました

いや~ すっごくよかったです
予想以上!!

この作品は あるミュージカルの コーラスライン・・・まぁ いわゆるアンサンブルです・・・の オーディションを受けに来たダンサーたちを描いた作品なんですが、その オーディションのリアリティーみたいなのが ものすごく伝わってくるんです

この仕事が取れなきゃ また 失業だ!! みたいな 感じっていうのかな。

特に 以前 コーラスではなく 主演クラスを演じていて でも 今は仕事がなくなって また アンサンブルのオーディションを受けに来た キャシーという女性が 自分がなぜ この オーディションを受けに来たのかを 演出家に訴えて 「THE MUSIC ANDO MIRROW」というナンバーを歌って ダンスを披露するんですが その 切羽詰った ギリギリの状況が ものすごく伝わってきて おもわず その世界に引き込まれる感じでした。

ストーリーの最後の方で 演出家が 「もし 今日を最後に 踊れなくなったとしたら?」みたいな質問を ダンサーたちに投げかけるんですが、 それに対して ディアナという女性が 「WHAT I DID FOR LOVE」というナンバーの中で (ダンスや この仕事を)愛したことは 決して悔やまない。今日にキスして 明日に向かう」と 歌うんですが それまでの そこに集まったメンバーたちが どれだけ ダンスを そして ダンサーという仕事を愛し 必死でそれを守ってきたか みたいな思いが伝わってきた後で聞いた その歌詞は、すごくすんなり 心に染み渡ってくる感じでした。

劇団四季のコーラスラインも大好きだけど やっぱり そこら辺のリアリティーは 実際に ブロードウェイで そうやって 生き残りをかけて闘って来たのであろう ブロードウェイ版の役者さんたち が 一枚上って感じですね。(ダンスのレベルは 決して負けてないと思うんですが・・・)

とにかく ものすごく 感動しました!!

しょーこは 別に ダンサーを仕事にしてるわけでもなく ただ 趣味で踊ってるだけなんですが、もし 「これで 踊るのが最後」って日がやってきたら どんな風に思うんだろう・・・。
やっぱり 「愛したことを悔やまない」って思えたらいいなぁ。

ちょっと そんなことを思ったりしました。

「A CHORS LINE」 観にいってよかったです。
今度 メイキング版の映画も観てみなくっちゃ!!

 

コメント

ヴァンパイアに遭遇してきました!!

2009-07-13 22:25:52 | 観劇

ここ数日、もう梅雨が終っちゃったかのような 晴れて 暑~い日が続いています
洗濯物がとってもよく乾く!!

しょーこは 実は 寒いのよりは 暑い方がいいかな って感じで クーラー苦手だったりするんですが、じょーじ に夏バテされると困るので 暑くなりそうな日は エアコンを 除湿 にして 窓をちょっと開けています。

あ~あ、先月の電気代の請求書、3000円台だったのになぁ
今月は そうもいかないみたいです

 

さて、日曜日に 帝国劇場に 「ダンス オブ ヴァンパイア」という ミュージカルを観にいってきました

この作品は 3年前の夏にも 帝国劇場でやっていて(そのときが 日本での初上演でした)、そのときに ものすごくハマって 何度も通った作品
それが 再演する ということで 今回も とても楽しみにしていました
昨日の観劇は 先週の 初日に続いて 今年2回目

 

ストーリーは すっごく単純で 吸血鬼の 「クロロック伯爵」が 地元の村の美少女 「サラ」を生贄としてさらってしまい、そのサラを救いに 伯爵の城へのりこんだ ヴァンパイア(吸血鬼)ハンターの 「アブロンシウス教授」と 助手の「アルフレート」が 吸血鬼たちと対決するというもの

でも 登場人物がみんな(上記の登場人物以外にも サラの両親とか 吸血鬼伯爵の息子とか 城の下男 とか・・・) とっても個性的で すっごく面白いんです

音楽も とってもいいし、それに何より その ヴァンパイア役のダンサーさんたち の踊りが素晴らしい
普通のミュージカルだと どうしても 歌う役者さんがメインで ダンサーさんは アンサンブル という感じになりがちなんですが、この作品に関しては ダンサーさんたちの見せ場もたっぷりで 歌もダンスも楽しめる とっても「お得な作品なんです

今回も クロロック伯爵役の 山口祐一郎さん の 素敵な歌声と ヴァンパイアダンサーさんたちの かっこいいダンスで、 13世紀のゴシック調の ちょっと不気味なヴァンパイアのお城 の世界を たっぷり 楽しむことができました。 

ホント この作品は 何度観ても 時間をすっごく短く感じるほど面白い
毎回 カーテンコールは 客席総立ちの 大盛り上がり なんです。

 

ヴァンパイアグッズも いろいろ販売されていて いろいろ ゲットしました。

これは 作品のTシャツ

こうもりの柄で すっごくかわいいです。ミュージカルTシャツ 色々持ってるんですが これはかなりお気に入り
先週の初日に買ったんですが 早速 もう何回か レッスンの時に着ちゃいました。黒のスカートとかと併せると ちょっと ヴァンパイアの気分です

それから これは こうもりのストラップ

ヴァンパイア退治に効果がある という にんにくが付いてます。(ちなみに この 「にんにく」のナンバーがあって しょーこは それが大好きなんです
ちなみに これはですが もあります。
(それと こうもりのぬいぐるみのついたストラッップもあります。)

やっぱ ヴァンパイア いいなぁ

今年の夏も ヴァンパイアに遭遇しに 帝国劇場 通っちゃいそうです!!!

ミュージカルに興味のある方 超・オススメ作品なので 機会があったら ぜひ 観てみてください

 

コメント

GW観劇三昧!!

2009-05-06 10:58:53 | 観劇

GW中に 観劇に2回 行きました

まず、5月2日のCATS

4年半もやっていた CATSの 東京公演が いよいよ5月3日に千秋楽 ということで 行ってきました。

CATSは しょーこが最初にハマったミュージカルで (というより ミュージカルというものに対する 意識改革を起こしたミュージカルで)、一番多いときは ほぼ 毎月 CATSシアターに行ってた時期もありました
ちょうど 自分の中で 「舞台に立つ」ということへの意識の変革期だったこともあり この CATSからも 随分 インスピレーションをもらった気がします。

もう4年以上経つのかぁ・・・。

すっごく懐かしいというかなんと言うか
あれから 自分も そんなに 生活とか 環境とか、いろんなことが変わったわけではないはずなのに、なんだか 随分 遠くへ来た気がします。
でも そんな 思い出の場所がなくなるのは ちょっと寂しいなぁ

ということで おそらく CATSが終ったら そう来ることもなくなるであろう 五反田で ランチをしました

CATSシアターのすぐそばにある Franklin Ave.という ハンバーガーのお店です。
 

外観が 普通の民家みたいなんですけど、中も 外国のお家の中みたいなカンジで、誰かの家に招待されたみたいな気分になるんです。

注文したのは ミネストローネと、オニオンリング
 

ハンバーガーは どれもおいしそうだったので 一個に絞れず、トマトとモッツァレラのハンバーガーと、マッシュルームとチーズのハンバーガーをオーダーして ひーさんと半分ずつ食べました。
 

おいしかったぁ!!

東京ラストのCATS 舞台も盛り上がって すっごく楽しかったです

次の公演地は 横浜だそうで・・・ 今よりはちょっと 遠くなっちゃうけど 行かれない場所じゃないから 多分 行っちゃうな

とにかく 五反田CATS ありがとう

(トイレの出口の看板です。トイレの 男性/女性のマークが ネコなのは知ってたんだけど これは 最後になって気付きました

 

そして 5月4日に もう1演目、アンデルセンを観にいきました。

これは 初めて観る演目だったんですが、童話王 アンデルセンと プリマバレリーナのお話で バレエシーンがいっぱいあって バレエ好きとしては すごく楽しめました。

アンデルセン役は 味方隆司さん、プリマバレリーナは 斉藤美絵子さんでした。
斉藤美絵子さん、ダンスが美しいのはもちろん、一般の人とは違う世界に住む人の 独特のオーラが出てて とてもよかったです。

アンサンブルの方もみんな すっごく上手だった!!

なんか そういうのを観ると もちろん 全然 レベルの違う話ですがレッスン 頑張ろう!!って気になりますね

 

今回 観た2作品は どっちも すっごく楽しかったです。
やっぱ ミュージカル 大好き

コメント

MAMMA MIA!

2009-03-25 22:27:45 | 観劇

昨日のブログ、あろうことか 作成中のまま またまたホットカーペットの上で寝ちゃってました

だから 途中まで草稿のまま残ってた 昨日の記事です

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここ数日 また 寒い日が続いています

大家のお婆ちゃんによると これは 「寒の戻り」といって、これが過ぎると いよいよ本当に暖かくなるんだとか。

でも その 寒さも 我が家の「暖まり過ぎないエアコン」、2月は 設定を29℃にしても 16℃以上にならなかったのに、今は 25℃くらいの設定でも 20℃まで上がるんです

寒い 寒いとは思っても やっぱり 真冬の寒さとは ちょっと違うみたいです

 

さて、今日は ひーさんと と 3人で 映画に行ってきました

演目は 「MAMMA MIA!」

この作品は ABBAの音楽を使ったミュージカル映画で、音楽も ストーリーも大好きな作品。(しょーこは 洋楽って ほとんど聴かないんですが、ABBAだけは なぜか 好きで かなり前からよく聴いていたんです。)

舞台版もあって 以前に 劇団四季のと NYの ブロードウェイでも観ました。

今回も ストーリーと音楽で すっごくシアワセな気分になれました

 

実は この作品は ある意味 しょーこにとって ちょっとした意識の変革をもたらした作品でもあるんです。

というのは これを 初めて見たのは 2005年の春、劇団四季の舞台版だったんですが、ちょうど しょーこは ミュージカル体験塾に 籍はあるけど ミュージカルなんて そんなにたくさんは観たことないし あんまり真面目に関わってもいない みたいな感じでした。

実は その頃 すっごく 歌コンプレックスがあって・・・。

というのは しょーこの声は ロングトーンにすると 勝手に ビブラートがかかってしまうんです

それに 最初に気付いたのは 小2か3くらいの頃。

それまで 歌は大好きだったんですが、そのビブラートが なんだか演歌とかオペラとかみたいな気がして、なんだかイヤでした。(だいたい 声楽っぽく歌うには 地の声が強すぎてキレイって感じにならないし。)
そんなわけで 人前で歌うのに あんまり自信がもてなかったんです。(カラオケとか行っても 演歌みたいって言われるのがイヤで ほとんど歌いませんでしたもん。)

 

でも その 劇団四季の MAMMMA MIA!!を観て、 主役のドナ (保坂知寿さん という女優さんでした)の 歌を聴いたとき、 「ビブラートのかかった声でも オペラにも演歌にもならずに こんなに カッコよく歌えるんだ!!」って なんだか すごく感動したんです。

ちょっとした 自分の中の 意識革命でした

そこから ちょっとずつ (もちろん その 保坂知寿さんとは 全く次元の違うレベルの話ですが・・) 自分の声を 恥ずかしいと思わずに 「開拓してみよう って方向に 意識が変わってきたんです。

そして 何より 歌うのが楽しくなった
この作品を見てると なんだか そのときの感動みたいなのが よみがえってくる気がするんです。

 

今回の映画版でも 主演の メリル・ストリープさんの 超かっこいいドナのナンバーをたっぷり 味わってきました。

やっぱ ミュージカルはいいですね!!

どっか ミュージカルのサークル また 探そうかしら!?

 

コメント

55 Steps を観てきました!!

2009-02-26 22:07:25 | 観劇

今日も 雨降りの寒~い1日でした。早く暖かくならないかなぁ。

 

今日は 劇団四季の 「ソング&ダンス 55 Steps」を観てきました

 

劇団四季の作品を観にいくの 久しぶり!!

この作品は すっごく観てみたかった作品なので とても楽しみにしていました

「ソング&ダンス」は ストーリーのあるミュージカルではなく 劇団四季のいろんなミュージカル作品のナンバーのみ を集めた ショーみたいな作品なんです。(今まで いくつか バージョンがあったらしいんですが、しょーこは 初見でした。)

男性、女性3人ずつ ヴォーカル担当の役者さんがいて(男性は 福井晶一さん 芝清道さん 李涛さん、女性は 井上智恵さん 早水小夜子さん 花田えりかさん でした)、その役者さんの歌にあわせて ダンサーさんたちが踊るんですが、実際の劇中のナンバーとは 衣装とか 演出も全く違っていたりして とても新鮮で面白かったです

それにしても・・・ヴォーカルパートも ダンスパートも 劇団四季のトップクラスの役者さんばかり とあって すっごく見応えがありました

いい作品を見ると いい刺激を受ける気がします。
この作品も なんか すっごくいいインスピレーションみたいなのをいただいた気がしました

 

たまたま 隣の席に座った方と お話できたんですが、その方は なんと10回以上観に来てるんだとか

でも ちょっと分かる気もしました。それぐらい楽しかった

さすがに 10回以上 は 無理だけど またもう一回ぐらいは観にいきたいです

 

コメント

「ホープランド」を 観にいきました♪

2009-02-04 23:55:19 | 観劇

今日は ひーさんと 劇団ふるさときゃらばん の 「ホープランド」という ミュージカルを 観にいきました

この 「ホープランド」 3月に ミュージカル体験塾の公演でやる 「SOS!地球船」の ベースとなっているお芝居なんです。(ミュージカル体験塾は 出演者が すっごく多いので 「SOS!・・・」は この 「ホープランド」を 塾版に アレンジしてあるんです。)

なので 自分たちのやる お芝居を プロの方が どう演じているのか とか 舞台に どんなセットが出てくるのか とか 観てみたいこと、勉強したいことが いっぱい!!でした

 

「ホープランド」、とても面白かったです。(実は 今回の台本を貰う前、もちろん キャストとかも何も決まってない頃、1回 観てるんですが、そのときは 自分の理解力が足りなくって 正直な話 あんまり 面白いと思わなかったんです。・・・・すみません

舞台の 大きなのセットとか 迫力があったし、南の島「モルバル人」役の方が それぞれみんな 個性を発揮してて、 南の島の 陽気な人柄とかも ちゃんと表現されてて とても面白かった

 

しょーこが演じる予定の 「マリコ」は 美咲 歩さん という 女優さんが演じていらっしゃいました。

美咲さん、以前 しょーこが ふるさときゃらばん の ツアーに参加させていただいたときに 何度か ご一緒させていただいたことがあるんですが、しょーこ的には 彼女はまさに 「雲の上の方」 

お芝居も も ダンスも上手で すっごく オトナかわいい雰囲気を持った ステキな女優さんなんです

 

その 美咲さんが 演じる「マリコ」は キリっとした 社長秘書の雰囲気の中に ちゃんと 女性らしさ があって すっごくいいお手本になりました。

 

実は この「マリコ」さん、社長秘書 という役柄なんで、甘すぎない雰囲気を求められるんですが、セリフのニュアンスとか 言ってる内容は すっごく 「こういうこと言うの、女だよなぁ・・・みたいな感じで、そこのところのギャップというか・・・「女性の感性のニュアンス」を出すと 雰囲気が甘くなりすぎてしまうし雰囲気重視でそこを切ると 今度は 自分のしゃべってるセリフの内容とか・・そのセリフを言わしめている感情みたいなのが 自分の中で しっくりこなくって 不器用なしょーこは 正直なところ すっごく 苦戦していたんです
(去年 演じた 青果会社の 女部長 石田さん は セリフの内容が 男性的だったので そういう意味では 役作りが 今年よりは楽でした。しょーこ あんまり 女っぽい性格じゃないからなぁ・・・

 

でも 美咲さんの演じるマリコは その 「甘辛度」が すっごく絶妙で とっても参考になりました。

もちろん しょーこには 演技力も 舞台キャリアも もともとの「女性らしさ」も 美咲さんと比べたら 全然足りないので 同じようにってのは 多分 難しいと思うけど 少し方向性が見えたって感じかな

ちょっと 研究してみようと思います。 

終演後、ロビーで 役者さんたちが 「送り出し」をしてくれるんですが、なんと!! その 美咲さんが 「(塾の公演で) 同じ役 やるんでしょ? 頑張ってね!!」って 声をかけてくださいました。 (自分からは おこがましくって とても 言い出せなかったんですが・・・)

おお~

これで もう 後には退けない感じです。

あと1カ月 この役と 格闘したいと思います

 

 

さて、その 観劇の後、偶然 一緒になった 塾公演の 「社長さん」と、お食事に行きました!!

かなり 行き当たりばったりな感じで 渋谷の スペイン料理のお店に入ったんですが、これが大正解で すっごくおいしかったです

スペインオムレツとか パエリアとか・・・すっごく いっぱい食べてお腹いっぱいになりました

  

メンバーは 「社長さん」と、その 社長さんの奥様ひーさんしょーこの4人だったんですが、いろいろ お話も弾んで 楽しい時間をすごせました

 

これで 「社長さん」と 「秘書」の コミュニケーションも ばっちり かな!?

 

さあ、ますます、ますます 後には退けない感じです

本番まで 頑張るぞぉ~

 

 

 

 

 

 

コメント

CATSを観にいきました(*^-^*)

2009-01-02 23:05:58 | 観劇

新年2日目、今日は CATSを観てきました

CATSは しょーこが ミュージカルに興味をもつきっかけとなった作品で 一時期は 毎月 通うほどハマっていました

でも 最近は ちょっと 間隔があいていて、今日も久々のCATS でした。

ちょっと観ないうちに キャストがかなり変わってて 初めて観るキャストの方もいっぱい。そういう意味でも かなり楽しめました

 

今日観たキャストの方で しょーこ的によかったと思ったのは

ラム・タム・タガー役の 福井昌一さん。
重みのあるいい声で かっこいいタガーでした。最近見た タガー役者さんの中では 歌もルックスも いちばん好きかも

スキンブルシャンクス役の 岸 佳宏さん。
もともと 鉄道猫のナンバー 大好きなんですが、岸さんのスキンブルは とっても楽しそうで 見ごたえのあるナンバーになってました。歌もステキでした。
ラストの握手が岸さんだったんですが、いちいち衣装で手を拭いてから握手してくださってて なんか笑えました

ジェリーロラム役の 金平真弥さん。
すっごくきれいな方で 透き通った歌声も素晴らしかったです。グリドルボーンの歌がとてもきれいでした

このあたりかな。

 

物語のラストのシーンで のけものされてきた 娼婦猫のグリザベラが 「メモリー」というナンバーを歌って さびしく消えようとしたとき 子猫のシラバブが グリザベラに近づいて その手を取って それを機に 他の猫たちも グリザベラを受け入れる という シーンがあるんですが、今日の席は たまたま その手を取るシーンが 本当に目の前だったんです。

なんだか 無性に感動しちゃって 何度も観てるミュージカルなのに 最後の方は めっちゃ 感情移入しちゃいました。

やっぱ CATS 大好きです。4月で終っちゃうの 寂しい・・・・

 

で、今日は なんと CATSの福袋 なるものを 購入しちゃいました!!(結構 いいお値段でしたが・・・

この 白い布袋が欲しくて買っちゃったようなものなんですが・・・中は CATSのパーカーと バストファージョーンズという金持ち猫のチャームと 手帳でした。

このパーカー これからの寒い時期の ミュージカル体験塾のお稽古で着ようと思います

3月の公演が CATSにあやかって 素晴らしい舞台になりますように!!!

 

それと 帰りに 部屋に飾るカレンダーを購入しました!!(今年はまだ 部屋にカレンダーが全くなかったので・・・)

 

毎年買ってる 月の満ち欠けのと スイーツの写真のもの(食いしん坊なので おいしそうなのがあるとうれしくなっちゃうんです)、そして スパンコールのついた いかにもしょーこ好みのキラキラのやつも買っちゃいました

今年もいろいろ いいことがあるといいなぁ

 

コメント

みんなで踊ろう アメリカンドリーム♪

2008-09-13 17:21:10 | 観劇

12日の金曜日、ミス・サイゴンの 「みんなで踊ろう、アメリカンドリーム」 というイベントに参加してきました

 

このイベントは 抽選で100人を 帝国劇場のお稽古場に招待してくれて、「アメリカンドリーム」というナンバーの振付を踊ろう というもの。幸運にも 抽選に当たって 参加することができました

この日は ミス・サイゴンの出演者の中から ジジ役の菅谷真理絵さんと アンサンブルの奥山寛さん四宮貴久さん清水裕明さんがいらっしゃってて 「回転木馬」や 「大様と私」の中のナンバーや Fosseスタイルの「Steam Heart」や 「Sing Sing Sing」といったダンスを披露してくれました バレエダンサー出身の方が多く、すっごく見ごたえがありました

 

そして、アメリカンドリームを踊るコーナーでは 100人近い参加者が 左右2組に分かれて ナンバーのサビの部分を みんなで踊りました!!(ここで 出演者の 梶 雅人さん が登場。天然キャラで 笑いを取ってました。)

 

こんな機会でもなきゃ 絶対に足を踏み入れることのない 帝国劇場のお稽古場も見られたし、すごく楽しいイベントでした

 

でも・・・・ 今度、サイゴンを観劇するとき、アメリカンドリームで 勝手に体が動いちゃいそうです

コメント