D.D.のたわごと

現在ツイッターのまとめを上げてます

わりばし死亡事故裁判 遺族側敗訴です。

2008-02-12 23:16:03 | ニュース
遺族への損害賠償認めず 割りばし死亡事故 東京地裁
2008年2月12日(火)20:03 (朝日新聞 - goo ニュース)

 東京都杉並区で99年、綿あめの割りばしがのどに刺さって保育園児が死亡した事故で、両親が、頭蓋(ずがい)内に残った割りばしを見落としたとして杏林大医学部付属病院(東京都三鷹市)を経営する学校法人と医師(39)に約8900万円の損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁は12日、請求を棄却する判決を言い渡した。両親は控訴する方針。

 死亡したのは杉野隼三(しゅんぞう)ちゃん(当時4)。医師は業務上過失致死罪に問われ、刑事裁判の一審・東京地裁判決(06年3月)は「事故を予見し、結果を回避する義務を怠った」と過失を認める一方で「命が助かる可能性は低かった」などとして無罪としたため、検察側が控訴している。

医師の過失認めず請求を棄却 4歳児死亡割りばし事故(共同通信) - goo ニュース
割りばし事故訴訟 当時の水準では予見できず 医療過誤なお壁高く 2月12日21時8分配信 Yahoo~産経新聞
<割りばし事故>遺族敗訴「予見不可能」 東京地裁判決 2月12日21時23分配信 Yahoo~毎日新聞

この出来事(事故以外の何物でもない,事件ではないでしょう)の
本質としては,亡くなったお子さんの死因はわりばしが
突き刺さるような食べ方をして転んだことであって
医者が殺したわけではない
ということ。

転んで口から脳にわりばしが突き刺さるってことは
わたがしを食べ終わった後,そのわりばしをくわえて
走り回ってたってことですから,それは大きい子なら本人の責任,
今回のように4歳という小さな子なら親の管理義務の範囲。

こちらのYahoo!~時事のニュースのコメント欄では
圧倒的に,親側がもうボロカスです。

しかし,不思議な気がしますね…。
ほんのここ2,3年くらいまでは,
この手の事件,この事故の件自体でも,遺族かわいそうという意見が
主流だったと思うのですが…。

だって,六本木ヒルズの森ビルで回転ドアに男の子が
頭を挟まれて死んだ事件
(2004年3月),
「なんで親は手をつないでいなかったの?」
って意見を示していた人,数えるほどしかいなかったですよ。
(※この件では森ビル元常務や三和タジマの元役員ら3人が
 業務上過失致死罪で在宅起訴→森ビル側の管理過失認定
 民事では7000万円の賠償で示談成立)


このわりばし事故でも,99年当時,ぐったりしている男の子を
疲れているだけだといって,もっとしっかり診てほしいと
懇願したにもかかわらず,傷口に薬を塗っただけで帰された
とその日のことを語る親(母親だったと思う)に対して(と比較して)
自分の処置は正しかったと固い表情で言い張る医師側の態度が
すごく傲慢に見えて,私なども「どう考えても死因は
本人や親の過失だけど,こんな態度の医師だったら
遺族も納得しきれないし,自分の悔いを『医師がちゃんと
診てくれたら』という一点に集中させて(すり変えて)
八つ当たり裁判を起こしかねないかも」
と思ったりしたものでしたから。
あくまでも私の主観ですけどね。

「弱い立場の者が酷い目に遭ってかわいそう」,弱者が正義という
理論はいかにもアサヒ的,ちょっと前までの常識的態度で,
「情に訴えて無理を通そうという者」
「弱者を装ってエゴを通そうという奴」に対してはっきりと
声を上げる(批判する)ようになったのが今どきのネット的風潮と
いったところでしょうか。

この裁判に関して親側が「ちゃんと説明と謝罪をしてくれれば
裁判は起こさなかった」
「命が失われた理由をはっきりさせて」
とコメントしていた点も
筋違いだ,お門違いだ,
医師に責任はないのに謝罪するわけがない,
命が失われた理由なんて決まり切ってるじゃないか,
自分が親としての責任を果たさずに
起こった事故なのにその過失を棚に上げて図々しいと
同情が得られない原因となっているようですが,
医師が力を尽くしてくれた,息子の死は避けようがなかったと
納得できたら裁判は起こさなかった
という意味でしょう。
正直,責任転嫁だと思いますし,こんな主張で医師個人が責任を問われ
病院が千万単位の賠償金を払わされるようなことになったら
世も末だと思いますが,
診察時に不信感を抱かれるような態度を見せなかったら
こんなことにはならなかっただろうなとも思うのです。
(裁判に踏みきってしまった後は,目的ができてしまって話が別に
 なってしまっただろうと思いますが)
医師・病院側としては迷惑な話でしょうが,
患者やその家族を見下してプライバシーや不安などを
全く解さない,平気で逆なでする医師
が少なからず存在するのも
事実なわけでね…。

今回の判決では,結局このようなケースでは突き刺さったまま
内部に残ったわりばしの破片を見つけることが困難であり
これ以上の最善を尽くしてもこの悲劇を防げたとはいえない
と認定されたとのことで,当時のやりとり(親の説明など)や
体の状態からいってそう判断されるのなら,まあ…妥当なところ
だとは思います。結果ありきの判決ではないと信じたいです。

気の毒ですし申し訳ないですが,私を含めた多くの親に
戒め,教訓を残したことだけは確かだと思います。
亡くなった隼三くんの冥福を心よりお祈り申し上げます。

「割り箸事件」民事訴訟判決→「医師の過失認めず」控訴棄却|医者の常識、世間の非常識 ~Herr doktor~
■「割りばし死」訴訟、両親の損害賠償請求を棄却…東京地裁|勤務医 開業つれづれ日記
この10年,この訴訟およびマスコミの煽りによって救命医療の現場はズタズタにされたとの証言。

********************
この駄文を読んで,同感or面白かったor参考になったという方
 →クリック♪(人気ブログランキングにジャンプします。
 2/11現在,テレビ・ラジオ部門50位(ボーダーラインが上がってきた…)
 応援よろしくお願いします
もしくはにほんブログ村 テレビブログへブログランキング にほんブログ村テレビ番組部門10/319位。
********************

実務医療過誤訴訟―
訴訟における専門的アプローチとノウハウ

上田 和孝/民事法研究会 (2007/02)

患者側弁護士のための実践医療過誤訴訟

加藤 良夫 (著), 増田 聖子 (著)/日本評論社 (2004/02)

Dr.検事モロハシ (1)

能田 茂 /集英社 (2007/10/19)


コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 『KY式』ローマ字略語が流行... | トップ | 米兵暴行事件(14歳女子中学... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お説の通りです (いのげ)
2008-02-13 12:16:57
本件刑事裁判被告人支援の会のいのげと申します
(民事裁判については一切関わってません)
特に民事紛争として癌が得ると、本件については
全面的におっしゃる通りだと感じております。
特に報道やネット世論の変化には隔世の感があります
本件がややこしくなった事情としては
報道されざる経緯が多々あったことも
お含み置きいただきたいところです

そして、八つ当たりであっても民事訴訟を
起こす権利はすべての国民に有りますが
これを刑事事件として起訴していいものか
どうかとなると全く時限が異なる話であります。
わたくしどもの活動は純粋に検察批判でして
ご理解いただければ幸いであります

http://erjapan.ddo.jp/
http://jbbs.livedoor.jp/news/667/
↑訂正 (いのげ)
2008-02-13 12:18:04
×癌が得る⇒○考える
仏壇の前で (のびぃ太)
2008-02-14 11:53:07
遺族「良い報告ができなくて残念です」
良い報告とは何か・・・と、激しく突っ込みたくなりました。(>_<)
はじめまして (3番目の落書き)
2008-02-14 20:44:30
はじめまして。TBありがとうございました。
コメントありがとうございます。 (d_d-)
2008-02-15 13:00:24
いのげさん
実際に関わっておられる人ならではの心のこもったコメントありがとうございます。
世の中には本当に医師側の問題で患者の命や体を損ねてしまう医療過誤が山ほどあるでしょうに,こんなばかばかしい事件で医師が被疑者として訴追され,全国的に注目を集めるなんて(ひそかに行われたらそれはそれで怖ろしいことですが)とても不幸な出来事だと思います。検察側には医療の知識と世間の常識を兼ねそなえていることが求められますが,とても難しいことなんですね。

のびぃ太さん
報道や著書のタイトルなどを見返しても,最初は明らかに医師側の態度を問題にしていたのに,今では完全に死んだのは医療ミスでなければ納得できないという状態になってしまってますね。それを擁護するような記事を書く大新聞もまだありますし。
ps.貴ブログにもおじゃまさせていただきましたが,以前より記事のクオリティが上がっているというか,すごくキレがいいですね。羊水発言問題のところなど視点も読みやすさも素晴らしい。感嘆ものでした。
こんばんはです (ikasama4)
2008-02-16 01:36:59
今回の事件もそうですが、
最近の地方の医療に関する報道を見るに
「白い巨塔」からって事ではにないでしょうが

医療訴訟に関して医者が訴えられるのを怖れるために
患者が今度はそれをいい事に自分に非があったとしても
相手に責任を転嫁して訴える。

そうやってイイ医者まで潰してしまうんでしょうかね。


まぁどういう結果であれ

医者にとっても患者にとっても

人を治すはずの医療が人を苦しめ追い詰める


そんな現実がもう目の前まできているのかもしれません。
いつもありがとうございます (d_d-)
2008-02-18 22:54:09
ほんの少し昔,我々が子どもの頃の医療現場は
近所の診療所の先生はともかく(といっても横柄な歯医者とかいたりしましたけどね)大学病院や精神病院などではそれこそ「白い巨塔」を地でいくというか,患者を見下す,時として実験材料同然に考えている風潮が当たり前のものとして少なくない現実があったんですよね…。
それの反動にしてはひどすぎるというか,日本の医療を破壊しかねない事象だとも言われているわけですが,マスコミの果たし(てしまっ)た役割は大きいですね…。

この事自体については,純粋に「子どもの死に関して責任のある人間が裁かれるであれば,医師以上に被告の席に近いはずの親が被害者の側にいて訴えている」ことへ違和感。「弱者」の味方をしたがるマスコミに一般世間が簡単には従わなくなってきたということでしょうね。
(そりゃマスコミとしては取り上げる以上個人を批判すると即バッシングになりますから味方するか無視するかしかないですわね。本当に被害者なのに黙殺されてるって人も多いと想像されますが…)
Unknown (奈良)
2019-07-18 03:28:52
ネットにこう書いてありました


[1] 母親(教師)が仕事絡みで祭りに行く
[2] 我が子は他人にまかせっきり、自分は仕事
(引率の仕事があるのに4歳児を連れてきた)
[3] 「子供がこけて喉に割り箸が刺さった」と他人から聞く
[4] 救急車で搬送(喉に薬を塗られる)
[5] 父親に子を引き取りに来させて、自分は飲み会(祭り打ち上げ)
[6] 酔っ払ってグースカ中に容態急変 → 死亡
[7] 死亡後の解剖により脳から割り箸

これが事実なら親の責任です

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ニュース」カテゴリの最新記事