茶陶遊人の部屋

日々の日記と、お茶と地元の歴史等を発信していきます。最近はk-popにはまっている韓国好遊人です。

紅葉も最盛期・・日本の秋は最高、清少納言も絶賛。!!

2018年11月18日 | Weblog

「秋は夕暮れ、夕日のさして山の端いと近うなりたるに、カラスの、ねどこに行くとて、三つ、四つ、二つ、なると、飛び急ぐさへ、あわれなり・・」

と清少納言は「枕草子」に書いていますが、我がヤンGも一年を通じて、秋が一番好きな季節ですね。秋は恋の季節でもありますね。

「このころの秋の朝明に霧陰り妻呼ぶ鹿の声のさやけさ」作者未詳・万葉集

秋、鹿は恋の相手を求めて鳴きかわす。人はその切ない声に人の恋を重ね、数々の歌を詠んでいます。本当に、日本の秋の風情は素晴らしい。

 

コメント

「カメ止め!」全感染者全国に蔓延中!!ご注意あれ?

2018年11月17日 | Weblog

映画「カメラを止めるな!」特報

昨夜のテレビTBSの「金つま」番組で我がヤンGは偶然に新しい発見をしました。今年の流行語大賞にノミネートされてる「カメ止!」なる語源の意味が、わかりました。映画「カメラを止めるな!」のことでした。この映画を脚本・監督した上田慎一郎(35歳)の生い立ちから現在に至る波乱万丈の生き方と母親の温かな愛情の物語だけでも感動ものでした。それが、この映画一本で一躍「カメ止め!」なる感染者を全国に蔓延してしまいました。

「笑った、グッときた、感動した!とてもアニメじゃ作れない」 

「人間への愛、仕事への愛、そして何よりも映画への愛」

「映画的文法を破壊した、オリジナリテイの充実」

「見事に笑いに昇華させる、笑うしかないに変えて見せる」

などなど業界より賛辞の声があがりっぱなしの状況は凄い!!

上田監督と母親との愛に包まれたゾンビ映画ではないでしょうか。

 

 

コメント

MISIA、最優秀歌唱賞、平成最後のレコ大で初の栄誉。!!

2018年11月16日 | Weblog

MISIA - 「アイノカタチfeat.HIDE(GReeeeN)」 MV Lyric ver.

第60回日本レコード大賞のノミネートの名が15日発表されました。そのなかでも最優秀歌唱賞には断トツにMISIAの「アイノカタチ・・」が決まりました。 深みを増した伸びやかな歌声を響かせるMISIA独特のミディアムテンポのバラード曲で、TBSドラマ「義母と娘のブルース」の主題歌として、ドラマと共にヒットし、平成時代のドラマの歴史に残る人気ドラマとして、この曲もMISIAの名と共に後世に名を刻むことでしょう。 MISIAも今年の紅白にも出場し、2夜連続でフアンを喜ばせることでしょう。

コメント

今、最も旬な個性派女優、趣里 に今後目が離せないぞ~!!

2018年11月15日 | Weblog

趣里にインタビュー 『クールから激しいキャラを熱演』 演技派女優の素顔とは!?

一度、この女優さんに逢ったら、その個性的な面影に印象がのこるでしょう。今、最高に売れてる女優さんですね。 映画、ドラマ、にと活躍され、演技派女優として成長しています。我がヤンGが初めて見たのが、小田急電鉄のCMでした。3人の女子高生役で、駅での別れのシーンでしたが、その個性的なマスクに印象が残り、その後、ドラマ「ブラックペイン」での二宮和也とコンビの看護師役の熱演が、好評でした。現在もドラマ「僕とシッポと神楽坂」で相葉雅紀とのコンビで神楽坂の芸者役で活躍中で、女優としての成長が楽しみです。なんと、水谷豊と伊藤蘭さんを両親に持つ趣里さんですから、純粋のサラブレットですね。

コメント

今年の「紅白歌合戦」出場メンバー決まったが・・・「刀剣乱舞」とは?

2018年11月14日 | Weblog

【ダイジェスト映像】舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰

平成最後の「NHK紅白歌合戦」に出場する歌手が発表されました。Σ(・□・;)紅組、白組のメンバーを観て・・・正直言って期待外れでした。

例年のことですが、やはり歌謡界もそれぞれの事情があるようで、NHKさんも、視聴者の思うような人選ができないようですね。 本当に歌を聴かせる実力歌手が少なく、この内容の歌手?ではタイトルの「歌合戦」にはならないようで、いっそバラエテイ番組にしたほうがよさそうな気がするのは我がヤンGだけでしょうか。 「刀剣乱舞?」ナンテわかりません。

残念な不出場者がこんなにも・・・市川由紀乃、杜このみ、高橋真理子、

竹島宏、福田こうへい、「ブラザー」の北山たけし、大江裕、など歌の上手さ抜群の若手が出ないのは何故だろうか 本当に残念だ~ 

コメント

「オータ二サ~ン!」新人王受賞🎊 最高!!🎊

2018年11月13日 | Weblog

【PV 】 大谷からohtaniへ! 大谷翔平新人王受賞!2018年 Shohei Ohtani clip

エンゼルスの大谷翔平選手が、12日アメリカン・リーグの最優秀新人(新人王)に選ばれました。 日本人選手では、野茂英雄投手(1995年)佐々木主浩投手(2000年)・イチロー外野手(2001年)以来17年振り4人目の快挙です。 特に注目されるのは、投・打二刀流の選手では史上初の受賞です。 あのベーブ・ルースも達成できなかった「15本塁打、50奪三振以上の記録を達成しての受賞はメジャー史上に燦然と残ることになります。 「オータニサ~ン オメデトウ

 

 

コメント

渡辺直美、中国の紅白歌合戦に日本人として初出場を。!!

2018年11月12日 | Weblog

【精选】渡边直美《Crazy in Love》 《双十一狂欢晚会》一年一度狂欢夜 炸起来!!【东方卫视官方高清】

人気お笑いタレントの渡辺直美が11日、中国最大の歌の祭典、アリババグループ主催の「天猫双11狂歓夜」に生出演しました。中国版「紅白歌合戦」とも云われる同番組には、日本人として初出場した。

「ビヨンセ踊るさ~ 」と、ビヨンセ、ジョリン、ツアイ、の曲に合わせ、40人のダンサーを従え、圧巻のパフォーマンスには満員の会場の観衆より大きな拍手が起こり、世界のエンターテインメントとしての渡辺直美を披露しました。凄いぜ!!

コメント

雪の絶壁を滑落する子熊と待つ母熊の素晴らしい画像に感動した。!!

2018年11月11日 | Weblog

雪の絶壁を滑落する子熊と待つ母熊

この画像には感動しました。 厳しい自然環境の中で生きる動物の本能と、母熊と子熊との愛情とそれに応えようと必死の子熊の奮闘する姿には人間さまにも教えられる光景で、我がヤンGも思わず涙が溢れました。

何度もテレビで放映されていましたが、よくこの場面を撮影できましたね。

最近の社会情勢も人間関係、親子関係、に関する事件も多くみられますが、この熊の親子の情景を観る限りでは、我々人間様も逆にこの熊さんに教えられましたね。 本当に一生記憶に残る素晴らしい映像でした。

 

コメント

平成が変わる!反アンチエイジング時代が到来か?

2018年11月10日 | Weblog

吉川晃司 さん 2018始球式 広島カープ対ソフトバンク 日本シリーズ

先日の日本シリーズの広島スタジアムで行われた試合の始球式に大のカープフアンの吉川晃司さんが登場し、球場全体を埋め尽くしたカープフアンから盛大な拍手が贈られましたが、もう一つの話題は吉川が益々白髪が決まる年代となり「渋、カッコいい!!」大評判でした。という事は、いよいよ平成の時代もカウントダウンに入ってきました。昭和、平成、と時代により様々な流行がありましたね。特に女性のフアッションがそのサイクルも年々短くなり、より個性的になってきました。昔は流行といえば、ミナ同じフアッションの時代もありましたが、最近、中高年女性が「グレイヘア」に共感してるようですね。歳相応に生きようという自然な「グレイヘア」を生かしたフアッションが人気となり、若さだけに価値をおくことから、もっと自由になるべきという風潮がみられ、新元号が変わる来年の流行が今から楽しみですね。

コメント

ダバダバダ・ダバダバダ・・・懐かしい思い出の曲「男と女」を偲んで。

2018年11月09日 | Weblog

Francis Lai - Theme From A Man And A Woman

先日、フランス映画音楽の巨匠フランシス・レイさんが亡くなられました。なんと我がヤンGと同じ年齢だとは知りませんでしたが、・・・1970年代のフランス映画がブームでした。「白い恋人たち」「男と女」「雨の訪問者」「ある愛の詩」「パリのめぐり逢い」「危険なめぐり逢い」等々、すっかりヤンGなどは、ハマっていました。今、思えばあの時代が懐かしく想われてきますね。 特に、ダバダバダ、ダバダバダではじまるあのメロディ、「男と女」は、パリのシャンゼリア通りを歩くアヌーク・エイメがとても印象に残り、バックに流れるこの音楽が、大人の雰囲気があり、映画の雰囲気を盛り上げていました。「音楽をセリフ同然に使い、観客の想像にゆだねる。それが面白いのです。」と云われるほど、素敵な音楽でした。今もなおヤンGの心に残る音楽であり、あれから50年前のことですが、走馬燈のようによみがえってきます。 フランシス・レイさんのご冥福をお祈りいたします。

コメント

TWICE!新曲「YESor YES」が音楽チャート聡なめ1位!!

2018年11月08日 | Weblog

【公式 Album Trailer】TWICE - Yes or Yes 6th Mini Album Play ファン作成紹介動画 ♫『Fanmade Video』

韓国、人気女性アイドルグループ「TWICE」の新曲「YESor Yes」が発売以来好調で、ダンスパフォーマンスも個人の個性を生かした振付をして、曲の特徴を強調して、よりリズム感をいかしてるのでとても聴いててのりがいいですね。さすがだ~ このグループには3人の日本人女性が入っています。ネームも、モモ、サナ、ミナ、で~す。その3人に好きな韓国語を聴いてみたら・・・・

モモ=「モンジアルジ?=何か分かるよね?」

サナ=日本にはない発音の・・”ッパ” とか ”ッポ” みたいなポッポ=チュー、やオッパ(お兄さん)など可愛いね。

ミナ=私は発音でパルカラッ!(足の指)が可愛いね。 等々彼女たちもすっかり韓国の生活に慣れてきたみていで、これからも頑張ってね。

我がヤンGも応援してるよ~

 

コメント

日本の美しい風景 平林寺の紅葉

2018年11月07日 | Weblog

日本の美しい風景 平林寺の紅葉

一年の二十四節気の一つで暦の上では冬に入りますが、~ な~んと今日の気温では、我がヤンGは外にでて日光浴? をしていま~す。気温20度、なんと温かな冬の入りでしょうか。まだまだ冬将軍はお出ましになりそうもありませんね。

近くの平林寺の境内の紅葉も見頃になってきました。

 冬が来てイチョウの落ち葉踏みしめる

コメント

東方神起 /今年、日本国内コンサート観客動員数ダントツの1位獲得。!!

2018年11月06日 | Weblog

東方神起 / 「Jealous」MUSIC VIDEO (FULL Version)

「日経エンタテインメント」12月号によると、k-popの東方神起が今年の日本国内コンサート観客動員数128万人を動員し、堂々の第1位を獲得しました。これは、日本の人気ロックバンドB’zや、アイドルグループ「嵐」、J-POPを代表する、安室奈美恵などを抜いての成果であり、注目を集めています。 まだまだ日本での人気は凄いものですね。

コメント

2018 11.2 GP Finland SP 羽生結弦 ・世界最高得点で優勝した。!!

2018年11月05日 | Weblog

2018 11.2 GP Finland SP 羽生結弦 Yuzuru HANYU

フイギュアスケートのグランプリシリーズ第3戦フインランド大会出場した羽生結弦選手は、フリー、ショート共にトップを飾り、今季世界最高得点の297、12点を取り見事優勝しました。オメデトウ

我がヤンGは何時も羽生選手をみてて感心するのは、その演技、選曲の素晴らしさに加え、控えめな態度に熱い闘志を秘めてフアン始め、周りのコーチやスタッフに対しての心遣いには感心させられますね。今回のコメントにも「1つ勝だけじゃダメ、これ以上の出来試合ができるようにしたい。心の灯火に薪を入れられた状況です。」 凄いぞ!!この言葉。!!

今シーズンの益々の活躍を期待し応援します。 

 

コメント

これは驚きです。突然の歌舞伎Ⅽ-1登場です。入間基地航空祭!!

2018年11月04日 | Weblog

歌舞伎C-1参上! 入間基地航空祭 事前訓練 2018/10/25

昨日、3日は、埼玉・航空自衛隊入間基地で恒例の「入間航空祭」がありました。約19万人の人出があり、秋晴れの下、航空ショーを満喫していましたが、特に今回は、入間基地創設60周年に当たり、同基地所属の中型輸送機Ⅽ-1やT4練習機が特別記念塗装されお目見えしました。Ⅽ-1は日本伝統の歌舞伎のくま取りをモチーフにしたもので人気があったようです。我がヤンGの住まいの上空にはこのⅭ-1輸送機が毎日の様に飛んでいますのでその金属性の独特の爆音には慣れています。この航空祭の前日には必ずあのブルーインパルスの練習飛行もありますので、とても楽しみです。

日本の空の安全と平和を守る航空自衛隊の皆さんに感謝を致します。

コメント