D.D.のたわごと

現在ツイッターのまとめを上げてます

朝日,法相を死神呼ばわり

2008-06-20 12:54:44 | ニュース
朝日新聞夕刊素粒子欄「死に神」の表現、鳩山法相が抗議
2008年6月20日(金)11:43 (読売新聞) - goo ニュース

 鳩山法相は20日午前の閣議後の記者会見で、これまで13人の死刑執行を命令したことで、6月18日付朝日新聞夕刊1面素粒子欄で「死に神」と表現されたことについて、「大変問題だと思う。軽率な文章については心から抗議したい」と述べた。
 法相は「死刑囚にだって人権も人格もある。(表現は)執行された方々に対するぼうとく、侮辱でもある」と話した。
 朝日新聞は「永世死刑執行人 鳩山法相」「2カ月間隔でゴーサイン出して新記録達成。またの名、死に神」などと報じた。
 鳩山法相による死刑執行命令は、17日に連続幼女誘拐殺人事件で死刑が確定した宮崎勤死刑囚ら3人の刑執行で、後藤田正晴法相が1993年3月に一時中断していた死刑執行を3年4か月ぶりに再開して以降、最多となった。


ひでぇ…。

一応アサヒコムとか検索してみましたが全文は見つけられませんで
全体を読まないでとやかくいうのもどうかと思いますけど,
前後の文脈とか関係無しに,こんな品性のない表現を
一般向け全国紙が1面のコラムで使うなんてどうかしてるとしか
いいようがありません。

死刑の執行は,法律で確定後6ヶ月以内に行うよう定められている以上
鳩山氏は職務を遂行しているだけ。
たしかに人命に関わることですし,某掲示板の書き込みみたいに
「殺人犯に人権はない」などとは言いませんが
冤罪の可能性がなければ,死刑確定囚をいつまでも放置しておく
ことを認める理由がないことになります。
執行命令を下す(法務省のほうから執行命令の要請を出されて
それにハンコを押す)ことを誹謗中傷するというのは
どういうつもりなんでしょうか。

死刑に反対というのなら法律に問題があるわけで,
個人を批判しても意味はない。
法やシステムの改正を訴えるべきでしょう。
鳩山氏は職務として定められたことを行っただけで,
それを(個々のケースについて問題がある場合は別として)
拒否してきた前の法相のほうが本来職務違反なわけです。
就任して早々に確定死刑囚の一斉執行を命じたとかいうなら
さすがに驚きますが,これまで執行されずに放置されてきた
人たちが多くたまりすぎてるんだから,多くなるのは当然でしょう。
職務を遂行して「死に神」呼ばわりされるのなら
床板を落とすスイッチを押した刑務官の名前も公開して批判すればいいでしょう。
「なぜ拒否しなかったんだ」「なぜそんな職業についたんだ」って。

それとも死刑判決が間違いだったというのでしょうか?
朝日新聞は,今回執行された山崎義雄、宮崎勤、陸田真志3名の
死刑が確定された際に「不当判決だ」と声を上げたのでしょうか?
鳩山法相が執行命令を出した13名全員について?

まあ,光市母子殺害事件の差し戻し高裁で死刑判決が出たとき
本村洋さんの会見で「死刑のハードルが下がったことをどう思いますか」
などという下劣な質問をぶつけるくらいですから
世間の平均公約数的な感覚とはずれていても己の正義感に
のっとって正しければ,誰をどんな口汚い言葉で侮辱しても
問題ないと考えているんでしょうね。
このケースでは氏名も所属も名乗らなかったことから顰蹙を買う行為だと
いうことは自覚していたみたいですが。
リーディングペーパーを自称する大新聞社のわりには
やってることがタブロイド紙や便所の落書きみたいになってきてますね…。

資料:死刑確定囚リスト~犯罪の世界を漂う
 http://www.geocities.jp/hyouhakudanna/cplist.html

あと,同じ国会議員からも警察ヤクザの亀井静香氏らが
法相を批判していましたが,同様に愚かしい。
冤罪事件が起こるのはあんたのところの警察の捜査がいいかげんだ
からだろ?(真犯人を逃すのは「真剣にやったが力及ばず」って
こともあるだろうけど,無実の人を死刑に追い込むのは
冤罪の片棒どころか主犯でしょう)
殺人犯も一生善良な市民で人生を終える人も生まれるときは
同じ赤ん坊だし,犯罪を犯すにしてもそれなりの事情や
いきさつはあるでしょうから,死刑囚でも殺したくない
という心情を持つことは1つの人間らしい考え方として否定はしません。
けど,制度があるのに残酷だからハンコを押すなというのは
思想や感情の押し付けでしょう。
独裁国家や(宗教を含む)全体主義の支配下でよっぽど厳しく
理不尽な刑罰システムというのなら日本らしいあいまいさで
「制度はあるけど運用は柔軟に」ってのもありかもしれませんが
今の私は,死刑の適応がなければしめしがつかないような
犯罪が発生しているのだからしかたないと思います。

宮崎勤の死刑執行で鳩山法相を批判した反対派議員の筋違い【週刊・上杉隆】(ダイヤモンド・オンライン) 06月19日


人間誰しも死ぬ。
その現実の中で,
死刑とはいったい何なんだろう?

こういう死刑の是非論が起こるたびいつも思います。

「死に神」ねぇ…。
まさか,大新聞が編集部発のコラムで特定の人物を名指しで
呼ばわるとは思いませんでした。
先日の岩手・宮城内陸地震でも本物の死に神が
何人もの尊い命を一瞬にして刈り取っていったわけですが
言葉は悪いと思いますけれど,死の順番待ちをしている人の
肩を叩く「死に神」とどちらが憎むべき存在なんでしょうか…?
また,白昼の歩行者天国に車で突っ込んで兵器用の刃物で
またたく間に12人もの人々を殺傷した輩と
どちらが「死に神」と呼ばれるに値するのでしょうか…?
硫化水素による自殺の存在と方法を安易に報道して
極めて短期間のうちに多くの摸倣自殺・追随自殺を全国に
広めた報道機関も,ある意味「死に神」といえないでしょうか…?

朝日さんにしても亀井さんにしても
「死刑=国家権力による殺人」という
一面でしか物事を考えていないように思うのは
私だけでしょうか?

私も前回のエントリーで「人は自分の理解できる範囲,
知っている範囲でしか物事を評価できない」
と書いたばかりですので
これが正しい意見だ,世論の主流だと思い込まないよう
己を戒めたいと思います。
朝日紙,または亀井氏ら死刑反対の議連の言動に
もっと深い事情・背景や考察があると
ご存じの方がいらっしゃったら御教示いただきたいと思います。

********************
この駄文を読んで,参考になったという方は
 →人気ブログランキングにジャンプ
もしくはにほんブログ村 テレビブログへブログランキング にほんブログ村
********************

宮崎勤死刑囚に刑を執行、死刑に犯罪の抑止力はあるのか(ニュース畑) - goo ニュース

死生学1 死生学とは何か

東京大学出版会

このアイテムの詳細を見る

コメント (5)   この記事についてブログを書く
« タミヤと『深イイ話』攻略法 | トップ | 交流戦めでたしめでたくなし? »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ゴキブリ以下のクズが死ね (もんてまん)
2008-06-21 10:37:50
ゴミ以下のカスが死ね
貴様もっとマシな記事書けよ
生きている価値もない糞豚が死ね^^
ちょっとググってみると (d_d-)
2008-06-21 18:01:40
よそでも同じようなこと書き込んでばっかりいるみたいですね(たいてい管理者に消されてキャッシュでしか存在していませんがw)。私は実生活が楽しくて満足しているのでこういうコメントは屁とも思いません。もんてまんさんもゴキブリ以下の精神状態から一歩でも抜け出せるよう、何かいいことがあるといいですね。

ps.管理人が削除せずにレスをつけるとさらに回答を返す傾向があるようですが、ここへはくだらない再書き込みは不要ですのでご遠慮ください(書いても消します)。
有難うございました (m@sonson)
2008-06-23 15:39:19
トラックバック有難うございました。

管理人のご意見には全く同感です。これからも頑張って記事をお書き下さい。
こちらこそありがとうございます。 (d_d-)
2008-06-24 12:40:19
コメントおよび全文掲載のTB返しありがとうございます。

貴ブログでも語られているように,発端のコラムの下劣さもさることながら,謝るふりして表現の方法や技量の問題だとすり替える姑息さ(←一般に使われる意味でも正しい意味でも)には気分が悪くなります。こんな,一般企業の入社試験も通りそうにない記事と釈明を全国に撒き散らす組織が大マスコミとして存続しているのですから…早く国民も見棄てないと。
死刑賛成 (さち)
2018-06-28 15:01:39
死刑反対派の方々は、ぜひ、ご自分の大切な人が殺された時に、その犯人に対して「死刑反対!」と擁護してくださいね。

他人の命を奪った=自分の命も奪われる、あまりに当たり前のことです。

鳩山法相は法律にしたがって、当然のことをしただけです。今後もこのような潔い法相が出てくれることを願っています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ニュース」カテゴリの最新記事