中華街ランチ探偵団「酔華」

中華料理店の密集する横浜中華街。最近はなかなかランチに行けないのだが、少しずつ更新していきます。

カジノ

2019年10月20日 | レトロ探偵団

 この写真は昭和50年(1975)にマリンタワーから撮影したもの。

 山下ふ頭は、日米安保条約により在日米軍が使用することとなった瑞穂ふ頭(ノースピア)の代替施設として、昭和28年に着工し10年かけて昭和38年に完成した。昭和40年には山下埠頭駅が置かれ、山下公園前の高架を機関車が走っていた。


 昭和54年(1979)の山下ふ頭。この頃はまだまだ元気だった。


 昭和58年(1983)4月の撮影。


 貨物線の駅が見える。


 1990年代には、まだこんなおじさんがいた。何をやっているところか分かりますか。ロープの先に大きなフックを取りつけ、それを海に放り投げて海底をさらうと、昆布だかワカメが採れるんだそうだ。
 あの頃は、山下公園前の海岸でも、牡蠣や海藻を採っている人たちが結構いたもんである。


 こちらは現在の大さん橋と新港ふ頭の間の海。ペリー艦隊の一行が上陸した地点である。それにちなむ碑でもあればいいのだが、ここには2009年に港湾関係の碑が移設されてきた。


 横浜港港湾労働者供養塔。


 これ、もともとは山下ふ頭の中に建っていたのだが、開港150周年の2009年に移設された。案内板には横浜港運協会会長のお名前が刻まれている。

 
 港湾労働者は山下ふ頭で荷物にに上げや荷降ろしで働いていたが、新港ふ頭近くの通船待合所からボートに乗って沖の貨物線に向かって行く人たちもいた。
 それで中間地点であるこの場所に移したとも考えられるけど……。

 山下ふ頭が再開発されるということで、問題にならないうちに早めに移転させたのかな。

 

←素晴らしき横浜中華街にクリックしてね






コメント   この記事についてブログを書く
« クールズ船に乗ってみたいが | トップ | ホタテ入り麻婆豆腐 »

コメントを投稿

レトロ探偵団」カテゴリの最新記事