D.D.のたわごと

現在ツイッターのまとめを上げてます

「救命病棟24時」第3シリーズ 出演者一覧

2005-04-06 07:04:43 | 救命病棟24時
アフィリエイト の JANet


字数制限のため「救命病棟24時 第3シリーズまとめ」に出演者リストが入らなかったので,改めて別エントリーでUPしておきます。

■レギュラー出演者■
進藤一生(38“ゴッドハンド”)…江口洋介
小島楓(30・救命医)…松嶋菜々子
黒木春正(40・医局長)…香川照之
日比谷学(35・救命医)…小市慢太郎
佐倉亮太(28・看護師)…大泉洋
須藤昌代(50・看護師長)…鷲尾真知子 
大友葉月(23・看護師)…MEGUMI
伊坂千秋(看護師)…田村たがめ
看護師…尾野真千子→プロフィール(DCMより)

河野純介(26・イケメン研修医)…川岡大次郎公式サイト
河野和也(21・イケメン医大生)…小栗旬 
磯部 望(25・看護師)…京野ことみ

寺泉隼人(40・衆院議員。被害調整委員会委員)…仲村トオル
青木秘書(小須田康人) …本人のHP日記が面白いです!
官僚・三上(近江谷太朗)公式ページ堀内議員(戸沢佑介)→プロフィール
寺泉千尋(福田麻由子)…寺泉の娘。
木村省吾(広田亮平)…喘息で入院していた少年。千尋と一緒に病棟の癒し系。
寺泉香織(渡辺典子)…寺泉の妻。(1~3話)
堀内議員(戸沢佑介)…寺泉の親分にあたる国会議員。

加賀裕樹(石黒賢:友情出演)…楓の婚約者。

河野定雄(平田満)…河野医院院長(~5話) 
河野敬子(山口美也子)…院長の妻(~3話)
河原崎美江子(深浦加奈子)看護師 (~5話)

矢島太郎=ヤジさん(おかもとはじめ)…酔って階段から転落し入院したホームレス。
北村一夫=キタさん(徳井優)…救命センターに居候したホームレスのおっちゃん。

■ゲスト出演者■
◆第1話
故・山室剛(進藤の同僚医師)…塩見三省
山室澄子(山室の妻)…黒田福美

◆第1~5話
磯部武彦(望の父)…渡辺哲

◆第6話
裕樹の父…高松英郎(第7話も登場)

◆第7話
老医師…米倉斉加年
小木勝(そば屋の亭主)…山田辰夫
小木静子(勝の妻)…円城寺あや

◆第8話
江畑絹代(心停止の老女)…志賀眞津子
絹代の息子…芹沢名人
避難所の少女…望月瑛蘭
ヤジさんの妻…篠崎はるく

◆第9話
平野斉(25歳の消防士)…山下徹大
滝浦一平(32歳の消防士)…三宅弘城

◆第10話
城丸克夫(55・城丸電機社長)…綿引勝彦
城丸克英(28・克夫の跡継ぎ息子)…伊崎充則

◆第11話
高槻信(8・全身熱傷の少年)…宮川宏介
高槻守(信の父)…嶋尾康史
高槻今日子(信の母)…岩橋道子
立松幸夫(片肺切除の郵便配達員)…菊池均也
写真を届けに来た郵便配達員…西村雅彦
工事現場作業員…
小宮山裕一(工事現場作業員の同僚)…相島一之→応援サイト「I Island」

◆アナザーストーリー
芹沢将生(水道の復旧作業員)…岡田義徳


***********************
※このエントリーをお読みいただいて
 面白かったというかた→ここをクリック♪
 役に立ったというかた→ここをクリック!
 (人気ブログランキングにジャンプします。
4/6時点,漫画・アニメ部門8位!ありがとうございマス ^o^)/


***********************

救命病棟24時(第2シリーズ)DVD-BOX

ポニーキャニオン

このアイテムの詳細を見る
救命病棟24時スペシャル2005

7/6発売 ポニーキャニオン
価格:¥3,990 ¥3,192(税込)…(予約で20%OFF)
「救命病棟24時」の第1シリーズ総集編に,救命医のその後の活躍を加えた映像を収録。松嶋菜々子と伊藤英明が初共演。
このアイテムの詳細を見る
救命病棟24時スペシャル2002

価格: ¥3,990 (税込)
最終回から3ヵ月後、銃を持った犯人が豪華客船に立てこもる事件が発生。けが人を治療するため、その船に乗り込んだ進藤は...  
このアイテムの詳細を見る
「救命病棟24時」オリジナル・サウンドトラックIII
TVサントラ
ユニバーサルJ

このアイテムの詳細を見る

コメント

救命病棟24時 第3シリーズまとめ

2005-04-02 06:53:28 | 救命病棟24時
※3/6,一通り完結しました!
自分の忘備録も兼ねて,『救命病棟24時』第3シリーズのまとめをしてみたいと思います。(本当はごくせんについてさっさとやってしまいたかったんですけどね。3/25まで2週間ほど忙しくてバタバタしてたので…順番がアトランダムになりますがぼちぼちとやっていきます)
とりあえずは前半について上げておきます。
随時追記していきますのでよろしくお願いします。



『救命病棟24時』,あなたの選ぶベストコンビは?
アンケート始めました。

※Yahooブログでは選択肢が5つまでしか設定できないので
 2つの項目に分けています。あなたのベストコンビがどちらにも
 なかった場合,コメント欄にご記入下さいませ。

■各話の概要
第1回 「人が人を救うという事」 (2005/1/11)
◇同じ派遣地で命を落とした同僚医師の遺品を未亡人に届けるため一時帰国した進藤は,東京で楓に会うためタクシーで東都中央病院に向かう途中,巨大地震に遭遇する。

第2回 「ひとりでも多くの命を!」 (2005/1/18) 震災直後~
◇進藤は周囲の負傷者を治療し,怪我人を近くにある河野医院に運び込む。河野医院は多数の負傷者が押し寄せパニック状態。進藤は,医院の治療行為を定雄院長と交代し,一見非情にも思われるトリアージ(患者の選別)を始める。東都中央病院ではトリアージセンターが設けられ救命センターも応対にあたるが,重傷患者は運び込まれてこない状況が続き,日比谷医師や看護師・葉月は自宅へ帰ってしまう。河野医院に衆議院議員の寺泉が負傷した妻・香織を運び込み,治療を要請するが,特権を認めない進藤に憤慨する。
◇「備蓄倉庫ってどこよ?!」
 「みんな被災者なんです」

第3回 「ヘリが運んだ夫婦の愛!」 (2005/1/25) 震災翌日~
◇患者が運び込まれ始めた東都中央病院の救命センター。寺泉に連れられてきた香,進藤らに運び込まれた河野院長の妻・敬子にクラッシュ症候群の兆候が現れ始めた。有効な治療の人工透析に必要な水にさえも事欠く状況で,進藤は議員である寺泉の携帯に電話し,他の病院に運ぶヘリコプターの手配を要請する。「彼は政略結婚の為に結婚しただけで自分のことを何とも思っていない」という香だが,進藤らは屋上のヘリポートに香と敬子を運び上げる。その眼前に…。
※望,千尋,和也も東都中央病院に合流。

第4回 「あなたを探しにいきたい」 (2005/2/1) 震災2日後~
◇日比谷,葉月が東都中央病院に戻ってくるが,残っていたスタッフは白い目を向け不協和音が響く。婚約者・裕樹の安否が不安な楓は,携帯の留守電に入っていた,別の病院から彼が入院した知らせを聞くが,確認してみると姿を消したとのことで動くに動けない。ヘリコプター手配のために官邸を離れ閣僚入りを逃した寺泉は,病院に食料などの物資が足りないと黒木医局長に訴えられ,人気取りも兼ねて避難所に救援物資を取りに行くが,物資が来ないために誰もいなくなった避難所を見て愕然とする。
「冷静になれ!…患者の顔を見て下さい」
 「最初から一枚岩じゃなかったでしょう」
 「小島はちゃんとやってるじゃないか!」

第5回 「初めてわかった父の想い」 (2005/2/8) 
◇先端機器は一部動かないものの機能を回復してきた救命センター。裕樹の容態も安定。
望の父・武彦が福岡から食料を積み込んだ車で東京に駆けつける。しかし彼女のアパートは全壊し,避難所や病院を回っても見つからない。東都中央病院でようやく巡り会った彼に,望は殴られてしまう。
区役所に山積みされた救援物資が避難所に行き渡らない現状に激怒しながら自分の手で避難所に食料を届けた寺泉。ところがパックごはんはそのままでは食べられない。過労が限界にきた河野院長は倒れ,東都中央病院に運び込まれる。長男の研修医・純介は「年寄りの町医者がいたって何の役にも立たない」と冷たい態度,ボランティアのリーダーとして東都中央病院で働く次男の医大生・和也も「父とは,1年くらいまともに口聞いていない」状態。しかし望は災害用伝言ダイヤルで彼女を思う両親の声を聞いてそれまですれ違い続きだった父の本心を知り,純介と和也も進藤の助言などで父と和解する。
※河野院長,河原崎看護師,奥さんと同じ静岡の病院へ転院。
 望が福岡で看護師を辞めた理由が明らかに。
「俺は救えない患者もたくさんいる。君のおやじさんのこともそうだ。
 俺には救えない。救うのは君だ」

 河野院長「純介,頑張りすぎるなよ。和也,無理して医者になることないぞ。
  この地震で,医者のきつさを思い知らされたよ」

第6回 「愛する人を失うという事」 (2005/2/15) 震災7日後
◇安定していた裕樹の容態が急変。心筋挫傷。緊急手術が必要な状況だが,PCPSという高度医療器具が使えず手術できない。進藤や黒木たちの必死の心臓マッサージも虚しく,裕樹の心臓は完全に動きを止めた。東都中央病院の電気が完全に復旧し,PCPSの修理が済むわずか数時間前のことだった。
※和也,ボランティアに新たに加わった若い男のわがままな言動にキレて殴ってしまう。
※寺泉,イメージアップに気をよくし,テレビクルーの前でインタビューに答えている折に,避難所の民衆から不平不満をぶつけられ逆上。
◇和也「ここの仕事はほとんどが水運びと掃除!
  食事と寝るところ,自分で確保するのが当然だろう!」

 日比谷「こんなのが医者になったっていいじゃねぇか。
  上が出来が良いからって卑屈になるな」

 寺泉「水や食糧を準備していた人間は?いないじゃないか。
  文句を言うのは自分で何もしていない奴らばかりだ。
  国が何かやってくれる・助けてくれる・面倒見てくれるって甘えるんじゃない!」


第7回 「朝はまた来る!」 (2005/2/22) 震災8日後
◇足を骨折したそば屋の亭主。入院した病院を抜け出して帰ろうとしてまた怪我をしたのだ。実は脱サラして1千万借金して造った自宅兼店舗は全壊しており,それを隠していた妻のほうも胃潰瘍で倒れてしまう。妻は病院の人から夫に事実を伝えて欲しいと頼むが,進藤は夫婦のベッドを隣同士に並べ,自分自身の口から話すように言う。
 ボランティアが不用意に倒壊家屋に近づき大怪我。寺泉がコメントを求められ「甘い気持ちではボランティアも務まらない。もしそれでボランティアの人が来なくなったら?私たちだけで復興していくしかないでしょう。私たちが住んでいた,そしてこれからも暮らしていく東京なんですから」と発言。
 楓は裕樹の故郷で葬儀に参列の後,心身の過労で倒れる。浜辺を散歩中,婚約指輪を無くすが無事見つけることができ,老医師に励まされるなどして救命センターに復帰する。
※佐倉のアパートも全焼していた。日比谷宅も被災し,母一人残して病院へ戻ってきていた。
◇楓「時間が解決してくれますか…」
 「解決してくれるのは…時間じゃない。その時間に,誰かと話して,何かを感じた。
 だから俺はここにいられる」

◇小木「簡単じゃないんだぞ…0からやり直すのは簡単じゃないんだぞ…」
「でも…人間は,倒れたままじゃいられないんです」

第8回 「神の手はあきらめない!」 (2005/3/1) 震災25日後
◇心停止で運び込まれた老女。日比谷や純介は蘇生を諦めるが進藤は低体温による心停止と判断,適切な処置で息を吹き返させる。身元を示す所持品がなく,身寄りのない年寄りで無理に延命させるだけ酷だったのではと日比谷は吐き捨てるように言うが,避難所で花を配っていた花屋のおばあちゃんだった。
 延々と続く激務でミスが増えるスタッフを厳しく叱る進藤。スタッフの間に不協和音が響きかけるが,進藤の気迫と高い技術に圧倒され,気を引き締め直す。
※ヤジさん,鹿児島から奥さんが迎えに来て帰宅。キタさんも進藤の偶然立ち聞きした進藤の言葉に感動して青森へ帰る。
※寺泉,念願の閣僚入り。しかし他人事のような政治家たちの姿に当惑する。
「生き残ったものは,全力で生きる責任がある。
 そうでなければ亡くなった人たちに申し訳がない」


第9回 「あなたが涙をぬぐうとき」 (2005/3/8) 震災40日後
◇半壊した建物の調査中に転落した消防士2人が運び込まれる。うち若い方の消防士は,マニュアルに従い助けを求める多くの人々を見捨てて消火活動に専念したことが心の傷になり,「助からなければよかった」と自分を責め続ける。同時に,数多くの患者を救えず死なせてきたと無力感に襲われ,再三ミスをするようになった純介。眠れないという彼に,楓らは休みを取るよう指示,和也と一緒に帰宅させる。
 消防士が救命活動を行わなかったことを不祥事だと取り上げようとするマスコミに対し,寺泉は事実を認めた上で,「私には彼らを責めることは到底できない」「助ける側にも,深い傷を負った者がいる」と反論。
※佐倉,体操選手だったという消防士にでまかせでコマネチの話をして恥をかき,ネットで彼女の人生を調べ直す。その結果,「自分の極めた道でどんなに辛い目に遭っても,きっと後悔していないと言えるときがくる」という教訓を得て,消防士に伝える。
※日比谷,そば・コーヒーに続き,カレー嫌いも発覚。

第10回 「命の終わりを看取るとき」 (2005/3/15) 震災42~63日後
◇2人乗りバイクの転倒で,城丸克男・克英親子が運び込まれる。持っていたカバンには札束がぎっしり。克夫はディスカウント商法で儲ける城丸屋の社長だった。ひざを大怪我している克英に向かって仕入れに行けと叱り飛ばす克男。しかし強欲そうに見える彼は,少しでも安く売ることで震災に便乗して必需品を高く売りつける業者から消費者を守ろうという信念の持ち主だった。進藤,黒木は彼に末期の肺がんで事故の怪我が治るまで生きられないことを告知。寺泉は,死が近い彼のベッドを千尋や省吾から離すよう要求する。最期の時を迎えた克男の前に,大量の水と食料,トイレットペーパー等の仕入れに成功した克英が駆けつけた。
※寺泉,官僚の差し金で記者会見の担当を外される。
※春休みが終わって学生らが帰ってしまい,ボランティアがたった2人に。
※純介,河野医院を訪れた近所の老人の話から,父・河野院長のすごさを知る。

第11回(最終回) 「命と希望が宿る街へ!」 (2005/3/22) 震災63日後~2年後
◇東都中央病院で集団食中毒が発生。進藤・楓・黒木・日比谷は発病を免れるものの,全スタッフの3分の2が中毒を起こしてリタイアしてしまった。そんな折,全身熱傷の少年の受け入れ要請。進藤も,連絡を受けた純介が駆けつけてはじめて受け入れを受諾できるような状態。少年の容態は非常に危険で,皮膚移植のできない状況下では本人の生命力を信じて待つしかない状態。黒木から窮状を訴えられた寺泉はスタッフの補充を関係省庁に要請するが,4~5日かかると言われ,実際にはさらに延び延びにされる。22時間労働のローテーション,疲労の限界に達するスタッフたち。進藤は10年前に被災した当時と今の神戸の街の写真を新聞社から取り寄せ,病棟の廊下に張り出させる。街は必ず蘇ると心も新たにする一同。佐倉や千秋も復帰を申し出る。少年も危機を脱した。応援の派遣もようやく決まり,安堵のため息をつく黒木だった。
※寺泉,千尋の描いた「パパ大好き」の似顔絵に感激。
※和也,2年後に研修医として救命センターに帰ってくる。望も正式なナースとして勤務。
「街は必ず復興します。人間があきらめなければ,必ず蘇る。
 そのために頑張っている人が大勢いるんです」

 官僚・三上「日本は,経済援助をする側からされる側に回ったんですよ。
  たった20秒揺れただけで」「我々官僚に任せてくれれば事はもっと
  早く運ぶんです。それをじゃまをするのが政治家の皆さんですよ」

 寺泉「今,この国は死にかかってます。でも死なせるわけにはいかない,
  生き返らせなければならない。それが,我々政治家のやるべき仕事です!」


アナザーストーリー(特別編・看護師編)  (2005/3/29) 震災6ヶ月後
◇救命スタッフを密着取材したいとテレビ局から申し出があり,医局長と師長は佐倉をその取材対象に指名する。張り切ってカメラ目線で看護業務にいそしむ佐倉。その一方で浮かない顔の葉月。患者の多くが意識のない危険な状態で運ばれてくる救命病棟では,患者とコミュニケーションがとれない,一番必死に治療にあたる部署なのに患者から感謝されることもほとんどないという思いが頭を離れず,虚しくてしかたがないという。震災後の緊急体制で応援スタッフとして参加していた望の送別会の日,転属希望の気持ちが変わらないことを師長に伝える。しかし,都市復興を陰で頑張る水道工事職員や,葉月が手を握って看病してくれたことを覚えていた少年などの患者たちに心を開かれた葉月は,転属願の撤回を申し出るのだった。
※佐倉,北海道みやげのゆきむしスフレを皆に勧め,実家の犬の話で盛り上がろうとするがどうも浮きまくり。

***********************
※このエントリーをお読みいただいて
 面白かったというかた→ここをクリック♪
 役に立ったというかた→ここをクリック!
 (人気ブログランキングです。テレビ・ラジオ部門19位!ありがとうございマス ^o^)/

***********************

コメント (2)

救命病棟24時第3シリーズ アナザーストーリー感想

2005-04-01 17:56:39 | 救命病棟24時
前回(最終回)のエントリーでレビュー(筋のアップ)引退宣言をしまして,
今回は感想を書きたいと思います(でも長いな…)。


※ドラマを見ていると,心の中で
 「望の欄のみ翌週以降の予定が空欄になっている」
 「大きな紙袋を下げて飛び込んでくる佐倉」
 「浮かない顔の葉月」
 など,プロットが頭の中に浮かんできてしまいました。
 レビュー中毒ですねこれはw。

他の皆さんも書かれていますけれど,
佐倉が主人公というより葉月中心のお話でしたね。

予告で流れた「簡単に言うと,主役です」
って,ドキュメンタリーの取材のお話でしたか。
容姿・性格ともに完全に三の線の佐倉を推薦するって判断は
医局としてどうなんでしょうか?
医局長や師長としては,番組のキャスティングというより
医局の都合で考えるでしょうから…面倒な取材を押しつけるにちょうどいいポジションだったってことかな?
性格的にそういうことを嫌がらずに引き受けてくれそうってことで
好意的に解釈しましょう。

さて,話としては,震災から半年後,
取材スタッフにカメラを向けられて震災直後に逃げ帰ったことを口走る葉月。
彼女の悩みは,そのこともさることながら,救命病棟に来る患者は
その多くが意識不明だったりして,コミュニケーションがとれないことにあった。
懸命の看病で手を尽くしても相手が覚えていなくて
それほど感謝されるわけでもない,そのことが頭をよぎったことで
すべてが虚しくなって,転属願を出してしまう-ということから進んでいくのですが

患者として必死で治療に当たった御曹司が,ICU(集中治療室)を出た後に入った
外科の看護師(葉月の同期)と結婚したって…そりゃショックだわな。
その患者がタイプだったかどうかは別として(気にはなってたんだろうなきっと)。

「患者の人も,意識はなくても,きっとわかってるよ。
 ほら,臨死体験とかで」
など,葉月を励まそうとして訳のわからないことを言ってしまう佐倉。
なんか分かるなぁ~。相手を気遣うがゆえの言動なのに,
ひんしゅくを買いかねないことヤッチマッタァ……っての。
第 話のコマネチの話のとき,「あーあー,いくらなんでも暴走しすぎだよ。
佐倉のキャラ,作りすぎじゃないの?」と思っていましたが
「大泉洋さんの素のキャラに近い」と書かれていた人がいて「へぇ~」でした。
もとからああいう北海道の素朴なキャラなんですね。(?)

そこからは第3シリーズの総集編と絡めて進行。
懐かしい場面の連続で,一通り見てきた視聴者への
サービス特番といったところでしょうかね。

・震災直後,数時間は救命センターに全然重症患者が運び込まれないからと
 さっさと帰宅した日比谷!
 ローテーションとか調整まったくなしでいきなり勝手だもんな~。
 この印象は強烈だったな~。

・シリーズを通して,セリフの文字数が一番多かったであろう寺泉隼人
 中盤から寺泉の“演説”シーンは『救命病棟』の名物となっていましたが,
 今回は,患者と看護スタッフ中心のエピソードをまとめていただけに
 消防士擁護の中継のみ。
 それにしても,初期のエピソードでの自分勝手なキャラ,すごく
 嫌な奴でしたね~。「自分のことは自分でやって下さい」
 何度となく発せられたこの言葉が,なんて嫌な響きをもって聞こえたことか。

 結局,寺泉自身もその言葉を浴びることになり,
 自分の売名や家族への便宜のために動いてきたことが,だんだん本人の心の中に
 眠っていた思いやりや正義感を呼び覚まさせていくんですよね。
 現実にあんな雄弁な政治家がいたらちょっと引いてしまうかもしれない
 (第二次世界大戦の欧州の独裁者たちとか,田中親子とか,
 結局闇の顔をもっていましたからね…)ですけれど,
 お天道様の下,政治の世界でも正論が邪魔されずに通る
 世の中になってほしいとつくづく感じさせるキャラクターでした。
 
・最初のトリアージ,過酷でしたね。
 あとは,佐倉と日比谷の告白を聞かされたwそば屋の主人,
 殆ど死んでいた状態から「死んでいい命などない」とゴッドハンドに
 救われたおばあちゃん,
 救いを求める被災者を見捨てて消火に専念せざるを得なかったことが
 心の傷になって苦しめられる消防士
 など,なつかしい患者が次々と登場しました。

・特別編での新たな患者は
 倒れてきた電柱に頭をぶつけた水道職員・芹沢(岡田義徳)と
 入院中に葉月が手を握って励ましていた少年・孝雄。
 そのイケメンで「誰も誉めてくれなくても,自分の仕事で
 皆が喜んでくれればそれだけで嬉しい」
って,格好よすぎ!
 ちょうどそのことで悩んでいる葉月の前で何タイミング良く爽やかに語ってるんですか。
 ご都合主義にもほどがある!!でも最高。

 そして,さらにたたみかけるのは,
 退院後,毎晩寝るときに母親に手を握ってもらうようせがみながら
 「違う,この手じゃない」(ならもうせがむなよって),
 検査のため再びやってきた東都中央病院で葉月の手をにぎり
 「この手だ!僕覚えているよ。お姉さん,がんばれ,がんばれって
 励ましていてくれたでしょ」
と言った孝雄少年。
 クッサ~~!!でも最高。
 花のおばあちゃんが助かったときにいきなり
 避難所の少女の一家が現れたとき以来の超わざとらしい演出でしたが,
 でもいいよ。こういうの好きだから。 

和也は大学が再開ということで,震災で失くした教科書を楓にもらいに登場。
SFでの学会出席で楓は不在。('Д`)ガビーン_| ̄|○
「電話で確認しておけよ」と笑われる和也。
と,そこへ「預かってた」と差し出すのがひびやん!絶妙だ!
「これから勉強するのか。さぼってたんだろ?
 医者になったらここへ戻ってこい。お前は誤解されやすいタイプだからな」

なんなんだよ!そのやさしさは?!
私,正直ここで一番ジンときましたよ。
和也もひびやんの後ろ姿に「そっちでしょ」ってしっかりツッコミ入れてたし。

結局,ゴッドハンド進藤は既に東都中央病院を去り,
楓は学会出席で不在と,ツートップがともに回想シーンのみの出演で
そういう点ではアナザーストーリーでしたね(タイトルに偽りなし)。
最終回でも賛否ありましたが,僕は進藤先生の去り際が出てこなかったのは
よかったと思います。去り際を出すと,その間シーンが固定されるというか
流れが止まってしまう感じがして。現れるときは過剰演出でもいいから
ジャジャーンと真打ち登場して,去るときは風のように消えていくのが
彼らしいかなと。
(最後にかっこいい言葉をスタッフに向けて残していってほしい気も
 しますが,そこは,視聴者1人1人が想像していけばいいんじゃないでしょうか)

最終回では,もともと保健室の先生だったのに2年後にも
引き続き救命センターにいた望でしたが
今回は震災での緊急の看護補助職が解けて,いったん辞めてから後に
再び戻ってくるという流れを示して整合性をフォローするなど,
うまくまとまっていたなという感じでした。

そして,最後のオチ。
「わざとらしくて使えない」
佐倉を主役にしたドキュメント,ボツ!(爆)
で,撮り直しの主役に指名された千秋,躊躇なく引き受けてるしw。

そもそも,震災から半年も経ってから取材を始めるドキュメンタリーの
取材班って,度を過ぎてのんびりし過ぎだし,
「わざとらしくて使えない」ことに気付くのも遅すぎ。

…で,ゆきむしスフレって何?
雪で蒸したスフレ?それとも,雪虫(雪の季節の到来を告げる,小さな雪のように舞う虫。
たしかアブラムシ=アリマキの一種だったと思う)のスフレか?!
まぁ,何でもいいから食いてぇ!

で,最後の最後,エンディングテーマの曲が終わったところで明かされた
佐倉の実家の犬の話…

犬がパーマあてた
って…そりゃ,望の送別会のあの場のしんみりした雰囲気では言えないわな。
「飼い主に似るんですかね」って
別に犬がパーマ希望したわけじゃないでしょw。

***********************
※このエントリーをお読みいただいて
 面白かったというかた→ここをクリック♪
 役に立ったというかた→ここをクリック!
 (人気ブログランキングです。テレビ・ラジオ部門19位!ありがとうございマス ^o^)/

***********************

進藤一生(江口洋介)=“ゴッドハンド”
小島楓(松嶋菜々子)…東都中央病院高度救急救命センター勤務。
黒木春正(香川照之)…医局長。
日比谷学(小市慢太郎)…救命医。
佐倉亮太(大泉洋)…看護師。
須藤昌代(鷲尾真知子)…看護師長。 
大友葉月(MEGUMI)…看護師。
伊坂千秋(田村たがめ)…看護師。
看護師(尾野真千子)→プロフィール(DCMより)

河野純介(川岡大次郎)…イケメン研修医。公式サイト
河野和也(小栗旬)…イケメン医大生。 
磯部 望(京野ことみ)…看護師。

寺泉隼人(仲村トオル)…衆院議員。被害調整委員会委員。
青木秘書(小須田康人) …本人のHP日記が面白いです!
官僚・三上(近江谷太朗)公式ページ堀内議員(戸沢佑介)→プロフィール
寺泉千尋(福田麻由子)…寺泉の娘。
木村省吾(広田亮平)…入院患者。千尋と一緒に病棟の癒し系。

芹沢将生(岡田義徳)…水道の復旧作業員。

孝雄…少年。
信一…父。
智子…母。


■フジテレビ『救命病棟24時』サイト
(フジテレビ内サイト週間ランキング:3/21~3/27 3位)

■DreamsComeTrue公式サイトDCTgarden.com
 NEWSのページから主題歌『何度でも』の一部視聴ができます。

このアイテムの詳細を見る
『朝がまた来る [SINGLE]』 1020

■『救命病棟24時』のDVD(amazon)
救命病棟24時 1
救命病棟24時 BOXセット
救命病棟24時スペシャル2002 


Click Here!

コメント (3)

救命病棟24時第3シリーズ#11(最終回)

2005-03-30 05:10:52 | 救命病棟24時
※遅くなりましたが,ようやく録画をチェックする時間がとれました。
 よろしくお願いします。


救命病棟24時第3シリーズ#11(最終回)
「命と希望が宿る街へ!」


地震後63日目

故障したボイラーの蒸気を浴び,全身やけどを負った8歳の少年
しかし,救命センターには受け入れる余裕はない
「お願いします!そちらが一番近いんです!」
そこへ,河野兄・純介が駆けつけた!
「僕はもう大丈夫です」
進藤「受け入れましょう。食中毒患者はナースに任せ
 熱傷患者を医師で治療しましょう」

河野兄が復帰したものの,倒れたのは
医師10名,看護師22名の計32名。

日比谷に向かって,食中毒を出したこと,
そしてスタッフが苦しんでいるのになにもできない自分が悔しいと
こぼす河野弟。
「遊んでいる暇があったら仕事しろ」

少年の両親に術後の説明をする楓。
火傷の面積が大きく,生命も非常に厳しい状況。
水分管理をして,現在37度台の体温が上がらないよう
管理すれば,最初の危機は乗り越えられるという。
しかし熱が上がれば,細菌感染の恐れが。
興奮した両親は嘆き悲しむばかり…。

寺泉の携帯に応援の人員を懇願する黒木医局長。
「できれば医師5名,看護師15名を…」
「わかりました。必ず何とかします」
と答えるも,「どこに頼ったらいいんだ…」
官僚に,厚生労働省を通じて手配を頼む寺泉。
「それは医師会の管轄です」
「最新の設備が整っているのにそんなに人員が必要なんですか」
「4,5日はかかると思いますよ」

スタッフに状況を説明する黒木医局長。
応援が加わるまでに4~5日かかるという話に
日比谷「これまで通り24時間患者を受け入れるんですか」
進藤「ここは3次救命ですから…そうするのが当然でしょう」
楓「5日乗り切ることを考えましょう」
黒木「22時間ローテーションでいきます。休憩時間は2時間。
 1日1時間眠れるかどうか…」
日比谷「大丈夫でしょう。研修医の頃は3日間完徹ってときもあったし」
須藤看護師長「私も…若い頃は,朝まで踊りに行って,
 仕事に行くなんてときもありました」
(一同笑)
黒木「よし…じゃあ,皆さん,頑張りましょう!」

復興会議の席で,計画の説明を聞きながらも,
病棟のことが気にかかる寺泉。
電話してみると,黒木医局長はあれから何の連絡もきていないと答える。
「担当者が動いています。あと2~3日待ってください」

1時間の仮眠で交代して治療にあたるスタッフたちの
体力は限界に近づいている。
そんな状況にいてもたまらず河野弟,患者に接する仕事がしたいと
医局長に申し出るが,
「いくら人が足りなくてもそれは無理です」

肺を片方切除して安静が必要なのに
院庭に出て腕立て伏せをしたりと勝手にリハビリをする
郵便の配達人・立松。
前はこの仕事が嫌いだったが,
震災で家が潰れて配達できない宛先があっても,
簡単に差し戻すわけにもいかないからと避難所を探して
現金書留を届けると,心から感謝されたり,
エレベータが動かないマンションの上階までペットボトル入りの
小包を届けたりする仕事に誇りと充実感を感じ,
1日も早く仕事に復帰したいのだという。

すでに5日が経過したが,一向にスタッフの補充は叶わない。
寺泉は「復興計画を立ててる君たちは現場の大変さを
これっぽっちも知らない」と官僚をどやしつけるが
「寺泉先生は,我々が脳天気に復興計画を立てていると
 お考えなのかも知れませんが,むしろ逆です。
 この震災の被害は官民合わせて35兆円。関節被害を合わせると
 50兆円を超えるでしょう。
 合わせると日本の国家予算の1.5倍です。
 日本の経済を支える大企業の本社機能も断たれ,
 地方都市に,東京の被害を支える体力もない。
 援助物資の3割は海外から。
 日本は,経済援助をする側からされる側に回ったんですよ。
 たった20秒揺れただけで,この国が壊滅してしまうなんて」
「君はあきらめてしまうのか」
「あきらめていませんよ。我々官僚に任せてくれれば
 事はもっと早く運ぶんです。
 それを,段取りだの根回しだの,俺の顔を立てろだの
 じゃまをするのが政治家の皆さんですよ…」

熱傷の少年,熱が上がりだした。
楓は,今は抗生剤を投与し,少年自身の生命力を信じると
両親に説明する。

鉄道復旧の作業中,重機の下敷きになった作業員が運ばれる。
進藤らの治療の甲斐無く,同僚の前で患者は命を失う。
食中毒から7日,精神的にもスタッフの疲弊が頂点に達している。
少年の容態は,高熱が3日も続いている。
皮膚移植をしようにも震災で底をついているのだ。

色々なことを乗り越えてここまできたのに,
自分の不注意でこんなことになって,
謝るべきところすべてに謝って回りたいといたたまれない和也。
進藤「俺は,これで終わりだと思っていない…
 希望を捨てるな」


復興会議。
「海外からの医療チーム受け入れについて制限すべきだという
 声が上がっております」
という官僚の報告に
寺泉,思わず「医師の数は絶対的に足りていないんだ!
 どんどん受け入れるべきだ。
 (習慣の違いでトラブルが起きるという報告が)
 そんなものはあって当然だ」

「それじゃ,前向きに検討すると言うことで」
「まず現場を見てみないと」
「視察の日程の調整を」
という政治家に寺泉ブチキレ
「ちょっと待ってください!そんな悠長なことを言っている場合じゃないんです!
 今は一刻も早い対応が必要だということが,なぜわからないんですか!
 …どうかしてますよ先生方は!」

「何を言うんだ君は?!」
「我々は,この国の舵取りを任されているんです。
具体的な対策を早急に打ち立てて,国民の信頼を勝ち取るのが仕事です」

「きれい事はもういい」
「きれい事で済ませようとしているのは
 堀内先生,あなた達のほうです。
 のりの利いた作業着を着て,真っ白なヘルメットを被って,
 何の危険もない道を歩く。そんな視察に何の意味があるんですか。
 今,この国は死にかかってます。でも死なせるわけにはいかない,
 生き返らせなければならない。それが,我々政治家のやるべき仕事です!
 僕が関わった救命救急医たちは,本当に命を賭けて向き合ってます。
 今この瞬間を,歯を食いしばって頑張っているんですよ!」

東都中央病院へのスタッフの補充を懇願する寺泉を無視して
会議を進めようとする政治家と官僚たち。
憤慨して退席する寺泉は,慌てて駆け寄る青木秘書や
ドアの外で控えていたマスコミ記者に取り囲まれる。
「まだ会議は続いているんじゃないですか?!」「大丈夫なんですか?!」
「私に任せてください。大丈夫です」
とだけ言い残し立ち去る寺泉に色めき立つマスコミ。

進藤の元に神戸日々新聞から封書が届けられる。
進藤が連絡して取り寄せたのは,震災直後の神戸と
10年後の同じ風景を撮影した2枚の写真。
「こんなに変わるのか…」張り出された2枚の写真に見入るスタッフ,
入院患者たち。
「街は必ず復興します。人間があきらめなければ,必ず蘇る。
そのために頑張っている人が大勢いるんです。
東京を立て直そうとして,危険なところで働いている
俺たちがここで諦めたら,彼らが傷ついたとき,誰が助けるんです。
確かに,今は応援が来るかどうか分からない状況です。
けど,今,こうやって立っていられるじゃないですか」

復帰を申し出る千秋と佐倉,そして気持ちも新たに,持ち場に散るスタッフたち。

熱傷の少年も危機を脱し,
そして,待ちに待った応援スタッフ,医師6名,看護師17名が派遣される
という連絡が寺泉から伝えられる。
14人の名前のうち9人が真っ赤のホワイトボードを見ながら
安堵のため息をつく医局長。涙ぐみながら「ありがとうございます…」
「黒木先生,頑張りましょう」

やがて省吾君の怪我も癒え,明日には両親が迎えにくる運びに。
省吾君と千尋ちゃんの新しい絵が壁に張り出される。
その中に,「パパ大好き」と書かれた似顔絵が。

「32万票ですよ。前回の選挙で私が獲得した票です。
 …しかし,たった一人に好きだと言われることが,
 こんなに嬉しいことだとは思わなかった。
 震災の前は,言われたことがありませんでしたからね。
 あんなこと」

黒木医局長と語り合う寺泉。
「政治家を辞めないでくださいね。
 復興には10年はかかるんです」
「辞めません。…あきらめませんよ。私も」

進藤が取り寄せた神戸の写真に救われたと感謝を伝える楓,
自分こそ熱傷の少年の生命力を信じる楓の姿に救われたと返す進藤。
スタッフルームの席に戻った進藤に,国際人道支援医師団からの電話が。
「東京の様子はどうですか?」
進藤「希望が見えてきました」

二年後-

「ちゃんとみんなに挨拶するんだぞ。自己紹介して,頭下げるんだぞ」
「わかってるよ」

集まってくるおなじみのスタッフたち。
「よく来たね」
「今日からお世話になります,河野和也です。よろしくお願いします」
「よお,国家試験受かったんだ,研修医」
「一応,勉強したんで」
望もこの救命センターで正式にナースとして働いていた。
和也の指導医は楓が担当することに。

「この写真,まだ貼ってあったんですね」
黒木「あの厳しいときから1日も休まず24時間
 高度救命救急機関であり続けてきた。
 それが私たちの誇りです」
「今,どこにいらっしゃるんでしょうね,進藤先生」
黒木「さあ…けど,どこかの国で患者を診ていらっしゃることだけは
 間違いないでしょうね」
楓「ええ…」

ICUの壁には、災害を乗り切ったスタッフたちの似顔絵。
その中心には、進藤がいた。
今も進藤は、どこかの国で患者たちのために…。


『救命病棟24時』,あなたの選ぶベストコンビは?
アンケート始めました。

※Yahooブログでは選択肢が5つまでしか設定できないので
 2つの項目に分けています。あなたのベストコンビがどちらにも
 なかった場合,コメント欄にご記入下さいませ。

***********************

※第1回・プロローグ
 第2回・トリアージ
 第3回・クラッシュ症候群
 第4回・過労ストレス
 第5回・輸送・供給手段の断絶・混乱
 第6回・大事な家族を失うことの精神的ショック
 第7回・ボランティアの自己責任
 第8回・震災後の,日常への復帰
 第9回・救う側の心の傷
 第10回,自分の死とどう向き合うか,子どもたちが人の死に直面するとき,どう対応すべきか

そして,最終回の第11回,患者の治療・そして街の復興に共通のキーワード
「あきらめるな」でしょうか。
つらいとき,身体的・精神的に限界に達したときこそ,
人1人,そして1人1人の生命力を信じていくことが必要なのですね。



今クールは,『ブラック・ジャック』『救命病棟24時』『87%』
『ごくせん』とレビュー三昧のブログ生活でしたが,さすがに生活に影響があります
(妻子の手前もありますし…)ので,この『救命病棟』最終回を区切りに
ドラマの筋を上げるのは控えて,ニュースや野球ネタなどの「たわごと」に
原点回帰したいと思います。
たとえ『離婚弁護士2』がすごく面白かろうと,
月9や『富豪刑事』に書いていた程度の感想だけになると思いますが
よろしくお願いいたします。
『救命病棟』,まだスペシャルがありますけどね…。


***********************
※このエントリーをお読みいただいて
 面白かったというかた→ここをクリック♪
 役に立ったというかた→ここをクリック!
 (人気ブログランキングです。テレビ・ラジオ部門16位!ありがとうございマス ^o^)/

***********************

進藤一生(江口洋介)=“ゴッドハンド”
 今週はゴッドハンドはあまり発揮されず,患者を1人亡くしてしまいました。
 少年が危機を脱した感動の場面に立ち会うのは医師にとって
 なによりの喜び,力を与えてくれるのかもしれないけれど,
 仮眠中の楓を起こさなくても…休憩時間は2時間しかないのに…
 と思うのは私だけでしょうか。
小島楓(松嶋菜々子)…東都中央病院高度救急救命センター勤務。
 前半は,婚約者・裕樹の安否・そして容態と死があり,ストーリーの
 本流の1つを担っていましたが,後半は一スタッフとしてのポジションに
 なっていました。最後は進藤先生が去り,再び救命センターの3トップ
 (黒木・日比谷・小島)の一翼に。
 将来の伴侶が現れるのかなども含めて,どんな人生が続いていくのでしょうね。
  
黒木春正(香川照之)…医局長。
 「会いたいですね…そりゃ会いたい。
  でも,来週には顔を見に帰れると思います」
 愛娘・なつみちゃんにとうとう会えるんですね。
 …って,この大変な時期に2ヶ月も会えていなかったなんて!
 それから2年後も医局長を務め続けていた黒木先生,
 よくご存命でいらした(第2シリーズの記憶があるので心配でした…)。
 でも,絶対もっと白髪が増えると思う。 

日比谷学(小市慢太郎)…救命医。
 これまでの毒舌キャラは封印?
 えらく頼りがいのある救命病棟のアオレンジャー的キャラに。
佐倉亮太(大泉洋)…看護師。
 出番がすごく少なかった…って,食中毒で倒れていたのか。
 おにぎり食い過ぎたんだろうなきっと。梅にぎりも食っておけば。
 最後の「ホントに来たんだ」が唯一のギャグ?
 てか,次週のスペシャル,主役かよ?!
須藤昌代(鷲尾真知子)…看護師長。 
大友葉月(MEGUMI)…看護師。
伊坂千秋(田村たがめ)…看護師。
看護師(尾野真千子)→プロフィール(DCMより)

河野純介(川岡大次郎)…イケメン研修医。公式サイト
 これまでの神経質なプライドの高い青臭い若者から,
 一皮剥けたというか,えらく爽やかなキャラで終わりましたね。
 顔そのものもピリピリ・ギスギスした目だったのがすっかりサッパリしてました。
河野和也(小栗旬)…イケメン医大生。 
 茶髪のGジャン兄ちゃんから,黒髪・白衣の研修医に。
 けれど,前髪長いのはそのままなのね。
 『ごくせん』Part1での記憶は全然ないけれど,『救命病棟』Part3では
 抜群の存在感,共感を感じるキャラクターでした。   
磯部 望(京野ことみ)…看護師。
 お父さんが望んでいたナース復帰
 離れていても仲良くね。いつかは福岡へ帰るのかな?

寺泉隼人(仲村トオル)…衆院議員。被害調整委員会委員。
 最初は自分のことしか考えていない嫌な政治家キャラでしたが
 (でも,家族のことを大事にするからこそのわがままは他の人も同じなんですけどね)
 自分のために動いているつもりが人の役に立ってしまい,
 いつの間にか,震災の現場で闘う人たちを代弁する熱い男に変わっていました。
 がれきの中の河野医院で進藤の悪口を言って立ち去ったあの時の姿からは
 想像できないくらい,変わりましたね(ある程度は期待してましたが…)。
青木秘書(小須田康人) …本人のHP日記が面白いです!
官僚・三上(近江谷太朗)公式ページ堀内議員(戸沢佑介)→プロフィール
寺泉千尋(福田麻由子)…今週もかわいいです。
木村省吾(広田亮平)…「ご両親,本当は亡くなってるのでは」説が流れていただけに
  迎えに来てくれると聞いて本当にホッとしました。

立松幸夫(菊池均也)…片肺切除の郵便配達員。
  劇団「善人会議」(現・扉座)出身。舞台「オケピ」等出演。
郵便配達員(西村雅彦)…ワンシーンだけゲスト出演。
  妙に須藤師長に親しげでしたが,なぜ?

高槻信(宮川宏介)…熱傷の少年。
高槻守(嶋尾康史)…父。
高槻今日子(岩橋道子)…母。

工事現場作業員…
小宮山裕一(相島一之)…工事現場作業員の同僚→応援サイト「I Island」

■フジテレビ『救命病棟24時』サイト
(フジテレビ内サイト週間ランキング:3/21~3/27 3位)

■DreamsComeTrue公式サイトDCTgarden.com
 NEWSのページから主題歌『何度でも』の一部視聴ができます。

このアイテムの詳細を見る
『朝がまた来る [SINGLE]』 1020

■『救命病棟24時』のDVD(amazon)
救命病棟24時 1
救命病棟24時 BOXセット
救命病棟24時スペシャル2002 


Click Here!

コメント (3)

救命病棟24時第3シリーズ#10

2005-03-16 07:03:13 | 救命病棟24時
救命病棟24時第3シリーズ#10
「命の終わりを看取るとき」

地震後42日目 

河野医院にたどり着いた純介・和也兄弟。
「ここで,進藤先生とおやじと河原崎さんが,徹夜で患者を治療してたんだ」
と,治療室で語る和也。
純介の目にも,まるでその場に居合わせたかのように,
その時の情景がまざまざと浮かんでくる。
しかし,彼の心の火は,まだ弱々しく細ったままだ…。

今回,東都中央病院に運び込まれた負傷者は
城丸克夫(55),克英(28)親子。
オートバイの転倒で投げ出され,
父は胸の骨折などで呼吸と循環の障害を起こし重傷,
息子は脚をザクロのように切っていた。
父のほうは胸腔ドレナージを行っても右肺に呼吸が戻らない。
息子のほうは,大きな血管に損傷がなかったので大事に至らなかったが
彼が持っていたというカバンは,破れたすき間から札束が…。
父親のほうもなんとかサチュレーション(血中酸素飽和度)を回復,危機は脱したが
症状確認のため撮ったレントゲン写真に,進藤と黒木医局長は
胸部の白い影を認めるのだった-。

テレビかどこかで城丸親子を見たという葉月。
「これじゃないの?」
「城丸屋の社長だ!」
看護師控室の戸棚のガラス戸に貼られていた写真
(雑誌のグラビアページの裏?)には
「倒産大歓迎!ハゲタカ商法何が悪い!」というコピーとともに
札ビラを切り濃い~笑顔の克男の姿が写っていた。

「外された?」
官僚の差し金で記者会見の担当を外され寺泉。
親分である堀内議員に裏方に回るよう命ぜられたのだ。
そこへ,
「ご苦労様です」慇懃に挨拶をする官僚。
「こんな災害時にも,官僚は主導権を握りたがるんだな」
「震災を人気取りのチャンスと考える,政治家のセンセイもどうかと思いますよ」

意識を回復しても,まず金のこと,仕入れなど商売のことを気にかける克男。
そばについていても商売に戻れと言われやるせない克英,
松葉杖をついて命令に従う。
しかし克英が去ると,省吾くんに「おじさんも喘息だったけれどこんなに
元気になった」とやさしく励ます克男。
そこへ,「お話があります」と医局長が-

「ガン…」
別室で,CTと共に克男に示された病名は絶望的なものだった。
「既にリンパ節に腫れが見られ,肺にも肝臓にも転移が見られます」
「…難しい話はいい。いつまで生きられるんだ」
「半年とか一年といった単位での生存は難しいかと…」
「はっきりしろ!医者なら判るだろ!」

進藤,
「1ヶ月,もたないかもしれません」
怪我が治るまで生きられない末期の癌-

看護スタッフらが,省吾くんらとの同室は子どもの精神的にも酷では
ないかと話し合うのをよそに,病床で息子を叱咤する克男。
「俺が死ぬと聞いてびびってるのか。
 これからはお前が社員3百人の先頭に立って引っ張っていくんだ。
 そんなことでどうする!脚の怪我なんて言い訳にならないぞ!
 札束で,問屋の横っ面ひっぱたいて,
 水とトイレットペーパー全部出せってケンカして来い!」

「城丸さん…」医局長が思わず間に入るが,
「うちに商品がなかったら,客はペットボトル1本千円2千円で
 商売している連中のカモにされるんだ!
 城丸屋は…どこよりも安く売るから城丸屋なんだ。
 俺のことはいいから,早く行け!」


春休みが終わりに近づき,学生ボランティアが続々と帰り始める。
河野医院の和也も
「俺,病院戻るわ。3月だし,もうすぐ新学期だから。
 就職活動もあるし…」というが,
「そう…」抜け殻状態の純介。
「なんだよ,”そう"って。
 …兄貴がそんなんじゃ,いつまでたっても俺,帰れないだろ!!
 いつまで落ち込んでたら気が済むんだよ。
 兄貴は,昔から出来がよくって,偉そうなことばかり言って…
 正直,すっげぇむかついてたけど,この震災で,兄貴頑張ってる姿見て,
 やっぱ兄貴すげえって…俺全然かなわねぇなって…
 いつまでへこんでたら気が済むんだよ!
 早くいつもの兄貴に戻れよ!」

「…俺,行くから。   待ってるからな」
という言葉を残して病院に戻った和也を待っていたのは
「2人だけ?」
「若い人はみんな帰っちゃって」
「マジかよ…」
ホワイトボードに書き込まれた若者達のメッセージだけが残されている
現状に,途方にくれる和也。

「やっぱり…商売人に向いていないのかあいつは…
 俺は,死ぬのは怖くないんだ。息子さえ独り立ちしてくれたら…
 女房が待ってる。…地震で死んだよ」

地震が怖いから家具を金具で止めてくれと言われていたのに
高価な家具にネジなど打てるかと取り合わなかった克男は
その妻を食器棚の下敷きで死なせてしまったことを悔やんでいた。

寺泉は,省吾くんと千尋ちゃんに人の死を経験させたくないと
城丸父のベッドを移すよう医局に要求。さもなくば自分が
2人を抱えて出て行くと。
「進藤先生,君は人の死に慣れすぎている。
 だからそうやって平気でいられるんだ」
黙って聞いている進藤。
と,そこへ,大事?を知らせる佐倉。
「なんだ?」と和也をよそに,搬入口に巨大トラックが。
そして病室に松葉杖で駆け込む克英。
「おやじ,やったぞ,水300ケース,トイレットペーパー200箱
 仕入れてきた。生活用品,食料品も,毎日大阪から直送してもらえる
 契約取ったよ。おやじの言うとおり,ケンカしてきた」
搬入口まで出てきた車いすの克男は,トラックに満載された荷物を前に
「克英…いいぞ…いいぞ…」目に涙をにじませるのだった。

朝。
河野医院で1人,自分にキレそうになった純介が薬瓶を床に投げつけようと
した瞬間,ダンダンダンと玄関を叩く音が。
夜に明かりが点いていたのを見た近所の老人が,
河野院長が帰ってきたのかと思い診察してもらいに来たのだ。
代わりに老人を診る純介。
「あの小さかった坊ちゃんがこんなに大きくなって…
 うちはね,昔から河野先生に診てもらってたんですよ」
「信頼されてたんですね,おやじは…」
「ええ…腕はいいし。もともと大学病院にいたんだもんねぇ。
 それが,助教授の椅子を蹴って。
 知らなかったの?患者を診たいって,町医者になったんだよ。
 ありがたいねぇ」
「そんなにすごかったんだ…ハハ,そうだよ,おやじも進藤先生も医局長も,
 みんなすごいんだよ。俺が張り合おうってのが間違いなんだよ。
 俺,研修医ですよ?ダメダメで,当たり前なんですよね」

結局,別室にベッドを移された省吾。
疑問に思う子どもたちをよそに「絵本を読もうか」と話をそらす寺泉。
でも幼き心は気付いていた。

「人間ってのは欲が深いものだな…
 ゆうべの息子の姿を見たら,一緒に仕事がしたくなった…
 半年とは言わない…せめて1ヶ月…」

「おやじ,城丸屋は全店営業再開するぞ。
 ペットボトル千円で売ってた店は撤退した」
「明日も,明後日も,報告に来い…」

「父は,いつまでもつんですか」
「いつ,何が起こってもおかしくない状態です」
「…もしもの時は,すぐ呼んでください」
そして,その時がやって来た。
慌ただしく最後の延命に努めるスタッフ。

仕切りひとつへだてただけのベッドから,
いざというときは2人の子どもを連れ出すと言っていた寺泉だが,
その場を動かず,『走れメロス』を読み聞かせながら,
ともに成り行きを見守る-

そして,メロスの姿と重なるかのように病棟に駆けつけた克英。
佐倉に肩を追われながら病室にたどり着いた。

意識のない克男に話しかける。
「おやじ…あのな…お客さんに,ありがとうって言われたよ。
 城丸屋が開くのを,ずっと,待ってたって。
 みんな,喜んでくれた…」
「そうか…」
もう声もかすかになり,酸素マスクが外される。
手を握りしめ,父子の最後の会話。
「おれは…母さんと…
 おまえは…じょうまるやの…しゃちょうだ…
 のんびり…くらそう…
 くるしいが…かあさん…あんしんして,いんたい,できたぞ…
 まけるな…」

「…母さんに,よろしくな。おやじ…」

「午前9時54分,死亡を確認いたしました」

「最後,おじちゃん笑ってたね」
「さびしくなっちゃったね」
この40日間,裕樹の死を始め数多くの事を経験し,
克男の死を,命の尊厳を彼らなりに受け止めた2人。

この場に残ったために,9時から始まる内閣の会議をすっぽかしてしまった寺泉。
進藤が官邸に戻らないんですかと尋ねる。
「官邸か…あそこに俺の仕事はない…」
「官邸に戻った方がいい。
 子どもたちの未来を考えるのがあなたの仕事でしょう」
何かを心に秘めて東都中央病院を後にする寺泉。

スタッフが食べたおにぎりの包み紙をボランティアと片付ける和也。
ふと見ると,賞味期限が1週間前に切れていた。
立ち直りつつある純介に,日比谷から呼び出しの電話が。
集団食中毒!

次週,最終回。災害時に,病棟崩壊の危機!!
この試練を東都中央病院は乗り越えられるのか?!

***********************

※第1回・プロローグ
 第2回・トリアージ
 第3回・クラッシュ症候群
 第4回・過労ストレス
 第5回・輸送・供給手段の断絶・混乱
 第6回・大事な家族を失うことの精神的ショック
 第7回・ボランティアの自己責任
 第8回・震災後の,日常への復帰
 第9回・救う側の心の傷

そして,第10回,自分の死とどう向き合うか,
そして,子どもたちが死という残酷な,しかし誰もが経験しなければ
ならない出来事に直面するとき,どう対応すべきかというテーマでした。

スプラッタムービーや残酷ゲーム・漫画などがあふれる環境に浸り,
(そのせいだけじゃないでしょうが)命の大切さに対する感覚が麻痺してきて
簡単に人や生き物,そして自分を傷つけたりするようになる人のニュースが
増えてきていますが,子どもの時期に,身近な人の死を経験するというのは
大事なことなのかもしれません。
僕の場合,小学時代までに経験したのは父方の祖父1人だけで,
僕が小さかったのであまり元気だった頃の記憶は残っていなかったが,
動物園に連れて行ってくれたりした祖父が病室のベッドで横たわり,
見えているのか聞こえているのかわからない姿でいたのは
子どもながらにショックというか…普通に受け止めるしかなかったですけど。
臨終の場には立ち会えなかったですが,お葬式は経験しました。

誰もが城丸社長のように真剣と死に向き合う生き様を見せ,
感動や共感を与えることができるわけではないと思いますが,
細って消えていく命の火を見せるだけでも,死にゆく人は,
残された人に大事なものを与えてくれたのではないかと思います。
もちろん,あまりに多くの人の死を経験してしまうと,
前回の純介兄貴みたいに
自分の存在や世の中に虚しさを感じてしまうことになるかもしれませんが…

【今回のワンポイント】
もしもの時のために,家具は金具で固定するべし。


※このエントリーをお読みいただいて
 面白かったというかた→ここをクリック♪
 役に立ったというかた→ここをクリック!
 (人気ブログランキングです。3/16テレビ・ラジオ部門18位!ありがとうございマス ^o^)/

***********************

進藤一生(江口洋介)=“ゴッドハンド”
 今回も,政治家寺泉を精神的にサポート。
 また,父親として幼い娘を死の現場に立ち会わせたくないという
 寺泉の考えに対しては,意見することなく尊重。
 むやみに説教している訳じゃないんです。
小島楓(松嶋菜々子)…東都中央病院高度救急救命センター勤務。
 患者の死に直面する度に婚約者を失った事実が蘇りますよね。
 まだ1ヶ月ほどしか経っていませんが,日々の現場に取り組むしかありません。
黒木春正(香川照之)…医局長。
 医師としての登場回数は,城丸社長の主治医など今回メイン。

須藤昌代(鷲尾真知子)…看護師長。 
 「ああいう金の亡者っているのよね」→「私は何も言ってませんよ」
日比谷学(小市慢太郎)…救命医。
 「たくましくていいじゃない」→「俺は最初から認めてたよ」
佐倉亮太(大泉洋)…看護師。
「好き嫌い多いですけどね」→「そんないばらなくても…」
ひびやん,今週はイクラとタラコマヨネーズ嫌いが発覚!
でも梅干しと焼き肉にぎりはOKみたい。
…おにぎりをのぞきこんでたから,どっちかはダメなのか?


大友葉月(MEGUMI)…看護師。
伊坂千秋(田村たがめ)…看護師。
 佐倉と共に真っ先に食中毒で倒れる。

河野純介(川岡大次郎)…イケメン研修医。公式サイト
  出番だ,張り切りボーイ!
河野和也(小栗旬)…イケメン医大生。
  和也自身も,新学期の春。どうするんだ?
磯部 望(京野ことみ)…元看護師。
  勤めていた小学校も新学期の春。どうするんだ?

寺泉隼人(仲村トオル)…衆院議員
青木秘書(小須田康人)
「内閣連絡会までには帰ってきてくださいね。
 役職から外されたって,臨時内閣にいることが大事なんですからね」
「どこにいるんですか?!会議始まっちゃいますよ!もう,知りませんから!」
…どうせ病院なんだから朝7時には迎えにくるべきだったと思う。
 ていうか,彼も帰る家があるんですよね。どんな家庭なんだろ?
→本人のHP日記
寺泉と相性の悪い官僚(近江谷太朗)公式ページ
堀内議員(戸沢佑介)→プロフィール
寺泉香織(渡辺典子)→静岡メディカルセンターで治療中。
寺泉千尋(福田麻由子)…今週もかわいいです。
木村省吾(広田亮平)…省吾君の絵が皆に笑顔を与えてくれてます。
 「あのおじちゃん死んじゃうの?死んだらどこへ行くの?」
 「天国へ行ったら帰って来れないの?小島先生の婚約者も天国に行っちゃったの?」
 「最後はあのおじちゃん,笑ってたね」
 「さびしくなっちゃったね」

城丸克男(綿引勝彦)→Yahoo日本タレント名鑑
  機動警察パトレイバーに出てたりしたんですね。
城丸克英(伊崎充則)→劇団ひまわり砂岡事務所
  映画『らくだ銀座』(公式ページ)主演。
  『ハウルの動く城』(公式ページ)小姓役で出演とのこと。
  
■フジテレビ『救命病棟24時』サイト
(フジテレビ内サイト週間ランキング:2/28~3/6 4位)

■DreamsComeTrue公式サイトDCTgarden.com
 NEWSのページから主題歌『何度でも』の一部視聴ができます。

このアイテムの詳細を見る
『朝がまた来る [SINGLE]』 1020

■『救命病棟24時』のDVD(amazon)
救命病棟24時 1
救命病棟24時 BOXセット
救命病棟24時スペシャル2002 


※このエントリーをお読みいただいて
 面白かったというかた→ここをクリック♪
 役に立ったというかた→ここをクリック!
 (人気ブログランキングです。3/16テレビ・ラジオ部門18位!ありがとうございマス ^o^)/

***********************
アフィリエイト の JANet
コメント (5)

救命病棟24時第3シリーズ#09

2005-03-09 00:47:53 | 救命病棟24時
救命病棟24時第3シリーズ#09
「あなたが涙をぬぐうとき」

地震後40日目 

東都中央病院に負傷者が2名運び込まれる。
竹浦(32),平野仁(28)。ともに消防士で,
半壊した建物の調査中に高さ10mから
瓦礫に転落したのだ。

定例の被害状況記者会
見で,記者に,人災による被害者も
いるのではないかと質問される。
「救助活動しなかった消防士がいたということですが」
「そんな事あるわけがないでしょう!」
反論しようとした寺泉は止められる。
「被害状況を報告いただくだけで,
 質問には答えなくて結構です。」
「喋るだけのために俺は内閣に呼ばれたのか?!」
「震災の顔じゃないですか」
「頭を使うんじゃないのか!」

通院する患者に往診。
テレビでは美談ばかりやってるけれど
若者にコンビニを襲われて怪我をしたと憤る男性。
パニックの時期の割にはきちんと縫えていたと
河野兄を誉める楓だが,浮かない顔の純介。

平野消防士は,病床で,
震災で動きが取れず,救急車も間に合わずに
見殺しにしてしまった人々の夢にうなされる。
「助からなければよかった…」と涙しながら。
竹浦消防士は,
阪神・淡路大震災の教訓を元に,消防隊は
消火のみに専念するように決められ,そのように徹したが
その際に数多くの,助けを求めた人々を
置き去りにしてきたのだと説明する。

望が,河野兄の指導医である楓に,
彼が指示した処方のメモを見せる。
「アレビアチン2500mg」
明らかに分量を間違っており,その通りに投与したら
完全に事故になっているところだった。

楓は最近ボーッとしてミスもするようになった
河野兄に声をかける。
「薬剤室から,睡眠薬を持って行ったんだって?」
「眠れなくて…地震後のことを覚えていないんです。
 覚えているのは…死んでいった人の
 ことだけなんです」
それ以上に多くの人々を救ってきたと慰めるが
耳に入らない様子。
楓は彼にずっと頑張ってきたのだから今日は休むよう指示を出す。

平野消防士のために精神科医を手配しようとするが
なかなか捕まらない。
「全国から東京に集まっているんじゃないですか」
「それだけ患者が多いってことですよ」
「退院後のリハビリに耐えられるか…」
「消防士に復帰する気があればの話ですがね。
 それより,うちの研修医は?あのままじゃ使い物にならんぞ」
「名札を外してやった方があいつのためじゃないですか。
 病院から解放してやって,両親のいる病院で
 ゆっくりさせてやればいいんです」
「いやです…って,兄貴,後悔すると思うんです」
自分も病院を離れ裕樹の実家で過ごしたことで
気持ちを入れ替えるきっかけになったという楓の声も取り入れ,
河野兄は弟もつけて自宅に一時帰宅させることになった。
自宅の河野医院が残っている保証はないけれど。

寺泉は,進藤に話しかける。
「消防士が救命活動を放棄したという批判が上がっている。
 あの入院している消防士さんの耳に入らないように
 してもらえないか」

「でもそれは事実です。あの状況では,消防士は
 消火活動が最優先で人命救助は後回しにせざるを得なかった。
 彼は自分の役目を果たしたんです。
 それを非難する声が筋違いだというのであれば,
 あなたがその声を止めるべきだ」

「おれの仕事は…被害の状況を国民に伝えることだ。
 それぞれの役割を果たしてこそ政治は機能するんだ」

「私には,水を運び,病人を運び,厳しい現実を訴えていた
 姿の方が,政治家に見えます」

「わかったようなことを言うな…」

官邸。定例の発表を前に,記者の質問には答えないよう
釘を刺される寺泉。
「震災から40日も経って,ネタが尽きたんですよ。
 責任がどうのこうのと言い出すんです」
「分かっているよ,俺も君と同じ官僚だったんだからな」
「失礼しました」
記者を前に,資料のファイルを開く寺泉。
前日にもまして,強く消防士の救命放棄問題の
回答を求める記者たち。
「分かりました…それでは,質問にお答えします。
 消防官が人命救助を行わなかった事実は
 確かにあったと思います」
騒ぐ記者たちを一喝して寺泉は続ける。
「皆さんに,まず知ってもらいたい。
 消防は,阪神・淡路大震災の際の混乱を教訓に
 作られたマニュアルを作りました。
 延焼火災が多発したときは,全力を尽くして
 消火活動に徹する,そう書かれています。
 つまり,ポンプ隊は救命救助には手を貸さず,
 消火活動に専念する!そう決められていたんです」

病棟でラジオのボリュームを上げる進藤。
寺泉の声は患者たちの耳にも届く。

「地震が起こった1月11日,
 午後4時15分から4時30分までの15分間に,
 都内で約400件の火災が起こっています。
 2時間後には800件, 
 そのうち初期消火のできなかった168件が燃え広がって
 時間後には,約5300件,
 12時間後には3万4000件,
 24時間後には28万5000件。
 最終的には,65万件,65万件の火災が,
 いたるところで起こっていたのです!
 この火災が元でなくなった方は1万人を
 数えます。しかし,被害がこれ以上広がることなく
 ここまでで食い止められたのも
 消防士の不眠不休の消火活動があったからです」
 
「あなた達は,最初から消防士たちが
 人命救助を放棄したと思いますか?
 火災現場に急行する途中,助けを求める住人達に
 遭遇したことでしょう。
 消防車1台に乗れるのは4人か5人,
 消火活動に必要な人員を考えると,
 どんなに切迫した状況であろうと,
 その場に置いていけるのはただ1人の消防官だけなのです。
 そして,その1人を置いていったとしても,すぐ
 また同じ状況に遭遇するのです。
 …想像してみて下さい。消防活動に向かう消防士が,
 市民に止められるんです。それも!体を張って止められるんです。
 家族が生き埋めになってるんですから,
 大怪我をしているのですから。
 しかし消防官は,その人たちを振り切って火災現場に
 向かわざるを得なかった。
 それは,燃え広がる火災を消すことは,
 彼らにしかできなかったからです!」

「…私は,病院で自分を責めている消防官を見ました。
 助けを求める声を聞きながら…どんな思いで
 消火活動にあたっていたか!
 それを知った上で,あなたがたが批判する記事を書くのは
 構わない。
 …しかし,私には彼らを責めることは到底できない!
 傷ついたのは被災者だけじゃないんです。
 助ける側にも,深い傷を負った者がいるんです」


「今のは政府の公式見解と考えていいんですか」
「首相もそうお考えなんですか」などの声を背に
会見場を後にする寺泉。
「問題になったらどうしましょう」
「腹くくれ!」

会見を放送で聞き,涙する平野ら。
「あなたには,あなたを心配する奥さんがいる,
 仲間も,あなたに味方する政治家もいる。
 あなたに感謝している人は大勢いるんです」
と慰め励ます進藤。

入れ違いに平野の元にやってきた佐倉。
元体操選手だという平野を励まそうとして
体操の話で盛り上がろうとしたものの,
出任せでコマネチの事を間違いだらけの話をしていたのだ。
佐倉は改めてコマネチの事を調べ直し,
彼女が五輪後スランプに陥り
スパイ容疑をかけられたり亡命する羽目になったりと
波瀾万丈の人生を送り,その末に国民に暖かく見守られて
帰国できたこと,そして体操のために辛い人生を
送ることになったが,決して後悔していないと語った話をする。
だから,平野にも消防士をやめないで欲しいと訴える。

平野は…妻にリハビリ頑張ると,
先輩の竹浦に「時間をください」と告げ,
復帰を誓うのだった。

自宅にたどりついた河野兄弟。
残ってた…火事には遭っていなかった!


***********************

※第1回・プロローグ
 第2回・トリアージ
 第3回・クラッシュ症候群
 第4回・過労ストレス
 第5回・輸送・供給手段の断絶・混乱
 第6回・大事な家族を失うことの精神的ショック
 第7回・ボランティアの自己責任
 第8回・震災後の,日常への復帰

今回は,助ける側の心の傷について。
それまで気を張っていた人が突然がっくりする,
エアポケットに陥ってしまった河野兄,
そして,地獄絵図の中,助けを求める人命を
見殺しにしてしまった罪悪感に苛まれる消防士。



※このエントリーをお読みいただいて
 面白かったというかた→ここをクリック♪
 役に立ったというかた→ここをクリック!
 (人気ブログランキングです。3/9テレビ・ラジオ部門13位!ありがとうございマス ^o^)/


***********************

進藤一生(江口洋介)=“ゴッドハンド”
  日本の政治を裏で動かす?
  ゴッドハンドならぬゴッドトークぶりを。
小島楓(松嶋菜々子)…東都中央病院高度救急救命センター勤務。

日比谷学(小市慢太郎)…救命医。
 先週コーヒー飲まないかと思ったら,
 今度はカレーライスを拒否ですか。
 一方で,手術室の器具を眺める河野弟に
 まぶしいスマイルを向ける…心開いてるなぁ~。
 彼も,河野弟みたいにコンプレックスに苛まれていた
 時期があって,彼に自分を重ねてるのかな?
黒木春正(香川照之)…医局長。
 「いるんだ…カレー嫌いな日本人」
佐倉亮太(大泉洋)…看護師。
「出初め式ってあるじゃないですか。
 あれ,消防士さんですか?え,平野さんやってた?
 体操選手だった?体操大好きなんですよ。
 ヨーロッパの…ブルガリアのコマネチ,
 オリンピックで十点満点出した。
 よかったな~」
須藤昌代(鷲尾真知子)…看護師長。 
 「コマネチはルーマニア。十点満点は76年の
 モントリオール。(生まれてないです)
 いい加減なことを言うと,信用を無くすわよ」
大友葉月(MEGUMI)…看護師。
 「バーカ…
 なんでコマネチが出てくるの?好きなの?」
伊坂千秋(田村たがめ)…看護師。

河野和也(小栗旬)…イケメン医大生。
 「ロシアからの救援物資,キャビアだよ。すごくね?」。
河野純介(川岡大次郎)…イケメン研修医。公式サイト
 「俺はいいよ…」
磯部 望(京野ことみ)…元看護師。
 「でも,キャビアですよ?」

寺泉隼人(仲村トオル)…衆院議員
 「ウルトラマンはね…いないんだよ。
 …つまらない大人だと思ったかも知れないな」
青木秘書(小須田康人)
 …本人のHP日記
寺泉と相性の悪い官僚(近江谷太朗)来週も登場。公式ページ
堀内議員(戸沢佑介)→プロフィール
寺泉香織(渡辺典子)→静岡メディカルセンターで治療中。
寺泉千尋(福田麻由子)…今週もかわいいです。
木村省吾(広田亮平)…省吾君の絵が皆に笑顔を与えてくれてます。
 「パパは総理大臣になりたかったんだって」
 「一番偉い人だね」
 「でも小さい頃はウルトラマンになりたかったんだって」
 「正義の味方だね」

平野消防士(山下徹大)→公式サイト
竹浦消防士(三宅弘城)→田村たがめさんと同じ大人計画所属

葛西消防署の皆さん


■フジテレビ『救命病棟24時』サイト
(フジテレビ内サイト週間ランキング:2/28~3/6 4位)

■DreamsComeTrue公式サイトDCTgarden.com
 NEWSのページから主題歌『何度でも』の一部視聴ができます。

このアイテムの詳細を見る
『朝がまた来る [SINGLE]』 1020

■『救命病棟24時』のDVD(amazon)
救命病棟24時 1
救命病棟24時 BOXセット
救命病棟24時スペシャル2002 

お医者さんのひざベルト

コメント (5)

救命病棟24時第3シリーズ#08

2005-03-02 07:32:15 | 救命病棟24時
「神の手はあきらめない!」

地震後25日目 
地震から3週間余りが経過し,
死者は1万2千人に達しようとしていた。

ヤジさんキタさんが避難所の前で倒れていた
老女を運び込む。
蘇生のための措置がとられるが
発見されたときにはすでに心臓が止まっており,
日比谷,河野兄らは蘇生をあきらめる。
そこへ入ってきた進藤が即座に低体温による心停止と
診断,蘇生治療の続行を指示し,老女の心拍は回復する。

ヤジさんの妻が東都中央病院にやって来て,
たどり着いたとたんに倒れる。
鹿児島から迎えに来たのだ。
ヤジさんは鹿児島で建設会社を営んでいたが
5年前に倒産,妻と高校生の娘に迷惑をかけないよう
離婚届を置いて東京に逃げてきたというのだ。
キタさんも,7年前にリストラされ
自殺してローン免除や保険金を家族に残そうとしたが
死ねずに東京へ逃げてきたのだという。

内閣入りした寺泉,被害調整委員会委員として
震災の被害状況のスポークスマンとして
“震災の顔”となった。
念願の出世が叶った寺泉だが,
政府の対策会議で死者や被害に対して
「11月に開かれた中央防災会議のほぼ予想どおりじゃないか」
「悲観的じゃいかんよ。プラス思考でなきゃ」
「焼け出された人には悪いが,こういう時こそ
 住宅密集地の区画整備ができるんだ」
などと平然と語る大臣らに内心憤りを覚える。

増え続ける震災の死者数に無力感を感じる
病棟のスタッフ達。
それに対してカルテの不備や,患者の身元確認など
スタッフに高い要求を続ける進藤。
老女の身元確認を急ぐべきだと言われ,避難所などを
探しに出る楓。
日比谷「身寄りがないかもしれないばあさんを
 無理に延命したのは酷だったんじゃないですか」
河野兄「僕も,小島先生の仕事を増やすことはない
 と思います」
「助ける価値がないというのか」

厳しい進藤の物言いに黒木医局長もたまらず
「誰も助ける価値のない命だなんて思ってませんよ。
 皆一生懸命やってるんです。
 …あなたはやがて出ていけるけれど,
 我々はここに残るんです。被災者なんです」
「まだ被災を言い訳にするんですか。
 …患者の前で。」


大腿骨骨折の患者が腰を痛がっているのを
葉月,千秋ら看護師は知るが,仮眠中の楓を起こすまいと
座薬を入れて済ませる。
ところが,しばらくして容態が急変。
大動脈瘤の破裂だったのだ。
師長や看護師たちは進藤ら医師にわびるが
「小島を気遣うふりをして
 自分を甘やかしていたんじゃないですか」


進藤の神業的処置で患者の出血は止まり
一命をとりとめる。その気迫と高い判断力・技術に
息を呑むスタッフたち。
黒木医局長は,進藤は震災に対する無力感で
1つの命を救うことに淡泊になっていたスタッフたちに
怒っていたのだと気を引き締める。

命の危機にあった患者は助かった。
そして,行き倒れのおばあちゃんも,息子や孫がいて
実は避難所に花の鉢植えを配っていた花屋のおばあちゃん
だということがわかった。
楓に「生き残ったものは,全力で生きる責任がある。
 そうでなければ亡くなった人たちに申し訳がない」

と語る進藤。

その言葉を聞いていたキタさんも,
青森に帰ってまじめな生活を送ろうと決意する。

おばあちゃんの意識も回復し,
1週間後には退院できるように。
ヤジさんキタさんもそれぞれ,故郷に帰っていくのだった。
黒木医局長も,進藤に改めて,
病棟の機能が回復するまで留まってくれるよう頼むのだった。

***********************

※第1回・プロローグ
 第2回・トリアージ
 第3回・クラッシュ症候群
 第4回・過労ストレス
 第5回・輸送・供給手段の断絶・混乱
 第6回・大事な家族を失うことの精神的ショック
 第7回・ボランティアの自己責任

今回は,一気に2週間,時間が進みまして
震災の被害者数など数字だけがどんどん
人々の間を流れていく段階に。

1人の命の小ささに無力感を感じてしまう状況に
進藤が神業連発で喝を入れました。
きつい物言いに「俺たちはあんたと違うんだ」
と言いたくなるところですが…。
日比谷医師みたいに見捨てたくなる
身元不明の行き倒れっぽいばーさんも
決して見捨ててはいけないってことですね。
こんなにうまく事が運ぶことはまずないでしょうが-


※このエントリーをお読みいただいて
 面白かったというかた→ここをクリック♪
 役に立ったというかた→ここをクリック!
 (人気ブログランキングです。2/23テレビ・ラジオ部門10位!ありがとうございマス ^o^)/


***********************

進藤一生(江口洋介)=“ゴッドハンド”
  先週に引き続きゴッドハンドぶりを
  しっかりと見せてくれました。
小島楓(松嶋菜々子)…東都中央病院高度救急救命センター勤務。
  入院患者の身元を探すために避難所を
  1人1人聞いてまわるなんて…。
  ボランティアで手分けしてとかできないんでしょうか。
黒木春正(香川照之)…医局長。
 とにかく常に,皆のために動く医局長。
 一度は「患者を第一に」考える進藤と対立しかけました。

日比谷学(小市慢太郎)…救命医。
 とりあえず先週の「実はいい人で大変だった」モードは
 リセットされ,ニヒルモードに。
 「制限時間内に壊れた機械を修理する。
 修理できなきゃあきらめる。そう判断したんです」
ブログ界にひびやんファンが続々と発生しています!(^O^)
佐倉亮太(大泉洋)…看護師。
 「師長,女らしいところあるんですね。
  どうして今まで独身だったんですか?」
須藤昌代(鷲尾真知子)…看護師長。 
 「・・・。」
大友葉月(MEGUMI)…看護師。
伊坂千秋(田村たがめ)…看護師。
(尾野真千子)…看護婦。→プロフィール(DCMより)

河野純介(川岡大次郎)…イケメン研修医。公式サイト
    
矢島太郎=ヤジさん(おかもとはじめ)
 元矢島建設社長。
キタさん(徳井優)
ヤジさん妻(篠崎はるく
河野和也(小栗旬)…イケメン医大生。
「キタさんに,頼むこと,もうないんだよね。
 若いボランティアも集まってるし。
 …青森に,帰ったら」。
磯部 望(京野ことみ)…元看護師。
 保健の先生が学校はどうした?という疑問はもうやめにして,
 東都中央病院での給料はどうなってる?

江畑絹代(志賀眞津子)…花屋のおばあちゃん。
江畑息子(芹沢名人)
避難所の少女望月瑛蘭)…おばあちゃんの花で元気づけられる。

寺泉隼人(仲村トオル)…衆院議員
 被害調整委員会委員。
青木秘書(小須田康人)
 寺泉に「次の会見,ネクタイ替えましょうか」とお伺いをたて
 「反感買うだけだ」とピシャリ。
 …テレビ番組を斬る!ブログによると,
  本人のHP日記がすごく面白いそうです!
堀内議員(戸沢佑介)→プロフィール
寺泉香織(渡辺典子)→静岡メディカルセンターで治療中。
寺泉千尋(福田麻由子)…今週もかわいいです。
木村省吾(広田亮平)…省吾君の絵が皆に笑顔を与えてくれてます。

桜川博子→yahooタレント名鑑
市川兵助 福井晋
荒井眞里子 よかた汐
中務一友 菅野達也 青沼神対馬

■フジテレビ『救命病棟24時』サイト
(フジテレビ内サイト週間ランキング:2/14~2/20 3位)

■DreamsComeTrue公式サイトDCTgarden.com
 NEWSのページから主題歌『何度でも』の一部視聴ができます。

このアイテムの詳細を見る
『朝がまた来る [SINGLE]』 1020

■『救命病棟24時』のDVD(amazon)
救命病棟24時 1
救命病棟24時 BOXセット
救命病棟24時スペシャル2002 


Click Here!

コメント (10)

救命病棟24時第3シリーズ#07

2005-02-23 17:49:36 | 救命病棟24時
「朝はまた来る!」

地震後8日目 

足を骨折したそば屋の亭主。
入院した病院を抜け出して帰ろうとしてまた怪我をしたのだ。
無茶をする夫をなじる妻だが,
実は脱サラして1千万借金して造った自宅兼店舗は全壊。
それを隠していた妻のほうも胃潰瘍で倒れてしまう。

自分も入院する羽目になった妻は,
病院の人から自宅全壊の事実を夫に伝えてほしいというが
黒木医局長「患者のプライバシーに
 医師が立ち入ることは…」
河野兄「心のケアも大事です。
 医師とか患者とかそういう立場は関係無しに」
日比谷「お前から医者をとったら只のガキだ。
 家が全壊した人なんてごまんといる」
須藤看護師長「日比谷先生の言うとおりです。
 ここは高度救急医療センター。
 患者の茶飲み話につき合っている余裕はありません」

進藤は,空いた夫の隣のスペースに妻のベッドを運びこむ。
「ご自分の口から伝えてください」

裕樹の遺体と共に岡山の加賀家に着いた
楓は放心状態で葬儀に臨む。
過労と心労がたまっていた楓は,
葬儀後の会食で,裕樹の親族らに口々にかけられる
「大変だったねぇ」ねぎらいの言葉が引き金となって倒れてしまう。

一方,ボランティアのリーダーとして引き続き多忙な
河野弟・和也。
燃料にする廃材集めを指示する際,
赤い張り紙を見せ,これのある家屋や倒壊家屋には
危険なので近づかないように,注意する。

床に伏せがちの楓,進藤に電話し,
裕樹の側から離れられないと悩み・辛さを訴える。
「俺も妻を亡くしてから,
 立ち直るまでに時間がかかった」
「時間が解決してくれますか…」
「解決してくれるのは…時間じゃない。
 その時間に,誰かと話して,何かを感じた。
 だから俺はここにいられる。
 閉じこもってないで外に出てみたらどうだ」


案の定,危険家屋に近づいて重態の大けがを負い,
運び込まれるボランティア2人。
おしかけたマスコミに対してどう答えるのか?
誰が責任をとるのか?
甘い気持ちでボランティアに来られて怪我されて
限られた病院のベッドを使う羽目になるなど本末転倒,
自己責任で身の安全に注意すべき。
とはいえ,
これでボランティアが来なくなっては復興の多くの機能が
おぼつかなくなってしまう。

ありのままを話すべきというのは和也も寺泉も
そして進藤も一致した意見。
寺泉は現実をありのまま伝える決意を胸に官邸に向かう。

店が全壊しすべてを失ったと落ち込むそば屋の主人。
佐倉や日比谷に励まされ?
「看護師や医者先生ならどこへ行っても食っていけるじゃないか」
進藤にも「うまいそばが打てるじゃないですか」
と言われるが,気休めにしか思えない。

あの医者を呼んでこい!!!!
進藤に「簡単じゃないんだぞ…
 0からやり直すのは簡単じゃないんだぞ…」
「でも…人間は,
 倒れたままじゃいられないんです」


裕樹の故郷で療養する楓。
浜辺で歩いていて裕樹との婚約指輪をなくしていることに気づく。
慌てる楓に,往診の途中で通りがかった老医師
(倒れた楓のことも診察した)が,一緒に探すから
焦らないよう楓に言い聞かせる。

見つかった。
「この砂浜は裕樹君が小さい頃から遊んできた浜だ。
 あなたから大事なものを奪ったりなんかしないよ」

テレビでは,ボランティアの負傷で
マスコミに取り囲まれ問いつめられる寺泉の姿が。
彼はカメラに向かい,強く宣言する。
「東京はまだ危険なんです。
 甘い気持ちではボランティアも務まらない。
 もしそれでボランティアの人が来なくなったら?
 私たちの力で復興していくんです。
 私たちが住んでいた,そしてこれからも暮らしていく
 東京なんですから」
それを見ていた楓の心の中で何かが吹っ切れつつあった-。

退院していくそば屋夫婦と入れ違いに
楓が病院へ。
医師として,東京を復興させる力になろうという
力を心に秘めて。

***********************

※第1回・プロローグ
 第2回・トリアージ
 第3回・クラッシュ症候群
 第4回・過労ストレス
 第5回・輸送・供給手段の断絶・混乱
 第6回・大事な家族を失うことの精神的ショック
 今 回・ボランティアの自己責任

今回は,予告編の印象ほど楓づくしではなく,
占める時間は被災地&病棟での話が主でしたので
「『救命病棟』らしくない」流れからは踏みとどまったかなという印象。
それにしても,巨大地震からまだ8日目なんですね…。
当事者にとっては最初の1週間そこそこが,
それこそ(視聴者の時間である)1ヶ月半に相当するくらい
重く長い時間の経過なのかもしれません。
ただ,復興までの震災の苦しみというのはこの後
日々の生活に目途がつくまで何ヶ月,
“復旧”あるいは“復興”に至るまでは何年も続くんですよね…。

※今回のツーポインツ
(1)「ボランティアは,自分の安全も
  自分でなんとかしろ!!!」
(2)「倒壊家屋にはマジで近づくな」


※このエントリーをお読みいただいて
 面白かったというかた→ここをクリック♪
 役に立ったというかた→ここをクリック!
 (人気ブログランキングです。2/23テレビ・ラジオ部門10位!ありがとうございマス ^o^)/


***********************

進藤一生(江口洋介)=“ゴッドハンド”
  ショック状態の大怪我ボランティア,
  血圧が回復しない原因を探し当てる。
  いつもと同様,迷い悩む“同僚”たちに心のあり方を
  アドバイスするほか,久々にゴッドハンドぶりを
  しっかりと見せてくれました。
小島楓(松嶋菜々子)…東都中央病院高度救急救命センター勤務。
  第3シリーズでは主人公というより
  “中心人物”,進藤・楓のツートップの周りでさまざまな
  出来事が起こるものの,個々の登場人物のエピソードの
  集合体という形でストーリーが展開していましたが
  今回はまさに主役の1人。
  そうか,痩せたんだ…指輪が抜けるほど。
加賀裕樹(石黒賢)…楓の婚約者。
  きれいな顔で実家に帰ることができました…。
裕樹の父(高松英郎)
老医師(米倉斉加年)

黒木春正(香川照之)…医局長。
 「こんなとき小島さんがいてくれたら…
  もっと雰囲気が明るくなるのに」
須藤昌代(鷲尾真知子)…看護師長。 
 「すみません,こんな仏頂面で。」

日比谷学(小市慢太郎)…救命医。
  ニヒル日比谷,自宅マンション全壊していました。
  今度は彼が家族に電話で「帰れない」と告げる状況。
  おふくろさんは買い物中で命に別状ないものの
  思い出のアルバムも取りに近付けない状態で…。
  いかん!ブログ界にひびやんファンが続々と発生しています!(^O^)
佐倉亮太(大泉洋)…看護師。
  実は甲子園球児だったんですよ。
  北海道代表,ポジションは3塁コーチャーズボックス。
  テレビで燃えてるマンションてのが出てて,うちでした。
  賃貸だったんですけど,甲子園の土もユニフィームも
  全部燃えちゃいました。
  …実話ですけど,済んだことですから。
大友葉月(MEGUMI)…看護師。
  公式ページの関係図,葉月→佐倉の矢印が
  「嫌い」となってますが…w。
伊坂千秋(田村たがめ)…看護師。

河野純介(川岡大次郎)…イケメン研修医。公式サイト
  相変わらず,とんがって理想論をぶっています。
  心のケア以前に,自分ができることをやっていくことを
  着実にやっていくべきなのですが,
  全くスタンスが変わらないところを見ると,ここまで
  ミスや挫折をしていないんでしょうか?
  さすが「できのいい兄貴」です。  
河野和也(小栗旬)…イケメン医大生。
  はっきり赤紙見せて注意したのにあそこまで
  大怪我するってのははっきり言ってボランティア
  本人の不注意だろうに,リーダーとして責任を感じて
  落ち込むところ,萌えた視聴者も多いと思います。
磯部 望(京野ことみ)…元看護師。
  保健の先生が学校はどうした?

小木勝(山田辰夫)…脱サラそば屋の主人。
小木静子(円城寺あや)妻。

ヤジさん(おかもとはじめ)
キタさん(徳井優)
木村省吾(広田亮平)…まだ退院できないの?
  ちゃんとご飯食べていい子にしてようね。

寺泉隼人(仲村トオル)…衆院議員
  結構メインキャラの1人。
  カメラ目線で「東京は住んでいる我々が立て直す」
  …って,後半部分はさすがに芝居がかりすぎていましたが
  なんかこれが標準モードって感じで,なじんできちゃいました。
  事態は急転直下,内閣入りの話が飛び込んできましたが…
  さんざん出世欲丸出しでパフォーマンスに励んできた彼ですが
  政治屋の皆さんから見れば相当ピュアな心が目覚めてきちゃってますから
  うまく立ち回れるか心配。
青木秘書(小須田康人)
 …テレビ番組を斬る!ブログによると,
  本人のHP日記がすごく面白いそうです!
寺泉香織(渡辺典子)妻。→静岡メディカルセンターで治療中。
寺泉千尋(福田麻由子)娘。 …今週もかわいいです。

■フジテレビ『救命病棟24時』サイト
(フジテレビ内サイト週間ランキング:2/14~2/20 3位)

■DreamsComeTrue公式サイトDCTgarden.com
 NEWSのページから主題歌『何度でも』の一部視聴ができます。

このアイテムの詳細を見る
『朝がまた来る [SINGLE]』 1020

■『救命病棟24時』のDVD(amazon)
救命病棟24時 1
救命病棟24時 BOXセット
救命病棟24時スペシャル2002 


Click Here!


コメント (10)

救命病棟24時第3シリーズ#06

2005-02-15 23:57:13 | 救命病棟24時
「愛する人を亡くすということ」

小康状態を保っていた裕樹が突如苦しみだす。
心筋挫傷。平穏な雰囲気だった病棟は一転,
一刻を争う状況に。

除細動のため電気ショックを立て続けにかけるが
裕樹の心臓は動きを取り戻さない。
強心剤も効かない。
PCBSが病院に着くのは午後。
手動で心臓マッサージを続けるしかない。
進藤は懸命に心臓マッサージを繰り返す。

しかし,心電図の波形が完全に無くなった。
心停止-。
日比谷「進藤先生…もう45分経った」
もう蘇生の可能性もない。

地震発生7日後-

人工呼吸器が外され,やがて空になる裕樹のベッド。
そのわずか数時間後,全館電気復旧。
「とりあえず,よかった」
という佐倉の言葉も,重く沈んだ空気を和ませることができない。
修理が済み,電源を入れると動き出すPCBS。
喜ぶべき復旧も数時間早ければ…見つめる黒木の目は
虚ろだった。

楓は5階会議室に。
霊安室はもういっぱいなのだ。
裕樹の遺体を前に言葉もない楓。
しかし,新たな患者が運び込まれるとまなじりを決して
治療室に足を運ぶのだった。

病院で働くボランティアに新たなメンバーとして
若い男女が加わる。

裕樹の実家に電話する楓。
「裕樹さんのことですが…容態が急変しまして…
 心臓の壁を支える腱が切れ,不整脈から心停止に…
 心臓マッサージを1時間続けたのですが,
 戻りませんでした」
客観的な事実を訥々と話す楓。その目には涙も出ない。
「死んだ…裕樹が死んだんか。
 そっちへ迎えに行けるんか?
 (交通規制があり東京には入れそうにない)
 顔も見んうちに荼毘に付すのはやめてくれ!
 うちの者が悲しむ」

やりとりを横で聞いていた進藤
「加賀さんを東京から出すしかないんじゃないのか。
なんとしても岡山へ運ぶんだ」
無言でうなずく楓。

黒木医局長「無力なものですね…
 僕が加賀さんを死なせたようなものです。
 もう少し早くPCBSが来ていれば…」
進藤「自分の無力を認めて
 死を受け入れなければならないときもあると思います」
「小島先生はこれを受け入れられるでしょうか…」
「分かりません」

寺泉のパフォーマンスがTVで何度も流れ,
救援物資が次々と避難所に運び込まれるように。
そのため避難所に人も戻り,寺泉を賞賛する人たちばかり。
「ここにいる人たちは皆,俺の支持者だと思え。
 どんなくだらないことを頼まれてもじゃけんにするな」
青木と2人,ほくそ笑む寺泉

清掃班に移りたいと言い出す谷垣。
「水の入ったポリタンク運ぶのは重いし,
 …志保ちゃんと一緒がいいし」
和也「……いいよ」

その後も宿は個室かとか食事はどうだとか
臭くてトイレ掃除はいやだから他の仕事がいいなど
自分勝手を吐きまくる谷垣。
「わざわざ来てやった」と言う谷垣にキレた和也は
「ここの仕事はほとんどが水運びと掃除!
 食事と寝るところ,自分で確保するのが当然だろう!」
と殴りかかる。

やっちまった和也に話しかける日比谷。
「ボランティア殴ったんだって?
 すごいことやるな」
「こんなのが医者になったっていいじゃねぇか。
 上が出来が良いからって卑屈になるな」

一方,寺泉。イメージアップに気をよくし,
東京以外で暮らす同級生たちに電話をかけ物資の提供も呼びかける。
そんな時,再び取材に来たテレビクルー。
寺泉は,避難所の現状を訴え,役人達は寝ずに頑張っている
国は復旧に向け力を尽くすなどとも一席ぶつのだが,
被災者の1人が立ち上がり,政府の対応は遅すぎると詰め寄る。
次々と不平不満を寺泉にぶつけだす被災者たち。

ブチっとキレた寺泉は,テレビカメラを止めさせ,
そういうお前達はどうなんだ。水や食糧を準備していた人間は?
いないじゃないか。文句を言うのは自分で何もしていない奴らばかりだ。
俺だって妻が入院しているんだ。俺だって被災者なんだ!
国が何かやってくれる・助けてくれる・面倒見てくれるって甘えるんじゃない!

って,実は動いていたテレビカメラ。
局スタッフとしてはオイシイ映像!
しかし寺泉にとっては致命的になりかねない場面!

だが,中央放送はその部分をオンエアしなかった。
電話をかけてきたレポーターは寺泉に
「私の知っている限り,泥にまみれて被災者のために
 動いている議員さんは寺泉さんだけ。
 今回のことは流しませんから,また密着取材,お願いします」。

※以下,2/17追記
政治家としての失点は免れた寺泉だが,
東都中央病院で裕樹の死に直面し,
自らのしてきたこと,やらなかったことの意味を
噛みしめずにはいられない。
密着取材と聞き「震災の顔になる」と喜ぶ青木秘書に
「俺たちのやっていることは底の浅いパフォーマンスだ。
 だから簡単に本音が出たんだよ。
 俺たちが人助け?何を言ってるんだ…」

寺泉は黒木医局長のもとへ出向き,
「あのとき,修理業者の車が来れなくて
 パトカーの先導を頼んだとき,私がなんとかしてたら
 小島先生の婚約者の方は死なずにすんだんですか。
 だとしたら……申し訳なかった」
頭を下げる。
「あなたのせいじゃありませんよ。
 どのみち間に合わなかった…
 心配してくださってありがとうございます」

気丈に医師としての務めに没頭しても
静かに悲しみが心を包んでいく。
手術中に初歩的なミスを犯した楓。
呆然と処置室を立ち去る。

会議室に安置された裕樹の遺体に向かって
話しかける楓。
そこへ進藤が。
「すいません。今度からちゃんとやります」
「そうだな…」
進藤は,広島からやって来た救急車が帰る際に
裕樹の遺体も運んでくれることになったのを伝えに来たのだった。
「小島も一緒に行くんだ。加賀さんのそばについてやれ」
ICUにはまだ楓の受け持ちの患者もいるが
「黒木先生には言ってある。向こうで少し休んだ方がいい。
 俺も妻を亡くしたときは,何もできなかった…」

黒木医局長「もう心配しなくていいから,
 しっかり裕樹さんを送ってあげてくださいね」
楓「はい…」

回転灯を点け,クラクションを全開にして走り出す救急車。
見送る進藤と黒木-。


楓のいない病棟の日々。
望「小島先生,もう戻ってこないのかしら…」

楓は次々と浮かんでくる裕樹との思い出と
押し寄せる彼を失った現実,
癒す術のない喪失感にさいなまれ,
今はただ,一人号泣するしかなかった。


***********************

※第1回・プロローグ
 第2回・トリアージ
 第3回・クラッシュ症候群
 第4回・過労ストレス
 第5回・輸送・供給手段の断絶・混乱

今回は,2人の頑張り屋さん(?)が切れてしまい,
そして楓の婚約者・裕樹があまりにもあっけなく
亡くなってしまうという大きな出来事が起こりました。
大切な人を亡くすという喪失感は
ある程度の時間が経ってから襲いかかってきて,
それはとてつもなく大きなものなのでしょう。

悲しい本
あかね書房
 最愛の息子を失った男の悲しみ・苦しみ,そしてそこから癒し・昇華に至る命の尊さ・美しさを綴った話題の絵本(昨年12月 世界9カ国発売)。


災害時の教訓としては
被災者やボランティアたちの気持ちの甘え
といったところがポイントでしょうか。

寺泉に対する被災者の罵声は,ほとんどいいがかりみたいに
私には聞こえましたが,言われっぱなしだと
弁解の余地もないみたいで立場ないし。
あんなふうに声を荒げて“弱者”を言いこめたら
イメージ悪いし…。
ドラマ見ながらの私は「そうだそうだ,
もっとガツンと言ってやれ」と思いましたけれど
あれがオンエアされてたら寺泉代議士の政治寿命,
やっぱ影響してたかもしれませんね。

※今日のワンポイント
 「ボランティアは,寝るところと食べ物くらい
  自分でなんとかしろ!!!」


※このエントリーをお読みいただいて
 面白かったというかた→ここをクリック♪
 役に立ったというかた→ここをクリック!
 (人気ブログランキングです。Yuuyaさん,どらま・のーとさんに抜かれ,2/15テレビ・ラジオ部門13位。ぼちぼちがんばりマス ^o^)/


***********************

進藤一生(江口洋介)=“ゴッドハンド”
小島楓(松嶋菜々子)…東都中央病院高度救急救命センター勤務。
加賀裕樹(石黒賢)…楓の婚約者。
裕樹の父(高松英郎)

黒木春正(香川照之)…医局長。

日比谷学(小市慢太郎)…救命医。
  今回はなんかいい役。
大友葉月(MEGUMI)…看護師。
佐倉亮太(大泉洋)…看護師。
  和也を止めに入ってぶっ飛ばされます。
須藤昌代(鷲尾真知子)…看護師長。 
伊坂千秋(田村たがめ)…看護師。

河野定雄(平田満)…河野医院院長 
河原崎美江子(深浦加奈子)看護師 
河野純介(川岡大次郎)…イケメン研修医。公式サイト
河野和也(小栗旬)…イケメン医大生。今はボランティアのリーダー。
  結構ストーリーの中で彼の占める
  ウエイトが高くなってます。
磯部 望(京野ことみ)…元看護師。保健の先生が学校はどうした?
望の父親(渡辺哲)…先週福岡へ帰宅。

ヤジさん(おかもとはじめ)
キタさん(徳井優)…チョイ役ですが今週もいい人。
小久保紗英(井上真央) ※先週無事退院。
木村省吾(広田亮平)…空になったベッドを見つめ
  千尋とともに裕樹の死を悼みました。

寺泉隼人(仲村トオル)…衆院議員
  結構メインキャラの1人。
青木秘書(小須田康人)…大泉洋のお笑い担当キャラを
  結構食ってやいませんか?
寺泉香織(渡辺典子)妻。→静岡メディカルセンターで治療中。
寺泉千尋(福田麻由子)娘。 …今週もかわいいです。

奥貫薫…おとなしい役が多かった印象ですが
  こういう役もいいです!
筒井真理子

■フジテレビ『救命病棟24時』サイト
(フジテレビ内サイト週間ランキング:1/31~2/6 4位)

■DreamsComeTrue公式サイトDCTgarden.com
 NEWSのページから主題歌『何度でも』の一部視聴ができます。
 『何度でも』 [MAXI] 2005/02/16発売予定 ※予約可能 1100
 『朝がまた来る [SINGLE]』 1020

■『救命病棟24時』のDVD(amazon)
救命病棟24時 1
救命病棟24時 BOXセット
救命病棟24時スペシャル2002 


Click Here!

コメント (1)

救命病棟24時第3シリーズ#05

2005-02-08 23:28:00 | 救命病棟24時

「初めてわかった父の想い」

近隣県から給水車が避難所にやって来て,
東都中央病院にもボランティアが集まりだして,
人手不足からかなり余裕を取り戻してきた。
熱傷ベッド等いくつかの機器を除き,
機能も回復してきた。
黒木医局長はいまだ家には帰れないけれど…。

手術後,初めて裕樹は意識を回復する。
手も握れるし,膝も上げられる。大丈夫だ。

トラックで福岡から到着した望の父親,
全壊したアパートを見てショックを受け,
思わず駆け上がる。がれきを書き分けるが
もちろん望はその中にはいない。
近くにいた人に望の消息を尋ねるが
「さー。若い人が何人か亡くなったみたいだけど」

水を取りに行くなんて,
何のパフォーマンスにもならないとブツクサ
文句を言いながら区役所にやって来た寺泉と青木。
区役所には弁当やおにぎりが山積みになっているが
どれもこれも賞味期限切れ。

「なんだ,この期限切れの食べ物は!」
「あー,また新しいのが来ますから,並んでいてください」
「なんでこんなに余らせてるんだ!避難所には全然
 届いてなくて,皆出ていってしまったぞ」
「人手が足りないんですよ。自分で取りに来て下さい」

そこへやってくる救援物資のトラック。
区役所なんかより避難所に届けろと叫ぶ寺泉だが,
運転手らは上の者に言われたとおりにしているだけだと無視。
そこへテレビカメラとレポーターが来るや,
「避難所の皆さんに救援物資を調達しているところです」
カメラ目線でスマイル。

テレビカメラを引き連れ,避難所に着いた寺泉ら。
「現場にいる私だからこそ国民のために動けるんです」
などと見得を切るが
レンジでチンしないと
パックのごはんは食べられない。


河原崎看護師「これじゃ…,固すぎます」
「え?」
河野院長,ついに気力の糸が切れ,崩れ落ちる。

東都中央病院に運び込まれた院長,
迅速な治療の甲斐あって窮地は脱した。
が,優秀だった長男・純介には
「年寄りの町医者がいたって何の役にも立たないんだよ」
と吐き捨てられるし,
グレグレだった次男・和也は
ボランティアのリーダーとして頑張っているものの
「父とは,1年くらいまともに口聞いていないんです」
ってんで話をしようとしても無視状態だし。
お父さん,心身共にダメージ大きい…

一方,東京中をかけずり回った末,
東都中央病院の前で,ようやく偶然,望と巡り会った
父親。感動の再会!
いきなり望をはり倒し「バカヤロー!
なんでカえット△×¥◆ットっとや!!!」


福岡で医療ミスに巻き込まれ看護師をやめた望に
しつこく看護師を続けろと言い続けてきた父。
それから逃れるように東京にやって来たいきさつもあり
こちらは2年,口を聞いてない状態。

父である河野院長のことを「すぐ静岡の母が入院している
病院に転院させます。ベッドを占領させるわけにいかないし」
と足手まとい扱いする純介。
楓はその行為を,客観的でなく感情的だと指摘し
「医者の判断としては正しいけれど
 医者としてでなく,1人の人間として
 向き合うことも大事よ」
義務感にかられ医療行為を続けたがる河野院長に
きちんと療養してもらうにはどうすればいいか
その視点から行動すべきと示唆する。

一方,弟・和也。進藤が話しかける。
ボランティアで活躍する自分を否定したがる和也を
正面から認めた上で
「なんでおやじさんにあんな態度をとる?」
「説教っすか?ウザイすよ。先生は完璧,
 俺なんかとは世界が違うんですよ」
「俺は救えない患者もたくさんいる。
 君のおやじさんのこともそうだ。
 俺には救えない。救うのは君だ」
「なんで…」
「あの人は,医者の言うことは聞かないが,
 家族の言うことは聞く」

災害用伝言ダイヤル171に初めてプッシュし,
録音された両親の声を聞く望。
心配の余り半狂乱の父の声,
お父さんがお米や食べ物を車に積んで東京へ出発したよ
という母の声,
何十件も避難所や病院を回っても望が見つからない
くたびれ果て絶望の色も見える父の声,
あんな再会の形だったけれど,最愛の娘に
生きて出会えたこと,そのことを東京の人たちに
祝福され,それまでのこだわりやわだかまりから
解き放たれ,「もう看護婦を続けろなんて言わない」
無事で暮らしてくれれば一番だと言う父の声…

あまりにも親のことを知らずにいた,
知ろうとしていなかったことに気付き,
涙がこみ上げる望。
その目の前のガラスの外には…
炊き出しをしている父の姿があった。

東都中央病院の入院患者やスタッフに
ようやくあたたかい食事が届いた。
皆の顔に笑顔が戻る。

河野院長のベッド脇,
弟「お母さん,さびしがってるよ。東京を離れて。
  お父さん,行ってあげなよ」
兄「そうだよ。無理しないでくれよ。
  …長生きしてもらわないと」
定雄,東京脱出に同意する。

「純介,頑張りすぎるなよ。
 和也,無理して医者になることないぞ。
 この地震で,医者のきつさを思い知らされたよ」

望も父親に
「落ち着いたら,福岡に帰るね」

***********************

※第1回・プロローグ
 第2回・トリアージ
 第3回・クラッシュ症候群
 第4回・過労ストレス

今回は,2組の親子,そして楓・裕樹が
心を通じ合わせるという
登場人物のエピソードがメインの話でした。

災害時の教訓としては輸送・供給手段の
断絶・混乱といったところがポイントでしょうか。

※今日のワンポイント(第2回でもしてたけど)
 災害用伝言ダイヤル171(→NTT東日本使用法ページ


Click Here!



※このエントリーをお読みいただいて
 面白かったというかた→ここをクリック♪
 役に立ったというかた→ここをクリック!
 (人気ブログランキングです。2/1 テレビ・ラジオ部門15位,よろしくお願いシマス ^o^)/


***********************

進藤一生(江口洋介)=“ゴッドハンド”
 今回は主役が3組もいてぐっと出番が少なかったですね。
 「俺は完璧なんかじゃない。救えない患者の方が多かった。
  余裕なんか無い。必死だった。
  医者1人のできることなんて限界がある」

小島楓(松嶋菜々子)…東都中央病院高度救急救命センター勤務。
加賀裕樹(石黒賢)…楓の婚約者。
  意識回復!
  「夢を見たんだ。結婚式だったのに携帯が鳴って,
  ウエディングドレスを着たまま楓が飛び出していくんだ。
  僕は牧師に言ったよ。
  『いいんです。妻は救命医なんです』
  って。ごめんよ。救命医をやめるように言ったりして。
  2人で話し合おう」

 しかし,来週は,この症例は予断を許さない
 という日比谷医師の言うとおりになりそうな予告が…

黒木春正(香川照之)…医局長。
  まだ帰れない…。
  大見栄切って手ぶらで帰ってきた寺泉にまたも陳情。
  医療機器の修理スタッフの車が来られない。
  一般車両は交通規制されているがそれでも
  渋滞がひどすぎて…。

日比谷学(小市慢太郎)…救命医。
  炊き出しご飯にありついてしみじみ
  「こういうのが人間の食べる食べ物だよな…」
  帰宅中は何を召し上がっておられたのかな?
大友葉月(MEGUMI)…看護師。
  今回,出番は望に親子の仲を尋ねたくらい?
佐倉亮太(大泉洋)…看護師。
  あれ?今回,出番は?
  って,公式サイトにスペシャルコーナーですか?!
須藤昌代(鷲尾真知子)…看護師長。 
伊坂千秋(田村たがめ)…看護師。

河野定雄(平田満)…河野医院院長 
河原崎美江子(深浦加奈子)看護師 
河野純介(川岡大次郎)…イケメン研修医。公式サイト
河野和也(小栗旬)…イケメン医大生。
磯部 望(京野ことみ)…元看護師で,薬品の投与ミス
  「私は,2年口聞いてない」  
望の父親(渡辺哲)…今週の主役級。
  「174の緊急ダイヤルな,あれ聞くなよ。
   俺みっともないこと言っちゃったかもしれないから」

ヤジさん(おかもとはじめ)…さっさと退院しろ。
キタさん(徳井優)…チョイ役ですが今週もいい人。
小久保紗英(井上真央) ※先週無事退院。
木村省吾(広田亮平)…千尋と一緒に食べ物の絵を描きながら
  おとなしく療養しています。

寺泉隼人(仲村トオル)…衆院議員
  待ちに待ったテレビカメラの前で大張り切りですが,
  結局,「内閣がリーダーシップを取って…」って言う
  ラジオを聞きながら「俺,何やってんだ…
  飯運んで病人運んで…」
青木秘書(小須田康人)…「私達のおかげですよ。
  これ,私達が運んだごはんで作ったんですって」と御満悦。
  寺泉に対するヨイショか?
寺泉香織(渡辺典子)妻。→前々回,静岡メディカルセンターへ。
寺泉千尋(福田麻由子)娘。 …今週もかわいいです。

奥貫薫…おとなしい役が多かった印象ですが
  こういう役もいいです!
筒井真理子

■フジテレビ『救命病棟24時』サイト
(フジテレビ内サイト週間ランキング:1/24~1/30 4位)

■DreamsComeTrue公式サイトDCTgarden.com
 NEWSのページから主題歌『何度でも』の一部視聴ができます。
 『何度でも』 [MAXI] 2005/02/16発売予定 ※予約可能 1100
 『朝がまた来る [SINGLE]』 1020

■『救命病棟24時』のDVD(amazon)
救命病棟24時 1
救命病棟24時 BOXセット
救命病棟24時スペシャル2002 


ポータブルDVD総合サイト
30日間お試しサービスで納得のお買い物を。

Click Here!


Click Here!


コメント (8)

救命病棟24時に対する否定的な意見

2005-02-04 17:55:04 | 救命病棟24時
※20:15更新しました。

こんにちは。
昨年は『大奥~第一章~』にはまっていた私でありますが,
今クールは,
月・『ブラック・ジャック』
火・『救命病棟24時』 第3シリーズ
水・『87% 私の5年生存率』
土・『ごくせん ヤンクミ・リターンズ』
をウォッチしております。

昨年ずっと不調だったビデオデッキ(テープがひっかかるのか
画像が乱れたり飛んだり)が,ついにあかんということで,
年明けになってようやくDVDレコーダーを購入,
当然HDDつきということで,便利便利♪

ですが…うちのかみさんとの相性がよくないのですね。
このどれもが。
私,元々,ドラマは出勤前の朝の連ドラ(BS)くらいしか
見てなくて,結婚してからかみさんのつきあいで
ドラマを見るようになったってのに…。

救命病棟24時
・阪神で被災した友達はとても見れないと言っている。
・その友人たちは,西宮あたりの子でも,当時,
 非常にパニックに陥っていて,電話で話しているだけでも
 まったく普通の精神状態を失っているのが伝わってきた。
 ドラマとはいえ,皆,普通に考えて行動している。
・新潟やスマトラがこんな大変なときにやるなんて。

…あんな混乱状態のシーンでも,経験者から見ると
 (うちは京都なんでかみさんは友達の被災ですが)
 冷静すぎる,日常の延長のように見えるんですね。
 まだまだ甘いってことですか。

87%
・女にとっては身近な問題すぎてまともに見られない。
 『ラストプレゼント』は,家族の絆がテーマだったけど,
 今回のはがんそのものが主題だから。
・なんで男が乳ガンのドラマなんて見るの?

…この理屈だと,男も女も見られない…
 たぶん,天海祐希が主役だったら見るとか,
 そんなレベルの話と思われ。

■ブラック・ジャック
・いい歳してマンガ…。

…ごもっともなんですがね…
 子どもに見せたいくらいのマンガなのですよ。

てなわけで,私的に今クール,評価の高い3作品は
皆,人の命や健康に関するもので,
ことごとくかみさんに否定されてしまっております。_| ̄|〇
…まあ,病気や災害はデリケートな題材ですからね。
 いやだと言われればそれまでです。ハイ。

ごくせん についても,
基本的にはワンパターンのドラマという見方のようですが,
彼女はお父さんが水戸黄門好きのため
実は彼女も月曜に時間が空いたら水戸黄門という派で,
さらにはお母さんも,「水戸黄門みたいで面白い」と絶賛の様子なので
認識が変わってくるかと思われます。

まさに,現代の『Dr.スランプ水戸黄門』。
だてに史上3作目の3週連続25%越えはしてません
(これまでは『熱中時代』と『Good Luck!』)。

***********************

※このエントリーをお読みいただいて
 面白かったというかた→ここをクリック♪
 役に立ったというかた→ここをクリック!
 (人気ブログランキングです。2/4 テレビ・ラジオ部門12位!じわじわ上がってまいりました♪感謝デス ^o^)/


***********************

これだけで終わってはなんなので,
テレビがらみのたわごとを2つほど。
(頭の中で,長井秀和調で喋りながら書いてます…脳内長井。)

ぶっこわれた戦車がお花畑に埋もれている
 「No Border」のカップヌードルのCM
 最後にヌードルを食っている子ども2人が
 アフガンの子だったら,冗談抜きで泣けるぞ。

 このシリーズ,どれもなんか,『ニューシネマパラダイス』
 を意識したような絵づらで,キレイきれいにおさまりすぎな
 感じがする。もう一歩,踏み出してほしい。
 ついでに言えば,こんなおためごかしのCMを流すのなら
 同時に,カップヌードル(イスラム仕様)を
 イラクやアフガニスタンに贈ってくれ。頼む。

1/29,ベストジュエリードレッサー授賞式で,
 松浦亜弥が10代部門で受賞して,25歳疑惑を晴らしたとか言っていたが,
 その日を境に,「あなたも私もポッキー」のCMが
 それまで全然やっていなかった
 あややの告白バージョンばかりになった。

 
 すごすぎるぞ,アップフロントエージェンシー&江崎グリコ!
 ていうか,そんなに気にしていたのか?

 けれど,私だけか?あややの制服姿に
 いまだに違和感を感じるのは。
 

以上です。


●ブラック・ジャックに関するエントリーはこちら
●『救命病棟24時』『87%』『ごくせん』は
 現在「テレビ等」のカテゴリーに分類しております。
 →ごくせん 第3話
 →救命病棟24時 第4話
 →87% 第4話

ポータブルDVD総合サイト
30日間お試しサービスで納得のお買い物を。


Click Here!



Click Here!



コメント

救命病棟24時第3シリーズ#04

2005-02-01 22:39:13 | 救命病棟24時
※2/2 07時追記更新

『あなたを探しに行きたい』

東都大学病院,帰宅して一番忙しい時期に病院を空けた
大友看護師は針のムシロ状態。
実家の煎餅屋から持参した煎餅にも,手を出すのは佐倉看護師くらいのもの。

そこへまるっきり空気を読んでない日比谷も職場復帰。
「カップ麺。ほら食え」
「(どんなに忙しかったか…と怒る河野長男に)
 あとで聞かせてくれよ,研修医」
「あんた国際人道支援医師団なんだって?あとで
 自慢話でも聞かせてくれよ」
と,人を小馬鹿にした口調でまかり通る。
藁にもすがりたい黒木医局長が感謝感激する以外は
スタッフの視線は冷たい。けど日比谷は平気。

ようやく携帯の着信をチェックできた楓,
東記念病院に婚約者・裕樹が運ばれたことを知るが,
彼は病院を抜け出していた。
胸部大動脈損傷で予断を許さない病状。
自宅へ帰ったのか?それとも楓のいる東都中央病院を目指しているのか?

千尋の元に現れた寺泉,
官邸から持ち帰ったおでんと焼き鳥の缶詰を
千尋に渡すが,千尋は病院の皆に残らず配る。
「皆で分けちまえばこんなもん(腹の足しにもならない)ですよ」
という青木秘書とわびしく缶詰を食べる寺泉。
妻を助けるヘリの手配の為に官邸を離れ,臨時内閣でのポストを逃したのだった。
そこへ黒木がお礼もそこそこに
「缶詰なんかじゃ全然足りないんです!
 なんでここには救援物資が来ないんですか!」とぶちまける。
「避難所へ行って下さい」
「ただでさえ人が足りないのに誰が行くんですか!!」

寺泉「私が行きましょう。任せてください」
-避難所には人が集まっている。マスコミも来ているはず。
 人心にアピールして巻き返しを計る算段を巡らしていた。

手術室。疲れから,スタッフの間に
ミスやいらだった言動が連鎖的に発生しだす。
「冷静になれ!」と進藤の声。
「……患者の顔を見て下さい。」
…沈黙の後,コンビネーションが蘇る。

手術後,「すみませんでした。部外者が勝手な真似を。」
と頭を下げる進藤,その後,
「水・食糧・人手不足はまだまだ続きます。
 この1件を乗り切っても何の解決にもならないんです」
「そう,1枚岩になって乗り切らないと」と
 皆にも自分にも言い聞かせる医局長,
「最初から一枚岩じゃなかったでしょう」
 と余計なこと言いの日比谷,
「そうですよ,日比谷先生みたいなのを放っておくから」
 と余計な方向に不満をぶつける河野兄。
「休みたい」「私も家に帰りたい」などと不満が噴出,
「小島はちゃんとやってるじゃないか!」と進藤,一喝。
婚約者が重傷だということだけわかって行方不明
と知り,皆,冷静さを取り戻す。

避難所にたどり着いた寺泉,
何百人いるんだろうと思って中に入ると,
数人の病人が寝ているだけ。
患者を診ていた河野院長が,
「支援物資が何も来ないから,動ける人は
 皆出ていった」と。
寺泉,愕然。

落ち着きを取り戻し始めた病棟,
そこへ行き倒れた裕樹が搬送されてくる。
非常に重態であったが,緊急手術の後,救われる。

そうこうしている間に
物資も届き始めた,CTもMRも電子カルテも
使えるようになった。
スタッフの間にも束の間の笑顔が戻り始めた。
大友看護師の仲間はずれもなんとか氷解。
望が,看護師の資格をもっていることを明かし,
手伝いたいと申し出る。

ようやく仕事に一区切りついた医局長
「進藤先生,2時間だけここを任せて
 いいですか…僕も寝ます」


※今回のミニポイント:
 食事のときには,食器にラップをかけて使う。
 洗う水を使わなくてすむから。

※第1回・プロローグ
 第2回・トリアージ
 第3回・クラッシュ症候群
 という災害時の課題について扱ってきた今クールの『救命病棟』ですが
 今回は,過労ストレスがポイントでしょうか。

 とりあえず,アップしますが,
 随時抜けている部分を追記したいと思います。


***********************

※このエントリーをお読みいただいて
 面白かったというかた→ここをクリック♪
 役に立ったというかた→ここをクリック!
 (人気ブログランキングです。2/1 テレビ・ラジオ部門15位,よろしくお願いシマス ^o^)/


***********************

進藤一生(江口洋介)=“ゴッドハンド”…『国際人道支援医師団』から一時帰国中。
  楓のことを持ち出して皆が納得するような話でも
  じつはないと思うのだが,そこはカリスマのマジック。
  あと,他にスタッフいるんだから,楓に婚約者の
  執刀を手伝わせるのは普通ないんじゃないの?酷だと思うぞ。

小島楓(松嶋菜々子)…東都中央病院高度救急救命センター勤務。
  「愛する人のためなら,医者である前に1人の人間であっても
   いいんじゃないか」と進藤に背中を押されるが
  出ようとしたところで「加賀裕樹さん,いなくなりました」
  の電話で残る羽目に。

加賀裕樹(石黒賢)…楓の婚約者。
  上縦隔拡大で開胸手術まで強いられる羽目になりましたが
  「シアトルに一緒に来れないならもう終わりだな」
  とか言っていたけれど,病院を抜け出すほど
  楓のことを愛していたんですね。

黒木春正(香川照之)…医局長。
  救援物資が病院に届かず,患者の食事もままならない,
  要員がいないから,休憩や交代のシフトもままならない,
  電話かけまくって応援を要請するけど八方ふさがりで
  睡眠不足と心身のストレスで,もう叫びたい!
  ますます白髪が増えてしまうぞ。

大友葉月(MEGUMI)…看護師。
  看護スタッフの中で仲間はずれ(方言でいうところのハバ,ハミゴ状態)。
  手術のメンバーにも加わらず廊下でなんか器具の
  整理のような洗浄のような時間つぶしのようなことしてる。
  けど,最終的に皆に受け入れられてよかったね。
佐倉亮太(大泉洋)…看護師。
  今回は,ボケ担当を寺泉議員にとられた感じ?
  「ですよねェ~」「は~づきチャン!」
  ってところで面目躍如。
日比谷学(小市慢太郎)…救命医。
  空気嫁。
  休養充分なだけに医師としての能力は全開
  なんだろうがそこがまた痛い。
  毒舌だけパワーアップしてどうする?!

須藤昌代(鷲尾真知子)…看護師長。 
伊坂千秋(田村たがめ)…看護師。
  2人して,大友さんに冷たい!師長くらいは
  感情的にならず…ねぇ。
  最終的には仲直りしてよかった。
  「あなたが家に帰ったとき,もう戻ってこない
  んじゃないかと思った。ありがとう」

河野純介(川岡大次郎)…イケメン研修医。公式サイト
  とにかく日比谷のクソ野郎にはブチ切れ状態。
  弟に「(医局長も)かっこいいと思うよ」と言われますが
  理解できない様子。
河野和也(小栗旬)…イケメン医大生。
  「なんで弟まで(病院に)いるの」と日比谷に言われ
  「好きでいるんじゃないっつーの。」
  自動ドアに顔をぶつけられるくらいへとへとで
  水運びごくろうさま。
河野定雄(平田満)…河野医院院長 
河野敬子(山口美也子)…妻。
河原崎美江子(深浦加奈子)看護師 

ヤジさん(おかもとはじめ)…元気旺盛・食欲モリモリ。
キタさん(徳井優)…彼なりに一生懸命頑張って
  んのに,ずっと立場弱い。ヒエラルキーの底って感じ。
小久保紗英(井上真央)…輝く笑顔で無事退院。
  もっと病院にいてくれよ。
木村省吾(広田亮平)…喘息発作も望の処置で事なきを得る。
  両親の無事(埼玉の病院に入院中)も確認できて
  よかったよかった。

寺泉隼人(仲村トオル)…衆院議員
青木(小須田康人)秘書。けっこうわかりやすいキャラだ。
寺泉香織(渡辺典子)妻。→前回,静岡メディカルセンターへ。
寺泉千尋(福田麻由子)娘。 …父親が官邸からガメてきた
  缶詰を残らず病院の皆に配ってしまう。

磯部 望(京野ことみ)…元看護師で,薬品の投与ミス
  (医師の指示ミス)で患者を死なせた過去を
  背負っていることが明らかに。  
望の父親(渡辺哲)…娘を探しに行く!助けに行きたいんだ!

筒井真理子

■フジテレビ『救命病棟24時』サイト
(フジテレビ内サイト週間ランキング:1/24~1/30 4位=1ランク↓)

■DreamsComeTrue公式サイトDCTgarden.com
 NEWSのページから主題歌『何度でも』の一部視聴ができます。
 『何度でも』 [MAXI] 発売予定日 2005/02/16 ※予約可能 1100
 『朝がまた来る [SINGLE]』 1020

■『救命病棟24時』のDVD(amazon)
救命病棟24時 1
救命病棟24時 BOXセット※現在品薄
救命病棟24時スペシャル2002 


Click Here!



Click Here!



Click Here!



コメント (8)

救命病棟24時第3シリーズ#03

2005-01-26 14:35:16 | 救命病棟24時
第3話「ヘリが運んだ夫婦の愛!」

地震発生から一夜…

河野医院…医薬品が底を尽き患者を近所の救護所に向かわせることに。

東都中央病院…『災害時医療情報』サイトに
 患者の受け入れを表明したところ搬送される重傷患者が殺到。
 救急患者の到着は48時間内がピーク。

寺泉代議士が妻・香織を背負って東都中央病院に到着。
進藤も河野院長の次男・和也とともに院長の妻・敬子を連れて
東都中央病院へ。
スタッフの多くが帰宅した状況で殺到する患者に対応を迫られている
楓らにとってはまさに救世主!

寺泉は,安否を心配していた娘の千尋が秘書の青木,保健の先生・望
と共に病院に姿を現したことで安堵し,青木とともに首相官邸へ。
何人かの閣僚が死亡し,急遽編成された臨時内閣では
親分議員が大臣代理,そして自分にはその補佐の
ポストが待っている。

香織も敬子もクラッシュ症候群の兆候が現れている。
このままでは外傷によって破壊された組織から出る毒素が体内に廻り,
浄化機能をうけもつ腎臓がパンクしてしまう。
血液を濾過する人工透析が必要だが,それに必要な水が
給水タンクの破損のためまかなえない。

楓は携帯で寺泉に連絡,搬送ヘリの手配を訴える。
「自分たちのことは自分でやりたまえ」
「患者の1人はあなたの奥さんです」
「そんな…馬鹿な!脚の怪我だぞ」
楓,進藤の説明で状況を理解した寺泉は,
防衛庁長官に土下座してヘリの出動を乞うが,
「自分のことは自分でやり給え」 と拒絶される。

新聞社にも「君たちだけにいいネタを提供しよう」と
持ちかけるが,
「こんなときに議員バッジは意味がありませんよ」と拒否される。

進藤は,寺泉がヘリを送ってくれることを信じ,
敬子と香織を,佐倉らとともに人力で8階上の屋上へ運び上げる。
「夫は議員の娘と結婚したかっただけで自分を心配していない」
という香織だが,進藤は,千尋と一緒に夫を信じて待つんだと励ます。

皆がそれぞれの役割を果たしながらも
祈る気持ちで待つ,東都中央病院。
やがて,その上空に,ヘリの音が響き渡る…。

***********************

政治家としての栄達よりも家族を選び,
夫婦・親子の愛情を確認できた寺泉一家でしたが
…これははたして美談なのでしょうか?
進藤と東都中央病院にとっては,いわばおこぼれで,
静岡まで患者をピストン輸送してくれるヘリを1機確保できたわけで
恩人には違いないのですが。
※それにしても進藤先生,あれだけの腕を持ちながら
 あそこまで謙虚に人に対することができるのはすごいな…

ただ,政治家といえども家族のある1人の人間,同じ被災者として
やれることは何でもやるというのもまた現実なのでしょうね。

それにしても
マスコミも入れない首相官邸の奥の“対策本部”,
そこには対策本部の看板も仰々しく掲げられるが,
現場の惨状とはかけ離れた,まるでサロン・社交場のような
華やかな宴席だった
…って,すさまじい描写ですね。
阪神のとき(当時トミイチ首相),こんなだったとは思いたくないけど
なにか,過去の日本か外国だかでこんなことがあったって
資料でもあったのでしょうか?

***********************

進藤一生(江口洋介)=“ゴッドハンド”…『国際人道支援医師団』から一時帰国中。
小島楓(松嶋菜々子)…東都中央病院高度救急救命センター勤務。
加賀裕樹(石黒賢)…楓の婚約者。
  病院にいることはわかった。容態は?
  次回予告では病院を抜け出してしまうようですが…?!

黒木春正(香川照之)…医局長。
  携帯で娘に「ごめんよ…まだ帰れないんだ」と涙。
大友葉月(MEGUMI)…看護師。
  ピンクのかわいい私服で戻ってきました。
  たった一夜で修羅場と化した病院に,帰宅したことを後悔して涙。
佐倉亮太(大泉洋)…看護師。
  今回は,お笑いでもどちらかというとつっこみ役。
日比谷学(小市慢太郎)…救命医。まだ病院に戻らず?
須藤昌代(鷲尾真知子)…看護師長。 
伊坂千秋(田村たがめ)…看護師

河野純介(川岡大次郎)…イケメン研修医。公式サイト
  「なぐさめの言葉もかけてあげないんですか!」
  「僕は簡単に患者を見捨てるような医者にはなりません!」
  と,修羅場の病院でブチ切れ。
  青い,青いぞ,若者!そう言っている前に早く次の患者を…
河野和也(小栗旬)…イケメン医大生。
  瓦礫の中から母親を助け出す。ヤッタ!
  兄に「(母親のことは)俺に任せとけよ」と生意気そ~に
  言ったかと思えば,母親を搬送するヘリに向かって
  「俺も連れてってくれ~!!」
  キャラがよくわかりません。
河野定雄(平田満)…河野医院院長 
河野敬子(山口美也子)…妻。
河原崎美江子(深浦加奈子)看護師 

ヤジさん(おかもとはじめ)…ついに意識が戻った!
キタさん(徳井優)…やったね,キタさん!けれど,
 一晩中手動で人工心肺やってたのにいいとことられちゃうし
 「お前だれだ」って言われちゃうし。いいとこなし。
小久保紗英(井上真央)…人工心肺役を代わったとたんに
  ヤジさん蘇生!神の手か?!
  自分を粗末にしていた彼女も,これで命の大切さに目覚めてくれる?

寺泉隼人(仲村トオル)…衆院議員
寺泉香織(渡辺典子)妻。→静岡メディカルセンターへ。
寺泉千尋(福田麻由子)娘。 

磯部 望(京野ことみ)…千尋を連れて東都中央病院に。
望の父親(渡辺哲)

筒井真理子

■フジテレビ『救命病棟24時』サイト(フジテレビ内サイトアクセスランク3位)

■DreamsComeTrue公式サイトDCTgarden.com
 NEWSのページから主題歌『何度でも』の一部視聴ができます。
『何度でも』 [MAXI] 発売予定日 2005/02/16 ※予約可能 1100

※このエントリーをお読みいただいて
 面白かったというかた→ここをクリック♪
 役に立ったというかた→ここをクリック!
 (人気ブログランキングです。1/18 テレビ・ラジオ部門10位,よろしくお願いシマス ^o^)/


■『救命病棟24時』のDVD(amazon)
救命病棟24時 1
救命病棟24時 BOXセット※現在品薄
救命病棟24時スペシャル2002 




Click Here!





コメント (13)

救命病棟24時第3シリーズ#02

2005-01-18 22:12:41 | 救命病棟24時
救命病棟24時第3シリーズ#02
「ひとりでも多くの命を!」

地震に襲われ慌ただしい東都中央病院。
シャウトして患者,職員の無事を確認,予備電源により
病院が正常に機能しているので冷静に対応するように指示。

「怪我してるのは医局長だけですよ」シニカル日比谷。

酸素ボンベを取りに備蓄倉庫に走る佐倉。足が痛いぞ。
「備蓄倉庫ってどこよ?!」

重症患者を河野病院に運び込んだ進藤は,
自分が救命医であることを明かし,
河野院長に代わり,治療中の患者に応急処置。
そして,院長に妻を捜しに行くように言い,
河原崎看護師と2人で医院を切り盛りすることに。

集まってきた患者を全て診ている余裕はない,
歩ける患者は帰ってもらう,心肺蘇生の必要な患者は診ない
患者の選別(トリアージ)を行うことを指示。

備蓄倉庫にたどりついた佐倉。
鍵は?!全館分ゴチャゴチャだよ。オーマイガッ!

骨折しているのに追い返される患者たち,
息があるのに見放された患者の家族たちは
困惑や怒りを露わにする。

代議士・寺泉は自宅に駆けつけ,冷蔵庫の下敷きになっていた
妻香織を救い出す。

対策本部が設置された東都中央病院。
毛布を取りに,備蓄倉庫2に行かされる佐倉。

だが患者が来ない。
日比谷医師が自宅が心配だから帰ると言いだす。
「家が潰れているかもしれないのに患者を優先するなんて,
 強制する権利があるんですか」
次々と後を追って帰りだす職員たち。
黒木医局長や楓ら少数が残るのみとなった。

香織を背負って河野医院にたどり着いた寺泉,
治療中の進藤と河野院長に向かって,
妻の足の怪我を優先して治すように迫る。
国会議員の名を使って脅し,なだめすかし,
それでも駄目とわかると,表に集まっている患者たちに
進藤の非情さを訴える。

そんな寺泉に,進藤はヘリなどの患者の搬送を手配するよう訴えるが,
「自衛隊の出動要請は東京都知事の役目だ。
 国会議員の仕事じゃない。私の仕事は国を救うことだ。
 患者を救うのは君たち医者の仕事だろうが」
と立ち去る。

そうしているうちにも運び込まれる患者は増えていく。
患者の選別をすることに
「指をくわえて待っているだけなのかよ!」
「多くの人が助けを求めています。
 動ける人は,助けに行ってあげて下さい。
 河野先生の奥さんも,今,行方不明なんです。」
「30年連れ添った妻を見捨てることになったが… 
 皆さん,進藤先生の指示に従ってください。
 助けられなかった人には,私が一人一人土下座して
 謝ります!」
集まった患者と家族たちはみな地元の顔なじみ同士。
こういう極限状態だからこそ助け合わなければ
ならないと気を取り直し,
動ける男たちは破壊された町へ散っていくのだった。

一方,東都中央病院。
毛布を運んできた佐倉,
次は屋上へ給水タンク見てきて。もちろんエレベータは使用不能。

病院に残っている楓。婚約者裕樹とはいまだ連絡がとれない。
そして,東都中央病院にも重傷患者が運び込まれ始めた-。

***********

きつい…トリアージ
見てよかった。
いざとなったら,こういう事態になったら
こういうことが迫られるのかと知ることができたのは
意味がある第2話でした。

こういう感情移入できる上質のエンタテイメントで
リアルな災害を仮想体験できるのは

しかし,現実にはコネやら権力やらで命の重さに
差がつけられるんじゃないかと…想像してしまいました。

進藤一生(江口洋介)=“ゴッドハンド”…『国際人道支援医師団』から一時帰国中。
小島楓(松嶋菜々子)…東都中央病院高度救急救命センター勤務。
加賀裕樹(石黒賢)…楓の婚約者。連絡とれず。

黒木春正(香川照之)…医局長。
佐倉亮太(大泉洋)…三の線担当の看護師。北海道中心にブログ界で人気沸騰!
大友葉月(MEGUMI)…家が古い看護師
日比谷学(小市慢太郎)…シニカル救命医。
須藤昌代(鷲尾真知子)…看護師長。 
伊坂千秋(田村たがめ)…看護師

河野純介(川岡大次郎)…イケメン研修医。公式サイト
河野和也(小栗旬)…イケメン医大生。
河野定雄(平田満)…河野医院院長 
河野敬子(山口美也子)…妻。行方不明。
河原崎美江子(深浦加奈子)看護師 

やじさん(おかもとはじめ)
きたさん(徳井優)…東都中央病院の居候

寺泉隼人(仲村トオル)…衆院議員
寺泉香織(渡辺典子)妻。足にケガ。
寺泉千尋(福田麻由子)娘。行方不明。 

磯部 望(京野ことみ)…保健の先生。
望の父親(渡辺哲)…福岡のラーメン屋。※渡辺さんは愛知県出身

井上真央
筒井真理子

■フジテレビ『救命病棟24時』サイト(フジテレビ内サイトアクセスランク3位)

※このエントリーをお読みいただいて
 面白かったというかた→ここをクリック♪
 役に立ったというかた→ここをクリック!
 (人気ブログランキングです。1/18 テレビ・ラジオ部門10位,野球部門15位。現在よろしくお願いシマス ^o^)/


■『救命病棟24時』のDVD(amazon)
救命病棟24時スペシャル2002
救命病棟24時 1
救命病棟24時 2
救命病棟24時 3
救命病棟24時 4
救命病棟24時 5
救命病棟24時 6
救命病棟24時 BOXセット※現在品薄
 

Click Here!

コメント (7)

救命病棟24時第3シリーズ#01

2005-01-11 22:45:26 | 救命病棟24時
先週のスペシャルから早や1週間!
スタートしました救命病棟24時 第3シリーズ
第1回「人が人を救うという事」 はこんな感じでした。
※抜けているところも確認できたら追記していきたいと思います。

進藤一生(江口洋介)=“ゴッドハンド”…『国際人道支援医師団』に参加。
 同じ派遣地で命を落とした同僚医師、山室剛(塩見三省)の
 遺品を持って一時帰国,山室の妻・澄子に夫の遺品を届ける。

小島楓(松嶋菜々子)…東都中央病院高度救急救命センター勤務。
 シアトルへの転勤が決まった恋人の裕樹からのプロポーズを
 一度は受けるが,充実した救命医としての生活を辞めることへの迷いから
 心は一転二転する。悩んでいる。
加賀裕樹(石黒賢)…楓が救命医を辞める決意がつかないのなら,
 結婚は無理だな…というスタンス。

黒木春正(香川照之)…医局長。1個人・1家庭人としての幸せ
 あってこその医師という持論で楓の渡米に賛成する。

佐倉亮太(大泉洋)…ノリの軽い看護師。
  チャックはきちんと閉めましょう。 
  って,他の方々のblog見たら,ほとんどが大泉氏の
  出番に注目してる!!!すごい注目度だ…^_^);
大友葉月(MEGUMI)…気が強く元気な看護師
  佐倉・葉月の看護師コンビはユーモア担当かな。
日比谷学(小市慢太郎)…現実主義の救命医。
  「救命医というのは,時間内に壊れた機械を修理する仕事だ」 
須藤昌代(鷲尾真知子)…お毒味役,もとい,
  病棟のお目付役的な看護師長。 
伊坂千秋(田村たがめ)…看護師

河野純介(川岡大次郎)…イケメン研修医。
  若くて可愛いリストカッターに感情移入するのはほどほどに。
  彼の公式サイト,なぜメインがケーキなんでしょうか?!
  特技が「英会話・ケーキ作り」というのはいいんですが…
河野和也(小栗旬)…イケメン医大生。
  いい歳して反抗期もほどほどに。
河野定雄(平田満)…河野医院院長 
河野敬子(山口美也子)
河原崎美江子(深浦加奈子)看護師 

ヤジさん(おかもとはじめ)…階段から落ちて運び込まれたホームレスのおっちゃん
キタさん(徳井優)…救命センターに居着いてしまったホームレスのおっちゃん

寺泉隼人(仲村トオル)…念願叶い代議士センセイの座に
  ついた政治家。揚々たる人生のスタートだったが
寺泉香織(渡辺典子)妻
寺泉千尋(福田麻由子)娘 

磯部 望(京野ことみ)…生徒の健康に目を配り,
  必要であれば家庭環境にも気を配る保健の先生。

山室澄子(黒田福美)…人道支援医師の遺族として
  シンポジウムで公演。そこを訪ねた進藤に夫の写真を
  渡される。幸せそうな顔の夫の写真を見て,
  彼の遺品は自分ではなく進藤に預かってくれと告げる。


自殺や他傷を繰り返す少年(少女),
息子の喘息を直すため,仕事を諦める選択を迫られる
両親と,その父親の悩みに心を痛める少年自身
(楓は,引っ越さなくても治療はできると,
 性急な決断を戒めるのだが)…。

さまざまな人々が,1人1人それぞれの生活を
営んでいく中,その時は迫ってくる…

1月11日,午後4時15分,無数のカラスが東京の上空を飛び交い,
その異様な光景に人々が恐れおののく間もなく,
激しい揺れが…。
ホテルをチェックアウトし,楓の病院にタクシーで向かっていた
進藤も地震に襲われる。
折しも手術中の楓は,混乱の中,集中を切らさず
死力を尽くす…

それにしても,地震のシーン,すごすぎます…
年末の特番からフジテレビ,
CGの多様ぶりには気圧される感が。
イヌと呼ばれた男(鳥瞰地形図・江戸時代の街再現等),
離婚弁護士(空撮シーン等),そして救命病棟…

エンディングは待ってましたのやっぱり
ドリカム,書き下ろし主題歌『何度でも』。
公式サイトDTCgarden.com
DREAMS COME TRUEコメント
被災された新潟の方々の傷も まだまだ癒えていないという現実もある中
この歌で傷ついた人の苦しみを 救えるとは思いません
ただ、心の中の何かのスイッチを 押す力にはなれるんじゃないかと…
この歌で勇気や希望のようなものが 伝わったらと思ってます


個人的にはまだ『朝がまた来る』の記憶が強く残っているのですが
すぐ新曲にもなじむことでしょう。
大奥第一章のサザンの曲みたいなことはw

■フジテレビ『救命病棟24時』サイト

※このエントリーをお読みいただいて
 面白かったというかた→ここをクリック♪
 役に立ったというかた→ここをクリック!
 (人気ブログランキングです。1/11 テレビ・ラジオ部門24位,野球部門15位。現在よろしくお願いシマス ^o^)/


■『救命病棟24時』のDVD(amazon)
救命病棟24時スペシャル2002
救命病棟24時 1
救命病棟24時 2
救命病棟24時 3
救命病棟24時 4
救命病棟24時 5
救命病棟24時 6
救命病棟24時 BOXセット

■関連CD (amazon)
救命病棟24時 ― オリジナル・サウンドトラック IITVサントラ
救命病棟24時 ― オリジナル・ドラマ・トラックス ~the voice of fateCALLING OF A MIRACLE
朝がまた来る [SINGLE]DREAMS COME TRUE (1999/01/20←もう6年も前になるんですねぇ…)
いつのまに DREAMS COME TRUE/EMIミュージック・ジャパン
コメント (17)