京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『死刑にいたる病』

2022-05-23 | 邦画


□作品オフィシャルサイト 「死刑にいたる病

□監督 白石和彌
□原作 櫛木理宇
□脚本 高田亮
□キャスト 阿部サダヲ、岡田健史、岩田剛典、宮崎優

■鑑賞日 5月14日(土)
■劇 場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

原作は未読。
連続殺人事件の犯人を中心とした、彼に関わる全ての人間の
変わりゆく心理描写が秀逸な作品だった。
犯人の独特な殺人方法についてはのかなりエグいものがあるが、
犯人犯・榛村(阿部サダヲ)と大学生・雅也(岡田健史)。
二人の面会室のガラス一枚隔てた個室の中での、
榛村が雅也をマインドコントロールしていく過程と、
9件目の殺人の真相を追う謎解き。
この手の作品は客席で観ている側も雅也と同じ真相を追って、
おのずと映画に引き込まれて、さも自分が刑事になった気分。
阿部サダヲの利口な且つ残虐な犯人役の演技の上手さと、
巧みで静かな言葉のゲーム。
真相を求めて榛村の言われるままに動いているうちに、
最初は暗い無表情だった雅也役の岡田健史が、
深く入り込んで行く過程でその表情が全く変わっていく。
この二人のそれぞれの役の上手さが伝わって来た。
ただ、岩田剛典はこれ事務所的にOKなの(笑)?
結論に迫るとネタバレになるので話は出来ないが、
後味がいいかと言えばそうではないと言っておきたい。

 余談ですが・・・
  観ている途中で、あの『羊たちの沈黙』の
  ハンニバル・レクターがちょっと脳裏を掠めた。
  アンソニー・ホプキンスとは比較にはならないが。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『劇場版 ラジエーションハウス』

2022-05-10 | 邦画

□作品オフィシャルサイト 「劇場版 ラジエーションハウス
□監督 鈴木雅之
□脚本 大北はるか
□原作 横幕智裕、モリタイシ
□キャスト 窪田正孝、本田翼、遠藤憲一、広瀬アリス、浜野謙太、和久井映見
      丸山智己、矢野聖人、鈴木伸之、八嶋智人、高嶋政宏、浅野和之

■鑑賞日 4月29日(金)
■劇 場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

テレビドラマ「ラジエーションハウス」の劇場版。
テレビで放映時は欠かさず見ていたドラマでした。
映画ということで多少離島が舞台に加わり、枠が大きくなっていたけれど、

ストーリー展開的にはテレビ版とあまり新しい展開はなかったような。
ま、注目は五十嵐と杏の恋の行方・・・ぐらいかな(笑)
下手したらDr.コトーが登場する勢いも(同じフジテレビなんで)

意外に良かったと感じたのは山崎育三郎の演技かな(笑)
サブのキムラ緑子も渋かった。
終盤の展開でのエンケンと高橋克実の流れはグッド・ジョブ
まあGW初日で天気も良くなかったので、お茶の間気分の映画でした

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『とんび』

2022-04-21 | 邦画


□作品オフィシャルサイト 「とんび」 
□監督 瀬々敬久
□脚本 港 岳彦
□原作 重松 清
□キャスト 阿部 寛、北村匠海、薬師丸ひろ子、杏、安田 顕、
       麻生久美子、麿 赤兒、浜田 岳、大島優子

■鑑賞日 4月10日(日)
■劇 場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

重松さんの小説は好きでのよく読んでいたけれど、これは未読だった。

そして瀬々監督の前作『護られなかった者たちへ』は最高の映画だった
その映画では阿部ちゃん佐藤 健クン、今回は阿部ちゃん今回は北村匠海クン。

やっぱ阿部ちゃんっていいなぁ~
決して俳優として決して上手いって感じではないのだけど、
人間味溢れるその演技は、ある意味役所広司と同じ位の力量だと思う。

本当の母の死の原因を知らないで育ったアキラ。
周囲の人たちは温かく彼を自分の子供のように愛情を与える。

アキラは立派に成長し、周囲は「とんびが鷹を生んだ」と。
父親ヤスは最後の最後まで母の死の真相を語らないが・・・。

母の愛を知らないアキラ。父の愛情、アキラを取り巻く人々の愛情、

様々な温かい手はアキラの人間形成の上で大きな力となり、
この映画の核心に迫っていく。

久しぶりに途中から涙が止まらなかった。久しぶりに泣いたかなぁ。

ちょっと違和感はアキラ演じる北村匠海クンの中学生時代の坊主ヅラ(笑)
そして結婚相手に選んだ杏チャン。杏チャン、デカすぎ(笑)
薬師丸ひろ子、年輪を重ねて今ではいいバイプレーヤーになったなぁと感心。
劇中、阿部ちゃんのテルマエ・ロマエも見え隠れしたりして(笑)

 ハンドタオル、用意して観てね

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『KAPPEI カッペイ』

2022-04-08 | 邦画


□作品オフィシャルサイト 「KAPPEI カッペイ
□監督 平野隆
□脚本 徳永友一
□原作 若杉公徳
□キャスト 伊藤英明、上白石萌歌、西畑大吾、大貫勇輔、
      山本耕史、小澤征悦、古田新太


■鑑賞日 3月27日(日)
■劇 場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

「ノストラダムスの大予言」を信じ、人里離れた地で修行に明け暮れていた男たち。
世界が滅亡する気配はなく、解散された「終末の戦士」たちが大都会東京へ。
右も左もわからぬ大都会で、目にするものすべたが衝撃で、しかも今まで
経験のなかった人生初の恋に落ちる。

のっけから、ソフトタイプの『翔んで埼玉』っぽいなぁと感じていたら、
実は脚本家(徳永友一)が一緒だった(笑)
この日、久しぶりに2本連続で映画を観たわけだが、1本目が『余命10年』だったので、
そこのギャップからもメッチャ笑える映画だった。
馬鹿馬鹿しいんだけど、飽きないで最後まで観れるって感じの内容。
タイムスリップほどの時代ギャップではなく、まあ昭和と平成(令和)の
ジェネレーション・ギャップみたいな(笑)
コロナ禍で大笑いできないまでも小(中)笑い満載のこの映画、
リラックス、気分転換にはおススメでございます。

そうそう、小澤征悦。事前に8か月もかけて体をバキバキに仕上げてきたものの、
クランクインしたら、何とバキバキに出来上がった衣装を付けることになったらしい(笑)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『余命10年』

2022-04-07 | 邦画

□作品オフィシャルサイト 「余命10年
□監督 藤井道人
□脚本 岡田惠和、渡邉真子
□原作 小坂流加
□キャスト 小松菜奈、坂口健太郎、山田裕貴、奈緒

■鑑賞日 3月27日(日)
■劇 場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

原作は未読。
岡田惠和さんの脚本だから観てみた。

数万人に1人という不治の病に冒され余命10年を宣告された女性と、
同窓会で再開した男性の試行錯誤の恋愛模様を描くストーリー。
この映画の前にTVで1000万人に1人という難病と闘く人生を
観た後だったので、原作はどうだったかわからないが、正直、
感情移入が出来るほどのものではなかった。
シネコンには若い男女が多かったけど、エンディング近くなっても、
水を打ったような静けさ。
言いたいことはわかるのだけど、感動を呼ぶほどのものではなかった。
互いが相手のために想う愛情は、期限付きの恋愛であるがゆえに、
もう少し深いものだとそこを徹底表現してほしかった。
でも、
これ、脚色のない原作をいつか読んでみたい。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『ウェディング・ハイ』

2022-03-27 | 邦画

 

□作品オフィシャルサイト 「ウェディング・ハイ
□監督 大九明子
□脚本 バカリズム
□キャスト 篠原涼子、中村倫也、関水渚、岩田剛典、向井理

■鑑賞日 3月13日(日)
■劇 場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

とあるカップルの結婚式でのドタバタ喜劇。
篠原涼子は久々のスクリーン登場かもしれないけど、
この手の喜劇はあまり向いていないかもしれないなぁ。
陰がある役の方が似合っていると思う。
今日も嫌がらせ弁当』の篠原は良かったのになぁ。

むしろ岩チャン、これ事務所OKなん(笑)?
同じく、向井理もこんなんでええのん(笑)?

バカリズムの脚本と篠原涼子主演だから、少しは期待していたけど、
茶の間の炬燵でうつらうつらしながら観ているB級TVドラマみたいで。
いっそのこと、バカリズムが監督すれば良かったのに。
バカリズムの世界観(お笑いにおける)が大九監督には描けてなかったなぁ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『ちょっと思い出しただけ』

2022-03-07 | 邦画

 

□作品オフィシャルサイト 「ちょっと思い出しただけ
□監督・脚本 松居大悟
□キャスト 池松壮亮、伊藤沙莉、河合優実、大関れいか

■鑑賞日 2月25日(金)
■劇 場 109シネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★☆ (5★満点、☆は0.5)

<感想>

ここのところ、お気に入りの伊藤沙莉が主演なので興味あって観たけれど、
誰にだってある一つの恋愛の形を「ちょっと思い出しただけ」で、
特に変化のない主人公二人の恋愛絵図を垣間見るだけ。
せっかくタクシードライバーを生業とする設定ならば、
自分たちの恋愛だけではなく、様々なタクシー客の人生機微を描き出した方が
面白かったのではと思ってしまう。
池松壮亮も嫌いな役者ではないけど、何か彼には不変の色があって、
やはり映画のトーンと彼のトーンに好き嫌いは出てしまうかな(笑)
友人のタクシードライバーの客話はとんでもなく面白かったのに。
ジム・ジャームッシュ監督の『ナイト・オン・ザ・プラネット』に
ヒントを得たと言うがそれがホントに活かされてたのかなぁ・・・。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『大怪獣のあとしまつ』

2022-02-16 | 邦画

 

□作品オフィシャルサイト 「大怪獣のあとしまつ
□監督・脚本 三木聡
□キャスト 山田涼介、土屋太鳳、濱田岳、眞島秀和
      オダギリジョー、西田敏行

■鑑賞日 2月6日(日)
■劇 場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

久しぶりの「金返せ!」映画
あまりにもふざけすぎていて「何なんこれ?」って
転々』が好きだった三木監督、一体どうしたの

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『前科者』

2022-02-12 | 邦画

 

□作品オフィシャルサイト 「前科者
□監督・脚本 岸善幸
□原作 香川まさひと、月島冬二
□キャスト 有村架純、森田剛、磯村勇斗、若葉竜也、マキタスポーツ、
      リリー・フランキー、木村多江
■鑑賞日 1月31日(月)
■劇 場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

更生生活を送る前科者とコンビニでバイトしながら保護司している女性。
ただ、社会復帰するには色んな困難が待ち受ける。
しかしながら、いくら前科者を信じていても、予期せぬ事件から、
真面目に生活して移転も、再び追われることになることもある。
人を助けるための土台になっているのは、自身の語れない過去。
ある意味、同様の過去を背負いつつ、互いに模索しながら日々を送る。
その過去に触れながら、事件の謎解きがされていくのだが、
やはり前科者をよしとせず、受け入れることを拒絶する社会があり、
階段を踏み外した人生は上には登れない。

森田剛の演技は初めて観た気がするが、ま、上手くも下手でもない感じ。
有村架純もどこか陰のある役が合う感じ。
観なくても良かったかなあの映画だった・・・。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『ノイズ』

2022-02-10 | 邦画

 

□作品オフィシャルサイト 「ノイズ
□監督 廣木隆一
□脚本 片岡翔
□原作 筒井哲也
□キャスト 藤原竜也、松山ケンイチ、神木隆之介、黒木華、永瀬正敏

■鑑賞日 1月29日(日)
■劇 場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

過疎化に悩む孤島で起きた殺人事件。
黒イチジクの生産が評価され、島に地方創生推進特別交付金5億円の支給が。
今までの島の平穏な日常が事件により一変してしまう。

誰が殺人事件の犯人なのか・・・。これを巡って様々な展開を見せる人間関係。
観ている側が、そのストーリー展開と人間心理を描き出していく。
犯人が誰かはネタバレになるので言えないが、最終的に事の起こりの発端と、
隠蔽工作を図る過程で犯人は絞られていく。
キーになって来るのはやはり町長(余貴美子)かな。
刑事役の永瀬正敏が介入してきたことで、何となくトーンが暗くなってくるが、
無茶な独断操作で少しずつ事件と関わる人間の綻びが露呈してくる。
そして、後半になってくると主役の藤原竜也の蜷川劇場が展開されてくる。
事件にかかわらず、根底にあるのは幼いころからの「妬み」かもしれない。
って言うと誰が犯人かわかってしまうかも(笑)

殺人事件なので重い部分が多々あるが、テンポはそこそこあったので、
全体的には面白い作品になっていた。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『中島みゆき 劇場版 ライヴ・ヒストリー 2007-2016 歌旅~縁会~一会』

2022-02-04 | 邦画

 

□作品オフィシャルサイト 「中島みゆき 劇場版 ライヴ・ヒストリー 2007-2016 歌旅~縁会~一会

■鑑賞日 1月25日(火)
■劇 場 109シネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

「夜会」には一度行ってみたいとは思っていたけれど、
なかなかこれはプラチナチケットで難しかったです
この作品は、中島みゆきが2007~2016年まで開催した模様を収録し、
「中島みゆき 劇場版」シリーズとして劇場公開された
つのライヴ作品から厳選された15曲を再編集した総集編。
意外にビックリだったのは、客席がほぼ男性ばかりで(笑)

<セットリスト>
 「歌旅劇場版」(2007年公開)
  ・糸
  ・宙船(そらふね)
  ・ファイト!
  ・誕生

  ・地上の星
 「縁会2012~3 劇場版」(2015年公開)
  ・空と君のあいだに
  ・時代

  ・倒木者の敗者復活戦
  ・世情
  ・ヘッドライト・テールライト

 「一会(いちえ)2015~2016 劇場版」(2017年公開)
  ・旅人のうた
  ・命の別名

  ・浅い眠り
  ・麦の唄
  ・ジョークにしないか

やはりライヴには行けなかったものの、その臨場感は十分に楽しめました
編集も彼女の歌だけに集約して、とても集中できましたよ。
改めて彼女が作る楽曲の力強さとメッセージを感じた次第。
歌だけの構成だったが、「人間・中島みゆき」を垣間見ることが出来ました

コロナ禍の中でなかなかライヴにも行けないので、
こういう形でシネコンで楽しめるのはホント嬉しい~

 『souvenir the movie ~MARIYA TAKEUCHI Theater Live~』

 『山下達郎シアター・ライヴ/PERFORMANCE 1984-2012』

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『さがす』

2022-02-01 | 邦画

 

□作品オフィシャルサイト 「さがす
□監督 片山慎三
□脚本 片山慎三、小寺和久、高田亮
□キャスト 佐藤二朗、伊東蒼、清水尋也、森田望智

■鑑賞日 1月23日(日)
■劇 場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

さがす・・・。

姿を消した父親捜し。
その背景に、
父を捜す娘・楓、指名手配中の連続殺人犯。
必死で父を探す娘の日常を掘り下げていくかと思いきや、
謎解きのようにフィードバックされていく、父と在りし日の母、
そして指名手配犯やそれにかかわる各々の過去と現実。
生活苦が故のたった300万獲得のための逃避逃走。
知らない島での殺人ゲームに、なんで簡単に警察は処理できるのか?
なんか所々に甘い詰め。
注目していた佐藤二朗と伊東蒼。ちょっと期待ハズレ。
蒼チャン、どうしてこんなに暗い映画が多いのかなぁ(笑)
空白』でもそうだったけど。
ボクの好きなのは『湯を沸かすほどの熱い愛』。
笑顔の彼女の映画が観たい。
二朗さん、この役のチャレンジ、ダメだったかも(笑)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『コンフィデンスマンJP 英雄編』

2022-01-25 | 邦画

 

□作品オフィシャルサイト 「コンフィデンスマンJP 英雄編
□監督 田中亮
□脚本 古沢良太
□キャスト 長澤まさみ、東出昌大、小日向文世、小手伸也、松重豊、
      瀬戸康史、真木よう子、城田優、生田絵梨花、角野卓造

■鑑賞日 1月16日(日)
■劇 場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

相変わらずの騙し騙され、アップテンポのドタバタ劇(笑)
いつものダー子は元気もりもり。そのダー子を演じた長澤まさみも
回を追うごとにキレッキレの演技でいい感じ。
ここでもやはりリチャードを演じる小日向文世さんが、
きっちりこの映画を締めていたなぁ
瀬戸康史クンもなかなか柔軟な演技で。
ボクちゃんを演じる東出昌大の出演は続編だからしゃーないか(笑)

ま、全体的には前作『コンフィデンスマンJP プリンセス編』同様に
テンポある騙し騙され展開で、随所に小笑い満載で、愉快そのものだった
奪い合う古代ギリシャ彫刻「踊るビーナス」の価値に、
あまり重みは感じなかったけど、©ダー子には大笑い
「ツチノコ」→→→「ミミズ」かぁ・・・。
エンディング後のアレは次回作へのステップかな(笑)

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『決戦は日曜日』

2022-01-15 | 邦画

 

□作品オフィシャルサイト 「決戦は日曜日
□監督・脚本 坂下雄一郎
□キャスト 窪田正孝、宮沢りえ、赤楚衛二、内田慈

■鑑賞日 1月10日(月)
■劇 場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

結論から言うと、予告編を観て面白そうだと思ったがイマイチ。
特に窪田クンや宮沢りえチャンの役者としてのいいところが出せていない。
議員の娘とはいえそこは素人。その素人が選挙に出て奔走するまでの顛末。
もっとドタバタ喜劇で良かったものを、なんだか中途半端な話で
終わってしまっている。これはやはり脚本のせいだなぁ。
後援会の連中にも少しメジャーな脇役をセッティングすべき。
ただの年寄りが集まって芯が無い。
選挙事務所の連中の中にももう少し核になる人間が居ても良かったのでは。
全体的に小笑いはあったけど、全てが中途半端。
TVドラマでも少し肉付けした方がいい作品かも。
スッキリしないモヤモヤ感だけ残った作品だった。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『 99.9 刑事専門弁護士 THE MOVIE』

2022-01-04 | 邦画

 

□作品オフィシャルサイト 「99.9 刑事専門弁護士 THE MOVIE
□監督 木村ひさし
□脚本 三浦駿斗
□キャスト 松本潤、香川照之、杉咲花、西島秀俊、片桐仁、榮倉奈々

■鑑賞日 12月31日(金)

■劇 場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

年末ギリの公開だったけど、大晦日に観て来ました。
TVのノリ同様、深山先生役の松潤のダジャレと佐田所長役の香川照之との絡み。
さらに杉咲花チャンの新人弁護士・河野穂乃果が加わり、さらに展開が面白く、
最後まで小笑いし通しでした。
ストーリーのオチは少し暗く悲しい結果だったけど、やっぱTVのように、
最後は悪徳代官を斬る展開がよかったなぁ。

思えば、片桐仁は最近よくTVに出演しているけど、
きっかけはやっぱこのドラマで、今はメジャーになったんだなぁ。
嬉しかったのは最後に榮倉奈々チャンがしっかり出ていたし、
木村文乃チャンも出てきた。

そしてやはり西島秀俊が出ていることで厚みが出ていたことも確か。
辞意を表明した鶴瓶のニヤケ顔が、次の新たな展開を呼ぶかもしれないなぁ(笑)

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする