京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

2006年ベストシネマ15(邦画編)

2007-01-31 08:57:13 | 映画関連


 2006年は年間89本(洋画49本、邦画40本)の映画を劇場で鑑賞しました~
昨年は年間101本(洋画66本、邦画35本)で、やや本数は落ちてしまいましたが、映画以外活動が多かったもので(笑)少なくなりました。

 さて邦画ですが、レビューでも何度も書いていますが、ここ何年か邦画の質は確実に上がっています。 一昨年も邦画は素晴らしい作品が多かったですが、昨年もそれに負けず劣らずの作品が多かったです。

 洋画に比べると、選ぶのは大変難しかったですが、どれも甲乙つけがたいものが多く、一昨年(『パッチギ!』と『ALWAYS 三丁目の夕日』)と同様同率1位になりました。
 『フラガール』を上にしたのは、個人賞でも『フラガール』の中から選んだ俳優さんが多かったからです。




  ベスト15
   ① 『
フラガール
   ① 『
手紙
   ③ 『
博士が愛した数式
   ④ 『
かもめ食堂
   ⑤ 『
明日の記憶
   ⑥ 『
間宮兄弟
   ⑦ 『
ただ、君を愛してる
   ⑧ 『
紙屋悦子の青春
   ⑨ 『
ゆれる
   ⑩ 『
涙そうそう
   ⑪ 『
タイヨウのうた
   ⑫ 『
ハチミツとクローバー
   ⑬ 『
シュガー&スパイス
   ⑭ 『
蟻の兵隊
   ⑮ 『
嫌われ松子の一生


  個人賞
   ○ 主演男優賞 渡辺 謙(明日の記憶) 
   ○ 主演女優賞 蒼井 優(フラガール、ハチミツとクローバー、虹の女神) 
   ○ 助演男優賞 香川照之(ゆれる、明日の記憶、嫌われ松子の一生) 
   ○ 助演女優賞 富司純子(フラガール) 
   ○ 監  督  賞  荻上直子(かもめ食堂) 
   ○ 新  人  賞  しずちゃん(フラガール) 
   ○ 敢  闘  賞  樋口可南子(明日の記憶) 
   ○ 特  別  賞  奥村和一(蟻の兵隊)
   ○ cyaz賞        黒木和雄(紙屋悦子の青春)




 こうやって選んでみると、本当に作品のバリエーションも豊かな年でしたね~
どうしても選ぶときは、最近観たものにウエイトがかかりがちですが、『博士が愛した数式』や『かもめ食堂』、『間宮兄弟』あたりはその感触が忘れられずにいます。 原作の良さ、脚本の良さ、そして演じる役者の良さ、本当に厚みのある年でした。
 個人的には戦争テーマの『紙屋悦子の青春』、『蟻の兵隊』はかなりインパクトのある誰もが描ける作品ではないだけに印象に残っています。

 渡辺謙さんはこの作品以外でも世界的評価を受けていますし、オダギリジョー君も多くの作品に出演されていました。 
 助演も男性陣では香川照之さんをはじめ、笹野高史さん、小林薫さん、岸谷五朗
さん、小日向文世さん。 オダジョーに負けず劣らず数多くの作品に出た豊川悦司さん、佐々木蔵之介さん。 

 女性陣では蒼井 優を筆頭に宮崎あおいちゃん、沢尻エリカちゃん、長澤まさみちゃん、上野樹里ちゃんと若手が本当に力強かったですね~
 助演では夏木マリさん、朝丘ルリ子さん、本上まなみも印象に残っています。
 監督さんは荻上直子さんを選びました。 こんな映画を撮れる監督さんは今まで居なかったのではないかと思います。 間違ったらヘルシンキまで行って、もしかしたら台無しの映画になるかもしれないリスクを負いながら、女優陣にも恵まれ、独特の空気感を醸し出した彼女の才能は素晴らしいのひと言です

 そして、僕の大好きな黒木監督、もう作品が観られないのが残念でたまりませんが、どうぞ天国でも好きな映画を撮っていてほしいです。 ご冥福をお祈り致します。



     ご参考までに  「2005年ベストシネマ15(邦画編)

     ご参考までに  「2004ベストシネマ15(邦画編)

 


≪追記≫
 (日本映画製作者連盟発表)
 
昨年国内で公開された邦画の興行収入は約1,077.5億万円で過去最高を記録するとともに、洋画の約948億円を上回ったそうです。 全興行収入に占める邦画の比率が洋画を超えたのは1985(昭和60)年以来21年ぶりだそうです。
 邦画の興収は、2002年に全興収の27・1%しか占めていなかったが、2005年には41・3%に上昇、邦画ヒットの兆候を示していたようです。
 邦画復活の要因は、ここ数年増えたシネマコンプレックス(複合型映画館)により映画観賞の環境が整ったことがあると思われます。
 しかしながら、シネコンの増設により上映スクリーン数は過去10年間、右肩上がりで増え続けているにもかかわらず、2006年の興収は微増の2,025億円にとどまったとのこと。 映画の興収は、2001年から2,000億円前後で推移しており、全体のパイは広がっていないのが現状のようです。

 


 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (36)   トラックバック (60)   この記事についてブログを書く
« かに道楽(07誕生日) | トップ | 2006年ベストシネマ15... »
最近の画像もっと見る

36 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あり (kossy)
2007-01-31 13:01:56
「蟻の兵隊」だけ未見です。
早く観たいのですが、地元ではなかなかやってくれない。

cyaz賞てのが光ってますね~
こんにちは♪ (ミチ)
2007-01-31 14:50:22
私もkossyさんと同じ街に住んでいるので、「蟻の兵隊」は未見です。
見たいなぁ~~。
ちなみに、「手紙」はどうしても受け付けない俳優さんが出ていて見に行きませんでした。
こうしていい作品を見逃しているのかもしれません(汗)
謙さんはこれからもいい作品に出ると思うので、今年はオダジョーに賞を上げて欲しかった!(爆)
こんばんは! (猫姫少佐現品限り)
2007-01-31 18:29:01
去年もパッチギ!Alwaysで一緒、今年もフラガール、トップはあたしと同じなんで、基本的には、同じような感覚なの?
でも、そのほかが違いますからねぇ、、、
おもしろいですね。
(^-^)/ドモ (あんぱんち)
2007-01-31 18:52:11
「フラガール」に日本アカデミー賞あげたいですよねぇ~
がんばれシネカノン!

去年は二十歳世代が頑張ったけど、今年はどうでしょう?
渡辺謙の作品は、嗜好に合わないのでどれも見てません(爆)
らしいなぁ・・・ (gajumaru)
2007-01-31 20:08:14
cyazさんらしい選定ですね。
特にcyaz賞が^^
ワタシも昨年は邦画の鑑賞本数が洋画を超えました。
でも、85年って角川映画時代の末期で黒澤監督の乱くらいしか印象がないなぁ・・・
ひとつもかぶりません・・・・・・ (mina)
2007-01-31 21:37:40
全く合わないというのも、悲しいです。
映画館に観に行く作品を決める基準が、多分、わたしはみなさんと全然違うのでしょうねぇ。とほほほ。
「蟻の兵隊」「紙屋悦子の青春」は、観てすらいません。わたし、戦争関係は苦手なんです。例外的に観た「男たちの大和」も「勉強、勉強」と呟きながら、DVDで無理矢理観たような次第でして・・・。
「硫黄島からの手紙」も観に行く決心がつきません。
「フラガール」は、DVD発売が待ち遠しいです。
監督賞に賛成 (kuha153)
2007-01-31 22:19:22
「かもめ食堂」は良かったです。
時間の流れ方、空間の見せ方、俳優の個性の引き出し方が、どれもすばらしかった。
そうですか~ (cyaz)
2007-02-01 00:21:16
kossyさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>「蟻の兵隊」だけ未見です。 早く観たいのですが、地元ではなかなかやってくれない。
そうですか、金沢ではまだなんですね? もう少し温度差がないようにしてほしいものですね^^

>cyaz賞てのが光ってますね~
えへ、ありがとうございます^^
へぇ~ (cyaz)
2007-02-01 00:23:39
ミチさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>私もkossyさんと同じ街に住んでいるので、「蟻の兵隊」は未見です。見たいなぁ~~。
やはり地方との温度差はなくして欲しいですよね!

>ちなみに、「手紙」はどうしても受け付けない俳優さんが出ていて見に行きませんでした。
オダジョーが出てたら行きましたか(笑)?

>謙さんはこれからもいい作品に出ると思うので、今年はオダジョーに賞を上げて欲しかった!(爆)
やっぱね(笑) でもオダジョーのほうが若いですから、これからチャンス多いですし^^
そうですねぇ~ (cyaz)
2007-02-01 00:35:23
猫姫さん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>去年もパッチギ!Alwaysで一緒、今年もフラガール、トップはあたしと同じなんで、基本的には、同じような感覚なの?
かもしれませんね(笑) ま、同じ意見が多いかも

>でも、そのほかが違いますからねぇ、、、おもしろいですね。
一年を振り返ると印象はだいぶ違ってきますよね(笑)

コメントを投稿

映画関連」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

60 トラックバック

2006年のベストテン (Akira's VOICE)
管理人AKIRAが選ぶ,2006年映画のベストテン&ワーストの発表!
2006年kossy映画賞 日本映画ベスト10 (ネタバレ映画館)
今年も残りわずか。とりあえず、邦画の鑑賞は終了いたしましたので、邦画だけのkossy的ベスト10の発表です。
2006年映画鑑賞総評&ベスト10 (八ちゃんの日常空間)
今年もこの季節がやってきました。客観的に判断したら、だいたい一般的になってしまいそうで、今までどおりかなり独断というか、個人的趣味で選びました。
2006(平成18年)私が見た日本映画 (極私的映画論+α)
 今年もあと9日ですね。 毎年恒例の年末企画(笑)「私が見た日本映画」を発表します。
2006 My Favorite Movie 日本映画 (カノンな日々)
今年劇場観賞した邦画は108本になるようです(汗)。年末のニュースでも話題になってましたけど今年は邦画がとても充実していた1年で邦画好きな私としてはとっても楽しかったデス。という事で今年の邦画マイベストを選出してみました。感想日記でもそうなんですが、映画評...
『2006 無人島に行くならこの10本』 (ラムの大通り)
----ようやく「一年を振り返って…」だね。 確か去年は1月2日と5日に、 2回に分けてやったんだったよね。 今年はどうするの? 「どうしようかな。 ノラネコさんが「2006 Unforgettable movies」として あまりにも見事にまとめてあって、 少し出遅れてしまったなと、 正直...
今年見た邦画総まとめ(2006年) (ミチの雑記帳)
今年劇場で見た邦画は56本(洋画は127本) 私の心をゆすぶった作品、堪能した作品ベスト5{/kirakira/}を選んでみました。 1{/hikari_pink/}「ゆれる」 無意識下に隠れている感情がさらけ出される時の居心地の悪さを感じました。見れば見れるほど深く味わえます。ラスト...
私的2006年映画ランキング!♪♪ (Sweet* Days)
メリクリ、メリクリ! パチパチパチ♪♪ って事で、いよいよ今年もあと僅か。皆様どんなクリスマスをお過ごしでしょうか・・・ 今年は念願叶って、随分と映画を見ることが出来ました。しかも映画館で・・・・ DVD鑑賞は以前から出来る限り続けてきたんだけど、 や...
2006年映画ベスト10 (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
今年も、映画ベスト10を選ぶ楽しい年末になりましたが、忙しくてなかなか手がまわりませんでした。 ムスメが幼稚園に行き始めたので、去年より25%アップで映画見れました。ムスメ、ありがと~。それと、いつも「映画見に行って、ええよ」と言ってくれるヨメさん、あ...
06年に見た映画 その1 (猫姫じゃ)
ま、あたしの場合は、劇場で見るのが、極端に少ないのですが、昨年同様、自分が見た映画の中で良かったというのを、年代無視してあげてみます。 エントリーは 2006年 001~0502006年 051~1002006年 101~1502006年 151~20...
・・★2006年☆マイベスト&ワースト作品★・・ (NAO-C☆シネマ日記)
今年もあと1日となりました・・。 今年、劇場鑑賞&試写会で観た作品(129本)の中で、 マイベスト&ワーストを決めたいと思います。 (DVD鑑賞は含まず) ランキングをつけるのは難しいので、 観たときの星の数で上位作品をベスト作品としました。 ★は5点満点...
2006のまとめ・ベスト・日本インターネット映画大賞 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
ベストソング、アルバム、ライブ、ドラマ、映画、それぞれのジャンルの2006年ランキングを選んでみた。下線ををクリックするとレビューへ飛ぶ。 ちなみに上半期はココ 2005年はココ 2004年はココ。なぜ個別にしないかって? めんどくさいからw
悠雅的映画生活2006劇場編 (悠雅的生活)
今年もたくさんの映画に出会った。
てれすどん2号、日本インターネット映画大賞2006年度日本映画部門に投票。 (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
昨年の暮れに正式にオファーをいただきまして、やっととりかかることができました(締め切りギリギリですんません(汗))。
2006年マイベストシネマ  (シャーロットの涙)
とうとう年末がやってきちゃいました・・・やり残した事はまだまだあって年を越せるのかぁー?というところですが、とにかくこれをやらなきゃブログは終れませんー。・・・ってなことで、頑張ってセレクトしました{/fuki_yonde/}{/buta/} 今年は昨年からすると一挙に鑑賞...
【2006年 映画鑑賞記録と総評】邦画部門 (見取り八段・実0段)
今年も、日本インターネット映画大賞さまから、投票のお誘いをいただいたので、投票と絡めて総括したいと思います。日本インターネット映画大賞の[作品賞投票ルール] ・選出作品は5本以上10本まで ・持ち点合計は30点 ・1作品に投票できる最大は10点まで   ...
2006年度「日本インターネット映画大賞」に投票しました【日本映画部門】 (物欲エントロピー)
あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。 さて、昨年に引き
今年観た映画ベストテン (minaの官能世界)
今年観た映画で、わたしの印象に残っているものをあげてみたいと思います。 第1位 ゲド戦記 これは、ジブリ帝国崩壊と言う意味で、物凄く印象に残りました。 栄枯盛衰は世の理とは言え、この作品の興行的な成功とは裏腹の作品の出来に対する不評は、目を覆うばかりで...
2006年日本映画 (パフィンの生態)
2006年は邦画で楽しめる作品が多かった。 ①フラガール(脚本、ダンス、配役全て☆☆) ②デスノート(前半、後半と楽しめた♪脚色よし♪) ③嫌われ松子の一生(斬新だが深い娯楽映画☆) ④花よりもなほ(軽妙にして心に残る♪) ⑤ゆれる(オダギリジョーと香川照...
2006総括マイベスト映画レビュー (オールマイティにコメンテート)
今年の映画鑑賞が終了したので年間60本鑑賞した映画の中から私が選ぶベスト映画、ワースト映画並びにベスト主演俳優&女優、助演俳優&女優、新人。TBベスト10を選びたいと思います。
06年映画のまとめ (再出発日記)
昨年劇場で見た映画は、韓国で見た二本を加えて96本でした。その中から、厳選してベスト20を選ぼうと思います。06年の映画興行は、久しぶりに邦画が洋画を追い抜いたらしい。実際ブロガーの中には「今年は邦画の豊作の年だ」という方も何人もいる。事実見るべき作品は何...
2006年★ベスト&ワースト映画 !! (我想一個人映画美的女人blog)
今年で9年目を迎えます(笑) migが選ぶ、年末の映画ランキング{/hikari_pink/}{/hikari_blue/} 今年も選んで観たのだけど、いつもよりも{/star/}8の作品多かった~ 10位まで8が占めちゃいました。次点もだけど。 {/cherry_red/}migのBESTは、面白さが一番の基準なので...
平気の平左的映画賞<2006> (平気の平左)
今年の映画のまとめ(しばらくTOPにおいておきます)
2006年度 マイ・ベストテン 日本映画篇 (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
2006年に観賞した日本映画34作品の中から、独断と偏見によるマイ・ベストテンおよび勝手に個人賞を発表します。 基本的には2006年度に初公開された作品で、かつ私が映画館で初めて観賞した作品を対象にしています。ただし長野県松本市を中心とした映画鑑賞を行...
戯言52:2006年洋画邦画トップ10 (シネマをぶった斬りっ!!)
2006年もあと少しで終わりですね~。ブログを毎日やっていると1週間がとても早く感じてしまうのですが、1年も相当な早さで経過したんだなと錯覚してしまうこの頃です。 個人的に今年も去年と同じく週末『だけ』は結構
今年の35作(2006年) (-☆ EL JARDIN SECRETO ☆-)
あと2日残っているものの、もう映画館へ行きそうもないので今年を総括します。35作というのはここ数年においては多い方で、これは良くも悪くもブログのネタづくりであったことは間違いありません。それでは、好みの順番に今年を振り返ってみることにします。1.「ユナイ...
2006年公開映画マイベスト!! by NUMB (NUMB)
恒例の2006年マイベストです。 劇場鑑賞・DVD鑑賞含め、2006年に劇場公開されていた作品の中から選びました。このランキングは2007年1月2日現在の順位です。 記事タイトルClickでブログの感想記事に飛びます。 ではまず洋
2006年 映画納め (カリスマ映画論)
どうも。『カリスマ映画論』の睦月です。早いっすね、今日で2006年も終りとなります。振り返れば個人的にも、ブログ的にも、世の中的にも・・・ホントにいろんなことがあった1年間でした。ご訪問くださった皆様、TB・コメントをくださった皆様。ホントにありがとうござ...
2006年面白かった映画マイベスト10 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
2006年見た映画(上映年が、2006年に限りません。あくまでも今年自分が見た映画なので、古い映画も含みますm(_ _)m の中で、面白かったもの選抜10個。
日本インターネット映画大賞投票 (小部屋日記)
2007年、あけましておめでとうございます! 今年もどうぞよろしくお願いいたします♪ {/hikari_pink/}  {/hikari_blue/}  {/hikari_pink/}  {/hikari_blue/}  {/hikari_pink/}  {/hikari_blue/}  {/hikari_pink/}  {/hikari_blue/}  {/hikari_pink/}  ...
◆遅まきながら、2007年最初の御挨拶です! (太陽がくれた季節)
~「2006年度新作公開映画ベスト20~ダーリン/Oh-Well篇」 ≪→直接飛ぶ!≫ こんにちは/こんばんは、ダーリン/Oh-Wellです。 いやはや…、正月休み(冬休み)が明けて、この年明け最初の週は5日だけ「仕事始め」で出社、翌日からは「成人の日(1月8日)」を...
2006年度勝手気ままにマイベストシネマ発表!! (ひるめし。)
今年一年間映画館で観た映画のまとめです。
2006年映画マイベスト5など (Rabiovsky計画)
みなさん、あけましておめでとうございます。 昨年は皆様のおかげでなんとかやってこれたという感じでしょうか。 2006年は幸せな一年だったでしょうか?私はどうなんだろうな~。 まっ来年は私にとってそしてみなさんにとって、いい年になることを 祈っております。 ...
とらねこのオレアカデミー賞 2006年 (レザボアCATs)
 そもそも私自身、賞レースというものに余り関心がない人間なんですよね。「この人が取れて、この人が取れないのは何でだろう?」なんて考えてしまうことが多くて。だったらいっそのこと、自分で賞を上げてしまいたい・・・と、言うわけで、設立しました。とらねこの...
☆日本インターネット映画大賞inブログ☆日本映画 (MoonDreamWorks)
☆ 明けましておめでとうございます☆ 本年もよろしくお願い致します!!☆ 今年も日本インターネット映画大賞inブログ投票のご依頼をいただきましたので投票させて頂きました。『日本映画用投票フォーマット』   外国映画投票はこちらです【作品賞】(5本以上10本....
第2回(2006年)シネマ停留所映画賞(1) (或る日の出来事)
自分のホームページの名前をとった、年度ごとに独断で選ぶ映画賞。略して「シネ停賞」。 …やっぱり、略さないほうがいいね。 2006年度も、まずは、ちゃんとした(?)賞を中心に発表! (c) 2006 BLACK DIAMOND
2006年 劇場鑑賞作品 マイベスト10発表! (UkiUkiれいんぼーデイ)
今日は大晦日ですねぇ~。 私は昨日まで仕事でして、今日さっきまで家の大掃除しておりました! 気になる所から順番に。。。魚焼き器の受け皿に付いた魚の油が!!! めっちゃくちゃ頑固汚れで参りました(ノヘ`;)ゞ そんなことは置いといて 私が今年一年間で劇場鑑...
06年下半期まとめ&マイベスト (B級パラダイス)
2006年もあと少しで終わってしまいますね。さてさて恒例?の下半期分まとめとマイベスト作品をつらつらと上げてみたいと思います~。
2006年 映画ベスト10 (the borderland )
多くの人がベスト10には入れるであろう、硫黄島2部作、「父親たちの星条旗」、「硫黄島からの手紙」は、日本人なら観て欲しい作品だし、映画自体も秀作だと思います。また映像なら「トゥモロー・ワールド」はダントツの凄さです。 しかし、個人的には、シリアスであ...
§2006年:マイベスト映画§ ②日本映画 (~青いそよ風が吹く街角~)
②日本映画の作品賞・特集上映・個別賞。
MY FAVORITE MOVIE 2006 vol.1 (ルールーのお気に入り)
やっぱりこれを終わらせないと今年が始まらないっ!「2006年を振り返る」シリーズ第2弾!映画編!!
2006年の映画を振り返る (メルブロ)
 あけましておめでとうございます。昨年はかなり不定期更新になってしまいましたが、それでも訪問して下さって、ありがとうございました。今年も適度によろしくお願いします。  それでは毎年恒例、今回で3回目となる昨年の映画ランキングを発表します。  2004年は...
2006年 映画ランキング (future world)
去年の話題を今頃ですが・・・ 鑑賞した映画は、素っ気無い文章ですが一応このブログにアップしてるので、 印象に残ったものだけも挙げてみたいと思います。 2006年に観た映画は50本、映が好きと言ってるわりにはかなり少ないです。。 そのうち邦画が14本、特に昨年...
2006年ベスト&ワースト (黒猫のうたた寝)
2006年年間鑑賞本数は158本でした。そのうち日本映画は60本くらい年間を通して、去年ほど爆睡しちゃう映画はなかったようですが^^;まぁ、相変わらず寝てますし、敵前逃亡もしちゃいましたし(笑)あくまでも、好き嫌いで選出しましたので、一般的な好みに合わ...
2006年映画大陸映画賞 (映画大陸)
 2006年の総決算、映画大陸映画賞の発表です!  今年観た映画はリバイバル上映作品も含めて123本!  上半期ベストを組んだ際に「120本を目指す」と書いたはずなのでとりあえず目標は達成できた事になります。自分におめでとう!  新聞記事にも掲載されていまし...
2006年 映画鑑賞の総括 (Addicted to the Movie and Reading!)
2006年に劇場(試写会含む)で新作を観たのは、111本! +飛行機内で新作を3本観ているので、合わせて114本。100本超えは初めてだ~ いやー我ながらよく観た。自宅で観たものも合わせるともうちょっといくだろうけど、数えたくない(笑)
2006年ベストムービー (It's a Wonderful Life)
いつもお世話になってる皆様、1年間ありがとうございました! 年末恒例年間ベストを今年も勝手に選びました。 まぁお遊びなんでお暇つぶしにどうぞ。 基準は「06年1月1日~12月31日に日本で公開された新作で 劇場公開またはビデオスルーのみ」の作品で自分が...
日本インターネット映画大賞2006 邦画(日本映画)部門投票 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
2006年度の日本インターネット映画大賞の投票が始まったことで、今年も投票しまっす! まずは、邦画(日本映画)部門から(⌒~⌒)
≪2006年総括≫ (caramelの映画日記)
2006年もあと2日です。早いですね。 ギリギリまで映画を観ようと思っていたので書くのが遅くなりましたが 今年の鑑賞本数は新作が80本、DVDが50本でした。 数字がピッタリなのは偶然です。 昨年と同じように点数は書かずに、良かった作品を順不同で書きます。 一...
2006年 映画ベスト10 (5125年映画の旅)
さぁそれでは、『5125年映画の旅 2006 年間ベスト10』を発表します。2006年№1の栄冠はどの作品に輝くのか。それでは第10位から発表です。 10.『ドラえもん のび太の恐竜2006』 近年増加している名作のリメイク。しかし大抵の作品は僕が生...
2006 Movies Best10 (宇宙のめいぐると)
昨年劇場で観た映画は33本。
2006年の映画・私のベスト いくつか・・・ (花たちばな日記)
朝日ベストテン映画祭の1位をみたところで、2006年の私のベスト6を・・・。(6って中途半端な・・・{/hiyo_en1/}) (邦画) 1位・フラガール 2位・かもめ食堂 3位・花よりもなほ 4位・博士の愛した数式 5位・ゆれる 6位・地下鉄に乗って 今年みた邦画って...
2006 BEST CINEMA (CINEMANIAX!)
昨年と同じく、邦画・洋画の区別はしていませーん。 1. 硫黄島からの手紙 ▼ 初詣は靖国神社。そういえば遊就館の展示が一部変わったらしいけど、チェック忘れてた。 特攻隊員の遺書と、独身で散華された英霊の御遺族奉納の花嫁人形はいつも涙でまともに見れませ...
2006年ひらりんアカデミー賞 発表編 (ひらりん的映画ブログ)
ゴールデン・グローブ賞も発表になったし・・ 本家アカデミー賞はノミネーションしたし・・・ そろそろ、ひらりんアカデミー賞も発表しようかなっっっ。
今年の映画 2006 (映画を観たよ)
2006年も無事終ろうとしています!
2006年下半期 ベスト作品 (とにかく、映画好きなもので。)
 今年もあと残すところ1日。そんな状況のオフィスからお届けします。  昨日も肝臓をかなり痛めてしまったのですが・・・今日も飲み会。あまり飲み過ぎないように用心しますが・・・  そんな中で、7月~12月の間に封切りされた作品のベストを選出してみたいと思い...
2006年を振り返って 【映画部門別ベスト】 (とにかく、映画好きなもので。)
 今年も残りあとわずか・・・  もう少しで2006年が終ってしまう寂しさもあると思いますが、時は流れるもので逆らうことは出来ませんね。  来年公開の作品も気になる所ですが、今年のランキングとは別に個人的な賞みたいなものを書いてみようと思います。  【...
2006年を振り返って! (映画観たよ(^^))
このろくでもないすばらしき2006年を振り返ってみました。(パクリです) #ジョーンズさんすまん。 まずは、ここ4,5年ちょっとずつ増えてきていたのだけれど、今年は邦画ががんばった。 かくいう私めも、今年は26本/48本と半数以上が邦画の鑑賞であったのだす...
2006年全映画&ベスト20&勝手にアカデミー賞 (ginpeichanの映画日記。)
こんにちは。 今日は12月30日。 本日から実家に帰る予定なので、映画鑑賞についてはこれで今年は打ち止め。 この一年間に観た映画をまとめておきたいと思います。 このblog、2004年の12月に書き始めたので、なにげに2周年を迎えていました。 長く続けられるといいな...
極私的ベスト10 日本映画篇 (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
回顧2006年。 先ずは日本映画から。 女性監督の活躍と、アニメーションの秀作が目立ちました。