あずましい日々・・・その後

あずましい(ゆったりすること・満足のいくこと)出来事、旅行・写真・江別市食べ歩き・グルメ・ランチ・北海道の話題を!

手作り カレーライス

2021年09月17日 05時00分00秒 | 手料理
久しぶりにシャバシャバカレーを作ってみました。



材料は何時もの通りですが、前回の鶏ガラスープはありません。



鍋に200cc程度の水に、コンソメとブーケガルニ、月桂樹を入れて置きます。



玉ねぎ3個のみじん切りを、味出しの塩を降ってから炒めて行きますが、中火で放置して、たまぁに混ぜて行きます。





その間に、カレー粉とクミンシードをオリーブオイルで香り出ししてから、肉をゆっくり炒めて鍋に。









玉ねぎに粘りが出てきたら、カレー粉についているマースチャツネ、人参、チューブニンニクと生姜を半分ぐらい入れて30分肉が柔らかくなるまで煮込みます。



肉が柔らかくなったら火を止めて、少しずつカレー粉を入れて行きます。
隠し味に、お味噌、ウスターソース、ケチャップも加えて味を調整します。





シャバシャバカレーの出来上がり♪
半分以上余るので、密封袋に入れて平らにして菜箸で折り目を付けてから冷凍庫に。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

手作り うな丼

2021年08月30日 05時00分00秒 | 手料理
スーパーで売っている中国産のウナギ、ちょっと安い時に購入して冷凍にしておきます。



自然解凍というか、包丁で切れる程度まで解凍してからカット。





ミニ蒸籠で10分程度、身がフワッとなってくれるので、蒸籠は重宝します。



和山椒をかけて・・・、1尾1,200円ですが、二人で食べたら600円、うな丼をすき家で食べてもこんなに安くないと思うとお得ですよねぇ♪

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

手作り 冷やしキツネ

2021年07月28日 05時00分00秒 | 手料理
ブロ友さんが、お店で食べていた「冷やしきつね」がとっても美味しそうだったので作ってみました。



先ずは、油揚げをお湯で油抜きしますよ~。





お湯に、酒・みりん・三温糖・麺つゆを入れて、油抜きした油揚げを落し蓋を入れ20分程度炊いて行きます。



その間に、つゆを作って行きます。
今回はガラスープであっさり、お酒・みりん・だし道楽、気持ち麺つゆで味を調えて、微火で鶏肉から出る油を抽出して、つゆに入れます。



玉子焼きを焼いて、横に半分に切って斜め切りにしておきます。





カニカマ、家庭菜園で採れたキュウリ、油揚げを載せて完成です。
つゆがあっさりしている分、キツネのちょっと濃い味で麺が進むという偶然のバランス出来(笑)。
お店の味は知らないから、美味しかった~と思えば成功ですね。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

手作り カレーライス

2021年07月17日 05時00分00秒 | 手料理
話題が無いので、先月の没ネタを掘り出してきました(笑)。



いつもと変わらない食材ですが…汗、玉ねぎは大玉2個をみじん切り、もう2玉はいちょう切りにして一枚ずつほぐしてあります。



先ずはみじん切りの玉ねぎを炒めて行きますが、味出しの塩を軽く振ってから中火弱でフライパンは放置して、たまに混ぜ合わせる程度。



豚肉にカレー粉を塗しておきます。



お湯を入れた鍋に、コンソメ、月桂樹、ブーケガルニ、にんじんそしてガラスープを入れます。



マッシュポテトのような粘りが出たら、鍋に投入。







クミンシードは油で香りを出してから豚肉を炒めて鍋に移し、ニンニクと生姜チューブを半分程度入れて、
鍋の蓋をして吹きこぼれないようにしてから20分、弱火でコトコト煮込んで行きます。



再度、玉ねぎを投入(鍋・・・小さかった)して、しんなりするまで弱火で煮込みます。





ここで、カレー粉、ソース、ケチャップ、味噌を入れて味を調整して出来上がり。



お肉一杯のカレー登場(笑)。
お気づきの方いると思いますが、自分はイモは入れない派(笑)、食べられないのではなく、幼少期からたくさん食べさせられたのでもういいんです(汗)。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

玉にならないソウメンの湯がき方 

2021年07月06日 05時00分00秒 | 手料理
この時期、そろそろソウメン食べたい時期になってきましたね。
一口大に丸めてざる等に盛り付けると思いますが、終盤になると麺が固まりになっていませんか? (自分だけ(笑))
そこで、固まりずらい湯で方を・・・、自己流です。





たっぷりのお湯が沸騰したら、そうめんを投入します。



一旦沸騰が収まりますが、すぐに再沸騰したら火を止めちゃいますよ~。



この麺は3分の湯で時間なのでそのまま4分(お好きな硬さに)放置します。



4分経過したらすぐに冷水で丁寧に揉み洗いして、そばのようにぬめりを落とします。(力加減注意)







ホント盛り付け下手くそで嫌になりますがそこでなく、麺の舌触りも良くなり麺がくっ付きずらいので最後までこんな感じ。
ガス代も節約されますし、騙されたと思って一度お試しください。(失敗は自己責任です(笑))

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

手作り あんかけご飯

2021年06月21日 05時00分00秒 | 手料理
冷蔵庫に野菜と豚肉があったので、あんかけご飯を食べようとラーメンスープをコンビニで購入してきました。







ごま油で豚肉を炒めてから、野菜を投入して炒めて行きます。





ラーメンスープに記載されている量のお湯を入れて、スープの素を入れます。



オイスターソースをちょっと入れて、片栗粉でとろみを付けて完成。
スープの素は、調味料を色々と用意しなくてもいいので楽ですね。



炊き立てのご飯に・・・、熱々あんかけと生姜と辛子で汗が倍増なのですが、それなりに美味しかった~。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

レトルトスープカレー マジックスパイス

2021年06月17日 05時00分00秒 | 手料理
何かスープカレーが食べたいなぁ~と考えたら、お気に入りのマジックスパイスは昨年の1月15日に掲載した以来行っていない!
と言う事で、スーパーに行ってレトルトを購入です(笑)。







380円程度、お店の味とはちょっと?違うけれどそこは我慢です。





ふあふぁオムレツを作って加えました。
うーん久しぶりのマジスパの雰囲気味、余計にお店に行きたくなっちゃうなぁ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

手作り ガーリックチャーハン

2021年05月28日 05時00分00秒 | 手料理
ニンニクがあまり表に出ない程度の「ニンニクチャーハン」です(笑)。



材料は、カニカマ、ウィンナー、長ネギ、玉子、塩コショウ、お酒だけです。



ニンニクがガツンとこないように、みじん切りにしてサラダ油に香りを移していきます。



ウィンナーを入れて、すぐに玉子を投入して油を玉子に絡めますよ。



ご飯を入れて油が絡んでいる玉子と混ぜ合わせてご飯玉を潰してパラパラにしていきますよ~。



塩コショウで味を調えてからカニカマを入れます。



ネギと日本酒を入れてご飯を混ぜて香り出しして完成。



一口・・・、あれ ニンニク風味程度?
やっぱりガツンと来た方が美味しいかも・・・。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

池田町 えぞ鹿肉ハンバーグ

2021年05月26日 05時00分00秒 | 手料理
以前は知り合いからエゾ鹿肉を頂いていたのですが、猟をしている方が退職してしまい頂けなくなりました(泣)。
2018年1月23日に掲載した「当別町 ジビエ工房」でも紹介しましたが、北海道は少しずつ工房が増えているのかな?



こないだ「道の駅 ガーデンスパ十勝川温泉」に立ち寄った時に、このハンバーグが目に止まったので買ってみることに。
ジビエ・・・、えぞ鹿もヒグマも何度か食べたことありますが、やはり年齢が多いのはちょっと野生臭いと自分は感じるのですが・・・。





早速食べてみたのですが・・・、とっても美味しい!

生臭さを防ぐナツメグも強くないし、野生臭ささも無く鹿肉なのでヘルシーです。
800円位だったと思いますが、こりはリピート間違いなしです。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

手作り さんまの玉子かば焼き丼

2021年05月19日 05時00分00秒 | 手料理
缶詰のままでも温めて食べると美味しい「さんまのかば焼き」缶、皆さんも好きですか?





さんまは一口大に包丁で切って、汁は使用するので捨てずに(笑)



水、麺つゆ、カツオ出汁、砂糖適量に、今回は玉ねぎでなく長ネギで挑戦。
シャキシャキ感を残したいので、サッと火が入る程度。



蒲焼と汁を投入してちょっとだけ温めます。



玉子を2回に分けて入れて完成。



三つ葉のお浸しがあったのでトッピングして、小ねぎをパラパラと。
ウナギではないですが、缶詰のタレがいい感じの味付けになって美味しかったですよ~。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする