Ashe店長のテニスショップ業務連絡

四国の片田舎にあるテニススクール&ショップの宣伝日誌です。 っていうか、現在はTwitterメインで更新しています。

バドミントン取り扱い開始および店名改称のお知らせ

2026年12月31日 | お知らせ

2020年よりバドミントンを本格的に取り扱います。
それに伴い、店名を
「テニス・バドショップ&サポート アッシュ」
に変更いたしました。

バドミントンストリング
張替えお試しキャンペーン


当店でバドミントンストリングの張替えをご注文いただければ、初回に限り工賃をお試し価格
学生…880円 一般…1,100円(税込)
といたします。
熟練の張りをぜひお試しください。

※お試しキャンペーン価格の張替えラケットの受け取りは翌日以降といたします。
※当日受け取りをご希望の場合は学生1,100円、 一般1,320円(税込)といたします。





当店のご案内(営業時間・地図等)

2026年12月31日 | 営業案内

【営業時間】
月曜~金曜 13:00~19:00

土日祝日  10:00~19:00
定休日は毎週水曜日です。

その他大会等のイベント開催や出張などで臨時休業する場合があります。
その際はこのブログまたはTwitterでお知らせいたします。

地図はこちらを御覧ください。

ストリング工賃はこちらをご覧ください。

当店はGOSEN「張人SHOP」として登録されています。

SNSでお得な情報をゲットしよう!
TwitterやLINEで新製品の発売や入荷のお知らせ、大会やイベント、セールの案内などを連日配信しています。
下のフォローや友だち追加のボタンをクリックしてください。



友だち追加


アッシュおよび3PLUS主催大会のエントリーについて

2026年12月31日 | お知らせ

※新型コロナウイルス感染拡大防止の為、主催大会の開催を見合わせています。
 感染終息後再開の予定です。

大会の申込用紙をFAX、メールで送られる方にお願いです。

こちらでの受信ミス、あるいは送信間違い等で受付が完了していない場合がありますので、送信後に必ずFAXが届いているか確認のお電話(又はメール)をお願いします。メールの場合は3日以内にこちらから受付け完了のメールを返送いたしますので、返信がない場合は同様に確認のご連絡をお願いします。
上記の理由により受付されていない場合は責任を負いかねますのでご了承下さい。
※お電話でのお問い合わせは営業時間内にお願いいたします。

メールでお申し込みいただく際には記載した申込書を添付ファイルにしてお送りいただくのが一番間違いないですが、テキストでお送りいただいても構いません。ただしその際には申込用紙と同様の記載事項(クラス・氏名・連絡先)を必ずご記載ください。また複数のエントリーを一度にメールに記載された場合など、こちらから連絡する際に申込者の氏名がわからないと困りますし、いたずらや迷惑メールの可能性もありますので、メールの差出人(申込責任者)の氏名をご記載ください。小さなローカル大会ですが、一応試合ですので、最低限の申込みのルールはお守りいただきますようお願いいたします。


アッシュのストリンギング お客様とのお約束 十ヶ条

2026年12月31日 | ストリンギング

一、ラケットを大切に扱います
お預かりしたラケットは泥や汚れをキレイに落とします。
その際にフレームのひび割れや傷、変形等がないかチェックします。
張り上がり後はビニールカバーをかけてプロ気分!。
※カバーは無料でサービスしておりますのでご希望の方はお申し出下さい。
 
二、豊富なストリングをご用意
ナチュラルガットから最新のポリエステルストリングまで、常時100種類以上のストリングの中からお選びいただけます。
在庫していない商品も取り寄せできます。
 
三、張り上がりが常に安定しています
同じストリンガーが同じ機械で張り上げるので、仕上がりにバラつきがありません。
張り上げ後には面圧を専用の測定器で必ずチェックしています。
 
四、テンションロスが少ない
コンピュータ制御のマシンを使用しており、張り上げ時の緩みは極力少なくなります。
※他店の同一テンションよりやや固めに張り上がる傾向がありますのでご注意ください。
 
五、ラケット・ストリングに最適な張り方を選んでいます
ラケットは張り上がり後の変形が少ない程フレームの負担も少なく、本来の性能が最も発揮できます。
当店では変形を極力抑えるよう、ラケットの特徴に合わせた張り方を行っています。
同様にストリングによっても張り方を変えています。
 
六、お客様の細かい要望にも対応します
「こだわりの張り」がある方はどんどんおっしゃってください!。
縦・横別々のテンション指定、特殊な張り方等も可能な限りお受けいたします。
もちろん張り上げ期日・時間も営業時間内ならご自由に指定できます。
ストリング、ストリンギングのご相談にものりますので、何なりとお問合わせください。
 
七、即張り対応で急ぎのお客様でもOK!
当日中はもちろん、最短1時間でお引渡しできます。
※即張りは本店のみ対応で追加料金が別途必要です。
また状況によってはお引渡しが遅れたり、注文をお受けできない場合があります。
ご来店前にお電話いただければより確実です。
 
八、データ管理を徹底
張り上げたラケットには日時・ストリング名・テンション等を記載したシールを張りますので、一目でデータがわかります。
また開店以来張り上げたラケット全てのデータをパソコンで管理しています。
 
九、すぐに切れても保証サービスで安心
お引渡し後1週間以内にストリングが切れた場合、次回の工賃を50%~全額割引いたします(詳細はお問合せ下さい)。

十、学生にお勧め! サービスストリングで
お安く張替え
学生なら工賃込で最安2,000円、一般で2,500円(いずれも税別)からご用意。会員及び3PLUSスクール生ならさらに5%OFF!。


店長のストリング講座

2026年12月30日 | ストリンギング

ストリングについての簡単な解説です。
これだけ知っていれば、ストリング選びにもう迷わない!?。

ストリング(ガット)にはいろいろな種類があります。

【シンセティック】
ナイロン(ポリアミド)、ポリエステル等の化学繊維。

[ナイロン]
安価で加工しやすいので、現在最も使われています。

[ポリエステル]
非常に硬く、切れにくい。ただし反発力も低いので、パワーがあるハードヒッターに向いています。また切れなくても打球感が変わるので、早めの張替えが必要です。プロのほとんどが使用しており、近年一般プレーヤーにも愛好者が急増しています。

【ナチュラル】
昔から使われてきた天然素材。以前は羊の腸を使用していたので「シープ」とも呼ばれていました。現在は牛の腸を主に使用しており、反発力・ホールド感・打球感など全てに高性能!。さらに緩みにくく、張り上がりの状態を長時間保つことができます。値段が高く、湿気や水に弱いのが欠点。

シンセティックストリングには大きく分けて
モノフィラメントとマルチフィラメントがあります。

[モノフィラメント]
太い芯糸があるタイプ。反発力に優れ、球離れがよいのでシャープな打感です。耐久性も比較的高いので、男性のストローカーやスピンをかけるプレーヤーに向いています。

モノフィラメントの代表、ゴーセン・ミクロスーパーの
 断面イメージ。

[マルチフィラメント]
極細の糸を束ねた構造で柔らかく、ナチュラルガットに似た打感が味わえます。衝撃吸収力も高く、テニスエルボー等の故障に悩む人にも向いています。ただし耐久性はあまりないので、ストリングを切らない女性や、ボレー主体のダブルスプレーヤーなどにオススメです。

マルチフィラメントの代表・ヨネックス・エアロンスーパー850の
断面イメージ。

※その他両方の特徴を併せ持つ中間的な構造のストリングもあります。

ヒジ・肩など痛みの原因はストリングかも?
自分に合わないストリングや、伸び切って反発力のないストリングを長時間使用していると腕に強い衝撃を受け、故障の原因になることがあります。
 
張り替え時期の目安は?
諸説ありますが、シンセティックストリングの場合、一般的には「実質使用時間20~30時間」または「1週間にプレイする回数が1年に張替える回数」と言われています。例えば週3回プレイする方なら年3回ということになります。ただし使う回数が少なくても張りっ放しにしていると伸び切ってしまうので、最低でも半年~1年に1回程度は張替えが必要です。目安としては、
①ボールが飛ばなくなったり飛びすぎたりする、または衝撃や振動が大きくなった気がする。
②ストリングが曲がってしまい、手で直しても元に戻らない。
③縦糸と横糸の交差部分に深いみぞ(ノッチ)ができている。

このような症状が現れたら、切れる前でも新しいストリングに交換して、気持ちよくボールを打ちましょう!

その他ストリング&ストリンギングに関する質問等がありましたら、何でもお問合せ下さい!

このブログでもストリンギングについて私が思うことをたまに書き留めています。
参考になるかどうかわかりませんが、興味がある方はこちらをご覧ください。
その他の業務内容(ラケットチューニング等)についてはこちらをご覧ください。


ご要望を教えてください!。

2026年12月30日 | 当店からのお願い

この仕事を長年続けていると、明らかにミスマッチじゃないか、というストリングやテンションの指定で張りの注文を受けることが意外とよくあります。
特に初心者の学生さんに多い。

おそらくラケットやストリングの知識がまだ乏しいので、先輩や同級生が張っているのと同じようにしたり、お店やカタログのオススメの通りのまま張っていたりしているのではないかと思います。
あまりに合っていないと思う時はこちらから何故そうするのか尋ねてみるのですが、「自分でも理由がよくわかっていない」というような答えが返ってくることがほとんどです。

一般の方は「初心者でよくわからないので」とか「お任せします」というようにご自身から言ってくれる方が多いので、その人に合ったストリングを話し合って決められることも多いのですが、学生さんは恥ずかしいの面倒くさいのか、質問もあまりありません。

せっかく専門店に来ているのですから、
「こういうボールを打ちたい」とか、
「張っているストリングの◯◯が不満だから△△したい」といったような要望をどんどん言ってください。

情報が多ければ多いほど、こちらもその人にあったストリングや張り方を勧めやすくなります。
言い方がわからないなら「切れにくいもの」とか「××色がいい」とか「とにかく安く」とか何でもいいのです。
そうやって店長を利用してください。

見た目が怖そうで話しかけにくいのかもしれませんが(だとしたら私も話しかけてもらえるように努力しないといけませんね、と思ったのでこの記事を書いてます)、こちらもプロですから、出来る限り多くの知識を提供したいですし、お客様の要望に添えるようなラケットに仕上げたいといつも思っています。
知識が増えればその分要望も出しやすくなるでしょうし、自分のプレーに対しても良い影響が出るはずです。

「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」といいます。
お店に来たら、ためらわずにどんどん話しかけてください。
私も気になる時にはこちらから質問する機会を増やすように努力します。
一緒によりプレーしやすいラケットを作り上げましょう!。

(2/14追記)
保護者の方で自分のお子さんのラケットを預かって張替えに来られる場合は本人の希望をなるべく聞いてそれを伝えてください。
できれば本人が一緒にきて直接お話をうかがえる方がよいと思います。
※関連投稿:「練習するよりも大事なこと。


2022NEWラケット情報(※5/14追記:第8弾はBabolatのWB限定モデル!)

2022年05月14日 | 商品案内

年も改まりましたので、今年のNEWラケット情報をここでまとめてご紹介!。
こちらからの続きです。

※5/14更新
Babolat・PURE DRIVE TEAMのウィンブルドン限定モデルが入荷。
当店は在庫しなかったのですが、お客様から注文をいただきましたので急きょ取り寄せました。

実物を改めて見ると、今までになかった色調でなかなか渋いデザイン。
これでノーマルの300gがあれば良かったのになあ。🤔
なおグリップにナチュラルレザーを使用しているので、通常モデルよりバランスが若干トップライト気味になっているものが多いようです(メーカー公式サイトでのスペック表記は同じです)。

※5/2更新
GWに合わせてHEADのNEWラケット、BOOMシリーズが入荷。
当店はひとまず軽量モデルのTEAM Lのみ在庫しましたが、試打での評判がかなり良いので、MPとTEAMの在庫も検討中です。


※4/14更新
prince・PHANTOM F1が入荷。
18×18のストリングパターンが特徴的な「フラット系スピードボールで勝負する攻撃型プレーヤー向けモデル」とのことです。

さらにYONEX・VCOREシリーズの限定カラー、ブラック×イエローも入荷しました。
当店は100のみ在庫します。

※4/7更新
YONEX EZONEシリーズの100Lが入荷。
98と100以外の軽量タイプは4月発売です。
見た目は品名のプリント以外、100とほぼ同じです。😅


※3/24更新
HEAD・SPEEDのNEWシリーズが入荷、当店はひとまずMPのみ在庫します。
HEADのラケットでは最も売れ筋のモデルですが、今回は新製品発売のサイクルが早かった&ここのところのジョコビッチのイメージダウンの影響が果たしてどう出るでしょうか?。


※3/12更新
ウィルソン・CLASHのバージョン2.0シリーズが入荷!。
当店はひとまず100Lのみ在庫します。
基本デザインは共通です。


※2/7更新(店長の試打インプレ追記)
DUNLOPのNEW SXシリーズが入荷。
これも前作からフルモデルチェンジしました。
メーカーさんも発売前からキャンペーンに力を入れていたこともあり、すでに複数本の予約をいただいています。
当店はひとまず300、300LS、600を在庫します(画像は300)。

店長のSX300試打インプレ

※1/20掲載
まずはフルモデルチェンジしたYONEX EZONEシリーズ。
いきなりの発売発表で驚きましたが、早くも一部の主力モデルが入荷してきました。

すでに大坂なおみが全豪でお披露目していますね。
※大阪選手が実際に使用しているラケットが市販の新製品と同一かは不明です。
 デザインは同じようですが…。

当店はひとまず100のみを在庫しました。


発売までに売り切れなかった旧モデルも値下げしました。
100のG2、ラスト1本のみです!。




お客様の声(prince・PHANTOM F1インプレ)

2022年04月16日 | 商品案内

prince・PHANTOM F1をご購入いただいたお客様から、詳しい感想をいただきました。
ストリングはバボラ・PRO HURRICANE+VSでメインにVS 130、クロスにPRO HURRICANE TOUR 125、テンションは50lbs、当店張り上げです。

・フォアハンドストローク…非常に良い。食い付き感があり、飛ばない=パワーアシストがないのがかえっていい。

・バックハンドストローク…球の乗りが非常に良い。フォアよりもバックスライスの方が打ちやすいので、スライスを多用しがちになる。ドライブは普通の感触。

・ボレー…厳しい。

・サービス…回転がかけやすく、特にセカンドで使うスライスの効きがよかった。

総じて振り切らないと良さが出にくく、また芯を外すと厳しい(特にボレー)。
少しでもガシャルと棒球になるし飛ばない。
気持ちが入ってないとストレスがたまるラケットで、昔のプレステージみたいな感じがしました。
もっと振り切って打てるプレーヤーならより良さが見えてくる気がします。

宣伝文句のフラットが打ちやすいとか球が早くなったとかは、打ち込んでないのでなんともいえない感じです。
むしろ回転はかけやすくてスピンも十分効きました。
初手で惚れ込むラケットではなく、使い込んで自分のものになる感じがしました。

打ち方にもよりますが、ワタシのようなフラット系にはクセのない素直なラケットという感じで、ドライブ系、スピン系の方ならパワー不足で飛ばない印象を受けるかもしれません。
また今回はストリングとテンションがバッチリ合っていたので気持ち良く振れました。
ストリングの種類や張り方による違いがわかりやすいので、張り手のひと手間の仕事が生かされるラケットと思われます。

Mさん、ありがとうございました!。


2022春夏の新製品情報(3/18更新・他にはマネできないバッグ!)

2022年03月18日 | 営業案内

今年春~夏の新製品情報(ラケット以外)を随時更新していきます。
※ラケットの新製品情報はこちら
※2021秋冬の情報はこちら

※3/18更新
Bow BrandのNEWバックパックが入荷。
このメーカーはオリジナリティあふれるバッグをいつも発売する(これとか、これとか、これとか)のですが、今年のデザインもイイですね!。


※3/11更新
錦織も使っている振動止めの一番人気、キモニーのクエークバスターの新色が入荷。
春らしいさくら色です!。🌸


※2/24掲載
3月を前にして、そろそろ春物ウェア発売の季節ですね。
こういうご時世で展示会にも参加できていないためあまり発注していませんが、とりあえず入荷した商品の情報を。
ナイキのメンズジャケット、アディダスのメンズゲームシャツです。

ウェアは3PLUSテニススクールのショップで販売しています。


一線を超えたズベレフの振る舞い

2022年02月24日 | ひとりごと

「世界3位ズベレフが暴挙、ダブルス敗戦後、審判台をラケットで何度も叩きつける[メキシコ・オープン]」(テニスクラシック公式サイト)

「ズべレフの暴挙に非難相次ぐ、独「ビルト」紙は“完全に気が狂った”と報道」(テニスクラシック公式サイト)

「マレー、ズベレフのいら立ちに理解示すも行為は「危険で無謀」と批判」(テニスクラシック公式サイト)


動画を確認しましたが、ただのラケット破壊ではなく、明らかに暴力による加害行為であり、一つ間違えば座っている主審が負傷していてもおかしくありません。
これを許せばもうスポーツは成り立たなくなります。

ここでも何度も発言してきましたが、未熟なジュニアならまだしも、立派な成人でしかも世界3位のトッププレーヤーが感情的になり自身をコントロールできないなら見苦しい限りですし、威嚇のために意識的に審判台を叩いたとしたら、尚更悪質です。

意識的であろうと無意識であろうと、試合中に人を傷つけかねないような行為をするような人物に、プロテニスプレーヤーとして高額な賞金が出るような大会に出場する資格はありません。
「トップ選手は普通の人では考えられない重圧と戦っている」などという言い訳は聞き飽きましたし、それは他の競技でも同じはずです。
これが他のプロスポーツなら、少なくとも数試合、あるいは数ヶ月の出場停止処分は免れないでしょう。
個人的には無期限の出場停止でもいいと思います。

ジュニアの頃からこういう傲慢な態度を許し、選手を甘やかしてきた結果、彼のような未熟な人間にテニスが強いからというだけで大金と社会的ステータスを与え、それが当然だと言うなら、プロテニスそのものが異常な社会だと言わざるを得ませんし、そこでプレーする選手に対してもリスペクトできません。

東京五輪をめぐる騒動での選手の言動なども見てきましたが、今の社会はスポーツの価値が高まりすぎ、さらにそれがビジネスと結びついて「金のなる木」となった結果、トップアスリートは人としての最低限のモラルや常識を超えた特別なものであり、何をしても許されるといった状況が生まれています。

長年スポーツに携わってきた一人として、このままではこの先スポーツそのものが関係者達自身の傲慢なふるまいによって貶められ、その価値を下げることにもなりかねなくなることを危惧しています。

とりあえずズベレフには「グッドルーザー」の概念をきちんと噛み締めて、今回の責任をきちんと取った上で、トッププレーヤーとしてだけでなく、人としての振る舞いを実践する姿を見せてほしいと願います。

「ズベレフ、暴言および審判台をラケットで叩いた行動を謝罪「ファン、大会、僕が愛するスポーツに対しても謝罪したい」」(テニスクラシック公式サイト)

ズベレフも流石に反省の態度を見せているようです。
今後のATPの処分および彼の言動を注視しておきます。

※2022/3/8追記
「ATPは、ATP500アカプルコ大会ダブルス1回戦でのアレクサンダー・ズべレフ(ドイツ/世界ランク3位)の暴挙を検証し、2万5千ドル(約289万円)の追加罰金と、8週間にわたるATP公認イベントへの出場停止処分を科すと発表した。ただし、2023年2月22日(当該試合から1年)までの保護観察期間中に、同選手がさらに罰金につながる規定違反を起こさなかった場合は、罰金と出場停止処分が保留される。」
「この決定に対し、ズベレフは3月11日までに異議を申し立てることができるとしている。」
「ズべレフの暴挙にATPが保護観察期間を設けるも追加の罰金、8週間の出場停止処分を科す」
(テニスクラシック公式サイト)


2021夏~秋冬のNEWラケット情報(その8は番外編・錦織&ミニオンの限定コラボモデル!)

2021年12月18日 | 商品案内

今年夏~秋冬のNEWラケット情報をまとめてご紹介!。
こちらからの続きです。

※12/18更新
WilsonのAIR KEI MINIONS ULTRA TOUR 95CV。
噂の「Minions」とコラボした錦織モデルのULTRA TOUR 95CVに錦織を模したミニオンのオリジナルキャラクターをデザインした、日本国内500本のみの限定モデルです。

当店は在庫の予定はなかったのですが、お客様から注文が入ったので、どうにか取り寄せました。


※12/10更新
princeの人気ラケット・PHANTOMシリーズがリニューアル!。
現行モデルでも一二を争う振り抜きの良さに加え、ラケット自体の反発力も高く、ベースラインからガンガンハードヒットするストローカーにはぜひ一度お使いいただきたいラケットです。

当店は現時点ではノーマルグロメットの100のみ在庫しますが、フレーム厚現行最薄(16.5㎜)のO³タイプも前作からスペック変更なしで発売されました。


※10/11更新
Wilaon BLADE V8(バージョン8)シリーズ、先月の98(下記参照)に続き100が入荷。
98よりパワーがあり、スイートエリアも広いので、より幅広いレベルのプレーヤーに対応しています。


※10/3更新
YONEX・新VCORE PROシリーズ、当店にもようやく入荷しました!。
今回はフレーム厚変更など、基本スペックが前作からかなり変更されていますので、前作からの買い替えをお考えの方は詳細を確認願います。
当店在庫はひとまず97のみです。


※9/27更新
prince・BEASTシリーズのNEWモデルが入荷。
当店ではひとまず100の300g、DB100の280g、O3 104の3種類を在庫しました。

旧シリーズからの継続モデルはスペック変更はなし。

今回の注目は新たにラインナップに加わったDBです。
かつてのハリアーやシナジーといった、プリンスの名器と呼ばれたラケットに搭載されていたダブル・ブリッジ・システムを復活させました。

※ダブル・ブリッジ・システムの詳細については以下の記事を参照ください。
「プリンス新「ビースト」誕生!<より獰猛になった赤き野獣を #テナズケロ>」(テニスクラシック公式サイト)

※9/14更新
2021年US OPENで最も使用者が多かった、現在世界のTOPプロから最も支持されているWilaon BLADE V8(バージョン8)シリーズが入荷。
今月は98(当店は16×19のみ在庫します)のみリリース、その他のモデルは来月以降の発売予定です。

98は前作のV7よりスペック変更はなし。
見る角度によって色調が変わる、テニス界において初めて採用するデザインが斬新!。
価格も大幅に下がって、お求めやすくなりました。

※8/17更新
お盆休みが開け一応営業してますが、連日の雨&コロナ感染拡大で開店休業状態です。😓

遅ればせながらTecnifibreのT-Rebound 298 IGAを在庫しました。
2020年全仏OPEN女子シングルスを19歳で制したイガ・シフォンテクのシグネチャーモデルです。
女性の競技者から一般男性でも十分に使いこなせるスペックです。


※8/1掲載
縦長のストリングとスプリングラバーで縦に広いスイートエリアをもち、フレームとつながるナイロン樹脂製のダンパーブリッジが衝撃をカットすると同時にボールの飛びすぎを抑える独特の形状で、パワーがあるのにコントロールしやすく、スライスやボレーを多用する女性やベテランに「魔法のラケット」と呼ばれ支持されてきた、DUNLOPのデカラケがLX 1000とネーミングも新たにリニューアルされ新発売。
当店にも本日入荷しました。

前作REVO CS10.0の後継モデル、今回が11代目です。
今回も基本スペックの変更はなし、価格も嬉しい据え置きです!。

いきなり新製品発売! それでいいの?

2021年12月15日 | 業界裏話

YONEXの人気ラケット、EZONEシリーズの新作が発表されました。
発売は来年1~3月。
この情報は我々テニスショップにも先日まで入っていなかったので、正直驚きました。

通常、新作のリリース情報は展示会などで数ヶ月~半年前くらいにメーカーから伝えられることが多く、それを受けて発売までに現行モデルの在庫調整をします。
また現行モデルの購入を検討されているお客様には、前もって「○月頃には新製品が出ますよ」ということをそれとなくお知らせする場合もあります。

しかし今回は直前まで情報がなかったため、そういった準備ができません。
何より今月にも現行モデルを通常価格で購入されたお客様が当店にも少なからずいらっしゃいます。
もし自分がそのお客様の立場なら、購入後すぐに、翌月新製品が発売されると知ったら、どう思われるでしょうか?。

多くの人は、それを知っていたなら1ヶ月待って新製品を手に入れたかった、あるいは現行モデルが値下げされるのを待てばよかったと考えるでしょう。
そこまで考えなくても、新製品の発売を黙っていた販売店やメーカーに対して、決して良い印象はもたれないはずです。

メーカーさんがどうして直前まで我々販売店にも情報を流さなかったのかは謎ですが、今後もこういう形をとるなら、YONEXさんはそういう売り方をするから、新製品購入の際は気をつけないといけないということをお客様に説明せざるを得ませんし、ユーザーも販売店も誰も得しないと思うのですが…。

私はメーカーさんも販売店も同じ業界の仲間、運命共同体だと思っていますが最近の一部のメーカーさんのやり方を見ている限り、残念ながらそうは考えていないのではないかと思わされますし、それは結局業界の活力を失わせる結果に繋がるのではないかと危惧しています。
メーカーさんも余裕がなくなってきているんでしょうかね…。

お客様を大切にするという意味では、メーカーさんにとっては販売店もエンドユーザーもお客様ですし、一度信頼を失えばそれを取り戻すには時間がかかります。
もちろんいつどのように情報を流すかはメーカーさんの自由ですが、願わくばお客様を第一に考えて、信頼関係を損ねないようなやり方でお願いしたいものです。

さて、当店も発売までに現行モデルを売り切らないといけませんなあ…。
どうしましょ。

※NEW EZONEシリーズの情報です。
「大坂なおみ、ルードが使用予定。ヨネックスが新テニスラケット「EZONE(イーゾーン)」を発表」
(テニスクラシック公式サイト)


2021秋の新製品情報(12/3NEWストリング追記)

2021年12月03日 | 商品案内

コロナ禍で展示会にも参加できないため、ウェア関係は発注を控えていますが、それでも多少は資料などをいただいて在庫しています。
今年秋の新製品情報(ラケット以外)を随時更新していきます。
※ラケットの新製品情報はこちら

※12/3更新
遅ればせながらGOSENのNEWストリング、ラクシアバイトとラクシアアシストを在庫しました。
ちょっとお高いですが、料金に見合った価値はあります!。


※9/18更新
NEWストリング情報です。
YONEX・POLYTOUR REVの新色・ホワイト&パープルとBabolatのRPM SOFTが入荷しました。

新製品のRPM SOFTは素材が従来のRPMシリーズのポリエステルではなく、ポリアミド(ナイロン)です。
特殊コーティング加工を施し、同素材のモノフィラメントストリングより耐久性がUP、かつフィーリングも柔らかいとのこと。

※8/29更新
アディダスのウェア&CAPがちょっとだけ入荷。
スクールのショップで販売中です。


アシックス・COURT FF 2 OC。
2020年から発売されている同社のフラッグシップモデルで、未だに仕様変更せず売れ続けています。
ブラックがメインの新色を在庫しました。


毎年言ってることですが今年も言います。試合前にはストリングを必ずチェック!

2021年09月25日 | お店の出来事
開店1時間ほど前に電話(店の電話に出られない時は私の携帯に転送されます)。
 
男性「新人戦やっているんですけど、部員のガット(ストリング)が切れたので、すぐ張ってもらえませんか?」
 
私「すみません、10時開店なのですが…」
 
相手「急いでいるので開店前に張ってもらうことはできませんか?」
 
その時は10時前でないと店に行けない状況であることを伝えると、相手もあきらめたように電話を切られました。
 
ストリングの切れたラケットでは当然試合ができません。運良く張り替えられたとしても、いつもと違うところで張り替えたラケットではいつも通りのプレーができるとも思えません。
 
何より大事な試合前に試合以外のことでバタバタしてしまえば、集中してゲームに臨むこともできない。
そんな状況で負ければ当然悔いも残るでしょう。
 
しかし、これらは試合の前日までにきちんと準備していれば、全て防げることなのです。
 
私が店を始めて20年近くになりますが、特に学生やジュニアの大会前日の閉店後や当日にはこのような問い合わせが度々あります。
 
いくら大会を目標に必死で練習したところで、ラケットやストリング、シューズがボロボロでは、ベストなパフォーマンスができるはずがありません。
試合に勝ちたければ自身のコンディションだけでなく、道具のケアも同じくらい重要だということを、当人はもちろん、指導者やジュニアの保護者はしっかり認識し、教えていただきたいものです。
 
結局10時に開店しても、張り替えには誰も来られませんでした。
今回の失敗を教訓として、次の大会では同じミスを繰り返さないよう願っています。

選手をかばうコーチは優秀?(続・チチパスのトイレットブレーク問題)

2021年09月12日 | ひとりごと

前回の続きで、問題についてチチパスのコーチのトリック・ムラトグルーがコメントしました。
長いですが要旨を掲載します。

「選手は試合で相手のことではなく、自分のプレーに集中している。自分が何をすべきか、どううまくやれるかにフォーカスしている。選手がトイレブレークを取るのは、ほとんどが尿意のためではない。リセットするための時間なのだ。だから、セットを落としたときに取るケースが多い。ひとりになって気持ちを落ち着かせて、次のセットを取るための方法を考えるのだ。ステファノスがトイレでしているのは、それだけだ。もちろんウェアを着替えてリフレッシュもするが、ロッカールームで一人になり、自分で考えるんだ。何を変えれば勝てるのかをね。相手のリズムを崩すためだけにトイレブレークを取っているという主張は馬鹿げている」

「彼はセットを取った直後にトイレブレークを取った。自分のリズムがいいのに、それを崩そうとはしないはずだ。そんなのは彼のメンタリティではない。周囲が評価すべきは2つのポイント。一つ目はステファノスがルールを守っているのかどうか。ルールを破っているのか? 彼はどのルールも破っていない。だから、不正だと言うのは正しくない。不正はルールを破ることである。2つ目は、トイレブレークがスポーツマンシップに反するというものだ。それも違う。何故なら、すべての偉大な選手は自分のことに集中しているからだ」

「トイレブレークは長すぎたのか、そうではなかったのか。スタジアムで観戦しているファンにとっては長過ぎたと思う。私は前から主張しているが、テニスの試合自体が長過ぎると思っている。6分のトイレブレークは長過ぎる。3分で十分だ。長くても5分か。私は以前からトイレブレークが長過ぎると、何度も何度も主張してきた。トイレブレーク自体は悪いことではない。でもルールを作る必要がある。ATP、WTA、ITFがルールを作るべきだと思う。トイレブレークの時間をルールで決めれば、それでこの問題は解決する」

「ステファノスが今年のフレンチオープン決勝でノバク・ジョコビッチ(セルビア)に負けたとき、2セットをリードしていた。そこでジョコビッチがトイレブレークを取り、戻ってくると試合の流れが完全に変わった。彼はそこから学んだ。ジョコビッチが自分のリズムを崩したと学んだ訳ではない。ジョコビッチがロッカールームで自分だけの時間を取り、気持ちをリセットして違った状態で戻ってきたことを学んだのだ。気持ちをリセットして勝つための方法を見つけるいい方法だと思った。それを彼自身が試してみたら、うまくいった。だから、それを継続している」

「選手名は挙げないが、ポイント間で多くの時間を取る選手、たくさんガッツポーズをする選手がいる。相手がサービスをする準備ができているのに、物凄くゆっくりコートに出てくる選手もいる。相手のリズムを崩そうとしている訳じゃない。自分にとってゆっくり歩くことがいいことだからやっている。相手がサービスの準備ができていて、待っていることなどほとんど気にしない。ステファノスのトイレブレークを批判している選手に限って、ファーストサーブとセカンドサーブの間に長い時間を取るものだ」

「ステファノスの仕事はテニスの試合に勝つことで、それに情熱を注いでいる。グランドスラム大会で勝つためにテニスをしており、それが使命でもある。まだ達成できていないが、そのために一生懸命やっているし、そのために生きている。彼は人々を満足させるためにプレーしている訳じゃない。彼はアスリート、競争者だからグランドスラム大会で勝つためにプレーしている。彼は人が大好きで、知り合いになれば物凄く優しい青年だ。私が知っている他の多くの選手よりも人のことを考えている」

「メディアには一つのことを一面からしか見えないようにする力がある。この数週間に起きているのは、まさにそれだ。ファンがステファノスに対して悪いイメージを持っているのは理解できる。メディアがそう仕向けているからだ。ステファノスが相手のリズムを崩すため、父にメールをするためにトイレに行っているように見せかけられている。事実はまったく反対だ。彼がトイレに行ったのは、気持ちをリセットしてコートを去ったときよりもいいマインドセット、クリアな頭で戻ってくるためだ。試合に勝ちたいからね。もちろん父にメールなどしていない。そんなことは考えてもいないし、できない。彼はアスリートだし、大会の係員がトイレまで一緒についていっている」

「ステファノスはイカサマなどしていない。今とても苦しんでいる。でも、謝ることができない。自分のやるべきことをしているだけなのだから。勝つために仕事をしている。他の選手同様、自分のことにフォーカスしている。この騒動はもちろん、彼に悪い影響を与えている。もし試合中にすべての観客が自分を敵視していたら、それはフェアじゃない」
「「物事が一方方向からしか見られていない」チチパスのトイレブレーク騒動の本質を語るムラトグルー氏 」(テニスマガジンONLINE)

原文を読んでいないので本意がわかりませんが、この記事の発言だけを見ると論理的整合性がありません。

彼は「相手のリズムを崩すためだけにトイレブレークを取っているという主張は馬鹿げている」と言っていますが、そもそも誰もそんな主張はしていませんし、もしそう主張している人物やメディアがいるとすれば具体的、個別に指摘するべきです。

またチチパスは「どのルールも破っていない。だから、不正だと言うのは正しくない」と主張するなら、ルールを作る必要もないでしょう。
ファンのためにルールが必要と言うなら、彼のブレークは不正ではないがやはり長すぎることは認めないと辻褄が合いません。

「トイレブレークを批判している選手に限って、ファーストサーブとセカンドサーブの間に長い時間を取る」という皮肉も、具体的に誰がそうなのかを言わないと、今回で言えばマレーやズベレフなど、この問題を批判している全ての選手を敵に回すことになってしまいます。

チチパスが「父にメールなどしていない」と断言しているのも、あくまで彼の推測でしかありません。
ならばズベレフの証言は嘘だということになり、どちらも具体的証拠が挙がらない以上、水掛け論にしかなりません。
それとも本人はメールしていなくても、父からのメールを見た可能性はあるとでも言いたいのでしょうか?。

翻訳に問題があるのかもしれませんが、自分のコーチしている選手をかばおうという意識が強いのか、騒ぎを大きくしたメディアを悪者に仕立て上げて、全ての問題を曖昧にしようとしている発言にしか聞こえません。
それが彼の役割だということならば、やはり彼は優秀なコーチなのでしょう。

もっとも、彼は試合中のコーチングを認める立場で、実際に“前科”もある人物ですので、今回の主張もそう考えれば、さもありなんといったところでしょうか。

※9/12追記
「ステファノス・チチパスのために一言だけ言わせてほしい。彼は何も間違ったことをしていない。僕は彼を応援するよ。問題はルールがはっきりしていないことだ。いろんな意見があるだろうし、議論になるけど、この数週間この話題で盛り上がっていた。彼はこれほどまでにメディアや人々から攻撃されるようなことはしていない。」
「「チチパスはこれほど攻撃されるようなことをしていない」準決勝後のオンコートインタビューで語ったジョコビッチ」
(テニスマガジンONLINE)

ジョコビッチもムラトグルーと同意見のようですね。