模型工房クラフトベース工房主の気まぐれ日記

仕事での模型製作や、趣味のプラモ・ガレージキットの製作過程、TVや映画の事など、気の向くままに書いています。

1/5 涼宮茜  1

2018-09-21 12:52:49 | 模型製作(フィギュア)
  
イベント限定ガレージキットです。
仮組みしてみました。
ヌードのボディに水着パーツを取り付ける、キャストオフ形式となっています。
水着パーツがかなり薄く、一部で透けている部分もあるので、補強しつつ、ボディに会うように形状修正が必要です。
コメント

1/35 ケッテンクラート“少女終末旅行”  2

2018-09-18 12:57:28 | 模型製作
 
本体の組み立ては大方終わりました。

フィギュアは頭部を塗装後に取り付けますが、それ以外は先に組みます。
このフィギュア、とてもよくできています。
コメント

1/35 ケッテンクラート“少女終末旅行”  1

2018-09-16 21:52:35 | 模型製作
  
プラッツから発売されたキットです。
元々ドラゴンから発売されていた本体に、アニメ設定を再現するレジンパーツとエッチングパーツ、チトとユーリのレジンパーツが付属しています。

パーツの半分以上は転輪と履帯で占めています。
転輪はともかく、履帯は2種類のパーツで挿んで接着していくようで…これはなかなかに手間がかかりそう。
コメント

三代目

2018-09-14 11:38:30 | 模型製作

しばらく、だましだまし使っていたコンプレッサー、いよいよ咳込みが激しくなってきました。
完全にストップする前に、買い替えることにしました。
(写真 青⇒旧、赤⇒新)
丸8年、ほぼ毎日使用していました。ご苦労様。

今回も模型用(室内用)ではなく、本来園芸等で使用されるものです。
音は多少マシになったとはいえうるさく、最大0.6MPaは模型塗装には不要です。
しかし模型塗装用の小型のものは、広い面積を塗装するには弱く感じます。
圧が強ければ、埃を吹き払うのにも使えます。
そして何より安い!
ホームセンターで¥9,800(税抜き)で購入できました。

今日からフル稼働してもらいます。
コメント

1/10 デス・ディーラー  完成

2018-09-11 12:35:59 | 模型製作
   
組立において、マントのパーツがなかなか合わなくて苦労しました。
他は特に問題ありませんでしたが、パーツ接合部の処理が、このキット製作の最大のポイントだと思います。

塗装は、ドライブラシや、エナメル塗料によるウォッシングなど、昔ながらの技法も交えつつ、完成です。
プラモデルとは思えない、迫力ある姿が再現されています。
なかなか作る機会の少ないアイテムなので、いい経験でした。
コメント

1/10 デス・ディーラー  4

2018-09-07 21:42:59 | 模型製作
   
鎧や鞍など金属色を塗装しています。
ベースは岩やドクロなど細かくモールドされているので、丁寧に塗装すると映えます。
コメント

1/10 デスディーラー  3

2018-09-05 22:26:28 | 模型製作
  
人物や馬の肌から塗装を始めました。
馬を塗装するのは初めてです。
コメント

アルトアイゼンリーゼ(ディフォルメタイプ)  完成

2018-09-03 12:42:58 | 模型製作
  
関節や肩部ハッチなど各所が可動することになっていましたが、一部を除いて固定としました。
上半身のボリュームが半端なく、特に膝に負担がかかるので、ちょうどいい角度で固定しています。

配色が派手で複雑、さらにレジン製ということでズッシリと重量があるので、なかなかのボリューム感です。
コメント

1/10 デス・ディーラー  2

2018-08-30 17:01:04 | 模型製作
 
接合部を中心にペーパーがけ真っ最中です。
すき間や段差などで、やはりポリパテを使用しました。
コメント

アルトアイゼンリーゼ(ディフォルメタイプ)  6

2018-08-28 22:20:34 | 模型製作(ガルパン戦車etc)
 
塗装した各パーツを組み立てています。
関節可動式の構造ですが、これだけ上半身にボリュームがあるレジンキットなので、膝など負荷がかかるところは固定にします。
取付け角度を何度も確認しながらの作業になります。
コメント