中古車のネットショップCIA

トヨタ様のハイブリッド課金システムは秀逸

いまさらなのですが。街の車屋社長が先日つぶやいていたので、釣られてみます。

レクサス やMINIなんか、問い合わせして来ないでください。
(業者にも値引きゼロって、なめてるよね。誰が売ってやるか)
ハイブリッド(HV)はエコですか?
(もっといい車があるよ。
国も 詐欺的カタログ燃費 で免税にしてんじゃねーよ。
祝TOYOTA 5 million hybrids などなどに関連)
と、当社がずっと発信している理由は、これを危惧しているからなのですがねぇ。

よく暴論だとか、トヨタ叩きとか、一言で片付けられてしまうんですよね。

新車購入時に、初回車検費用も含めた「パック」を付け、
初回車検時には、次回の車検費用までのメンテパックを6万円で売る。
電子仕掛け、ブラックボックスのHV、
ディーラーで点検するとファームウェア更新でバージョンアップ
(体感出来るくらい違う。その情報は他社にも、町の整備工場にも一切出さない。)
トヨタでの点検整備をオススメするしかないよね。

燃費は多少いいかもしれないが、コストダウンの塊だから
色々オプションを付け、静音対策をし、チャリンチャリンと課金され、
大物が壊れたら、ユニット交換で何十万…。エコですねぇ。

トヨタ様のハイブリッド課金システムは秀逸!
政治力もスゴイ!
集客の仕組みもツールもバッチリ。

販売だけでなく、メンテナンスも車検も何もかも、
ごっそりトヨタ様に持って行かれてからでは遅いのです。
(この社長は、気付いて何とかしようと思っているだけマシ)

最近思ことがあります。
トヨタのプリウスに盗難防止装置を装着しようかなとトヨタに配線図をお願いしました。
「コピーなどはお送りで無いので拠点まで来て下さい」と。
また業界のネットサービスにつないでも、詳しいところまでは検索できません。
特に近々に発売した車種などはさっぱり解読できません。
特にHV車はどれもそうです。
そりゃメーカーも販社も後から余計なアクセサリーを付けてもらいたくないのは分かる。
しかしだ、本当にしっかりと細工して装着しないと他のところに影響が出ます。
そのくせトヨタなどは新車販売台数の2台に1台がリコールかサービスキャンペーン。
いやがおうでもトヨタのお店に足を運ばせている。
私らのクルマ屋の窓口で販売したトヨタ車でさえ、お客様が直接もって行かせるなんてことも計画的?にしていらっしゃる。
ついでにタイヤ交換に点検もこの度は無料でさせていただきますとかで、お構いなしです。
おまけに次の点検お持込にはエンジンオイル無料券などいたれりつくせりで、初回の車検が知らない間にトヨタで予約されていたってことになるのですなぁ。
整備要領や配線図は公開しない、リコールで足をはこばせる。
申し訳ございませんと低姿勢で対応、これじゃ私らは完全にアホにされているってことですがな。
そして最近は、「近くにトヨタ店がないので」などとは言いません。
50キロくらいならお客様も煙たがらずに持ち込みます。
いやだねぇ、戦後のモーターリーゼーションはメーカーと販社とクルマ屋で支えてきたんでしょうが。
時代が変わったのであんたらどうぞお引取りくださいってか。
冗談じゃございませんぜってんでぇ。

14/2/2 トヨタ様のハイブリッド課金システムは秀逸2

HOME業界情報トヨタトヨタ様のハイブリッド課金システムは秀逸

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

最近の「 トヨタネタ」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事