京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

「ヒマワリ&アジサイ」/赤レンガ倉庫

2020-07-22 | 川崎・横浜・横須賀

「ヒマワリ&アジサイ」/赤レンガ倉庫

【2020/7/11撮影】

 
かみさんの買物に付き合って、赤レンガ倉庫まで
ちょうどその前にある新港中央公園では、
夏のヒマワリたちがお出迎え~

   

   

アジサイも少しだけ残っていました
梅雨から初夏へ、バトンタッチですね

  

   

アガパンサスと、このピンクの花はなんでしょう(笑)

ナビオス横浜前

コメント (4)

「岩崎博物館(ゲーテ座記念)」

2020-05-14 | 川崎・横浜・横須賀

「岩崎博物館(ゲーテ座記念)」

【2020/5/9撮影】


外人墓地を右手に見て、海の見える丘公園方向に歩くと、
公園のすぐそばにこの岩崎博物館があります
フランス人建築家が設計した洋館、趣きがあります。
今は閉館中ですが、建物の周りに咲いたバラが素敵でした

  

   

   

その昔、ここで川村結花さんのライヴを聴いたことがありました~
あのSMAPの「夜空ノムコウ」の作曲者(詩はスガシカオ)です
その時の記事  
川村結花ライヴ/2006

   

コメント (2)

道すがらの可愛いバラ

2020-05-11 | 川崎・横浜・横須賀

道すがらの可愛いバラ

【2020/5/8撮影】


公共の有料公園や植物園はコロナウイルスの影響で閉園中だけど、
何気なく歩いている道すがらにも素敵なバラが
少し朝露に濡れて、朝陽を浴びて光っていました~
サイズダウンしているのでよくわからないかもしれませんが、
とても可愛いバラでしたよ~


昨年亡くなった父。 ・・・生きていれば今日で87歳でした。

合 掌

コメント (6)

「八重桜」/二ヶ領用水2020

2020-04-21 | 川崎・横浜・横須賀

「八重桜」/二ヶ領用水2020

【2020/4/7撮影】


TOPの写真はインスタにもアップしたのですが、
「さあ~輪になって踊ろ~」って感じで(笑)
優しく淡い八重桜ですね

  

こちらは王道の濃い八重桜
なんか美味しそうですよね(笑)

コメント (2)

「桜」/二ヶ領用水

2020-04-13 | 川崎・横浜・横須賀

「桜」/二ヶ領用水

【2020/4/2撮影】


目黒川沿いのようなビューではないですが
ここもなかなかを愛でるにはいいスポットです
見上げれば高層マンションが林立しはじめ、
交通の便もかなり良い武蔵小杉周辺。

   

そもそも多摩川を水源とした農業用水路「二ヶ領用水」。
江戸時代の「稲毛領」・「川崎領」にまたがることから、
「二ヶ領」と呼ばれているそうです。

暖かさに誘われ、花見は家族連れでいっぱい~

  

花見の散歩には十分なスポットです

  

コメント

「スカイダッグ」/みなとみらい

2019-12-04 | 川崎・横浜・横須賀

「スカイダッグ」/みなとみらい

【2019/11/16撮影】 

 
え~、生まれて初めて水陸両用バスに乗車しました
以前から、みなとみらいでも運行していて、
よく見かけては乗りたいと思っていたのですが、
この日、天気も良かったのでチャレンジして来ました
約50分の乗車で3,500円はちと高いですが
一度は経験してみたかったので 

  

今回乗車したコースは陸上は少なく、海上が長いもの。
感動したのは、ちょうど停泊中の「飛鳥Ⅱ」の、
すぐそばまで近づけたこと

  

おまけに錨を掃除している所も偶然見ることができました
普段見られない海上からのみなとみらいの風景も格別でした~

   

上陸するときはミストでお出迎え

   

コメント

「横浜ハンマーヘッド」/みなとみらい

2019-11-30 | 川崎・横浜・横須賀

「横浜ハンマーヘッド」/みなとみらい

【2019/11/9撮影】


出来立てほやほやの横浜ハンマーヘッドに行って来ました
客船ターミナル施設を中心に、1・2階に神奈川県初出店の店を含め、
25店舗が入店している商業施設です
そもそも「ハンマーヘッド」という名称は、
イギリス製の「ハンマーヘッドクレーン」が設置されたことに由来 

   

このとき気が付いたのですが、インターコンチネンタルホテルの
最上部にはこんな方が居たんですね(笑)
 飲食店街の情報はHPで  横浜ハンマーヘッド

2階にあるハンマーヘッドテラスからは、今までと違った
みなとみらいの景色が眺められます 

  

「Kurumicco Factory」のクルミッ子をお土産に~
小粒で少々高いですが、メッチャ美味しかったです

    

コメント (4)

tvkハウジングプラザ横浜

2019-09-18 | 川崎・横浜・横須賀

tvkハウジングプラザ横浜

【2019/9/14撮影】

 
横浜イングリッシュガーデンへ行くには、
この住宅展示場を通って行くのですが、
入口付近ではムーミンがお出迎えしてくれていました。
こんな風にティータイムできればいいなぁ~

  

別の展示場脇にはクレーン型のバルーンが
家族連れが多いからの策でしょうね

コメント

「川崎大師」/初詣2018

2018-01-04 | 川崎・横浜・横須賀

「川崎大師」/初詣2018

【2018/1/3撮影】


昨年同様、正月3日、川崎大師に初詣に行って来ました
快晴でしたが、お正月にしては珍しく風が強く、寒かったです
そのせいなのか、比較的空いていましたよ
今年も「家内安全」を祈願してお参りを

   

聖徳太子堂と名物のだるま提灯。

  

釈尊像と八角五重塔。金ピカでご利益ありそう~

  

つるの池に架かるやすらぎ橋、やすらぎの鐘 

釈迦の涅槃像(ステンドグラス)

コメント (2)

「馬の背洞門」/城ケ島(2017初夏)

2017-06-08 | 川崎・横浜・横須賀

「馬の背洞門」/城ケ島(2017初夏)

【2017/6/3撮影】


みさきまぐろきっぷ」を利用して再び城ケ島へ
前回訪れた時に行き忘れた「馬の背洞門」を見に
コースは山側・海側の2コースで、僕たち夫婦は海側を選択。
ゴツゴツした岩場で歩き辛かったですが、約30分程度の海辺の散歩(笑)

  

馬の背洞門は海蝕洞穴で、波が岸壁を長い時間をかけて侵食して
作り出した穴のことです。 その名の由来は、海蝕洞穴の真上の道が
馬の背(真ん中の写真でわかるかな)のように見えることからだそうです

   

この日は乾いた風が吹いていたので凌ぎやすかったです。
富士山の雄姿は微かに見える程度でした

   

帰りは山側を通りましたが、まるでトトロが出てきそうな道でしたよ(笑)

  

所々にアジサイの花も

  

コメント

「全国都市緑化よこはまフェア」/みなとみらい

2017-04-25 | 川崎・横浜・横須賀

「全国都市緑化よこはまフェア」/みなとみらい

【2017/4/16撮影】

 
横浜公園~日本大通り、象の鼻パーク~赤レンガ倉庫と散歩。
全国都市緑化よこはまフェア」の会場は万全の春でした(笑) 

  

それぞれの会場で様々な趣向を凝らして、
訪れた人々の目を楽しませてくれましたよ~

   

   

  

   

春はやっぱり花の宝庫ですね~

  

  

ネモフィラの青、いつ見てもキレイですね~

  

真ん中は「オステオスペルマム」のスプーン咲きだそうです
教えていただきましたが、舌を噛みそうです(笑)

ちょうど飛鳥Ⅱが停泊していました

コメント (4)

「みさきまぐろ切符」第二弾

2017-03-15 | 川崎・横浜・横須賀

「みさきまぐろ切符」第二弾 

 

 【2017/3/10撮影】


先日、このにじいろさかな号に乗ってみたかったのですが、
生憎の強風の為、早々に出航中止で、仕方なく油壺に行先変更

 「みさきまぐろきっぷ」/三崎・油壺(2017早春)

 なので、今回リベンジ 朝11時の出航にギリで間に合いました 
京急蒲田駅と三先口駅で2度と出航するか確認(笑)

   

青い空と青い海 気分上々でございました(笑) 

  

この風力発電機、一機1億円だとか

   

少し沖に出ても、ポイントでは水深6m程度。
魚はまだ眠っていたようで、集まりは悪かったですが(笑)、
主に小さなフグが多かったです。

  

カモメもすっかり餌付けに慣れているようで(笑)

磯料理 かねあ

食事券で¥2,160の料理が食べられました~
サザエの刺身をサービスで付けてくれました

  

この岩礁、ゴジラの背中に見えませんか(笑)

城ヶ島灯台

  

コメント

「エリスマン邸・山手234館」/横浜山手

2017-01-25 | 川崎・横浜・横須賀

「エリスマン邸・山手234館」/横浜山手

【2017/1/17撮影】

スイスのフリッツ・エリスマン氏の邸宅で、設計は「近代建築の父」と
いわれるチェコ出身の建築家アントニン・レーモンド。
軒の水平線を強調した木造モダニズム的要素を持っています。
一旦は解体されたが、1990年に元町公園内の現在地に再現されました。
この日は邸内でボランティアによるピアノ演奏がもわれていました~

   

  

   

昔の厨房部分は喫茶室として、地下ホールは貸しスペースとして利用されています。
この日は「工藤康雄写真展」が開催されていました。
その中の1枚に影響されて、撮りに行ったのがこの写真です。

 

山手234館

1927年頃に外国人向けのアパートメントハウスとして建てられた。
設計者は朝香吉蔵。 昭和50年代頃までアパートメントとして使用されていたが、
1989年に横浜市が歴史的景観の保全を目的に取得し、1999年から一般公開。

   

  

  

   

左は横浜地方気象台(中は一部見学可能)。
右は外人墓地辺りから見えた富士山のアップ。

  

コメント

「ベーリック・ホール」/横浜山手

2017-01-24 | 川崎・横浜・横須賀

「ベーリック・ホール」/横浜山手

【2017/1/17撮影】

英国人貿易商B.R.ベリック氏の邸宅として、1930年にJ.H.モーガンの設計に
より建築され、現存する戦前の山手外国人住宅の中では最大規模の建物。
当時の様々な建築技法を取り入れた、建築学的に貴重で価値のある建物です。
現在は「結婚式場」としても利用されています。

   

アーチ型の窓や、照明等は魅力ありますね~

  

  

外国人は日本人と違い、人を招くことが好きだったんでしょうね~

   

   

壁の色や、珍しい形をした窓はやはり欧米人感覚なのでしょう

  

コメント

「ブラフ18番館/外交官の家」/横浜山手

2017-01-23 | 川崎・横浜・横須賀

「ブラフ18番館/外交官の家」/横浜山手

 【2017/1/17撮影】


何年か前に訪れたことのある横浜山手の異人館。
神戸の異人館とは一味趣きが違います。
このブラフ18番館は関東大震災後に建てられた
豪州貿易商バウデン氏の住宅で、建物は木造2階建。
当時元町で製作されていた横浜家具を修復して展示され、
付属棟では、ギャラリーとして展示会等に利用されています。

   

  

  

ベーリック・ホールもそうでしたが、照明が面白いですね

   

外交官の家は改装中でしたが、庭から見える富士山は最高でした

   

コメント